カテゴリー

« キャベツが破れなかったから大豆の水煮でロールキャベツ | トップページ | うずら豆ごはん »

2012年5月22日 (火)

初夏の大連の夕焼け!

夕暮れのアパート、食卓の横の窓から見えた夕焼けが綺麗でした。食卓でいつも授業の準備したり、食事しています。すぐ横がキッチンなので、常備菜作りながらテストの問題作ったり・・・。アパートにいる時は、ほとんどこの窓のそばに座っているmhk。

Img_4470_p

この間まとめて作った、ひき肉の代わりに半分大豆の水煮の刻んだのが入ったロールキャベツ、今日はトマトソースを作らずにコンソメスープで煮ました。個人的にはこっちの味の方が好きです。ちょっとあまってたお豆腐とにんじんを入れてグリーンのキャベツに周囲が紅白!スープにお豆腐の味があって、あっさり系でした。

Img_4471_p

Img_4472_p

さて、ごはんが白くないですね。これ、うずら豆ごはんです。常備菜で甘煮を作ることが多いのですが、ネットにうずら豆ごはんのレシピがあったので、試してみたけど、あんまり好きな味じゃなかったんですよね。そのレシピでは、お米2合の代わりにお米1+1/3合、乾燥ウズラ豆2/3合にお米2合分のお水の分量+お塩少々入れて半日放置後、炊飯器で普通に炊くというもの。

味がいまいちだったので、大さじ1杯分お水を捨てて代わりにお酒を入れて、お塩いれてみました。味はなかなかmhkl好みの味になりました。でも、色合いがもちょっと赤くなるとおいしそうに見えると思うので、もう一工夫してみたいですね。成功したらご紹介します。

Img_4473_p

そうそう、ネットのレシピはあくまで「日本の炊飯器」を使った場合の筈なので、日本で作ったらおいしいのかも。中国で大学が買ってくれた炊飯器、まぁまぁ炊けるんだけど、すっごく早く炊けちゃうので、炊き立てはおいしくないです。炊きあがって10分は保温の状態で蒸らすようにしないとダメ。日本の炊飯器はお米をおいしく炊き上げるように、よくできてますからねぇ~。ネットのレシピは作ってみた人の評判も結構よかったので、日本の炊飯器は素晴らしい!というオチなんだと思います。

mhkは中国の炊飯器でおいしくうずら豆ごはんが炊けるように、もう一工夫してみますねぇ~。

« キャベツが破れなかったから大豆の水煮でロールキャベツ | トップページ | うずら豆ごはん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

街の風景」カテゴリの記事

27.中国」カテゴリの記事

28.大連」カテゴリの記事

30.cooking」カテゴリの記事

コメント

こんばんはぁ~
大連の空は綺麗すねぇ~
スモッグは北京の方だけかなぁ~

結構なボリュームですねぇ~
うずら豆ごはん美味しそうす!
赤飯みたいな感じかな?!

hina02さん:
お赤飯と一言で言っても、小豆を用いるところもあれば、ささげを用いる地域もあります。そして、うずら豆の親戚のアカエンドウの仲間の金時豆を用いる地域もあります。

そうすると、これも一種の赤飯なのかもしれませんね。

北海道は甘納豆を用いる赤飯もあるとか・・・妹の旦那さんの実家がそうです。そのままだとごはんは赤くならないので、食紅を用いて赤くするんだそうです・・・。カルチャーショック!

この器、ごはんを入れているお茶碗代わりにしている入れ物が結構小さいんですよ。写真で見るとボリュームありそうですね。ロールキャベツも具を少な目で、具はひき肉半分大豆の水煮ですしね。このロールキャベツ、1個当たりお肉は15gです。余ってたお豆腐ど~んと入れたので器がきつきつですね・・そういえば。

まだお魚だけとかお肉だけとか食べるとも胃もたれするのですが、この植物性蛋白質重視のメニューだと食べても不快な胃もたれしません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の大連の夕焼け!:

« キャベツが破れなかったから大豆の水煮でロールキャベツ | トップページ | うずら豆ごはん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ