カテゴリー

2014年10月 9日 (木)

国慶節の連休中に出会ったコイカルさん・・・だと思う・・・大連の鳥

国慶節のお休み中にキャンパス内でデジスコ撮影した時に、イカルたちの声が聞こえていたのですが、樹々の中にシルエットを発見!フレームに入れてパチリ・・・っと・・・・頭黒くないじゃん!!!

イカルの種類は今まで日本では撮ったことなくて、初撮りなのですが、この子は、コイカル♀かなぁ~??

どっちにしても初撮りでうれしい~!!!野鳥掲示板で尋ねてみようかな~。

Img_2905_p

Img_2924_p

Img_3021_p

この時期の葉っぱがまだ残ってて、黄色く薄化粧している樹々をバックに、小鳥さん撮るの、なんか好きです~♪国慶節の人の多いトコ行かず、帰省で学生が少なくなったキャンパスでピアノ弾いたり鳥撮りするのが一番よねぇ~。ああ、ますます、大学の中に埋もれてるmhk~。

2014年10月 8日 (水)

大連の皆既月食

大連の・・・っていうか、全世界月が見えるとこにいれば、同時刻に見えるんですけどね・・・。日食と違って。

国慶節の連休明けに、午後、キヤノン杯のスピーチコンテストを目指すスピーチ班の担当のメンバーを集めたのですが、その帰りにピアノの練習を終えて、夕食食べて、ちょっとカフェでコーヒー飲んでから、アパートに戻りました。

カフェでまった~りとカフェアメリカーノを飲んでる時に、あ、そういや10月8日は中国の時間で17:00頃から欠け始めて、皆既月食かんさつできるんやった・・と思い出して、急いでアパートに戻りました。

今日はPM2.5の濃度がちょっと高くて早朝の鳥撮りはあきらめたのですけど、デジスコのスタンバイは鳥撮りのためにしてあったんですよねぇ~。

というわけで・・・満月がすっかり隠れたとこは逃しましたが、細い状態から、少しずつ満月に戻る様子をデジスコ撮影しました。

Img_3202_p Img_3217_p

Img_3219_p Img_3223_p

Img_3226_p Img_3228_p

Img_3231_p

月食って、わかっていても、なんだか神秘ですよねぇ~。

2014年10月 7日 (火)

国慶節の連休中に出会ったキバラガラさん♪ 大連の鳥

国慶節の連休です。ホントは今日までなのですが、水曜と木曜に授業がある1年生の会話の授業がスタートしてないので、あと2日休みが続きます。

国慶節が始まったばかりの時は風が強かったり、雨降りだったりしたので、鳥撮りできませんでした。でも、今日は、天気がよくて風も強くないし、午前中キャンパス内でデジスコ出撃してきました♪

最近、シジュウカラがよくいる松の木がたくさんあるポイントで、横切る黄色っぽい影がきになってたんですよね。デジスコ持っていったら、そのポイントでたくさんいたのがこの方!!↓

Img_3124_p

お食事シーンをパチリ!↓

Img_3146_p

Img_3155_p

Img_3166_p

この方、中国固有種のキバラガラYellow-bellied Tit)さんです。体長11cmくらいで、シジュウカラさんに比べてずいぶんチビくんですが、この色彩ですから目立ちます!!こんな出会いがキャンパス内でできるので、ますます、大学の外にはでなくなっちゃうmhk・・・。午前中鳥撮りした後、大学の食堂でフイ麺(烩面)を食べて、ピアノの練習をして帰ってきました。ピアノの練習も大学の中だから、ほんと、最近大学の中に住んでる感じです・・・。

2014年9月 8日 (月)

さよなら おばあちゃん

8月26日に一時帰国から大連に戻りました。

新しい年度の一学期が9月1日スタート。1日、今学期初めての授業を終えて、翌日の授業の資料の整理をしていたら、夜7:20(日本時間で夜8:20)に母からメール。母方の祖母の血圧が下がり始め、足の色の変化などから医師に今日か明日だと言われていると連絡が入りました。

翌日9月2日の早朝再び母からメール。夜中の2時前に亡くなったとのこと。一度施設から祖母の自宅に連れ帰り、ご近所の人とお別れしてから、斎場で3日夕方お通夜、4日告別式とのこと。

102歳で年に不足はないけれど、子供の頃からとてもかわいがってもらった祖母なので、葬儀には出席したいと思いました。

幸い1年生の会話の授業はまだ始まってないため、3日(水)と4日(木)は授業がなく、それで、5日(金)の2クラス分の授業の代講をどなたかにお願いできれば帰国が可能なので、中国人の上の先生に相談しました。担当の中国人の先生が快く大学への申請をしてくださることになり、あとのことはしておくからとおっしゃっていただけたので、航空券の手配をして、代講の段取りをつけて、3日の飛行機で帰国しました。

3日は空港からそのまま直接斎場へ向かい、お通夜に間に合いました。翌日(4日)12:00から告別式でした。母たち、祖母の子供たちと、7人の孫と11人のひ孫がそろってお見送りしました。子供の頃から孫の中で一番祖母の家に遊びに行っていた・・・ということでmhkが孫代表で弔辞を述べさせてもらいました。

日本に戻る前日は、朝一と夕方最後の授業の合間に代講の段取り資料を作ったり、代講でお願いする資料をコピーしたり、航空券の手配をしたり・・・とばたばたで、なんやかんやで、荷造りが終わったのは夜明け、結局、徹夜になりました。

3日の日本に向かう飛行機の中で、弔辞の構成、アウトラインを考えたのですが、日本に到着後お通夜に出席して、両親と実家に戻ったら、さすがに疲れからか頭痛がひどくて原稿を書くどころではなくなりました。それで、その日はすぐに寝て、4日告別式当日、朝4時起きで原稿を書きました。3年間大学で学生に作文を教えていますが、宿題を出された学生の気持ちがすっご~くわかりました・・・。coldsweats02

読んだ弔辞がこちらです↓

___3

弔辞の中にある、14年前の5月に撮影した矢車菊はこちら↓ この矢車菊の中で祖母の写真を撮ってあげました。

Photo

祖母の一番好きだった青の矢車菊の写真はないけど、赤紫の矢車菊のアップ↓

Photo_2

祖母が好きだったクレマチスの花↓

Photo_3

祖母宅の近くの遠賀川河川敷。菜の花がきれいでした。

Photo_4

いずれの写真も、2000年5月3日撮影。カメラは、アサヒペンタックスsp。 mhkが初めて手にしたカメラ(フィルムカメラ)です。フルマニュアル。まだレンズがスクリューマウントバヨネットじゃないカメラです。日本語教師の実習で、授業の記録のために写真撮影をしないといけなくて、カメラを知り合いから借りたばかりでした。

カメラの練習のため、まず実家の庭で花の撮影をして、その直後、祖母の庭の花の写真を撮りに行ったんですよね。なので、フィルム入れるの2回目の写真なんです。思いっきり若葉マーク写真です!!練習2回目ですからね・・・。coldsweats01 庭の写真を撮ってたら、祖母が「私も撮ってもらおう!」っと勝手に決めて?よそ行き用のお洋服に着替えて走ってきたんですよ。なので、この時に撮った祖母の写真は、mhkの人物写真第一号です

デジスコではもっぱら鳥の写真撮ってるし、人物写真はいまだに苦手ですが、矢車菊の前で上品に優しげに微笑んでる祖母の写真は、気に入っています。ここには載せませんけどね。

おばあちゃんは編み物が上手で、セーター、カーディガン、ベストなど、子供の頃からたくさん編んでもらいました。夏休み、冬休み、春休みの度に遊びに行ってて、本当にかわいがってもらいました。

102歳、天寿を全うして、18年前に92歳で亡くなったおじいちゃんの元に旅立ちました。おばあちゃん、本当にありがとう!おばあちゃんのおかげで、mhkたち孫の子供時代は心豊かなものになりました。

おばあちゃん、さよなら。

7日に大連に戻りましたが、矢車菊の前で上品に優しげに微笑んでるおばあちゃんの写真は大きく印刷して持って帰ってきたので、今大連のアパートの壁に貼って、mhkが仕事するテーブルの横で微笑みかけてくれてます。

今日は中秋節、秋の訪れとともに逝ったおばあちゃんを思いながら、月を眺めてみようと思います。

2014年8月16日 (土)

2014年夏の一時帰国中~実家近くの川にいたカワセミさん(証拠写真)~

実家近くを流れる川の、カワセミさんがよくいる場所に行ったら冬と違って樹々の葉っぱや草が茂りすぎて、撮影するのによいポイントが見えない状態に・・・。

仕方ないので上流側に歩いて行ったけど、そのポイント以上に撮影するのによいポイントってないから、まあ証拠写真にとどまるだろうな・・・・と思いつつ、姿だけ拝んでおくかと歩き続けた。

おお!!かなり上流のほうで遠くにカワセミさんの姿を発見!よく見かける水路のところを飛んでる様子も見られたし、ちゃんとした写真が撮れなくてもカワセミさんに会えるとうれしいですね。

公園の人が近づいても逃げないカワセミさんより川のカワセミさんがいいんですよねぇ~♪

というわけで証拠写真のカワセミさん。2枚目の顔をかしげてる様子がかわいいです!この遠さでも、この存在感です!!<

Img_1367_p

Img_1380_p

上流のほうの護岸工事で、カワセミさんが生きにくい川になりつつあるけど、たくましく生きるカワセミさんに心が癒されます~。

«2014年夏の一時帰国中~実家近くの河原にいた換羽中のモズっち?~

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ