カテゴリー

« クチバシの長さの意味 ヤツガシラさんのお食事風景 | トップページ | ハッカチョウの高らかな歌声♪ »

2014年4月30日 (水)

労働節に表彰されちゃいました・・・。

5月1日は労働節です。日本でもメーデーと言いますね。
中国では祝日で、今年は5月1日~3日が連休、4日は振替出勤(勤め先の大学は2日の授業の振替)
4月30日(水)午前、大連市の中山広場にある人民文化倶楽部で、2012年-2013年に国や社会に貢献した労働者を表彰する式典がありました。式典の名前は「大连市纪念五一国际劳动节暨2012-2013年度先进单位、劳动模范和特别劳动奖表彰大会
賞の種類は
  • 先进单位(先進的労働者)奖(賞)
  • 劳动模范(模範的労働者)奖(賞)
  • 特别劳动奖(特別労働賞)
の3種類。
で、何かの間違いのようですが・・・mhkは勤め先から推薦していただき、特别劳动奖(特別労働賞)をいただきました。どんな感じで推薦されたかというと・・・
3月27日(木)勤務先の国際交流処(外国人教師の雇用、ビザ関係、学生の交換留学等を担当する部署)から、所属の外国語学院(日本風にいうと、外国語学部)に、労働節に推薦する外国人の教師を推薦してほしいという要請。条件は大学に2年以上勤務していること。
3月28日(金)夜9:00日本語学科の副教授の先生から電話。mhk先生を推薦することにしたので、書類を書いてほしい。その書類の書式は本人の履歴等が書く欄が最初にあって、最後に「主要事迹(=業績、功績)」が書く欄があり、そこに字数が書いてあるんだけど「3000文字」
mhk:あの~3000文字って、中国語で3000文字ってことですか?中国語???
副教授:はい。あ、mhk先生は日本語で書いてください。アドバイザーの先生(外国人教師の教務上の手続き、成績登録の手続き等サポートしてくださる若手の中国人の先生)に中国語訳してもらってください。
mhk:あの・・・中国語で3000文字ってことは・・・
副教授:日本語だと4000~50000文字ですかね。
mhk:で、〆切はいつでしょうか???(恐る恐る)
副教授:水曜です。つまり、4月2日ってこと。
mhk:あの…念のため伺いますが、中国語の書類の〆切ですよね?
副教授:はい、そうです。
実は、3月30日(日)はスピーチコンテスト キヤノン杯の一次予選(校内予選)。学生の指導もあるし、その日は審査員もするし・・・。指導の佳境の時だよぉ~!!!5000字作文!!電話があったのは金曜の夜9:00なので、その日は、ほとんど何もできない・・・。
でも、せっかく所属部署が推薦してくださるわけだし、推薦していただくことに。つまり、5000字作文にチャレンジすることに。
さて、mhkは2011年9月に今の勤務先に赴任したのだけど、実は大連の中学校に2006年の秋から翌2007年冬の5か月間、青年海外協力隊員として派遣されていたのです。

その時JICAに提出した報告書があったな・・・・と思いだし、そのから1000文字、残り4000文字を今の勤務先の業務内容で埋めればできるな・・・と、その日はJICAの報告書のファイルを探し出してから寝ました。
さて、
29日(土)スピーチコンテストの一次予選の前の指導の合間に、5000字作文。指導しに大学に行く際、ノートパソコン持参。合間に原稿書き・・・。おわら~ん!!!学生のスピーチ原稿900文字~1000文字。5000文字って、多いよ、やっぱり!!
30日(日)8:30 キヤノン杯一次予選 (審査員)
予選が終了後、同僚の先生からお茶のお誘いがあったけど、「頼まれた仕事があるので・・・(行きたかったけど・・・)」とことわり、スピーチの会場からノートパソコン持参でカフェに直行。だって、指導で疲れがたまってて、アパートに戻ったらベッドに倒れこみそうだったんだもん・・。
さて、その一次予選で、うちの大学で非専攻の代表になった学生が、mhkの担当だったので、カフェに行く前に、その学生に、「とりあえず疲れてるだろうから、食事をして寮に帰って体を休めなさい。二次予選に進むので、そのための打ち合わせを夕方6:00にします。」と言いつけてから別れた。
カフェで、髪振り乱しながら・・・原稿書き・・・。
6:00に一時間ほど、学生と打ち合わせして、その後大学の中で食事して再びカフェへ。
22:00 ある程度原稿の見通しがたったところで、カフェから引き揚げ、アパートへ
シャワー浴びて、最後のチェックをして原稿完成。
中国語訳してくださる先生と、副教授の先生にメールで送信。23:53
その週末は実質お休み無でしたね。土曜はスピーチ指導と原稿書き、日曜は審査と原稿書き。でも、翌4月1日は朝8:00から授業、その次の日の火曜は朝8:00から15:05まで6コマ続けて授業でした。
結局、その週はmhkの授業がない水曜になるまで、馬車馬のように走ってたって感じでした。
で、アドバイザーの中国人の先生は、月曜に受け取った原稿を中国語訳してくださって、水曜の午前中に完成したと送ってくださいました。職歴の部分の昔所属していた団体等の中国語の名称など細かい部分の訂正をおねがいして、それで完成!
2日半で5000文字の中国語訳をしてくださって、ありがとうございました!!
提出後は、すっかり忘れちゃってたのですが・・・
28日(月)の午前中に来年度の継続雇用の書類にサインしに行ったら、副教授の先生に「mhk先生、労働節の推薦していた分、通りましたよ。なので、水曜に授賞式に行ってください。場所は人民文化倶楽部です。」
ええ~!通っちゃったの???
まぁ、こんな経緯で、
2014年4月30日(水)大连市纪念五一国际劳动节暨2012-2013年度先进单位、劳动模范和特别劳动奖表彰大会
に行ってきました。
授賞者は8:20までに会場入りするように言われたので、7:00に大学の毛沢東像の前に集合して、大学の車で連れて行っていただきました。
うちの大学からは、他の学部から、中国人の先生方が
  • 先进单位(先進的労働者)奖(賞)1名
  • 劳动模范(模範的労働者)奖(賞)3名
受賞されていました。mhkは特别劳动奖(特別労働賞)でした。

外国人の受賞者は大連市で20名だったそうです。会場(人民文化倶楽部)の様子はこんな感じ↓
Img_2997_p
Img_2998_p
檀上で賞を受け取るのは、一部の方たちです。うちの大学からは、先进单位(先進的労働者)奖(賞)の先生が檀上に!(左から3番目)
Img_3027_p
受賞者はほとんどスーツ着ていたのですが(mhkも一応スーツ着ていきました)、うちの大学の受賞者のうち、上の先进单位(先進的労働者)奖(賞)の先生は、ジャンパーをお召でしたし、劳动模范(模範的労働者)奖(賞の)3名の先生のうち、1名はノーネクタイでした。校風なんですかねぇ~。
mhkはこれつけて、会場に座ってただけです。↓
Img_6504_p_2
外国人の受賞者で檀上に上がってた人たち↓
Img_3020_p
檀上に上がらなかった受賞者のメダルは、あとで大学に送られるそうです。ちょっと楽しみ♪(上の写真の外国人の受賞者もmhkと同じ特别劳动奖(特別労働賞)なので、たぶん、この人たちが首にかけてもらったメダルと同じものなのかなぁ~と。
「ある日突然型」の中国ライフ、3年目になっても、思いがけないことは、続きます。最初は5000字作文2日以内!という「仕事スタートと〆切がほぼ同時!」なんて、なんかの罰ゲーム?って感じで始まったことですが、最後はなんだか、ちょっとご褒美&幸せ気分♪でした
きっと、丁寧に中国語訳してくださったアドバイザーの先生のおかげだと思います。谢谢!!

« クチバシの長さの意味 ヤツガシラさんのお食事風景 | トップページ | ハッカチョウの高らかな歌声♪ »

27.中国」カテゴリの記事

28.大連」カテゴリの記事

中国の祭事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398760/56027710

この記事へのトラックバック一覧です: 労働節に表彰されちゃいました・・・。:

« クチバシの長さの意味 ヤツガシラさんのお食事風景 | トップページ | ハッカチョウの高らかな歌声♪ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

世界時計

フォト
無料ブログはココログ