カテゴリー

« 第一回聖南西地区の巡回終了 | トップページ | 母の検査結果~経過は良好~ »

2009年8月29日 (土)

Cheque(小切手)が使えた!家賃が払えた!

任地ソロカバ(Sorocaba)にやって来て1ヶ月以上が過ぎましたが、頭の痛いことが一つありました。前にも触れましたが、サンパウロに到着後にJICAサンパウロ支所で現地適応研修受講期間中に開いた銀行口座でCHequeが使えなかったこと・・・。

サンパウロ支所の方についてきて頂いて、ボランティアがぞろぞろ銀行で口座を開いたわけですが、カード発行は時間がかかります。それで、カードは各ボランティアの任地(mhkの場合はSorocaba)に送っていただくのです。

銀行のカードはデビットカードが使えますし、日本に比べてデビットカードが使えるお店が多い(スーパー、ホテル等でも使える)ので、現金持ち歩かなくてもいいです。治安上現金はあまり持ちたくないし・・・。

電気料金、アパートの管理費、電話代は請求書にバーコードがついていて、銀行のATMで『支払い』を選ぶと、そのバーコードを読み取るようにできて、簡単に支払えます。これも現金の出し入れがありません。

で、問題はアパートの家賃・・・不動産屋さんに毎月払いにいくのですが、額がかなり大きいし、現金を毎月同じ場所に同じ道を通って持っていきたくはないけど、小さなお店ですからデビットカードで支払うこともできない。(機械がない)で、現金で払わないならCheque(小切手)で支払う手段があるのですが、なぜかmhkの銀行口座はChequeが使えない・・・・。

ATMで銀行のカードを使って自分のChequeが印刷できるようになっていて、それを使って支払うことができるのですが、その『印刷』のメニューを選んでも拒否されるのです・・・・。銀行員に聞いても『サンパウロで作った口座だからサンパウロでしか設定できない。』というようなことを言われてた。(←ポルトガル語なので、ちょっと自信なかったけど、あとで学校の役員の人に一緒についてきてもらったら、やっぱり同じことを言われたので正しかったようです)

ほんで、JICAサンパウロ支所にお願いして口座を開いたサンパウロの支店のほうに問い合わせをしてもらったら、なぜかmhkの口座はChequeが使えない設定になっていました。ようやくそのブロックを解除してもらえたのが8月25日(火)、無事Chequeの印刷に成功!
8月の家賃は9月1日が支払い期限なので、巡回から戻り、昨日8月28日に支払いに行ってきました。よかった・・・間に合って・・・・あと、ずっと気にかかってたのですが、7月分の家賃を立て替えてもらってた学校にも返すことができました。額が大きかったので、現金を下ろして払うのがちょっと怖くて、相談したらChequeが使えるようになってからでいいと会計の担当の方が言ってくださったのでお言葉に甘えました。感謝です。

コレで、生活のことが普通に軌道に乗った気がします。銀行口座開設の後銀行のカードが届いたのにchequeが使えなかったのですが、他のボランティアは使えているというお話を伺い、自分の口座にどのようなブロックが入っているのか不安だったのです、Chequeが使えないだけにとどまっているのなら、まだいいのですが、ある日突然銀行カード自体が使えなくなったらどうしよう・・・・特にSorocabaの外にいる巡回先でそんなことが起きたら・・・って不安でした。

第一回目の巡回も終わったし、銀行口座の問題も解決したし、ちょっと一安心ってトコです。

« 第一回聖南西地区の巡回終了 | トップページ | 母の検査結果~経過は良好~ »

09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア」カテゴリの記事

10.海外ボランティア」カテゴリの記事

12.日本語教育」カテゴリの記事

15.日系社会青年ボランティア」カテゴリの記事

17. ブラジル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cheque(小切手)が使えた!家賃が払えた!:

« 第一回聖南西地区の巡回終了 | トップページ | 母の検査結果~経過は良好~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ