カテゴリー

« 一時帰国して病院へ お薬get! | トップページ | 眼科から出頭命令 »

2012年8月 3日 (金)

眼底検査受けてきました!既往症の「がん」というものとの闘い

mhkは強度近視で(コンタクトで矯正できますけどね。)、ブラジル渡航前に強膜炎を起こして通ったことのある眼科で「近視が強いし、1年に1回くらいは眼圧とか測ったほうがいいよ。」と言われていたし、帰国したら行くつもりにしてました。

ところが、1年前にブラジルから帰国して子宮筋腫で入院、手術、退院してすぐに大連赴任、半年前に冬休みの一時帰国では乳がんで入院、手術、放射線治療・・・放射線治療後に大連再渡航・・・行く暇がありませんでした。

なので、今回の一時帰国中に眼科に行ってみることに。

さて、前行ってた眼科は、女性の院長で話しやすい先生なんだけど、たまに代診になる副院長の男性の先生が、ちょっと横柄で苦手なタイプ・・・。そこは分院で、大きな駅近くにある本院の方に行くことに。そこの方が先生がたくさんいらっしゃって、症状によってその専門の先生に診てもらえるしね。

同じ系列の病院で、先生の一人が苦手なので・・・とは言えないので、前行ってた病院が移転したから(分院はホントに移転したので嘘じゃないのよん。)という理由で本院に予約を入れて今日の午前中に行ってきました。

本院は初めてだったので問診を書かされ、既往症も書かされました。確かに強度近視だし、眼底検査をしてた方がいいですねと言われ、瞳孔を開く目薬をさされ、診察!わりに若手の先生でした。

いろんな方向を見るように言われ、先生が丹念に診てましたが、「右の眼球にもりあがった部分がある」と言われ、さらに「乳がんの影響かも・・・」って。それで、精密検査で眼球を詳しく撮影することになり、その後院長先生の診察に回されました。

乳がんの影響って・・・。まぁ~若い先生だしねぇ~それに、転移の可能性が高ければ乳がんの治療をした病院の外科で検査があるはずだし、確率は低いだろうけど・・・でも、専門職の医師に「乳がんの影響カモ・・・」なんて言われると心臓に悪い・・・院長先生の診察を待っている間は結構憂鬱~。

さて、院長先生の診察がスタート。丹念に機械を通して、光を当てて右目を診てもらった。さてさて、院長先生のお話はというと・・・

院長:強度近視で、目の病気が起こってないかということで診察に来られたんですね。
mhk:はい。以前、海外に行く前に年に1回くらい冬になると強膜炎になって、その時に診察してもらった眼科から「近視が強いから年に1度くらいは眼圧測ったり、見せにきたほうがいいよ。」と言われていたので。その眼科は場所が移転したので、こちらに予約しました。
院長:強膜炎の診断したのはどこの眼科?
mhk:こちらの病院の分院です。(はは・・・副院長のおいちゃんが横柄で嫌いなんて言えないし・・。多分本院の院長と親戚の人・・。)
院長:強膜炎は何かいくらいなった?どっちの目?
mhk:3回くらいだったと思います。右の眼です。
院長:強度近視だから確かに網膜に弱いところはありますね。近視の人はどうしても目の病気になりやすいということはあります。充血、飛蚊症とか具体的に症状が出てきたら見せに来ないといけませんが、そうじゃなければ定期的に眼底検査でいいですよ。
mhk:あの~頻度はどのくらいですか?
院長:年に1回で十分ですよ。もし症状が出たら来てください。
mhk:(ところで、さっきの若い先生が言われていた「右目のもりあがりって・・・??乳がんの影響って??」)あの~、右目のもりあがりというのはなんだったのでしょう?
院長:ああ~(若干いやそうな顔・・・。)ああ、乳がんの治療をされていたので、前の先生がもりあがり部分が乳がんの腫瘍の転移だと心配されたようですが、まずその可能性はないですね。
mhk:(ホッ!そうよねぇ~。乳がんの転移は乳癌の治療をした外科でも年に1回、胸の方はマンモグラフィと超音波検査で、他の肺、肝臓等への転移はCT検査で経過観察って言われてたし・・ね。)

この眼科、福岡でも有名な眼科で、院長先生は有名な方なので、問題なしって言われてホッとしました。院長先生の若干いやそうな顔は「乳がんの転移なんてありえないのに!って意味のようで、逆にmhkにとっては、そのいやそうな顔でほっと安心しました!♪」

なんか、今までJICAボランティアへの応募のための健康診断、職場の健診以外に自主的に行った健診では、2敗全敗だったので(1敗は腎がん発覚、2敗目は乳癌発覚)、まさか二度あることは三度ある???のパターンか!?とドッキリしたけど、何事もなくてよかったよかった。

ガンの既往症があると、お医者さんにも過剰反応されることがあって、それが辛い時もあります。

ガン自体は保険医療のスタンダードな治療法で済むオーソドックスなものだったけど、「既往症のガン」というものと闘わないといけないことがあり、そのことが時々おも~く感じることがあるんですよねぇ~。

ま、終わりよければすべてよし。予約したのは9:30でしたが、終わったのは1時過ぎでした。疲れました・・・ね。

« 一時帰国して病院へ お薬get! | トップページ | 眼科から出頭命令 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

31.各種検診」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ~
最初読んでてドキッとしましたが!
安心しましたぁ~!
スッキリす!

hina02さん:
mhkもドッキリしました。でも、腎がんの時も、似たようなことはあったので少し免疫で来てて院長先生の診断を受けるまではわからない!と言い聞かせてましたね。腎がんの時に似たようなことがあった時は、半べそかいて泌尿器科の主治医のところに行ったんですよ。専門医の主治医になんでもないって言ってもらって、ようやく安心したんですけど・・・。医療も発達して専門医ではない医師のいうことは必ずしもあてにならないし、医師の言葉と言ってもそれほど神経質になる必要はないんですけど、やっぱり気になります~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼底検査受けてきました!既往症の「がん」というものとの闘い:

« 一時帰国して病院へ お薬get! | トップページ | 眼科から出頭命令 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ