カテゴリー

« ムクドリさんと蟻さん | トップページ | 威嚇し合うシジュウカラ君達-自然に生きるのは厳しい~!- »

2008年5月13日 (火)

究具02マルチドット照準器システム!

去年の9月からスタートしたmhkのデジスコライフ!

最初は持っていたコンデジRICOHのCaplio GXと新しく購入したVIXENのGEOMAⅡ ED52-Sのチビスコープでスタート。

アイピースは最初はGLH20D(GEOMAⅡED52-Sで14倍なのでデジスコセットで35mm判換算392~1190mm)
そのうち、もっと高倍率が欲しくなり、アイピースをGLH30を購入。(GEOMAⅡED52-Sで21倍、デジスコセットで35mm判換算588~1785mm)

GXだと広角側で随分ケラレが出るし、去年の12月にデジスコ専用に購入したコンデジがNIKONのcoolpix p5100だったが、今ひとつ好きになれず、即売っぱらい、今年年が明けて入手したのがcanon ixy digital 2000 IS !

これはデジスコドットコムさんでカメラブラケットBR-IXYsu2取り付けてもらいました。

ixy digital 2000 ISとGEOMAⅡED52-Sの組み合わせではもっぱらアイピースGLH30を使用~この組み合わせは35m判換算 735~2793mm!

最も、1番望遠側では遠くの鳥さんの場合ぼやっとしてしまいます。でも、この組み合わせは結構気に入りました。初心者のmhkも少しずつ置きピンの操作に慣れてきました!

でも、やっぱりも少し・・・遠くの鳥さんも綺麗に撮りたい~と欲がでてきた頃、腰痛の具合が比較的マシになってきたもんで・・・とうとう4月の初めに買っちゃいました!
VIXENのGEOMAⅡED67-S。52-Sに比べたら倍以上重いスコープ・・・。

67-SだとアイピースがGLH0Dで20倍、GLH30で30倍なので
GEOMAⅡED67-S GLH20D + ixy digital 2000IS で35mm判換算 700~2660mm、
GEOMAⅡED67-S GLH30D + ixy digital 2000IS で35mm判換算 1030~3990mm
となりました。

・・・で、GLH20D使っている分には52-SでGLH30を使っているのと大体同じ大きさに見えるので操作は楽なのですが、GLH30Dとの組み合わせは最も広角側で1030mmですから、初心者mhkにとっては鳥さんをモニターに入れるのが一苦労・・・。特に新緑のこの季節、樹木に葉が生い茂っている中の鳥さんを入れるなんて到底無理!!!

これはデジスコドットコムさんの究具02マルチドット照準器システムがどうしても必要とわかり、自分の今の機材で装着可能かどうかをGWのちょっと前にデジスコドットコムさんに問い合わせのメールを送っていたらGW明けにお返事来て大丈夫とのことだった。そこで、いつもデジスコ関係で相談にのってもらっているビックカメラさんを通して注文したのが先週の金曜。入荷まで2週間くらいかかるとのこと。

今は67-Sのスコープは照準器無しなのでアイピースGLH20Dで使っています。照準器システムが来たらGLH30にしても使いやすくなるだろうし、さらに超望遠撮影が可能になるかなぁ~今から楽しみです!

« ムクドリさんと蟻さん | トップページ | 威嚇し合うシジュウカラ君達-自然に生きるのは厳しい~!- »

a.機材」カテゴリの記事

d.デジスコ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究具02マルチドット照準器システム!:

« ムクドリさんと蟻さん | トップページ | 威嚇し合うシジュウカラ君達-自然に生きるのは厳しい~!- »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

世界時計

フォト
無料ブログはココログ