カテゴリー

« 1年前の今日、ブラジルから帰国して成田着!1年経ったんですね! | トップページ | お薬狂想曲 終着駅~ »

2012年7月 1日 (日)

お薬狂想曲

お薬がちゃんと中国大連で手に入るか・・・ってことで、2週間近く動いてますが、まぁ~ダメなら日本の病院で8週間以上出してもらえないか交渉してもいいかな・・・と。実際日本国内でも離島のケースは、そういう措置もあるしね。

でも、6年前の協力隊経験の際のJICAの医療調整員の対応を見る機会があった時、中国にもちゃんとした病院、ちゃんとした医師はいることはわかっているので、まぁ~この国に住んでいるんだし、その方法を探ってみるか・・・ってことで、いろいろ調べてみてます。

ところで、薬を毎日ずっと飲み続けるなんて、mhkにとって初体験!風邪の時に飲むとか、腰痛の時に痛みどめを飲むとかくらいだったし、今まで入院、手術した時も経過よくて、鎮痛剤は打ってもらったけど、腎がんの術後も消化剤、子宮筋腫の時も下剤だしてもらったくらいだった・・・。

錠剤ってアルミ箔に入ってて、飲むとき押し出して取り出しますよね。何個かまとめてアルミ箔のシートに入ってるけど、分割線(ミシン線)で分割されてます。

この分割線、1個ずつ分割してくれてないです。大抵2個に1つ。1回2錠飲む薬ならいいけど、1回1錠だと、奇数回飲んだ時って、薬取り出したアルミ箔の部分が残って嫌じゃない?

mhkは子供のころからこれが嫌いでした。風邪薬飲む時も、これが嫌だったので、奇数回飲んだ時に、薬出したあとが残るの嫌でハサミで切ってました。

風邪薬は風邪ひいた時だけなんだけど、この薬これから5年飲むんですよね。毎日・・・。

Img_4718_p_2

1錠ずつ分割線つけてほしい~なぁ~。めったに風邪ひかないけど、風邪ひいた時は毎回思ってたんだよね。でも、これから5年間2日に1回はこう思うわけですねぇ~。そのうち、1錠ずつ分割線つけてくれるかな…製薬会社さん・・・。

Img_4719_p

そういえば、以前実家で母が自分の薬や家族の薬で、同じようにハサミ使ってたの見かけました。こんなしょうもないトコが親子で似たのねぇ~。

どうでもいいことだけど、薬を日常的に飲むことになったもんで、こんなしょうもないことも考える日常です。

« 1年前の今日、ブラジルから帰国して成田着!1年経ったんですね! | トップページ | お薬狂想曲 終着駅~ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

27.中国」カテゴリの記事

28.大連」カテゴリの記事

29.乳がん」カテゴリの記事

コメント

お薬のこと、なんとかなりそうな感じ?なんでしょうか。
しかし、不思議な国ですねえ、中国。病院とか医者の技量の問題というよりは、単に『仕事をしてくれない』がためにmhkさんの薬探しが解決していないような印象です。仕事したくないのかしら・・・
日本の病院でも『オイオイ』って思うことがあるのに、それでもまだまともだったんですねえ。

そういえば錠剤って2コずつ分割線入ってますね・・・
私もよくハサミで切ってます(笑)

先の記事のコメント、別のPCだったので名前間違えて送信してしまいました。すみません。

にゃっちさん:
そうなんです。でもねぇ~中国の病院が・・というより、中国の病院とのつなぎをしてあげる!って宣伝している日本人相手のサービスの窓口の問題ですね。要は医療の素人がやっていることが問題なのですよねぇ~。

いえいえ、すぐにゃっちさんってわかりましたよ。でも、おかしかったのは、にゃっちさんの別名が上のコメントに書いてくれた「たれたれうさうさ」さんと似てたので笑っちゃいました。ちなみに、「たれたれうさうさ」さんは大連在住で日本に「うさお」君と残してこられています。

うさお君のママとうさこちゃんのママがそろっちゃったぁ~って一人で受けてたmhkです♪

こんばんはぁ~
毎日飲むのは面倒すぅ~
でも飲まないと!
確かに1個だけ欠けると気になります...
最近は気にしないかなぁ~
一週間用のケースに入れるとかが
良いかもすぅ~

hina02さん:
ありがとうございます。5年あるから、ゆっくりこの薬との付き合い方は考えますぅ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お薬狂想曲:

« 1年前の今日、ブラジルから帰国して成田着!1年経ったんですね! | トップページ | お薬狂想曲 終着駅~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ