カテゴリー

« 今までのコメントの行方 | トップページ | 先生が走る~師走@ブラジル~ »

2010年12月 5日 (日)

癌という病気に遭遇して5年~ブラジルにて~

このブログで不快なことがあって更新する気持ちになれなくて、7月の冬休みに撮ったパンタナールの鳥さんの写真もまだあるんだけど・・・ネットの怖さを実感していて、ブログ更新欲?が失せているのです。ま、気分が落ち着いたらそのうち写真のアップを再開しますね。

さて、今日は2010年12月5日。
5年前の今日 2005年12月5日は病院に行ってました。その年の11月29日にたまたま受けた健康診断(気まぐれで受けて)で、予約してないエコー検査をクリニックの受付が勝手に追加して、そのエコー検査で引っかかり、その日のうち別の病院でCT検査(精査)

で、12月1日にその病院の泌尿器科で「右腎細胞がん」ですと癌と言う病気がわが身に降りかかりました。2日と5日の転移の有無の検査と腎機能の検査をした後、治療方針を申し渡されたのが、5年前の今日でした。当時のことを書いた記事参照。

転移はなく、腎細胞がんのみだったので、右腎摘出術のみで済むということを医師から告げられました。

最初に癌という病名を告げられた12月1日は、病院の帰りにマフラーで涙を拭きながら歩いて帰ったけ・・・。でも、今思うとその後は比較的冷静に癌という病気を受け入れられたなって思います。

何しろ思いつきで受けた健康診断の受診日から2日後には癌という病名を告げられ、その時初診だった泌尿器科の医師は「手術は12月13日か20日で調整してます。」って言ったのです。

良性の嚢腫の場合、ベッドが空いてないと何ヶ月も待たされる病院でです。(同じ病院)

癌と病気に遭遇したのはアンラッキーだったけど、病院のスタッフが最善の対応をしていることだけは感じ取られ、医師の説明、対応も的確で全てをお任せしようと思えたわけですから、mhkは間違いなくラッキーだったのです。

癌という病気に遭遇して5年たった今、mhkはブラジルで元気に過ごしています。立派な健康体で。

もし、今腎癌という病気に遭遇した方がいらっしゃったら、5年たった今完全な健康体(片腎だけど)で元気にボランティア活動している(九州くらいの面積の範囲を元気にバスで巡回して回っている)mhkのこと、三脚か担いで鳥撮りして回っているmhkのことを思い出してもらえたらと思います。

« 今までのコメントの行方 | トップページ | 先生が走る~師走@ブラジル~ »

03.腎細胞癌 経過観察」カテゴリの記事

06.感謝の気持ち」カテゴリの記事

17. ブラジル」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ