カテゴリー

« 河川敷-留守している間に- | トップページ | 大阪京都の旅行記5 »

2007年12月11日 (火)

大阪京都の旅行記4

2007年11月25日(月)
その日は今の仕事を始めて、初めての有給休暇!2泊3日の大阪京都の旅の最終日。夕方の飛行機で福岡に戻るのです。

そういうわけで、時間があんまりないのです。

6:30起床!7時過ぎには大阪のホテルをチェックアウト!地下鉄御堂筋線で新大阪まで。新大阪駅のロッカーに荷物を入れて、撮影機材かかえて、go!JR新快速で京都へ!

JR京都駅から地下鉄烏丸線に乗り換え、四条で降り、阪急線に乗りかえ!最後に阪急嵐山線、嵐山駅で下車!

本日は嵐山の紅葉を撮影しに来たのです!!ホントにベストシーズンでした!ちょうど紅葉が見頃!まだそれほど落ちていないのです。真っ赤な秋まっただ中に行ったって感じ!

ベストシーズンだったから平日なのに、人がものすごかったけど・・ね。その点、ある程度の地理が頭に入っているので、バスは避けられるし、わりとギリギリまで楽しめたのですよ。

まずは嵐山駅からテクテク歩いて、渡月橋の辺りへgo!渡月橋に向かう途中で紅葉を撮影していると、駐車場の職員さんが話しかけてきました。

職員さん:そこの紅葉もいいですけど、向こうの紅葉が枝振りといい、真っ赤で、綺麗ですよ。特に朝陽を受けて、今ちょうどきれいですよ。
mhk:ありがとうございます。

場所を教えてもらって、そそくさとそっちに向かう。

行くと、駐車場のすぐ横で、フェンスに囲まれているトコに朝陽を受けた見事な真っ赤な紅葉!フェンスは施錠されているので、入れないけど、ホントに綺麗!

Togetsukyo_near3


Togetsukyo_nearTogetsukyo_near2





フェンスの外から撮影してたら、さっきの職員さんが駐車場に戻ってきてました。(さっき会ったトコでは周辺のお掃除をされていたのです。

職員さん:どうです?いい写真撮れましたか?中入っていいですからねぇ~。
mhk:(ニッコリ笑顔で・・・)しかし、施錠されているフェンス、中に入るには乗り越えないと無理だよ・・・・20代なら迷わず乗り越えただろうが、腰痛持ちのmhkは心にブレーキを。三脚持って、乗り越えて、腰さらに痛めたら、機材運ぶの無理・・・旅行中断は悲しいモノ~。でも、ま、素敵な紅葉さん達に会えたのは、その職員さんの親切のおかげです!ありがとう!!!

そこの見事な紅葉さんとお別れして、渡月橋に行きました。渡月橋は嵐山のシンボルになってますねぇ~。でも、国際的な観光都市の京都ですが、九州の人は案外知りません。職場の人に『渡月橋に行きました。』って言ったら、『ウサギの?』って聞き返されました・・・。近くに『兎月(とげつ)』っていう饅頭屋があるんですよ・・・ね。う~む。

TogetsukyoFrom_togetsukyo2Hozu_river2





Hozu_riverFrom_togetsukyo





渡月橋を後にして、天龍寺へ。天龍寺に近づいたトコロでも見事な紅葉でした!右端のサザンカと紅葉、お隣に植えてあって、紅葉の赤い葉の中から真っ白なサザンカの花弁が!見事なコラボでした!!!実物ほどよく撮れてないのが残念・・・。雰囲気だけ味わって下さい!

Neae_tenryujiNeae_tenryuji2Sasanqua_maple





お次が天龍寺の中の庭園です。曹源池は絵はがきでみたとおり、綺麗でした。でも・・・mhkは35mm換算27.5mmのレンズまででしたから、もっと広角レンズが欲しかったですぅ~。この空間を写真に表現できるといいんでしょうけど・・・腕が未熟で難しいです~。←レンズの問題だけじゃないです。もちろん。でも、その空間にいられただけで幸せ!そんな気持ちにさせてくれる庭園でした。特に、竹と紅葉のコラボは感動しました!まっすぐに伸び竹と紅葉、竹の前に紅葉が簾のように流れている1枚は結構好きな1枚。上を見上げて、光に透けている紅葉と竹の葉の美しいこと。写真に表現できないモノがいっぱいです。光に透けた紅葉と竹の葉に囲まれた感覚は何とも表現できないほど心地よいモノでした!撮れば撮るほど未熟だということを思い知らされます。

TenryujiMaple_tenryujiMaple__bamboo_tenryuji





Maple__bamboo_tenryuji2Maple__bamboo_tenryuji3Maple__bamboo_tenryuji4





さて、天龍寺を出て、トンネルのような竹林を通っていきます。背の高い竹に覆われているので、かなり暗いです。そのため三脚使って撮影~。

BambooBamboo_mapleJojakouji_near





竹って、神秘的!背の高い竹に囲まれていると人間がちっぽけなのを感じます。人がどんなに多くても、そんなことお構いなしに、そこにすくっと凛として存在するのです。mhkも小さなことにくよくよすることもあるけれど、凛として生きていきたいモノです!

真ん中の写真は竹林で振り返ったら、竹の隙間から紅葉が見えていて、あんまり綺麗だったので、撮してみたけど、竹に合わせると紅葉が白トビ、紅葉に合わせると、竹が暗くなり・・・難しいなぁって思いました。限りなくボツばっかりになったのですが、雰囲気だけでも味わえそうな(想像力を働かせてね!!!)1枚を載せました・・・。

最後の1枚は常寂光寺に向かっている途中の池です。ここも素敵でした。ここの近くに御髪神社(みかみじんじゃ)がありました。日本で唯一髪の毛をまつった神社とのこと。そこから常寂光寺に向かうのですが、常寂光寺の写真は次回に!

« 河川敷-留守している間に- | トップページ | 大阪京都の旅行記5 »

f.花・風景」カテゴリの記事

b.デジ一眼」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

h.*ist DS」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪京都の旅行記4:

« 河川敷-留守している間に- | トップページ | 大阪京都の旅行記5 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ