カテゴリー

« 母の入院 | トップページ | 母からの電話~無事退院~ »

2009年8月18日 (火)

無事母の手術終了

日本時間の8月18日(火)朝に、母の胆のう摘出術が行われました。病院にいる父の携帯に連絡したところ、無事に1時間前(日本時間で18(火)12:00頃に終わったとのこと。

母はもう目が覚めているそうです。ほっとしました。先週の巡回2泊3日の疲れがちょっとあったのですが、母の手術のことがあったので、気がずっと重かったのですが、ちょっと気持ちが軽くなりました。

母はmhkも風邪引いた時にお世話になっている近所のクリニックで定期的に健診を受けています。mhkが風邪引いた時に既往症の腎癌のことを先生にお話したことがありました。その時、腎癌が見つかった経緯も説明したのですが(詳しくはコチラ)、健診に行ったあるクリニック(そこのクリニックとは別の病院)でmhkが申し込んでない検査項目の腹部エコー検査を受付が勝手に追加したおかげで腎がん発覚に至ったことも話しました。

その直後に健診に行った母に先生が『腹部エコーの検査したことなかったよね。』と言い出し(私達が母子ということは先生もご存知。よく一緒にインフルエンザのワクチン打ちに行ってたしね)たのです。家族に癌になった者がいると知り、あわてたのかな?

母は初めてのエコー検査で肝臓に血腫が見つかり精密検査をしたところ異常なしでした。でも、その後、定期的にするようになったエコー検査で胆のうにポリープが見つかり、経過を見ていたのですが、少しずつ大きくなってきて、今回手術するに至りました。

mhkの腎がん発覚は偶然の間違いの腹部エコー検査から導かれ、そのことを知った先生が、今までしていなかった腹部エコー検査を母にしてくれて、胆のうのポリープが見つかりました。

この巡り合せ・・・不思議な縁を感じますmhk達母子を何かが導いてくれているような気がしてなりません。病気は初期で見つかるに越したことはないのですが、じゃあ、どの程度の健診を受けるべきか?って健康な時にはなかなか判断がつかないので、放っておきがちなのですが、mhk達母子は、なんかいいタイミングで健診を受けることができたようですね。

母の執刀医をはじめとした医療スタッフの皆様、ありがとうございました。手術中待っていた父もほっとしたことでしょう。母にもお疲れ様と言ってあげたいです。地球の裏側から家族の幸せを心から願っています。

« 母の入院 | トップページ | 母からの電話~無事退院~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

05.家族」カテゴリの記事

06.感謝の気持ち」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無事母の手術終了:

« 母の入院 | トップページ | 母からの電話~無事退院~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ