カテゴリー

« 応援団鳥さん その3 | トップページ | 乳がんとの闘いその1  鬼退治のプレリュード(前奏曲) »

2012年2月 2日 (木)

病名は乳がん 二度目のガン告知?6年ぶりです~

2月2日:今日は福岡は最高気温が1.5℃。

1月18日に受けた福岡市の乳がん検診、精密検査要で翌日19日に訪れた、過去3回入院・手術している病院の外科で、なかなか診断が確定しなかったけど、とうとう診断が確定。

病名:浸潤性乳管癌(乳頭腺管癌) 

乳管の中だけ癌細胞があれば、非浸潤性ですが、mhkの場合は、ちょこっと乳管を突き破ってたらしい。なので、臨床病期はⅠだろうということです。なぜ病期が確定しないかというと、まだ組織診では腫瘍を全て検査したわけではなく、腫瘍を数か所採取して検査しただけだから。

正式に病期がわかるのは、手術して、腫瘍を切除し、切除した腫瘍を全て検査する病理検査の結果がでてから。

今までの経過は以下の図のフローチャートの通り。↓

Photo_4

ところで、今日は外科の外来診察の予約は11:00。前回の診察1月30日に組織診の再検さということで採取したのだけど、帰る時に渡された予約票には外科の外来診察のみ書かれていた。

もっとも、MRI検査結果の段階でも乳がんの疑いがかなり濃厚だったので、勤めている大連の大学の二学期が2月13日にスタートすることもあり(時間がないのぉ~!!)、先生には乳がんだったら最短で手術してほしいとお願いしていて、もし乳がんだったら最短で可能な2月8日を手術の予定に入れてもらっていた。

ほぼ乳がん濃厚と覚悟はあったものの、待合室ではドキドキするかなぁ~思いつつ、二度目のガンの診断確定の「判決」を受けに、バスで病院に向かい、病院の玄関をくぐり・・・自動受付機に診察カードを入れて受付を済ませ・・・。

ん???受付後に出てくる紙がいつもよりバカ長いんですけどぉ~と思って見たら・・・。

本日の予定として

CT検査(肺)
肺機能の検査
胸部X線
心電図検査
血液検査

が書かれていた。検査予定の時間も・・・ね。

6年前に腎がんが発覚した際に、癌であることを泌尿器科の先生から説明を受け後で予約した検査項目とほぼ同じ。(6年前の時はCT検査は単純CTだったけど、今回は造影剤を使ったCT検査だったけどね。あと、6年前は右腎摘出術だったから腎臓機能を調べる腎シンチの検査があったけど、今回は無。)

つまり、

CT検査(肺)は癌が転移しているかどうかのための検査
肺機能、胸部X線、心電図、血液検査は、術前検査の定番

あと、転移の有無を調べる検査では「骨シンチ」があるのだが、それは予約がすぐに取りにくいという話だったから、後日になったんだな・・・。

つまり、その予定表を見た瞬間、mhkは30日の組織診の再検結果が「悪性」、つまり、「乳がん」と確定したんだとわかったわけ。

覚悟はしてたけど、こんな形でわかるとは・・・見た瞬間大きな声で「えっ!!」と言ってしまったよぉ~。受付近くにいたスタッフさんたちがこっち見てたけど、なんでかはわからんかっただろうな・・・。

これがmhkにとって二度目のガンの告知だったわけ~あっけなかったなぁ~。まぁ~待合室でドキドキするよかいいよね・・・。ほぼ90%はって思ってたしぃ~。

診察室に呼ばれたのは12:30過ぎ。かなり待たされたので、ドキドキせずに済んでよかったよ。かえって。

担当の先生は5年目の若い女性のM先生です。若手の先生ですが、しっかりされていて、説明もわかりやすく信頼できる感じです!

M先生:この間の検査の結果が出たんですけど・・・。
mhk:(もう面倒なので)ああ、悪性の結果がでたんですよね。乳がんですよね。自動受付機に診察券を入れて受付したら、転移を調べる肺のCTや術前検査の項目がずらっと紙に書かれて出てきたので・・・・。(と先に言っちゃった)
M先生:ああ、書いてありました?(← 先生が予約したからなんだけどね。受付したら今日の検査予定の項目が紙で出てくるのはご存じなかったようだねぇ。)そうなんです。
病名は浸潤性乳管癌です。組織の検査では、今度はしっかりと腫瘍の真ん中を採取できていて、癌細胞がでてきました。特に進行が速いとか性質(たち)の悪い癌ではなく、普通の癌でした。(とまぁ~病期のこと、今後の治療の予定等のことなど説明用紙に書きながらわかりやすく説明してくださった。)

一連の説明を受けて、決めたことは
2月2日:術前検査(胸のX線、心電図、血液検査、肺機能の検査)
2月3日:造影剤を使った肺のCT(予定表には今日する予定だったけど、変更)
     骨シンチ
2月7日:入院
2月8日:手術(乳房温存切除手術:乳腺部分切除、術中にセンチネルリンパ節生検を行い転移が見られればリンパ節も切除)
2月11日:退院

この後術後1週間で病理検査結果が出て、術後の補助療法決定となる。

今のところ補助療法としては、

ホルモン療法(内服) 1日1個 5年間
放射線治療 25回(50Gy) 5週間(平日のみ)

が実施されるようだ。
放射線治療まで日本でしてもらうことを希望すると、3月末にしか大連にはもどれないことになり、2月13日からスタートする二学期の授業への対応を大学の方にお願いしないといけないので、30日に主任の先生にお電話して説明していたが、今日病名が確定したので詳細をお知らせした。半年教えた生徒たちだし、愛着もあるし、是非4月には大学に戻って生徒たちに再会したいのだけど、こればかりは、大学の方針もあるだろうし、どうなるかはわからないねぇ~。

とりあえず、今はmhkは乳がんを退治することに専念!

今日は検査が終わった後、かねてより予約していたニコンの一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングの講座を受けに行ってきた。D7000を持って大連に戻り、今度は一眼レフで撮影したいなと思い、イメージセンサーのクリーニングを覚えようと思ったわけ。

今日の一枚は30日に病院の近くの公園で撮ったハクセキレイさん。この日はちょこまか動き回る留鳥ばかりが相手してくれたなぁ~セキレイのスマートな姿は昔から大好き。この小鳥たちのちょこまかぶり、小さいけど元気いっぱいの生命力をもらって、頑張るよぉ~!!

Img_4041_p

« 応援団鳥さん その3 | トップページ | 乳がんとの闘いその1  鬼退治のプレリュード(前奏曲) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ハクセキレイ」カテゴリの記事

d.デジスコ」カテゴリの記事

c.コンデジ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

q.TSN-774」カテゴリの記事

29.乳がん」カテゴリの記事

v.Power Shot S95」カテゴリの記事

コメント

mhkさんお久しぶりです。ドミのmikiです。Facebookみてびっくりして、こっちにきちゃいました。覚悟はしていたっていっても、やっぱり病名が病名なだけに、衝撃だったでしょう。
でも絶対に無理はせず、元気に戻ってきてください☆優しい笑顔のmhkさんが大好きです

3月末まで戻れなくなっちゃったんですね。
それは残念ですよね・・・
でも、3月末過ぎたら全開で取り戻せるってことですよね!
以前のコメントでありましたが、身体が大丈夫ならいくらでも取り戻せるって。
mhkさんのその力強さ、素敵です。
いっぱいの鳥さんと一緒に、私もパワー送りますよ!

mikiちゃん:
コメントありがとう~。お久しぶりです~。もう癌も2度目だと大して驚かないですよ。腎がんの時は健康診断を受けた日にすぐ精密検査して、その2日後に病名を告げられたけど、今回は精密検査から最終結果まで2週間かかって、いろいろな検査をして、どんどん証拠固めされていった感じだったからね。

とりあえず今日で術前検査が終わったので、次のステップは入院するだけですね。

にゃっちさん:
ありがとう!!遠征いつからですか?成果たのしみにしてますねぇ~。

こんばんは
なんとも残念です...
早く治療して中国の教え子さん達に会いたいすね!
前向きなmhkさんなら大丈夫!
自分もある告知をされた時そうとう凹みました...
病院変わって2度目の告知も絶望しかありませんでした..
でもなんとか生きてます!
こんな時の言葉が無力なのも経験してますが
こんな言葉しか出てきません...
がんばって治療しましょう!

hina02さん!
ありがとうございます!
気を使っていただいて、ありがとうございます。本人至って元気です。

何しろ6年前の腎がんはネパールへの青年海外協力隊派遣(2年)が決まった後、会社を辞める2日前に気まぐれで受けた健診で、そそっかしいクリニックの受付の看護師さんがmhkが予約してなかったメニューの超音波検査を勝手に追加しちゃったんですよ。クリニックの院長が超音波の機械を持ってきた時にmhkは間違いに気付いたけど、「違いますよ。」という言葉を飲みこんで(まぁ~超音波検査したことないし後学のために受けてみるか・・・)とそのまま受けて見つかったんですよ。まだ血尿も尿たんぱくもでてなかったし、腎機能も正常で、超音波検査をしなければみつからずにネパールに2年行ってました。そそっかしい看護師さんと好奇心から受けてみたmhkのコラボです。

今回も11月に大連で右胸にわずかなシコリを感じて念のため受けとくか・・・と気軽に福岡市の乳がん検診を大連から予約して受診したら精査要となり、精密検査で分かりましたが、マンモグラフィでは何も映ってない段階です。

どちらの癌もほとんどmhkの気まぐれの健診受診で早期発見!ほとんど神がかり的です。何かがmhkを守ってくれているとしか思えません。治療すべき時に見つかった。そして治療の機会をもらった。それだけのことです。

だから、誰が何と言っても、mhkは運が良いのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病名は乳がん 二度目のガン告知?6年ぶりです~:

« 応援団鳥さん その3 | トップページ | 乳がんとの闘いその1  鬼退治のプレリュード(前奏曲) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ