カテゴリー

« コメントは・・ | トップページ | 今までのコメントの行方 »

2010年11月15日 (月)

成田を出発して500日!

早いものです。成田を出発してから500日がたちました。JICA日系社会シニアボランティアとしての活動も、残すところ7ヶ月半です。ブログの右にカウントダウン、カウントアップのブログツールをブラジル赴任前につけたのですが、最初は「成田発まで○○日!」とカウントダウンしてたのが出発後は、成田発から○○日となったわけです。

それがもう500日です。

そこで、ちょっと前から任期終了までのカウントダウンのブログツールをつけてみました。あと225日です。2年のボランティア活動って早いです。

自分はあとこの225日の間に何ができるのかな?

悔いのない活動をしたいけど、やりたいことの半分もできないかもしれないけど、精一杯頑張りたいです。

野鳥の種類の多さでは世界第三位のブラジルに来て思ったことは・・・ブラジルで鳥に関心がある人ってほとんどいないってこと。何しろ鳥好きなブラジルの人に出会ったことがありません。そういえば、バードウォッチングのサイトをブラジルで探しても英語のサイトばかり。ポ語はない・・・。冬休みにブラジル最古の国立公園で鳥がたくさんいるItatiaiaを訪れたのだけど,泊まったロッジは英語圏・・・。ヨーロッパから来た人、オーストラリアから来た人・・・。鳥の名前を聞いても普通に英語で答えが返ってきてた・・・。

地球の肺と呼ばれる熱帯雨林、そこに地球上の生物の50%が住むそうですが、その熱帯雨林の多くが占めるこの国で、自然に関心がある人がほとんどいないというこの事実をこの国に赴任して、ひしひしと感じました。

そういえば、同じボランティアの人からも「そんなに鳥がすき?」とか非常に変人扱いされるmhkです・・・。今まで同じボランティアの人や日系社会の人に言われたコトバを思い出すと、ブラジルの人だけではなく自然に対する思いってなんかオタクッポイイメージがあるのかもしれないなって思います。

例:
・酉年だから鳥がすきなんですか?酉年の人って鳥すきなんですよね。(そんなこと聞いたことないけど・・・。ちなみにmhkは酉年ではない)
・イグアスに鳥たくさんいますよ。(それはバードランドで野鳥ではない・・・。mhkがすきなのは自然界にいる野性の鳥)
・動物園にいますよ。(同上)
・そんなに鳥がいいかねぇ~。

ま、趣味ですから関心ない人に理解してもらうつもりもないけど、地球の肺と呼ばれる熱帯雨林の多くを占めているこの国に住んでいる人も訪れた人も無関心というのは、怖いなって思いました。多くの環境学者が警鐘を鳴らしている熱帯雨林の消失について、実際にそのことが起こっている国ではまったく無関心なのだなぁ~と、ちょっと寂しい気持ちになることもあります。

何の加護もない厳しい自然界で、今ある命を全うするために子孫を残すためにひたむきに生きる野鳥の姿は、いつ見ても感動します。パンタナールで水の中の魚を見つめるPescadorの瞳は、その姿に出会えただけでありがとうと言いたい、自然の生き物はmhkにいろんなことを教えてくれるのです。

安全上の問題からブラジルでは旅行で訪れたところでしか鳥撮りはしてませんが、今度の夏休みは南半球は雨季だし、北半球のCosta Ricaに鳥撮りに行こうと計画中です。今旅行社と日程調整中~。世界のエコツーリズムのさきがけの国、ずっとあこがれていたCosta Rica行きはたのしみですねぇ~。

« コメントは・・ | トップページ | 今までのコメントの行方 »

09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア」カテゴリの記事

06.感謝の気持ち」カテゴリの記事

12.日本語教育」カテゴリの記事

17. ブラジル」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ