カテゴリー

カテゴリー「12.日本語教育」の113件の記事

2013年4月20日 (土)

第24届“佳能杯”日语演讲比赛复赛(準決勝) in 日航ホテル

本日4月20日(土)は、第24届“佳能杯”日语演讲比赛复赛(二次予選)でした。

各大学の校内予選を勝ち抜いた学生が出場するのです。大連日航ホテルで実施されました。

Photo_2
校内予選は、予めテーマが5つ出されて、そのうちの1つを選んで原稿を書いてスピーチに臨みます。その校内予選を勝ち抜いた各学校の代表が二次予選に進むのです。
二次予選は日本語専攻組と非専攻組に分かれて、当日30分前にテーマが2つ出され、即興スピーチをします。
手順は、
  1. 控室に入る。(ここは引率の教師も入れる)
  2. 控室でくじ引き(くじを引いて、番号札をつける)
  3. スピーチの30分ちょっと前になると、係員から呼び出される。
  4. 呼び出された学生は、出場者のみが入れる隣の準備室に入る。
  5. その部屋の壁に、テーマが2つ張り出されている。この部屋に入る前に荷物は一式預けます。(携帯電話も今まで書いた原稿も持ち込めない)
  6. どちらか一方のテーマを選び、30分間、準備室で即興スピーチを考える。(ホントに即興で考えるというよりは、今まで準備してきた、いろんなテーマのスピーチ原稿の中から組み立てる。)紙と鉛筆だけで、頭の中にある自分の今までの原稿を組みかえるというわけ!
  7. 前の順番の人が会場に入ると、その部屋から出て、スピーチの会場の部屋の前の椅子で待機
  8. 順番が来たら、会場に入室!
  9. スピーチ終了後、荷物を受け取って、ホテルを後にする。
mhkが指導した学生が待っているトコ(準備する部屋から出て、会場の前の椅子で待機中です。)準備室に入ったら、もう学生に話しかけることはできません。テーマを見て学生は頭の中にある原稿で自分の力だけで本番用の原稿を組み立てるのです!mhkはエリア外からそっと見守っておりました!!今日は残念なことにカメラを忘れちゃって、ipod touchのカメラ機能しかなく、暗いホテルの通路では、こんな解像度です・・・くすん・・・。画像処理せずにそのままブログに載せても顔がわからないほど、画質が悪いです・・。
Photo_3
mhkが受け持った学生4名のうち非専攻が3名、専攻が1名、そのうち非専攻の1名が今回の二次予選に進みました。非専攻は午前8:00始まりだったので、今日は7:00にアパートを出発でした。
終わったあと、うちの大学から参加した非専攻の学生3名とも、「本番で10秒くらいとまっちゃった」と言っていましたが、とにかく、スピーチを無事に終えることができたようで、いい笑顔をしていました!
おもしろかったのは、非専攻の3名のうち、女子学生2名、男子学生1名だったのですが、全員今日の衣装?は借り物のスーツでした。
日本の大学生だと入学式の時にスーツを着るので、大抵持っているのですが、中国はちがうんですね!!
上の学生は朝、自分の寮の近くでタクシーを拾って、mhkのアパートの近くに寄ってくれたのですが,mhkがタクシーに乗り込んだ時、彼はスニーカーを履いてました!???スーツにスニーカー???と思ってたら、日航ホテルに到着して、ロビーで箱から革靴を取りだし、履き替え(スーツ一式と革靴は友達からの借り物だったんです。)、そして、ネクタイを出して、「先生、ネクタイ・・・・。」
えええ!!!mhkは人のネクタイをしめるなんてできない!!!同じ大学の引率の先生に男性の先生がいらっしゃったので、ネクタイを外していただき、その先生のしめるとおりに真似してもらいました。
以前、いきなり浴衣の着付けを頼まれたこともあったけど、そうか~洋装でもねぇ~。勉強になりました。来年は、男子学生には本番前にネクタイのしめかたを練習するように言っておこうっと。あと、人のネクタイをしめるのも、夏の一時帰国で練習しとくかねぇ~笑
とまぁ~オチ付きの大連市第24回日本語弁論大会二次予選 in 大連日航ホテルでした!
結果は、非専攻は上位3名、、専攻の部は上位6名が決勝に進むのですが、残念ながら、うちの大学からは非専攻の部で決勝に進んだ学生はおりませんでした。でも、午後からあった専攻の部で、うちの大学の日本語学科3年生の女子学生が3位で決勝進出しました!
でも決勝に進んだ学生も進めなかった学生も、プレッシャーと緊張の中、自分の力だけで即興スピーチを乗り切ったのです。本当に頑張りました!!
このがんばりはきっと、今からの人生で役に立つでしょう!!
mhkもこのスピーチの練習に付き合っていて、学生の成長が眩しく、楽しかったです!!
全てのスピーチ大会の参加者のみなさん!お疲れ様でした!!

2013年4月13日 (土)

再会と新しい出会い!

今日は、国際交流基金北京日本文化センター主催の日本語教育シリーズ講座の2013年度第1目が大連で行われました。

413()  9時~11時半  大連外国語学院 旅順キャンパス 

講演 迫田久美子先生 「学習者はなぜ間違うのか -誤用産出から運用力の向上へ-」

第二言語習得の研究の一人者の迫田先生の講演なんて、日本にいても、自分の実家のある九州ではなかなか聴く機会がありません!!それが大連で!なんてうれしいぃ~!!!

会場まではアパート最寄のバス停から1回乗り換えで行けます。9:00スタートなので、7:15アパート出発!

乗り換えがこれ以上ないくらいスムーズに行って、交通渋滞もなく(ま、土曜だしね。)バス停に着いたら、外国語学院の学生さんが案内のカードを持って、各ポイントに立っててくれて、迷わないようにご配慮してくださってました。会場提供された大連外国語学院の方々、谢谢!!!

迫田先生の講演は2004年に一度mhkが社会人入学で日本語教育の修士課程に在学中に来ていただいた時に聞いたっきりでしたから、ホントに楽しみでした。腎臓癌になる前の年でしたねぇ~。

さて、迫田先生の講演は第二言語習得の予備知識がない人、日本語が母語じゃない人が聞いてもわかる噛み砕いた表現で、とてもわかりやすく、教える現場を熟知された方の言葉には一言一言深みがありました!

講演内容も素晴らしかったのですが、mhkの前に座られている方のお顔に見覚えがありました。話しかけてみると、mhkが社会人入学で日本語教育の修士課程に進んだ時の学友でした。当時博士課程に進まれていて、無事に博士号を取得されて母校の大連外国語学院に勤務されているということでした。既に教授になられていました。mhkが修士を修了したのは2005年の3月でしたから、かれこれ8年ぶりの再会です!!

しかも、彼女と、mhkが今勤めている大学の副教授の先生が高校の同級生だということがわかり、ホントに日本語教育の業界って狭いんだなぁ~ってびっくりしました。しかも、その高校というのは、2006年にmhkがJICA青年海外協力隊で大連に派遣された時、同じ時期に大連に派遣されていたもう一人の協力隊員の配属先だったんですよね。mhkもその高校を訪れたことがあります。

また、お隣に座られた方は、mhkの前任者の先生のお友達でした。前任者の先生は今の大学の仕事を紹介してくださった方なのです。これも嬉しい出会いでした。

講演そのものも素晴らしかったのですが、+素敵なおまけが2つで、とっても有意義な講演会でした!

さて、今日は残り野菜の処理で、大きなにんじんを1本使ってポタージュスープを作りました!凍らしておいた鮭をフライパンで焼いて今夜の夕飯はこんなんです↓

Img_1233_p 夕食食べながら、今日の再会と新しい出会いをかみしめたことでした!♪


2012年7月17日 (火)

今年度のお仕事おしまい!

2011年-2012年 去年の8月29日スタートの年度、一学期(秋学期)、二学期(春学期)、三学期(夏学期)が無事に終わりました。

本日、日本概況の成績の書類一式を提出して、今年度打ち止めです!

去年のブラジル帰国より2ヵ月弱でこの大学に赴任したのですが、子宮筋腫の手術で2週間入院、退院2週間で赴任という綱渡りでスタート。一学期スタートの頃は、まだ腸が動く度に下腹部が痛み、よれよれでした。無事に一学期の成績を出し終えた今年の1月、ほっと一息ついて一時帰国したら今度は乳癌・・・入院手術、5週間の放射線治療・・・2回続けて一時帰国が入院、手術って・・・。sweat01

二学期は最初の1ヵ月半は代講をお願いして遅れてスタート、5月半ばまでは放射線治療の影響か倦怠感と闘いながらボチボチと・・・でも、何とか6月に二学期の成績を出し終えて、ホッ!三学期も無事終えて、赴任1年目、二学期は1ヵ月半お休みしちゃったけど、何とか乗り切りましたねぇ~。
今週末日本に戻ります。一時帰国です。今度の一時帰国は心穏やかに過ごしたいなぁ~。

2012年7月 7日 (土)

JICA ボランティアポータルシステム おしまい!

JICA ボランティア活動をしていた時、JICA ボランティアポータルシステムのユーザ名をもらって、JICAの規定、福祉関係、予算関係の書類の書式もそこからダウンロードできた。そして、2年のボランティア活動の報告書の提出もそのシステムを使ってやっていたし、世界中のJICAボランティアの報告書も閲覧できるようになっていた。

任期が終了して帰国後1年は、このボランティアポータルシステムにログインできるようになっていたので、去年の6月に提出した最終報告書が承認されたのを見たり、他のボランティアの活動報告書を閲覧していた。

特に、自分の後任のボランティアや、一緒に活動してきたブラジル聖南西地区のボランティアの活動報告書は気になっていたので。

さて、2011年7月1日に成田着。ブラジルの2年間のボランティア活動の任期はこの日に終了となりました。それから1年経った今、ボランティアポータルシステムにログインすることができなくなってた。

帰国後、すぐに子宮筋腫の手術をして、大連に赴任、そして、半年後に乳がんの治療、この1年は本当にいろいろなことがあったのだけど、いつも2年過ごしたブラジルに、自分のもう一つの家族、仕事仲間がいる!という思いがあった。その思いは今でも変わらないけど、ポータルシステムにアクセスできなくなって、ホントに1年経ったんなぁ~って実感!

今は、大連の大学で日本語を教える仕事を頑張り、乳がん治療にきちんと向き合い、しばらくして再びJICAのボランティア活動ができたらと思っている。

前のブラジル赴任は、腎がんをやっつけて?の赴任でしたが、今度は乳癌をやっつけて赴任できたらと思う。

当分はホルモン療法を続けることになるし、半年に1回は帰国できる今の環境がよさそう~。この大学で日本語を教えながら自分自身のスキルも磨き、近い将来、何かに挑戦できたらと思う。

それが同じ病気になった人への何かのメッセージになればいいかな~。

2012年1月16日 (月)

ブラジルの日本語教師仲間との再会!

ブラジル・サンパウロ州 聖南西地区の教育研究会(去年の6月まで活動をさせてもらった機関)の会長が所要で日本に1ヵ月滞在。

mhkも大連から一時帰国中だし、東京に会いに行ってきました。福岡空港の保安検査場では超不愉快だったけど、ま、それは早く忘れることにします・・・。gawk

12日に親不知を抜歯してるので、まだ左のほっぺはぷっくり!片側お多福さんのまま東京へ。抜歯の後の抜糸がまだなので糸つきのままですぅ~。抜糸の予定は20日。

無事に品川駅で会長と会えました。約半年ぶりの再会でした。ブラジルでの2年間、まだブラジルを去って半年しか経っていないのですが、その間帰国直後の入院、手術があり、大連への赴任がどうなるか・・・とずいぶん心配もあったりで、ほんの半年前には、まだブラジルで活動していたのに、とても昔のことのようにも感じられていたのです。

でも、半年前まで2年間一緒に活動させてもらった先生方の一人に再会すると、確かにブラジルで活動していたんだなと、またブラジルでの出来事が身近に感じられます。

たくさんの教師仲間がブラジルにいるんだと、そういう気持ちになれました!mhkの第二の故郷が地球の向こう側ブラジルにあるんだなぁ~と実感しました。

もう一つうれしかったのはブラジルを去った直後8月に行われた聖南西作文コンクールの作文集を持ってきていただいたこと。このコンクールのテーマはmhkが決めて、各参加校に渡すテーマを封筒に入れて糊付けして作文委員に渡してきたのです。

作文コンクールの当日に各校でその封筒を開封して行われたのです。

自分が出したテーマから生徒たちがどんな作文を生み出したのか興味津々だったので、持ってきていただいてうれしかったです。これから大事に読ませてもらいますね。

今回来日中の先生は、12月20日に静岡文化芸術大学でブラジルにおける継承日本語教育の現状などを講演されたそうです。mhkが2年間活動させてもらったブラジルの日系社会の日本語教育の現場!日本で関心を持ってくれる人が一人でも増えたらいいなぁ~と思います。

ブラジルから戻ってすぐに今の勤め先に日本語教師として赴任したのは、ブラジルの日系社会で活動させてもらって、日本語教師であり続けたいと思ったからです。

日本語教師としての経験をさらに積んで、大連の学生の日本語の学習のお手伝いをし、自分のスキルをさらにアップさせて、ブラジルの日系社会の人たちからもさらに望まれる日本語教師になりたいと思います。

2011年11月17日 (木)

大連・青年海外協力隊員二代目と四代目のご対面! ~出会いの不思議~

先週の日曜に大連日本語教師会の集まりに参加させてもらいました。

そこで、思わぬ出会いがありました。

mhkは5年前 2006年9月~2007年1月の5ヵ月間、大連市三十中学という初級中学(日本でいうところの中学校)に日本語教師として派遣されていました。

大連市三十中学は2004年7月~2006年7月まで新規の協力隊員が派遣されていて、当初二代目は長期派遣が2006年7月から派遣される予定でしたが、合格者が辞退されたので、急遽短期派遣が募集されたのです。

mhkはちょうど2006年3月からネパール派遣が決まっていたのですが、合格が決まって会社を辞めた途端に腎がんが見つかり、派遣中止になったので、手術が終わり、再度短期派遣に応募し直して派遣され、三十中学二代目の協力隊員となったわけです。

今回その教師会の集まりに来られていた、三十中学四代目の協力隊員Yさんと会うことができました。

奇遇ですねぇ~。

5年前・・・前の年2005年にネパールへの長期派遣が決まっていたのに、赴任のために会社を辞めた途端に腎がんが見つかって派遣中止となり、希望に満ちていた心がぽっきり折れた時に再トライして訪れた街大連、そこにmhkがネパールに派遣されるはずだった同じ時期に大連の別の学校に派遣されていた長期の協力隊員との出会いがありました。

ネパールが派遣中止にならなければ、2005年12月に東京で一緒に日本語教師の技術補完研修を受けるはずでした。その研修期間、mhkはおなかを切られていました。(腎摘出のため)

東京で会えなかった彼女とは、9ヵ月後に大連で同じ協力隊員として出会うことができて、感無量だったのを覚えています。

そして、5年後、ブラジルへの日系社会・シニアボランティアとしての任期を終えて再び訪れた大連で、後任の四代目の協力隊員との出会いがありました。

大連はmhkにとって出会いの街なのですね。

それでは、大連市三十中学の二代目(左)と四代目の協力隊員をご紹介~↓

Img_0375_blog

三十中学の任期中に40歳になって、青年海外協力隊員からシニアボランティアの対象年齢になったmhkは三十中学での任期を終えて約2年後にブラジルへの日系社会シニア・ボランティアとしての赴任が決まったわけです。ブラジルの任期全う後に大連に再び戻りました!

2005年8月 協力隊ネパール派遣 合格
2005年11月末 会社を退職
2005年12月 右腎がん発覚 右腎摘出手術 ネパール派遣中止
2006年8月 協力隊短期 大連派遣 合格
2006年9月-2007年1月 大連協力隊派遣 (2006年12月腎摘出術後1年

この間、長期派遣のボランティアに2回応募するも、二度とも既往症の腎がんを理由に一次選考不合格

2008年10月 日系社会シニア・ボランティア応募
(2008年12月 腎摘出術後3年経過)
2009年2月 ブラジル日系社会シニア・ボランティア派遣 合格
2009年7月~2011年6月 日系社会シニア・ボランティア ブラジル派遣
(2010年12月 腎摘出術後5年経過)腎摘出

2011年7月25日 腎がん術後経過検査にて子宮筋腫が1kg以上になっていることが発覚・・・。この日、泌尿器科の主治医が検査結果を婦人科に持ち込んで話をつけてくれて、婦人科受診、この日に術前検査を受けた。
2011年7月29日入院
    8月 2日手術
    8月12日退院(退院後自宅療養1週間)
2011年8月26日 大連赴任 今に至る

ネパール派遣中止後、大連への短期派遣が決まった際も術後半年だったもんで、JICAを納得させるためにも執刀医である泌尿器科の先生に2通も診断書を書いてもらったのですが、今回、大連への渡航を1ヵ月後に控えた時に術後経過検査で子宮筋腫が巨大になっていたことが判明、手術要という診断を突き付けられた時には、さすがのmhkも、もう大連行きはだめか!?とあきらめかけたんですよね・・・。

でも、泌尿器科の主治医が婦人科に検査結果をその日のうちに持って行って話をしてくれたおかげで、その日のうちに術前検査をしてしまい、ぎりぎりの日程で治療計画を進めていただくことができ、ぎりぎりセ~フ!

2度の大連行きが実現したのは、泌尿器科の先生のおかげです。福岡-大連はとっても近いのですが、mhkにとっては渡航前にひと騒動あるという、そういう巡り合せになる街のようです。coldsweats01

でも、だからこそ、ここ大連での出会いは大切にしたいと思うのです。

それと、たまたまmhkの右腎摘出術を担当された泌尿器科の主治医の先生ですが、なぜか先生はmhkが海外で活動したい!という気持ちをとても理解してくださっていました。

既往症を理由に一次選考で不合格になった時にmhkが涙目で診察を受けた時にも腹立たしげにされていました。「(海外派遣は)あなたにとって大事なことなんでしょう?わずか1%(再発の)を恐れて諦めたら、一生のことなんだから、あなただって悔いが残るでしょう?」とおっしゃってくださいました。今回大連渡航まで1ヵ月の時に検査結果が手術要だとわかった時に、渡航の計画を知っていた先生が素早く婦人科に話をつけてくださいました。(婦人科の先生に写真を見せながら「この人、海外を転々としているんです!!」と言われたらしい・・・。coldsweats01 婦人科受診の時には大連渡航に間に合わせるための手術日程の計画が出来上がってました・・。)

不思議ですね、たまたまの巡り合せでmhkの右腎臓を摘出する手術を担当されただけなのに、こんなにmhkの人生に関わっているんですから。

出会いとは本当に不思議です。
ネパールへの派遣は中止になってネパールで出会うはずだった人とは会えなかったけど、この先生と出会って、大連、ブラジルでの出会いが生まれたのです。

今は11月、来月12月です。12月で術後6年ですね。癌という病気に出会ったことは不運でしたが、それをきっかけにいろんな出会いがありました。

人生って出会いという宝物が少しずつ増えることなんですね。confident

そうそう、高校の同窓会名簿を見たら、この先生、卒業の年が5年前の先輩でした。先生には話してないけど(5年先輩だと高校3年間では重なってないからね)、世間って狭いですね・・・。

2011年9月 5日 (月)

大連渡航1週間経って〜少しずつ!少しずつ!〜

2011年9月2日(金)
大連滞在1週間経ちました。
8月26日に到着して、29日(月)から授業開始、mhkの担当する授業は45分授業が14コマ、そのうち、第一週目からスタートは10コマ。

第三週からスタートする授業は4コマ。

第一週目が終わると大体の一週間の仕事のパターンがつかめる・・・という感じです。
福岡-大連のフライトは中国南方航空で、あずけられる荷物が20kg・・・と、ちょっとそこまで1週間の海外旅行に行く程度しか荷物をもって来れず、赴任するには全然荷物が足りず、航空便で20kg弱の箱を2つ発送。

書籍類は重いからほとんど郵便で発送・・・全部で20kgじゃねぇ・・スーツケースに入れられないよ。

福岡から札幌より近い大連なのに、国際郵便は結構時間がかかったねぇ〜。結局1週間の授業は、資料がないので、ちょっと四苦八苦しました。でも、同じ授業を担当する先生が資料を貸してくださったので、何とかなりました。(渡航前に事前に授業内容を知らせてもらえる・・なんてことは中国ではなく、こういうことになるんじゃないかな・・・とは思ってましたけどね。)

まぁ〜何とか授業を1週間終えて、学生たちとの顔合わせも終え、少しずつ生活のサイクルができてくるだろうな〜という感じで、ぼちぼち・・・ってとこです。

水曜は休みなので、バスで40分のところに出かけて、日本の醤油、出汁の素、マヨネーズ、みりん、料理酒などを買出しに行き、アパートでお料理できるようなってきました。腸が動くたびに痛みが走る症状はなくなったとはいえ、まだ中華料理の外食は無理っぽいので(油が多いからね。。。)

最近はよく野菜スープを作ってますねぇ〜。

近くの小さなスーパーは、あんまり野菜が新鮮じゃなくて、時々ブラジルの市場の新鮮な野菜、果物が懐かしくなります。

でも、ま!少しずつ、mhkのアパートも人間の生活ができる環境になりつつありますよ!風邪も引かず、元気です!

2011年9月 4日 (日)

大連5日目〜授業2日目!公安への届け出、完!〜

8月30日(火)この日は朝8:00開始の1.2時間目と午後の5,6時間目が授業。
朝一の授業を終えて、アパートに戻ってメールをチェックしたら、国際課の担当者からメール。

「本来は大学の外に移ったら、24時間以内に公安に届け出ることになっている。だから、そのことが心配。今までそうしなかった人はいない。なぜ、月曜にLさん(前日にもう一人の新任の先生を公安に連れていってくれた大学院生の名前)がmhkさんに連絡を取らなかったのかわからない!」と書いてあった。

だってぇ〜
mhkが大学の外に移った(というか、空港から直接大学の外のアパートに入居したんだけど)翌日に公安に行くことをキャンセルさせたのはその担当者(一緒に行くはずの学生さんに別の新任の教師のピックアップの仕事を与えて日にち変更になった)、そして、その際に翌日に行くように指示してたけど、その日は日曜で公安は休み。月曜はmhkが授業があっている時にアパートに大学院生のLさんが訪ねてきてくれたけど、当然会えず・・・どうすりゃいいの???

で、返事書いて、今から午後の授業なので、それが終わったら行けるって返事したら、Lさんから連絡があって、お昼にアパートを訪ねてくれることになった。

来てくれたLさんはmhkが授業をしている間に、パスポートを預かって代理で公安に届出の手続きをしてくれるというのだ。(代理でできるんだ・・・。あはは・・。)そして、公安から戻って、mhkが授業をしているクラスに来てくれることになり、授業が終わったmhkと合流して、銀行に口座を開設しにいきATMを受け取り、その足で国際課の担当者のところにパスポートのビザの貼ってある箇所をコピーしてもらうようにするということだった。

そういうわけで、本来は、大学の外に住んだら24時間以内に届け出ないといけないけど、4日後に届け出たわけ。特に問題なかったみたい・・・ね。よかったよかった!!!

手続きは滞りなく済み、国際課に言って担当者と話したけど、このあと、居留許可を取る必要あるけど、それはいつ行くかは(これも公安)担当者の連絡待ちということだった。これは、入国後に1ヶ月以内なので、ちょっと余裕があるのだ。

ま、予定が変わり続けた、公安への届出も無事済み、お給料が振り込まれる銀行口座も開設され、順調じゃない???いや、また落とし穴があるかも・・・いやいや・・・疑心暗鬼はいかんいかん、でも、油断大敵・・・。

とりあえず、予定は未定だけど、手助けしてくれる人は誰かいるもんで何とかなっているmhkの2回目の大連生活!

火曜の授業まで済んだので、ちょっと一息できた。水曜は授業がないからね!その日は疲れたので、夕食は野菜炒めにして簡単に済ませ、すぐに寝ちゃったよ。

2011年9月 3日 (土)

大連4日目〜授業第1日目!〜

8月29日(月) 今日から授業がスタート!!!授業準備期間が短く、不安だけど、新しい学習者である学生に会えるのは楽しみ!!!

午後から2コマの予定。午前中にアパートで準備してたら、誰かが来た。

電話会社の人と大学関係者だった。インターネットの工事をしにきてくれたのだ。やったぁ〜授業開始前に無事にインターネットご開通!!!!

これで、通信手段が携帯電話とインターネットと揃ったね。あとは固定電話の工事とテレビの配線の工事が残っただけ!少しずつ日常生活も安定してくるかな?

ところで、心配事が一つ・・・。

mhkは日本をでる時に航空便で書籍類を送っているんだけど、出発前に住所を確認した際は、中国人の先生もmhkが大学内の宿舎に入ると思っていたので、宿舎の住所を宛先にかいてたのだ。

宛先の連絡先に、中国人の先生の携帯電話の番号を書いているから、多分荷物が行方不明にはならないと思うけど、無事に着くかなぁ〜。ちょっと心配・・・。多分大丈夫・・・。航空便は10日くらいらしいので、、とりあえず待つしかないかなぁ〜。

ま、心配してても仕方ないんで気を取り直して、初授業へGO!!!

さてさて、ここの大学生は、本当によく勉強する学生さんで、勉強する習慣が出来ている。なので教師の指示をよく守る。とても気持ちのよい学生さんだった。

自己紹介で、「先生は今から自己紹介するからよ〜く聞いていてね。変な言葉が出てきても、黙ってきいててね。」と言って、ポルトガル語で自己紹介した。

学生さんたち、目を白黒!面白かったよぉ〜。そして、パワーポイントのスクリーンで「
先生は何語で話したでしょう?」と質問。

Eu estava trabalhando em Sorocaba do Brasil por 2 anos. (私はブラジルのソロカバで2年働いていました。)って聞いて、ブラジルは聞き取れたようで、ブラジル語?とかフランス語とか言ってましたね。

ブラジルのポルトガル語のことをブラジル語ともいうけどね。ポルトガル語はフランス語と同様ラテン系の言葉だから似ているよね。

ま、そんなんで、ブラジルで2年働いていて、日本で手術してやってきたことを説明したわけ。語彙は結構知ってるようで、なかなか聞き取りもよかったかな。

これから彼らの日本語のお勉強のお手伝いをしてくわけだけど、とっても楽しみな学生さんだった!準備でばたばたしたことが吹き飛ぶような、そんな素敵な出会いだった。

みなさん、これからもよろしくぅ〜!!!!!

ところで、,mhkのクラスはどのクラスも、なぜか結構大人数だった。

これじゃ、名前覚えるの大変!!というわけで、出席の際には、名簿の番号と同じ番号札を配って、顔の前に番号を掲げさせて、写真を撮らせてもらったのだ。頑張って学生たちの名前を覚えたいもんね!!!!

みんな、ちょっとざわついてたけど、協力してくれた。ご協力感謝しますぅ〜!!!!happy02

授業が終わってアパートに戻った後、家にインターネットがつながったことを報告。到着2日後の夜に、もう一人の新任の教師の宿舎の部屋からメールで家族に無事の報告はしておいたのだけどね。これで、いつでも連絡ができるようになったので、喜んでもらえた。

大連4日目、初授業・・・少しずつ平常運転になって、生活と授業が軌道に乗っていけばいいな!そうそう、退院後しばらく腸が動く度に痛みが走っていた症状がこの日くらいから、ほとんどでなくなった。体調も随分よくなってきたなぁ〜って感じ。

いろいろ、プチハプニング、予定が未定のことが多いけど、結局広くて、いいアパートに住めているし、何かいい方向に行っているよね?これから素敵なコトがおこる、そんな予感がしているわけなのだ。

そうそう、もう一人の先生は月曜は授業がなくて、大学院に通っている学生さんがアパートに来てくれて、公安に連れていってくれて、銀行口座を開設して、キャッシュカードを受け取ったそうだった。mhkが授業をしている間にね。

mhkは公安にまだ行けていない・・・さてさて、どうなるのかしら〜ん???ちょっと不安・・でも、予定組んでもいつも変更してきたのは国際課の担当者だし・・・。さてさて??wobbly

2011年9月 2日 (金)

大連3日目〜同僚の先生方との初顔合わせ〜

8月28日(日)
大学の会議室に8:30に集合

日本語の日本人教師と中国人教師との初めての顔合わせ
授業開始は29日(月)翌日から。

mhkの授業は7コマ(1コマ1時間半)で、第一週始まりが5コマ、第三週目始まりが2コマ。水曜は授業がなし。

前任者から「多分こういう教科を受け持つ。」と21日に北九州でお会いした時に聞いていた以外は、全部初めての話ばかり。教材もすぐに渡されるわけではなく、翌日から授業なのだけど、ちょっと不安になっちゃったなぁ〜。でも、同じ授業を(クラスは別)受け持つ先生が教材を貸してくださったり、ご自分の作った配付資料を見せてくださったので、何とか第一週は乗り切れそう〜と思った。

みなさん、中国人の先生も日本人の先生も、親切でいい方ばかりだった。

打ち合わせの後、午後からもう一人の新任の日本人の先生はアパートへ引っ越すことになってた。引越しに付き合ってくれるのは、mhkを空港までピックアップに来てくれた学生さんという話だった。

あれ???前日にアパートに説明に来てくれた国際課の担当者の話では、午後はその学生さん、mhkを公安に連れていってくれるんじゃなかった?

その学生さんに確認したところ、日曜だから公安は休みだって・・・。あのぉ〜。

大連に到着した第一日目は
公安にに行くのは27日(土)13:30と言われた。

二日目は
公安には28日(日)の13:00と言われた。

そして・・・・三日目は
日曜は公安は休みと言われた。

う〜ん、いつ公安にいくのかしらん???

さてさて、とにもかくにも翌日29日(月)から授業がスタートなのだから、急いで準備しないと!!!はぁ〜やっぱり、無理してでも到着2日目にしてプリンター購入しててよかったよ。

効率が全然違うもの・・・。

その日の夕食は、まだ調味料が塩と砂糖だけなので、近くのスーパーで野菜とお肉を買ってきて、チャーハンを作って食べたよ。お味噌汁たべたかったけど、まだ味噌ないんだもん・・・味噌はバスで40分くらい行ったとこじゃないと買えないの。準備の時間がもったいないので、そんな悠長に買い物できないよ!!我慢!

まだ、インターネットはないし、日本を出発時に航空便で送った大きな荷物(書籍類)は届いてないので、授業の準備もちょっと大変だったけど、同僚の先生にお借りした資料でなんとかなった。

さて、頑張らないとね!まだ腸の具合がちょっと悪く、大連到着翌日に大きな買い物をしに行ったので、まだ退院2週間で基礎体力が落ちていることもあり、会議中軽い脳貧血になりかかったけど、何とか乗り切った!そんな大連3日目だった。

とりあえず、水曜が授業がないので、火曜まで乗り切れば何とかなりそう!!!!そう自分に言い聞かせた。ふぁいとぉ〜!!!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- | 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- | 03.腎細胞癌 経過観察 | 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- | 05.家族 | 06.感謝の気持ち | 07.お知らせ | 08.昔語り | 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア | 10.海外ボランティア | 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) | 12.日本語教育 | 13.日本の祭り | 14.青年海外協力隊 | 15.日系社会青年ボランティア | 16 婦人科検診 | 17. ブラジル | 18.Itatiaia | 19.Mato Grosso | 20.Pantanal | 21.Bonito | 22.Ubatuba | 23.Costa Rica | 24.Registro | 25.婦人科の病気 | 26.Iguape | 27.中国 | 28.大連 | 29.乳がん | 30.cooking | 31.各種検診 | 32.音楽 | 33.piano | a.機材 | b.デジ一眼 | c.コンデジ | d.デジスコ | e.アサヒペンタックスsp | f.花・風景 | g.動画 | h.*ist DS | i.ixy digital 2000IS | j.Caplio GX100 | k.Caplio GX | l..coolpix p5100 | m.GEOMAⅡED52-S | n.GEOMAⅡED67-S | o.GRⅡ | p.COOLPIX P6000 | q.TSN-774 | r.PowerShot G11 | s.D90 | t.PC関連 | u.D7000 | v.Power Shot S95 | w.PowerShot S120 | おすすめサイト | アオサギ | アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) | アオジ | アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) | アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) | アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) | アカエリシトド(tico-tico) | アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) | アカカタムクドリモドキ (Encontro) | アカゲラ | アカハラ | アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) | アカモズ | アトリ | アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) | アマゾンカッコウ(anu branco) | アメリカトキコウ (Cabeça-seca) | アメリカヘビウ(Biguatinga) | アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) | イエミソサザイ(Corruíra) | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) | ウミネコ | ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) | エナガ | エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) | オウゴンチュウハシ (araçari-banana) | オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) | オオハシカッコウ(anu-preto) | オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) | オオハシノスリ(gavião-carijó) | オオバン | オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) | オオヨシキリ | オオヨタカ (Common Pauraque) | オオルリ | オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) | オシドリ | オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) | オナガガモ | オナガミドリインコ(periquito-rico) | オニオオハシ(tucano-toco) | オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) | オリーブタイランチョウ(suirir) | オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) | オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) | オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] | カイツブリ | カササギ | カササギフウキンチョウ (Tietinga) | カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) | カルガモ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カワリヒメウソ(Variable Seedeater) | キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) | キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) | キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) | キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) | キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) | キバラガラ(Yellow-bellied Tit) | キバラツグミ(sabiá-poca) | キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) | キビタキ | キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) | キンクロハジロ | クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] | クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) | クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) | クロアシシャクケイ(Jacuaçu) | クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) | クロハチドリ(beija-flor-preto) | クロハラトキ(Curicaca) | クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) | ケアシスズメバト(rolinha-roxa) | コイカル(Yellow-billed Grosbeak) | コガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツリスドリ(Guaxe)_ | コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) | コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) | コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) | コチドリ | コバシバト(Short-billed Pigeon) | コンゴウクイナ(saracura-três-potes) | ゴイサギ | ササゴイ(Socozinho) | サメビタキ | サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) | シコンヒワ(tiziu) | シジュウカラ | シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) | シメ | ショウジョウトキ(Guará) | シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) | シロガシラ | シロガシラタイランチョウ(Freirinha) | シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) | シロハラ | シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) | ジョウビタキ | スズメ | スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) | スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) | スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) | ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) | セアカカマドドリ(joão-de-barro) | セグロセキレイ | セスジキンノジコ(tipio) | センダイムシクイ | タニシトビ (gavião-caramujeiro) | ダイサギ | チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) | ツグミ | ツバメ | ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) | ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ | テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) | トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) | トビ | トラフサギ(socó-boi) | ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) | ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) | ナンベイタゲリ(quero-quero) | ナンベイレンカク (jaçanã)_ | ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) | ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) | ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) | ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) | ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) | ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) | ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) | ハクセキレイ | ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ(Crested Myna) | バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) | バン | ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) | ヒドリガモ | ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) | ヒメアカクロサギ(Garça-azul) | ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) | ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) | ヒヨドリ | ヒロハシサギ(Arapapá) | ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) | ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) | ヒワミツドリ(Saí-azul) | ビンズイ | フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) | ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) | ベニタイランチョウ(príncipe) | ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) | ベニヘラサギ(Colhereiro) | ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) | ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) | ホシハジロ | ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) | マガモ | マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) | マミジロキビタキ | ミサゴ | ミサゴノスリ(gavião-belo) | ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) | ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) | ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) | ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) | ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) | ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) | ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) | ミナミカラカラ(caracará) | ムクドリ | ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) | メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) | メジロ | メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) | モズ | ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) | ヤツガシラ(Upupa epops) | ヤマガラ | ユリカモメ | ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) | リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) | ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) | ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) | ルリビタキ | レア(ema) | 中国の祭事 | 動物園・植物園 | 心と体 | 旅行 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 月・星 | 横浜 | 紅葉 | 花火 | 街の風景 | 野性動物 | 野鳥

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ