カテゴリー

« モドキと呼ばれる子~コスタリカの鳥デジスコ編45 | トップページ | カールおじさん海外進出?~コスタリカの鳥デジスコ編47 »

2011年3月 8日 (火)

今さらだけど、鳥さんって身軽だわ~コスタリカの鳥デジスコ編46

子供の時に鳥や昆虫が当たり前のように飛んでいるのを見て、うらやましいとおもいませんでした?持久力はあったけど、瞬発力がなく、短距離走がだめだったmhkは鬼ごっこなんて、すぐ捕まっちゃうほうだったから、飛べたらいいなって思ったこと、数知れず・・・。

高校の時になぜか、どうしてもトンボを捕りたくなって、網持って出かけたことあります。(小学生以来虫とりなんてしなかったのに・・・)夏の暑い日のことでした。暑くて、距離感とかの判断が著しく狂ったようで、水辺のぎりぎりに片足を置いて、網もぎりぎり長く持って、遠くのトンボに向かって精一杯体伸ばしたら、一瞬体が浮きました。・・・あ、なんか空飛べる気がしたけど・・・はい、気のせいです。次の瞬間胸までお堀にはまってました。

それ以降、虫を網で捕まえることはしなくなりました。

教訓:人間は飛べません。

木に登っても、アニメなんかだとすいすい、枝から枝へと人間でもすいすい飛び移っているのに、実際はそういうわけにはいかないです。

鳥さんみていると、細~い枝や葉っぱに、いとも簡単にとまっているんですよねぇ~。そりゃ進化の方向性が違うのだから当たり前なんだけど・・・飛翔という進化の方向性にいった体の構造をしているのだからね。

と・・・長くなりましたが、今でも、虫さんや鳥さんの身の軽さを見ると憧れの気持ちが膨らんできたりします。

コスタリカで、たくさんの鳥さんと出会ってる時って、デジスコでなかなかおっかけれらない鳥さんの身軽さに翻弄されながらも楽しくなっちゃうわけですよね。これなんか典型!↓

Img_3289_blog

Img_3290_blog

和名:クロズキンムクドリモドキ 英語名:Black-cowled Oriole 学名:Icterus dominicensis

« モドキと呼ばれる子~コスタリカの鳥デジスコ編45 | トップページ | カールおじさん海外進出?~コスタリカの鳥デジスコ編47 »

d.デジスコ」カテゴリの記事

c.コンデジ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

i.ixy digital 2000IS」カテゴリの記事

q.TSN-774」カテゴリの記事

23.Costa Rica」カテゴリの記事

クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole)」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ