カテゴリー

« この子は野性のようです~キカタインコさん~ | トップページ | なかなか正体がわからなかった子~シロハラオオヒタキモドキ~ »

2010年2月 8日 (月)

カラスの位置づけですが嫌われ者のオオハシカッコウ

農場シリーズです。

農場では『悪食』と嫌われていた、日本で言うと『カラス』の位置づけで、農場の日系の方には『白ガラス(ホントの和名はアマゾンカッコウ』に対して『クロガラス』と呼ばれていましたが、コチラのホントの和名はオオハシカッコウです。

ポルトガル語名:anu-preto 英語名:Smooth-billed Ani 学名:Crotophaga ani

この農場の日系人の呼んでいる白ガラス、黒ガラスという呼び名のように、何でも食べる、小鳥の巣も荒らし、農作物も荒らす・・・悪食・・・そういう位置づけなもんで、厄介者扱いでしたね。

カッコウ目の中には入っているのですが、日本のカッコウ、ツツドリ、ホトトギスが

カッコウ目>カッコウ下目>カッコウ小目>カッコウ上科>カッコウ科 

なのに対して、

オオハシカッコウとアマゾンカッコウは

カッコウ目> オオハシカッコウ下目> オオハシカッコウ小目> オオハシカッコウ科

なので、随分系列は違うようです。

ま、こんな方です。カラスっぽい風貌ですね。ドアップは結構グロテスクですよ。また、集団でいると結構怖い感じがします。でも、1羽だけをlこんな感じに撮ると、結構よさげ~な鳥さんに見えますね。でも、これは随分厚い猫をかぶった感じなんですよん。かなりお行儀よさげ~な子にみえますけど・・・ね。

Anu_preto

« この子は野性のようです~キカタインコさん~ | トップページ | なかなか正体がわからなかった子~シロハラオオヒタキモドキ~ »

d.デジスコ」カテゴリの記事

c.コンデジ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

n.GEOMAⅡED67-S」カテゴリの記事

p.COOLPIX P6000」カテゴリの記事

17. ブラジル」カテゴリの記事

オオハシカッコウ(anu-preto)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスの位置づけですが嫌われ者のオオハシカッコウ:

« この子は野性のようです~キカタインコさん~ | トップページ | なかなか正体がわからなかった子~シロハラオオヒタキモドキ~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ