カテゴリー

« 派遣前訓練終了~渡航前の最後の腎ガン術後経過検診~ | トップページ | 名残雨~さよなら横浜~ »

2009年6月 9日 (火)

子宮体がん検診MRIの予約~チタンって金属ですか?って・・・~

日系社会ボランティアの派遣前訓練中に不正出血があり、子宮の入り口にポリープ見つかり、切除してもらい、組織検査もシロ!子宮頸がん検診結果もシロ!

ブラジル渡航、任期2年の予定だし、40歳以上になるから子宮体がんの検診もしておくかな・・・って思い、昨日6/8に泌尿器科受診の際についでに産婦人科へ。

さて、予約受診のいつもの腎ガン術後経過検診と違って、横浜の病院から紹介状持っての初診です。(ホントは2007年3月に一度子宮頸がん検診はしているんで、産婦人科にもカルテはあるんだけどね)2時間半以上待たされて診察がようやくお昼過ぎに始まりました。

産婦人科受付の後、先生の診察の前に前もって研修医の人に経過をお話しないといけませんでしたが、いざ先生の診察が始まってわかったことは、全く研修医に話したことが伝わってなかったってこと。

ポリープ切除の処置は終わり、その組織検査もOK、子宮頸がん検診結果もOK、不正出血の症状自体も既になくなり、渡航前にただ念のために『子宮体がん』がないかどうかを調べたいのだけど、横浜の病院で子宮筋腫が邪魔して器具が挿入できず、検査のための採取ができずMRI検査をしてほしかっただけなのです。

だから、昨日はMRIを予約してほしかっただけなの!!!でも、MRIは電話予約できないので、まずは診察をしないといけないということで、2時間半以上待ってたわけなの。それはその病院の規則だから仕方ないし、産婦人科医は少なくなっていて、どの病院でも待ち時間が長いのはわかっているから諦めているの。

でも、なんで研修医に長々前もって説明したことを、もう一度先生にお話しなおさないといけないんでしょう・・・・研修医の研修のためだけに患者の話を聞く機会を作ってあげているなら止めてほしいです・・・。

先生:子宮体がんの検診をご希望ですね?
mhk:はい。横浜で不正出血の後ポリープ切除はしてもらったのですが、渡航前に念のため子宮体がん検診はされた方がいいと先生に言われたので、MRIをしていただきたくて・・・。
先生:子宮体がん検診は奥のほうに機具を挿入して採取するんですよ。
mhk:ええ、横浜の病院で採取しようとしたんですけど、筋腫が邪魔して挿入できなかったのでMRI検査にしようということになったんです。ただ、横浜ではMRIがあいている時期が既に私が福岡に戻る日程になってしまって、できなかったので福岡の病院でということになって・・・・。
先生:そうですか。そこまでは紹介状に書いてなかったので。
mhk:(ええ、ポリープ切除の件、ポリープ組織検査結果、子宮頸がん検診結果を書いて、子宮筋腫のフォローアップをってだけ書いてあったのは知ってたけど、その件は、さっき研修医の人に私が長々と説明したんだけどね・・・・:mhk心のつぶやき)

結局、もう一度試しに機具を挿入してみることになり、結局横浜の病院でやったように筋腫が邪魔してそれ以上機具が挿入できずMRI検査になりました。(← わかってたけど・・・・

さて、MRIを予約することになって・・・

先生:いつがいいですか?(端末の予約画面を指して)この赤い部分以外は予約できますよ。

mhk:じゃ、8日に!(だって、当日の8日は赤くなかったんだもん)
先生:え?今日?
mhk:だって、赤くありませんよ。
先生:ええと、(マウスでクリックしようとして)あ、無理です。8日以外の赤くないとこ・・・。今日は当日だから予約できないですよ。
mhk:あ、はい、じゃ、15日に
先生:15日は午後しか検査できないからその日に説明はできませんよ。二回こられるのはいやでしょう?
mhk:あ、いえ、渡航前は仕事に行ってないので、全然構いません。
先生:じゃあ。15日に検査で翌週22日の午前中に検査結果をお知らせする診察ということで・・・。

さて、MRI検査は強い磁力を使う検査です。MRI(magnetic resonance imaging:核磁気共鳴画像法)ですから帯磁性のある金属が体内にある人は検査が受けられません。そのため、MRI検査を受ける前に問診を書かされ、最後に患者と主治医のサインを記入するのです。

問診は一文ずつ先生が読み上げて『あり』『なし』の欄にチェックを入れていきました。

さて、ある一文で・・・
『手術などの医療行為で体内に金属が残っていませんか。『あり』とされた方はなんの手術をされましたか。』
mhk:腎ガンで右腎摘出術をしたので、動脈を縛っているクリップは金属だと思いますけど・・・。
先生:え???(← ボールペンを握っている手は今にも『なし』にチェックをしたかったのがありありで一瞬宙に浮いている・・・)何の金属ですか?
mhk:そこまでは知らないのですけど、腰痛で整形外科でレントゲンを撮った時に写った画像を見た限りは金属の反射率を持ったクリップだったと思ったので、執刀医の泌尿器科の先生に診察の機会に伺ったことがありました。断言はされなかったのですけど『チタンだと思いますよ。』と答えていらっしゃいましたよ。
先生:あの・・・チタンって金属なんですか?
mhk:・・・・(瞬間・・・絶句!!!チタン・・・元素記号Ti 遷移元素の中では鉄の次に有名だと思うけど・・・・。メガネのフレームなんかにもチタン合金はよく使われているし、金属アレルギー引き起こりにくいから、よくピアスにも使われているし・・・・チタン合金が医療器具によく使われていることも知られたことだし・・・・一体『チタンが金属かどうかがわからないってどういうこと!!!!:mhk心の叫び!→気を取り直して)ああ、私の体の中に入っているのがチタンかチタン合金かってことはわかりませんけど、チタンが金属だということは確かですけど・・・。
先生:(しぶしぶ問診表に『あり』にチェックを入れ、チタンと書いてた。)ちょっと待っててくださいね。

先生、電話のとこに行き、『腎摘出で動脈をしばっているクリップがどうもチタンではないかと言っているんですけど、MRI検査は問題ないでしょうか?』(← たぶん放射線科医にかけているようだ。名前名乗っている時に『産婦人科の○○という者ですけど・・・』って言っているのが悲しい・・・まだ若い感じだから同じ病院の医師同士で知名度ないのね・・・・。)

電話の様子からたぶんOKだろうって流れになってたみたい。戻ってきて・・・

先生:あの、放射線科の先生が問題ないだろうといっています。手術したとこじゃないので正確にはわからないのですけど・・・。
mhk:は?あの、ここで手術、ここの泌尿器科で手術したのですけど、そのカルテ(机においてあるカルテ指差して)に全て泌尿器科で受けた治療は書いてありますよ。泌尿器科の先生に聞かれたらいいんじゃないですか?今日の午前中に術後の検診で手術された先生の診察を受けてきたばかりですけど・・・。(声を抑えて・・・だって、研修医の人には既往症に関しても全て話したのよ!!!そのカルテに全て書いてあるってことも!!!)
先生:(あわてて・・・)あ、横浜の病院の紹介状だけかと思ってたので・・・。
mhk:あ、いえ、横浜は研修で2ヶ月いただけで、ずっと福岡で、腎ガンの治療は福岡で受けてたので・・・。(あのさ・・・今日初めて紹介状持って病院来ただけなら、どうしてそんなにカルテが分厚いんだよ!!!!:mhk心の叫び・・・怒りに震えてきたが、抑えて抑えて・・・・・)

てなわけで、先生は泌尿器科の主治医の先生に電話してました。やっぱり『産婦人科の○○という者ですけど・・・・』って。

ま、主治医の先生も正確に金属の種類はわからないけど、MRI検査に問題ないって言われたそうです。

なんにしろ、お医者さんがチタン Ti が金属かどうか知らないって問題じゃない?だって医学を修めた人なんだから化学勉強するよね?化学わからない人が薬の処方するって怖いよぉ!!!!!!

因みに福岡ドームの屋根にもチタンは使われていますよぉ~ん。さて、おうちに帰って家族で散々先生をネタにして一家団欒しました。病院のサイト見たら、この先生平成10年卒業(たぶん医学部を)でしたね。産婦人科の専門医ではあるらしい。お話をしている限り機具の取り扱いなどは手馴れており、婦人科の内容に関しての説明は理にかなっているのですけど、話し方がちょっと頼りなげな上に『チタンって金属?』なんて、おとんまトークが出たせいで、一抹の不安・・・ま、処置が必要なんじゃなくて検診してもらうだけだし、MRIは放射線技師がするし、放射線科医がコメントもつけてくれるから・・・、ま・・・・いっか!

« 派遣前訓練終了~渡航前の最後の腎ガン術後経過検診~ | トップページ | 名残雨~さよなら横浜~ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

16 婦人科検診」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮体がん検診MRIの予約~チタンって金属ですか?って・・・~:

« 派遣前訓練終了~渡航前の最後の腎ガン術後経過検診~ | トップページ | 名残雨~さよなら横浜~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ