カテゴリー

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の1件の投稿

2013年8月15日 (木)

男性の歯科医師とは相性が悪い・・・

一時帰国中にしないといけないこと、腎がん&乳がんの術後経過検査、眼科に眼底検査、歯医者で定期検診。このうち、歯医者以外は無事終了!

普段は歯医者は1日で終わるので(検査して、歯石とってもらって、レントゲン撮影で終わり)、とっくに終わってないといけないのですが、今回、大連で、1年半前に欠けた下の前歯の応急処置が外れたので、その治療が続いています。
残念なことに、96年から診てもらっていた女性の歯医者さんが3月に退職されたそうで、担当が変わりました。でも、今回も女性歯科医師さんでした。説明もわかりやすいし、気になるトコは相談できるし、特に問題はありません!
私は、今までひどい目に合った歯科医師さんが全部男性だったので、男性の歯科医師さんはちょっと苦手なんです。医師、美容師は特に、男性女性どっちがいいって思わないんだけどね。
さて、担当の歯科医師は女性だったのですが、歯科衛生士が、今回初めて男性でした。えええ!!!いつものベテランの女性の歯科衛生士さんじゃないのぉ~!!それに、男性の歯科衛生士って初めてだけど大丈夫かなぁ~。以前入院した時、術後の観察室で目が覚めた時に初めて男性の看護師だったんだけど雑だったんですよね・・・。ちょっと不安に思って横目でその人の名札見たら、「Dr.」・・・あ、歯医者さんの若葉マーク君か・・・。若手の男性歯科医師・・・さらに、もっと不安!!なにしろ男性の歯科医師とは相性がわるいmhkなのだ・・・。
ここの医院でも、以前、いつもの担当の女性歯科医がいなくて、若手の男性歯科医師に診てもらった時、前もって何も言わずに、いきなり椅子を倒され、ガタンとなり、腰痛がなおりがけだったmhkは痛さに悲鳴をあげたことがあったっけ・・・・しかも、その歯科医師はゲラゲラ笑っていたんだよね・・・。若い男性の歯科医師って雑で嫌なんだよなぁ~。あんとき、治りがけの腰痛は悪化して、ちょっと長引いたんだよなぁ~。
その思い出があるので、今度は椅子に座った後も、軽く手で体重が支えられるように身構えていた。それがよかった。その若葉君、何も言わずに忍者のように、いつの間にかmhkの背後に移動してて、無言で椅子を倒したよ。身構えてなかったら、また腰痛再発だったな・・・。自分の身は自分で守らなきゃね!!

今回、前歯の治療以外にも、かなり昔に治療した下の奥歯の金属の詰めものが、わずかに段差になっていて、その部分に穴が開いていることがわかり、そこも型を取ってやり直してもらうことになったのだ。大連に戻るタイムリミットがあるので、9日は夕方4:00から5:30まで1時間半とっていただき、同時にその2本の歯の型を取り、技工士さんに注文して、お盆安み明けに金属の型が出来上がってくる・・・そういうスケジュールでしていただくことになった。
削るのは担当の女性の歯科医師さんがやてくれるのだけど、型を取るのは若葉マーク君だった。この歯医者さんに通うようになった20代の頃からいらっしゃるベテランの女性の歯科衛生士さんには、身も心も安心してお任せできるのですが、ドキドキ!!!!
ベテランの人って、一言で患者側に的確に指示できるのですけど、若葉マーク君は指示が的確じゃないので、何度も言い直して、う~ん!!mhkは一体、どうすればいいの!!舌をどっちに向ければいいの!!!わかんないよぉ~!!!不安がますます募る。

一度休憩して、も一度やり直し、そして、最後に、型どりする粘土みたいなのが、唇いっぱいに、べった~りつけられてしまった。ベテランの女性の歯科衛生士さんの時は、唇にほとんどつかないのにぃ~!!!
で、固まった後、取り出された。やっと終わったぁ~!!!と思いきや、背後でベテランの女性の歯科衛生士さんと若葉マーク君がごにょごにょ話している。指導が入っているようだ。ちょっと嫌な予感・・・。
案の定、にこやかに、ベテランの歯科衛生士さんが来て「もう一度型をとらせてください。」あ、やっぱり?若葉君、失敗か・・・。椅子倒す時、なんも言わんわ、ぶきっちょわで、いいとこなしやな・・・。
いつものベテランさん、さすがに、指示が的確!ささっと終わっちゃうし、粘土?も一切唇につかなかった。型とるの2回やったせいで、1時間半のはずが、終わったら2時間過ぎてた・・・。腰痛持ちには2時間以上歯医者で座っているのは、ちょっとつらかったなぁ~。
ま、若葉くん、ぶきっちょさんのようですが、歯科医師なんて細か~い作業ばっかなんだし、精進してくれたまえ!!!でも、mhkはますます、男性の歯科医師が嫌いになっちまったよ・・・・。とりあえず、無事に終わって、次はお盆明けで23日の午前中に金属の型をはめてもらいますぅ~。
今までmhkをひどい目に合わせた男性歯科医は、この若葉くんで4人目です。一人目と二人目は京都にいた時の歯医者さんでした。一人目は神経を抜く治療の際、一か所防腐剤を詰め忘れた先生。治療直後から痛みがあったのに、「神経抜いたから痛いはずがない!気のせい!」と逆切れして取り合ってくれなかった。二人目は、痛いから、その次に別の歯医者に行ったけど、同じことを言って取り合ってくれず、金属の締め付けが酷いからかもと金属のかぶせるのだけやり直してくれただけで症状は改善されず・・・。
その3年後に、3年以上続く痛みがたまらないから、お金も時間もかかっていいから、すべてやり直して確認してくれというmhkの声に耳を傾けてくれてやり直してくれたのが、今通っている歯科医院の前の担当の女性の歯科医師さんでした。その時の話はこちらの記事に詳しく書いている。その他にも、黙って椅子を下げて腰痛を悪化させてくれた男性歯科医師と、今回の若葉君(身構えてたので腰は無事だったので、実害は唇に粘土?をべったりつけられただけでしたが。)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ