カテゴリー

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の9件の投稿

2011年9月24日 (土)

大連到着1ヵ月!居留許可もらいました!

早いですね。大連到着したのが8月26日だったからほぼ1ヵ月経ちました。

到着した日、日本を離れるまでは大学内にある宿舎に住む予定だったのに、空港から連れてこられたのは大学の門のすぐ近くのアパート(大学の外)でした。いろいろ話が違ったこともあったけど、なんとかなんとかね!

中国では大学の外に外国人が住む場合は入国して24時間以内に近くの公安に届出をすることになっています。

でも、8月26日(金)に到着した翌日は土曜日・・・当初学生さんに連れて行ってもらう予定が二転三転し、約束した日は「公安が休みだよ。」と後でキャンセルの電話・・・それが2回続いて・・・。

そして、別の学生さんが8月29日(月)にmhkが授業で大学に行っている最中にアパートに来てくれたようで(アポなしでした)すれ違い・・・しかし、決まりで入国24時間以内に届出することになっているんだよね・・・大丈夫?

8月30日(火)にその学生さんと連絡を取って、本人が行かなくても代理で届出ができることがわかり、昼休み中(火曜はmhkは一番授業が多い日なのです)に彼女がアパートまでパスポートを取りに来てくれて、代理で公安に行ってくれました。

その時の書類がこちら、境外人住员宿登记表(Accomodation Registration Form for Visitors from Overseas)↓
Accomodation_reg

この青い紙には、この外国人がどこに住んでいるのか(住所)とビザの情報が書かれているわけです。最初に日本で取った就労ビザは発行3ヵ月有効で、1回だけ入国できて(一次ビザ)、入国30日で出国しないといけないのです。大学が必要書類をぎりぎりにしか出してくれなかったので渡航前4日に受け取った例のビザ・・・ね。↓

Z_visa

このビザのままだと入国30日で出国しないといけないので、公安に居留許可を申請しないといいけないのです。この申請関係の書類は勤務する大学が作成してくれるのですが、9月14日(水)に国際課の担当者が公安に連れて行ってくれました。

その日は公安にパスポートを預けて帰りました。日本で就労ビザを取る時もパスポート預けたけど、それは日本だったから・・・ね。一時的とはいいながら外国でパスポート無ってのは初めてで、ちょっとドキドキ!

その日いっしょに公安に行った国際課の人が別に申請してくれてた「外国专家证(外国専家証)Foreign expert certificate」を渡してくれました。中国政府が認定した外国人専門家の証明書ってとこでしょうか。発行は国外国专家局ってなってました。ハンコは「大连市外国专家局」と押されていたよ。こんな書類です。↓

Expert_certificate

Expert_certificate1

ま、外国でしばらくパスポートはないけど、この外国专家证が身分証になるのかな?ブラジルでの仕事のように出張であちこち行くわけじゃないから、ま、パスポートがなくても大丈夫でしょうけどね。

しばらくパスポート無の生活でしたが、9月22日(木)に国際課のほうからパスポートが戻ってきたから取りに来るようにと連絡がありました。授業の直前だったので、翌23日(金)に無事にパスポートが手元に戻ってきました。ちゃんと居留許可が貼られたパスポートがね。↓

Visa2

期限が来年の7月31日となっています。大学とは1年契約なので(2年目更新するかは3月頃に話が出るらしい・・・)、これでこの1年この大学で働くための手続きが済んだわけです。これが終わるまでは落ち着かなかったので、気持ち的にほっとしました。

さて、ビザの情報が変更になったので、上の青い紙の情報が変わったことになります。また近くの公安に届出に行かないといけないんですね。これは今週水曜に同僚の日本人の先生がいっしょに行ってくれることになっています。この先生にはいつもお世話になりっぱなしです。感謝感謝!

もともとブラジルから戻って2ヵ月弱で大連赴任でしたからあわただしいスケジュールではあったのですが、7月25日に急遽7月29日からの入院が決まり、

  1. 入院、手術
  2. 就労ビザ取得トラブル
  3. 渡航
  4. 渡航後の居留許可等手続き

入院騒ぎから就労ビザ取得時のトラブル、渡航後の居留許可取得まで、約2ヵ月何かに追い立てられている感じがずっとしていました。退院直後は腸が動くたびに激痛が走ってて体調不良だったし、大連赴任してからは、到着3日後の8月29日から授業で、事務手続き関係とこれが同時進行でしたしねぇ~。

でも、すべて無事に済んだので、「終わりよければすべてよし」ということですね。

外国にいると、日本にいるのと違って自分ひとりで計画立てて進めるということができない代わりに、「終わりよければすべてよし」で自己完結できるようになった気がします。あはは!!!

そうそう、青い紙ですが・・・一度中国を出て(旅行でも一時帰国でも)再入国する場合は24時間以内に公安に届け出ないといけないそうです。外国人が中国に住むって結構面倒なんですよねぇ~。

 

2011年9月12日 (月)

タイトル変えてみた mhkの旅路 - 大連編 -

このブログを開設したのは2007年5月1日だった。

2005年08月 JICA青年海外協力隊 ネパール派遣 合格
2005年12月 右腎癌発覚、右腎摘出術
2005年12月28日 ネパール派遣中止決定(泌尿器科の主治医に診断書を書いてもらったけどダメでした。JICAの顧問医師は許可しなかったです。

2006年7月 JICA青年海外協力隊 短期派遣 募集 → 応募

この時は腎癌術後1年経ってない時だったので、泌尿器科の執刀医の主治医に2通もJICA宛の診断書を書いてもらった。

2006年8月 合格 中国大連 大連市三十中学派遣決定
2006年9月-2007年1月 大連市三十中学派遣(JICA青年海外協力隊 短期派遣)

大連帰国後に、腎癌の体験記を残しておこうと5月1日に本ブログを開設。ネパール派遣中止になった後、mhkはどこで一体どんな仕事をするやら不安がずっとあったのだけど、幸い癌の早期発見によって健康体なのだから、めげずに、一生やりたいことに挑戦したい、そういう意味でタイトルを「旅路」とつけてみた。

このブログ開設直後に募集のあったJICAシニア海外ボランティアは既往症の腎癌を理由に健康問題で一次選考不合格。その約一年後にあったJOCAの日本文化発信のプログラムも同じ理由で不合格。

結構めげました。癌の早期発見で治療は終わって完全な健康体になったのに、やりたいことをやらせてもらえない・・・まるで、あんたはもうすぐ死ぬんだから役に立たないよって言われているみたいだった。

どこにも行けないもどかしさ、旅路ってつけたのに、ずっと日本にいる歯がゆさ・・・でも、そんな時に出会ったデジスコ撮影。

日本にいないといけないなら、日本でしかできないことをしようと思って、週末カメラマンとして野鳥との出会いを求めて散策、心がとても穏やかになった。いつの間にか野鳥写真ブログになっちゃったね。日本を離れられないけど、心は日々野鳥との出会いの旅路だった。

そうしているうちに、2008年10月にスタートしたJICA日系社会シニア・ボランティアの募集、一次選考締切の頃には、ほぼ腎癌術後3年となる、区切りのようなタイミング。今回一次選考が健康問題(既往症の腎癌)を理由に通過しなければ、JICAボランティアとはご縁がなかったと、そう思おうと決心しての応募だった。が、一選考通過。あれ?と思ったら、二次選考もパス。しかも、健康診断の精密検査の要求もなかった。(もっとも、応募用の健康診断用紙に泌尿器科の執刀医である主治医に一筆かいてもらったけどね。)

横浜でポルトガル語の訓練中順調と思ってたら、突然不正出血・・・・ひゃ〜!!と冷や汗出たけど、結果的にはたまたま子宮の入口にポリープができたため。横浜の婦人科で切除してもらい事なきを得る。ここでも、JICAへその婦人科の先生に診断書を出してもらったけど・・・。

こうして、ようやくブラジル2年派遣が実現したのだった。

2009年7月-2011年6月 ブラジル サンパウロ州 聖南西地区派遣(JICA日系社会シニア・ボランティア)

ブラジル滞在中にご縁あって再び中国大連市へ赴任するお話をいただいた。今回はJICAボランティアでなく直接大学に採用。

ブラジル滞在中に次の就職先が決まって幸先いい〜と思ってたら、帰国後突然子宮筋腫の手術することに・・・。

大連赴任日から逆算して、綱渡りのような日程調整をしてもらい、入院、手術、退院、退院2週間後に大連渡航成功!

おまけに、病気とは別に就労ビザ取得にもトラブル発生、大連渡航日4日前にようやくビザ取得・・・。大連行くのに、綱渡りと炎の中の列車からの大脱出を続けてやったみたいなmhkだったよ。助けてくれたのは、ブラジルでお世話になった配属先の先生や会長さん。

mhkは旅立つ前になんだかよくトラブルが発生しているんだけど・・・気のせい?

ブラジル滞在中に次の仕事が見つかって順調?とおもいきや、mhkはどうも旅立つ時には必ず試練があるようです。

でも、その試練を乗り越えるのに、いつも助けてくれる人が現れる。泌尿器科の主治医の先生、婦人科の先生、そして、ブラジルの配属先の人たち。

旅を続けると、思うとおりにいかない出来事には遭遇するけど、でも、進んでいこうとする自分に揺るぎがなければ、そっちの方向に進むための推進力を生み出す、いろんな力が集まってくる、そんな気がするのです。

mhkの旅路はずっと続くでしょう。今回タイトルに - 大連編 - と付けてみた。次に - ○○編 - の「 ○○ 」に何が入ってくるのか楽しみだなぁ〜なんて思いながら。でも、とりあえず、大連で出会った学生たち、先生仲間とともに、いいお仕事をしたいなって思うわけです。

2011年9月11日 (日)

大連からブラジルの鳥を思う〜~パンタナールの鳥デジスコ編26 カニ食いタカさん〜

国慶節の大型連休10月1日-7日(でも、8,9日は土日だけど、木、金の授業があるので休みじゃないの・・・。)に最初は日本に帰ろうかと計画してました。

何しろブラジルから戻って、いろいろ整理するつもりが、急遽手術することになり、入院だけでも2週間のロス、退院後も体調が万全とは言えず、最低限の渡航のための手続きのことは力を振り絞ってやってたけど、ブラジルから戻った後の荷物の整理、2年前にブラジルへ赴任する際に日本に置いていった物(渡航時もバタバタ・・・いつもバタバタなmhk・・・学習能力がないのねぇ〜。)の整理も手つかず・・・さすがにちょっとねぇ〜なんて思ってたんだけど、この大型連休中の飛行機のチケットは高いのです。

そして、8,9日まで御休みが続くならいいけど、とんぼ返りだと結局疲れるだけだなぁ〜と思って、帰るのはやめようかなと思っています。

一応チケットの手配がいくらで可能か旅行社に問い合わせているけど、この中秋節の連休中じゃお返事もまだみたい・・・。もういいかな?って感じです。

それより中国に慣れるほうがいいもんね。

ま、そんなことを考えている今日このごろなわけです。でも、今は鳥撮り用の機材がなんにもなくて、ちょっと寂しいなぁ〜って思っています。今持っているのはコンデジ2台と双眼鏡のみです。

ま、写真を撮らずに双眼鏡でバードウォッチングも悪くないかな?とも思います。

そういうわけで、ブラジルやコスタリカの鳥さんの写真の整理を授業の準備の合間にしよう〜と思っているわけですな。(写真の整理、ほったらかしですから・・・

今日ご紹介するのは、パンタナールにいたカニを食べてたタニシトビさんです。パンタナールを縦断するTransPantaneira(パンタナール縦断道路)は舗装されていない道で、杭と柵が両端にずっとあって、その外側は見渡す限り湿地帯なのです。この杭に本当によくこのタニシトビさんがいるんですよ。そして、またこれもよく見かけるのですが、お食事の後のモノもよく、こんなふうに残ってます。↓

Dsc_1044_blog

さて、泊まってたロッジから鳥のポイントまで遠かったので、この日はロッジのスタッフが買い物に行く時に車に乗せてもらってポイントで下ろしてもらったのです。帰りに拾ってもらうことにしてね。機材担いでテクテク歩いている時にすぐに発見したのがこの女の子。杭の上でお食事中でした。

Dscn3882_blog

Dscn3884_blog

mhkが写真撮っていたら車が通ったので、蟹さん持って場所替え!mhkが見えるとこに移動してくれてよかった!

Dscn3890_blog

さて、食べるかなぁ〜なんて言ってるんでしょうか?

Dscn3891_blog

ん?邪魔する奴はおらんか?・・・なんて警戒?

Dscn3893_blog

威嚇?でも、どこに向かって?

Dscn3898_blog

大丈夫・・・だよね?(足にはしっかとカニさん)

Dscn3901_blog

さぁ〜、お食事お食事!

Dscn3902_blog

ん?誰かいるか?警戒怠りません!

Dscn3904_blog

あんなに見通しのいい杭にいるときは、一心不乱に食べてたんだけどね・・・、場所移動してからは警戒してましたねぇ〜。mhkはデジスコでかなり離れていたからmhkを警戒してたわけではなさそうでした。このあとそっと離れたmhkでした。

和名:タニシトビ ポルトガル語名:Gavião-caramujeiro 英語名:Snail Kite 学名:Rostrhamus sociabilis

2011年9月10日 (土)

大連にて中秋節と教師節、そしてネット開通part2

今日9月10日は中秋節の御休みです。中国は陰暦8月15日は中秋節、今年は中秋節のおやすみが9月10日から12日でした。(10、11日は土日だけどね)

また、9月10日は教師節といって、教師の日でもあるのです。

授業スタート1週間が終わり、大体感じがつかめたし、体調も体力も随分回復したかな?と思ってたら、2週目に入ったところで、蓄積した疲れがどっと出たみたい・・・。

6日(火)の夕方に、日本を離れた日に発送した荷物2箱と前任の先生が置いていってくださった荷物2箱を、当初入る予定だった宿舎に受け取りに行ったのだけど、同僚の先生が車で運んでくださり、2階のアパートの部屋まで運ぶのを手伝っていただいて本当に助かったんだけど、その作業が終わって先生が帰られたら、なんだかめまいがして倒れ込むようにベッドに横たわってしまったんですよね。

それが、夕方の5:30くらいだったんだけど、目が覚めて時計をみたら翌朝、7日水曜の午前4:00だった・・・。シャワーも浴びず、夕食もとらず、ぐっすらこんと寝込んだようです・・・。同僚の先生が電話をくださってたのですが、全く気付かないまま熟睡・・・いや、疲れてるねぇ〜。自分でも驚いたよ・・・。

それだけ長い時間寝てたのに水曜の朝の目覚めは最悪!体を起こしたけど、ひどい頭痛で午前中は起き上がれずにいた。頭痛薬は持っているけど、飲むと胃をやられる方だから、なるべく飲みたくないなぁ〜なんて思いながら、とりあえず何か食べないと・・・とトーストと牛乳、バナナ、ヨーグルトを食べてみた。幸い水曜は授業がないから、ゆっくり体休めて回復させないと!!!

お昼過ぎても食欲ないなっぁ〜と思ってたら、2:30頃に学生から電話が・・・。機械工学科の学生だった。何でも教師節の贈り物をしたいけど、その贈り物をするためにはmhk先生の写真が必要なので、撮らせて欲しいということだった。

頭痛はするけど、そんな可愛いことを言ってくれる学生のためなら,mhk先生、どこでも行きますぅ〜!それで、3:30に機械工学科の建物の前に行くと約束。とりあえず、シャワーを浴びて、バナナだけお腹に入れて出かけたよ。

まず、機械工学科の看板?の前でmhk一人だけ写真を撮って、そのあと学生さんと並んで撮った。

そして、できあがったプレゼントを学生2人が今日9月10日(土)教師節の日にアパートまで持ってきてくれました。ちゃんと額に入れてあります。↓

R0014818_blog

R0014818_c_blog_2

この日は、写真を撮った後、なんだか晴れ晴れして、ちょっとまだ頭は重かったけど、だいぶん元気になって、帰りにバスに乗って、近くの公演を散歩してきました。学生たちの温かい気配りに触れて、頭痛もどこかにいったようです。朝は割れるように痛かったのに、不思議ですね?

教師節は新暦で10日なのですが、中秋節は旧暦なので年によっては20日以降になることもあります。今年は教師節とかさなっちゃいましたね。中秋節は中国の祭事のひとつですが、贈り物として月餅を配る習慣がありますね。前に協力隊で大連に来た時もいただいたのですが、今回、大学の国際課の方からいただきました。いただいたのはこちら↓

R0014828_blog

金曜に授業に行ったら、生徒からも月餅をいただきました。1個がずっしり重いおかしですが、もともとは家族で集まってお月様を見ながら、家族で切り分けていただく物なのでねぇ〜。一人で一つ食べるとなると、多いよね

木曜にはすっかり頭痛も完治!金曜に日本人の同僚がmhkのアパートに集まって、3週目(つまり、来週)から始まる授業の打ち合わせをしました。いろいろお話をして、楽しかったです。

さてさて、インターネット自体は8月29日に工事に来てもらって開通したのですが、壁から出てきた配線に直接パソコンをつないでいるため、配線のでている寝室でしか使えないのです。それで、無線のルーターを木曜に買ってきて設定し、アパートの部屋どこでもネットが使えるようにしました。

というわけで、9月8日(木)家庭内LAN構築完了!

R0014846_blog

中国のネット事情ですが、何しろアクセス禁止が多くて、いろんなサイトが見られません。時々google、yahooの検索サイトが両方みられないこともあるくらい。(←それほど長時間じゃないけどね。)でも、mhkが5年前にいた頃よりアク禁はきびしくなっていて、今全然見られないのが、アメブロ、yahooブログ、エキサイトブログです。livedoorのブログは画像が全く見えないです。

お気に入りの鳥撮りのエキスパートさんたちのブログが見られないのは悲しいなぁ〜って思ってたんだけど、アク禁はブログだけじゃないので、授業に使う素材入手も厳しいし困ったなぁ〜という感じでした。福岡から札幌より近いとこにいるのに、同時になんだかブラジルより遠いとこに来た気分・・・。

この厳しいアク禁ネット環境じゃ授業の資料入手も思うようにいかないし、思い切って日本へのVPN(Virtual Private Network)接続のサービスを利用することにしました。\1,500/月です。まぁ〜VPNへのネット検閲が始まったら、また見られなくなるかもしれないし、その時に備えて、1ヶ月ごとの契約しかしないつもりです。

VPN接続の手続きと設定で今日(9月10日)は一日終わっちゃったなぁ〜。でも、朝学生たちが教師節の贈り物の写真を持ってきてくれたので、一日温か〜い気持ちで過ごすことができました。

9月10日(土)は教師節であり、ネット開通part2(VPN接続)の日でもありました。仕事の環境は自分で整えなきゃね!

 

 

2011年9月 5日 (月)

大連渡航1週間経って〜少しずつ!少しずつ!〜

2011年9月2日(金)
大連滞在1週間経ちました。
8月26日に到着して、29日(月)から授業開始、mhkの担当する授業は45分授業が14コマ、そのうち、第一週目からスタートは10コマ。

第三週からスタートする授業は4コマ。

第一週目が終わると大体の一週間の仕事のパターンがつかめる・・・という感じです。
福岡-大連のフライトは中国南方航空で、あずけられる荷物が20kg・・・と、ちょっとそこまで1週間の海外旅行に行く程度しか荷物をもって来れず、赴任するには全然荷物が足りず、航空便で20kg弱の箱を2つ発送。

書籍類は重いからほとんど郵便で発送・・・全部で20kgじゃねぇ・・スーツケースに入れられないよ。

福岡から札幌より近い大連なのに、国際郵便は結構時間がかかったねぇ〜。結局1週間の授業は、資料がないので、ちょっと四苦八苦しました。でも、同じ授業を担当する先生が資料を貸してくださったので、何とかなりました。(渡航前に事前に授業内容を知らせてもらえる・・なんてことは中国ではなく、こういうことになるんじゃないかな・・・とは思ってましたけどね。)

まぁ〜何とか授業を1週間終えて、学生たちとの顔合わせも終え、少しずつ生活のサイクルができてくるだろうな〜という感じで、ぼちぼち・・・ってとこです。

水曜は休みなので、バスで40分のところに出かけて、日本の醤油、出汁の素、マヨネーズ、みりん、料理酒などを買出しに行き、アパートでお料理できるようなってきました。腸が動くたびに痛みが走る症状はなくなったとはいえ、まだ中華料理の外食は無理っぽいので(油が多いからね。。。)

最近はよく野菜スープを作ってますねぇ〜。

近くの小さなスーパーは、あんまり野菜が新鮮じゃなくて、時々ブラジルの市場の新鮮な野菜、果物が懐かしくなります。

でも、ま!少しずつ、mhkのアパートも人間の生活ができる環境になりつつありますよ!風邪も引かず、元気です!

2011年9月 4日 (日)

大連5日目〜授業2日目!公安への届け出、完!〜

8月30日(火)この日は朝8:00開始の1.2時間目と午後の5,6時間目が授業。
朝一の授業を終えて、アパートに戻ってメールをチェックしたら、国際課の担当者からメール。

「本来は大学の外に移ったら、24時間以内に公安に届け出ることになっている。だから、そのことが心配。今までそうしなかった人はいない。なぜ、月曜にLさん(前日にもう一人の新任の先生を公安に連れていってくれた大学院生の名前)がmhkさんに連絡を取らなかったのかわからない!」と書いてあった。

だってぇ〜
mhkが大学の外に移った(というか、空港から直接大学の外のアパートに入居したんだけど)翌日に公安に行くことをキャンセルさせたのはその担当者(一緒に行くはずの学生さんに別の新任の教師のピックアップの仕事を与えて日にち変更になった)、そして、その際に翌日に行くように指示してたけど、その日は日曜で公安は休み。月曜はmhkが授業があっている時にアパートに大学院生のLさんが訪ねてきてくれたけど、当然会えず・・・どうすりゃいいの???

で、返事書いて、今から午後の授業なので、それが終わったら行けるって返事したら、Lさんから連絡があって、お昼にアパートを訪ねてくれることになった。

来てくれたLさんはmhkが授業をしている間に、パスポートを預かって代理で公安に届出の手続きをしてくれるというのだ。(代理でできるんだ・・・。あはは・・。)そして、公安から戻って、mhkが授業をしているクラスに来てくれることになり、授業が終わったmhkと合流して、銀行に口座を開設しにいきATMを受け取り、その足で国際課の担当者のところにパスポートのビザの貼ってある箇所をコピーしてもらうようにするということだった。

そういうわけで、本来は、大学の外に住んだら24時間以内に届け出ないといけないけど、4日後に届け出たわけ。特に問題なかったみたい・・・ね。よかったよかった!!!

手続きは滞りなく済み、国際課に言って担当者と話したけど、このあと、居留許可を取る必要あるけど、それはいつ行くかは(これも公安)担当者の連絡待ちということだった。これは、入国後に1ヶ月以内なので、ちょっと余裕があるのだ。

ま、予定が変わり続けた、公安への届出も無事済み、お給料が振り込まれる銀行口座も開設され、順調じゃない???いや、また落とし穴があるかも・・・いやいや・・・疑心暗鬼はいかんいかん、でも、油断大敵・・・。

とりあえず、予定は未定だけど、手助けしてくれる人は誰かいるもんで何とかなっているmhkの2回目の大連生活!

火曜の授業まで済んだので、ちょっと一息できた。水曜は授業がないからね!その日は疲れたので、夕食は野菜炒めにして簡単に済ませ、すぐに寝ちゃったよ。

2011年9月 3日 (土)

大連4日目〜授業第1日目!〜

8月29日(月) 今日から授業がスタート!!!授業準備期間が短く、不安だけど、新しい学習者である学生に会えるのは楽しみ!!!

午後から2コマの予定。午前中にアパートで準備してたら、誰かが来た。

電話会社の人と大学関係者だった。インターネットの工事をしにきてくれたのだ。やったぁ〜授業開始前に無事にインターネットご開通!!!!

これで、通信手段が携帯電話とインターネットと揃ったね。あとは固定電話の工事とテレビの配線の工事が残っただけ!少しずつ日常生活も安定してくるかな?

ところで、心配事が一つ・・・。

mhkは日本をでる時に航空便で書籍類を送っているんだけど、出発前に住所を確認した際は、中国人の先生もmhkが大学内の宿舎に入ると思っていたので、宿舎の住所を宛先にかいてたのだ。

宛先の連絡先に、中国人の先生の携帯電話の番号を書いているから、多分荷物が行方不明にはならないと思うけど、無事に着くかなぁ〜。ちょっと心配・・・。多分大丈夫・・・。航空便は10日くらいらしいので、、とりあえず待つしかないかなぁ〜。

ま、心配してても仕方ないんで気を取り直して、初授業へGO!!!

さてさて、ここの大学生は、本当によく勉強する学生さんで、勉強する習慣が出来ている。なので教師の指示をよく守る。とても気持ちのよい学生さんだった。

自己紹介で、「先生は今から自己紹介するからよ〜く聞いていてね。変な言葉が出てきても、黙ってきいててね。」と言って、ポルトガル語で自己紹介した。

学生さんたち、目を白黒!面白かったよぉ〜。そして、パワーポイントのスクリーンで「
先生は何語で話したでしょう?」と質問。

Eu estava trabalhando em Sorocaba do Brasil por 2 anos. (私はブラジルのソロカバで2年働いていました。)って聞いて、ブラジルは聞き取れたようで、ブラジル語?とかフランス語とか言ってましたね。

ブラジルのポルトガル語のことをブラジル語ともいうけどね。ポルトガル語はフランス語と同様ラテン系の言葉だから似ているよね。

ま、そんなんで、ブラジルで2年働いていて、日本で手術してやってきたことを説明したわけ。語彙は結構知ってるようで、なかなか聞き取りもよかったかな。

これから彼らの日本語のお勉強のお手伝いをしてくわけだけど、とっても楽しみな学生さんだった!準備でばたばたしたことが吹き飛ぶような、そんな素敵な出会いだった。

みなさん、これからもよろしくぅ〜!!!!!

ところで、,mhkのクラスはどのクラスも、なぜか結構大人数だった。

これじゃ、名前覚えるの大変!!というわけで、出席の際には、名簿の番号と同じ番号札を配って、顔の前に番号を掲げさせて、写真を撮らせてもらったのだ。頑張って学生たちの名前を覚えたいもんね!!!!

みんな、ちょっとざわついてたけど、協力してくれた。ご協力感謝しますぅ〜!!!!

授業が終わってアパートに戻った後、家にインターネットがつながったことを報告。到着2日後の夜に、もう一人の新任の教師の宿舎の部屋からメールで家族に無事の報告はしておいたのだけどね。これで、いつでも連絡ができるようになったので、喜んでもらえた。

大連4日目、初授業・・・少しずつ平常運転になって、生活と授業が軌道に乗っていけばいいな!そうそう、退院後しばらく腸が動く度に痛みが走っていた症状がこの日くらいから、ほとんどでなくなった。体調も随分よくなってきたなぁ〜って感じ。

いろいろ、プチハプニング、予定が未定のことが多いけど、結局広くて、いいアパートに住めているし、何かいい方向に行っているよね?これから素敵なコトがおこる、そんな予感がしているわけなのだ。

そうそう、もう一人の先生は月曜は授業がなくて、大学院に通っている学生さんがアパートに来てくれて、公安に連れていってくれて、銀行口座を開設して、キャッシュカードを受け取ったそうだった。mhkが授業をしている間にね。

mhkは公安にまだ行けていない・・・さてさて、どうなるのかしら〜ん???ちょっと不安・・でも、予定組んでもいつも変更してきたのは国際課の担当者だし・・・。さてさて??

2011年9月 2日 (金)

大連3日目〜同僚の先生方との初顔合わせ〜

8月28日(日)
大学の会議室に8:30に集合

日本語の日本人教師と中国人教師との初めての顔合わせ
授業開始は29日(月)翌日から。

mhkの授業は7コマ(1コマ1時間半)で、第一週始まりが5コマ、第三週目始まりが2コマ。水曜は授業がなし。

前任者から「多分こういう教科を受け持つ。」と21日に北九州でお会いした時に聞いていた以外は、全部初めての話ばかり。教材もすぐに渡されるわけではなく、翌日から授業なのだけど、ちょっと不安になっちゃったなぁ〜。でも、同じ授業を(クラスは別)受け持つ先生が教材を貸してくださったり、ご自分の作った配付資料を見せてくださったので、何とか第一週は乗り切れそう〜と思った。

みなさん、中国人の先生も日本人の先生も、親切でいい方ばかりだった。

打ち合わせの後、午後からもう一人の新任の日本人の先生はアパートへ引っ越すことになってた。引越しに付き合ってくれるのは、mhkを空港までピックアップに来てくれた学生さんという話だった。

あれ???前日にアパートに説明に来てくれた国際課の担当者の話では、午後はその学生さん、mhkを公安に連れていってくれるんじゃなかった?

その学生さんに確認したところ、日曜だから公安は休みだって・・・。あのぉ〜。

大連に到着した第一日目は
公安にに行くのは27日(土)13:30と言われた。

二日目は
公安には28日(日)の13:00と言われた。

そして・・・・三日目は
日曜は公安は休みと言われた。

う〜ん、いつ公安にいくのかしらん???

さてさて、とにもかくにも翌日29日(月)から授業がスタートなのだから、急いで準備しないと!!!はぁ〜やっぱり、無理してでも到着2日目にしてプリンター購入しててよかったよ。

効率が全然違うもの・・・。

その日の夕食は、まだ調味料が塩と砂糖だけなので、近くのスーパーで野菜とお肉を買ってきて、チャーハンを作って食べたよ。お味噌汁たべたかったけど、まだ味噌ないんだもん・・・味噌はバスで40分くらい行ったとこじゃないと買えないの。準備の時間がもったいないので、そんな悠長に買い物できないよ!!我慢!

まだ、インターネットはないし、日本を出発時に航空便で送った大きな荷物(書籍類)は届いてないので、授業の準備もちょっと大変だったけど、同僚の先生にお借りした資料でなんとかなった。

さて、頑張らないとね!まだ腸の具合がちょっと悪く、大連到着翌日に大きな買い物をしに行ったので、まだ退院2週間で基礎体力が落ちていることもあり、会議中軽い脳貧血になりかかったけど、何とか乗り切った!そんな大連3日目だった。

とりあえず、水曜が授業がないので、火曜まで乗り切れば何とかなりそう!!!!そう自分に言い聞かせた。ふぁいとぉ〜!!!

2011年9月 1日 (木)

大連2日目~予定は未定~

8月27日(土)大連2日目!

さて、食器類、鍋類も何もないアパートなので、前日の夕食はレーズンパンと水のみ。その日の朝食も同じ。

ところで、その日は8:30に、当初入居予定だった宿舎前で3日前に到着している新任の日本人教師と待ち合わせ。

日用品の買出しに学生さんが付き合ってくれることになっているので、ご一緒させてもらうことになってた。(日本でやりとりしてた時に約束してたのだ。)ところが、前日、到着して案内してもらった学生さんと別れ際に、国際課の担当者から連絡が入り(mhkは通信手段もたんから、その学生さんの携帯にね)、翌朝9:00-10:00の間にアパートに担当者がmhkに手続きの説明をしにくることになった。

が〜ん!!買出しいけないじゃん!!!

午前中は国際課の担当者が説明に来て、午後1:30には前日に空港にピックアップに来てくれた学生さんが再び来てくれて、一緒に公安に届け出をしにいき、ついでに、街中で携帯電話を購入するのに付き合ってもらうことになった。

午前中国際科の担当者が来られるのなら、買出しは無理なので、8:30に待ち合わせの場所に行って、行けなくなったことを告げに行った。(雨の中・・・とほほ・・・・何しろ通信手段がないんだもん!)

もう一人の先生は3日前に大連入りして、宿舎に入ったのだが、前日国際課の担当者から「別のアパートに移ることができるので、希望者は引越し日を教えるように。」というメールが来てたそうだ。3日前に入ったばっかりなのに???どういうこと?と意味もわからず、とりあえず無視してたそうな。

でも、前日に大連入りしたmhkが一時的に(宿舎に入ると思ってたのに)同僚にとっては行方不明になり、アパートに連れて行かれたということと合わせて考えると、どうも、もう一人の先生も同じアパートに移ってもいいってことみたい・・・。

電化製品、家具の調達を大学がしてくれていること、広い部屋・・・どうも条件はアパートのほうがいいし、とりあえず、その先生も買出しはやめにして、mhkのアパートに来る予定の国際課の担当者に確認しようということになった。なにしろ、アパートに住むか、宿舎に住むかで買出しの内容も変わるからね。

それで、朝早くから出てきてくれた学生さんにはよくよくお詫びを言って、引き取っていただいた。

さて、もう一人の先生と一緒にアパートに戻って待ってたけど、国際課の担当者はなかなかお見えにならなかった。ご到着は11:30・・・・はぁ〜。二人で2時間半待ちぼうけ・・・。何が辛いって?買い物にも行けなかったので、お茶一つ沸かせないのよ。飲むのは水だけ・・・二人で侘しかったよぉ〜。

さて、担当者がご到着。

確認すると、希望すればの話だけど、もう一人の先生も宿舎からこのアパートに移れるということだった。大学から支給される電化製品、家具類も全く同じ。ということで、彼女も引っ越すことになった。

で、国際課の担当者の説明では、「日曜(つまり翌日)に前日に空港にピックアップに来た学生と一緒に公安へ届出に行く、その帰りに国際課によってパスポートのビザの部分のコピーをさせて欲しい」ということだった。

ん???でも〜昨日は学生さん、「今日(土曜)の午後1:30にアパートに迎えにくる」って言ってたぞ!!! もう一度確認したけど、国際課の担当者は「その学生さんは別の先生を空港に迎えに行っているから、今日は無理」と言ってた。そして、それは自分が電話で指示したって。

う〜ん・・・ということで、その日の午後は予定がなくなっちゃった。しかし、公安に行った帰りに携帯電話を購入するつもりが、それもできなくなったってことか・・・相変わらず通信手段がないmhk・・・。

いや、待てよ!!もう一人の先生がアパートに引っ越すことに決まったんだし、必要な日用品リストはこれで二人とも同じだな。朝キャンセルした学生さん(は大学敷地内の寮住まい)が、もし午後時間があるなら、一緒に付き合ってもらえるかも・・・。

それで、もう一人の先生に学生さんに連絡をとってもらったら、OKとなった!!!ありがとう〜。ごめんね!学生さん!このお礼は今度授業で返すからね!!!

そういうわけで、13:00にその学生さんと待ち合わせをすることになり、一緒にバスで買出しに!

いやはや、予定は未定だわぁ〜。でも、そういう中国っぽいことには中国の学生さんは慣れているようで、あまり抵抗なかったみたい。そのへんは5年前も大連に住んでたから、なんとなくわかってたので、今回ご無理をお願いしちゃった。

待ち合わせの前にもう一人の先生と一緒にケンタッキーフライドチキンを食べに行った。腸の調子が今ひとつだったので、フライドチキンは食べずお持ち帰りで、ハンバーガかじってた。

昼食後に学生さんと合流してバスで街中へショッピング!いざ、買出し!!!購入したものは・・・

・携帯電話(ああ〜これで通信手段ができた!!)
・インクジェットプリンター(複合機) 大学は経費節減であまりプリントアウトできない。でも、授業をするとなると必要なので、前任者も部屋にプリンターは持っていたということだった。ブラジルでも講義することが多かったので、部屋にプリンターもってたしねぇ。
・トイレットペーパー
・鍋
・中華なべ
・フライ返し
・たまじゃくし
・包丁
・まな板
・サラダオイル
・塩
・砂糖
・ラップ
・ビニル袋
・アルミホイル
・米
・布巾
・ボールとざる
・菜箸
・マグカップ
・たわし
・アイロン
・トイレ用のブラシ
・フェイスタオル3枚
・バスタオル(当初宿舎に入る予定だったから、バスタオルは毎朝交換してもらうことになってたので持ってこなかった)

本当は野菜やお肉、お魚も買いたかったけど、重量オーバーで無理だった。とりあえず、そういう細々したものは街中じゃなくても近所の小さなお店でも買えるしね。

帰りは学生さんが重いものを持ってくださったので、大助かりだった。mhkはキャリーバッグを持って行ってたので、何とかタクシーまで運べたよ。

仕事しに来てるんじゃなければアイロンは後回しでいいけど、教壇に立つ身としては、洋服にアイロンかけないとねぇ・・・なので、こんな重量になっちゃったねえ・・・。

さて、その日はアパートに戻って、さっそく台所用品は洗って乾かした。といっても、調味料は塩を砂糖だけ・・・食べ物はお米があるけど、他の材料を買いに行く元気もなく、ご飯を炊いて、お昼にお持ち帰りしたフライドチキンを食べたよ。

とりあえず携帯電話入手で、連絡手段ができたので一安心!

それにしても、前日に聞いていた予定がコロコロ変わる、そんな日だったよ。

さて、3日目は予定では午前中、日本語の教師(中国人&日本人)の顔合わせ&会議、打ち合わせで、午後は公安に行く予定。どうなるかなぁ〜。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ