カテゴリー

カテゴリー「ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco)」の3件の記事

2010年8月25日 (水)

お弁当つけてどこいくの!ハチドリさん!~Itatiaia の鳥デジスコ編7

Itatiaiaのロッジの中庭は小鳥がいっぱい!フレンドリーなハチドリさんがたくさん。その中でグリーンとホワイトが爽やかなノドジロハチドリさんはmhk的には一押しのハチドリさんです。このグリーンがなんか神秘的でホワイトがなおいっそう、それを引き立てています。

ここに滞在中はハチドリさんたちは、普通にいて見慣れちゃってたのですが、デジスコ撮影していると・・・・むむむ!!!あれ!!!この子、グリーンとホワイト以外に色あったっけ!!!と頭のほうになにやら黄色い部分がを見つけてドキドキ!

Dscn1870_blog

頭の辺りって、普段見えないけど、どうかしたら、ちらりと黄色が見えたり、赤が見えたりという鳥さんもたくさんいるし・・・・注意深く大きく撮ってみると。。。
Dscn1878_blog

Dscn1876_blog

おやおや、花粉がついてたのね・・・。ハチドリさん、お食事でお花の蜜をすったときにお顔突っ込んで花粉だらけになったのねぇ~。お弁当つけてどこいくのぉ~♪

和名:ノドジロハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-papo-branco 英語名:White-throated Hummingbird 学名:Leucochloris albicollis

2010年7月16日 (金)

Itatiaia の愉快な(気安い)仲間たち2

デジスコ持ってItatiaiaのロッジに行ったのですが、デジスコの最短撮影距離よりずっと近くに来る子たちがいて、その子たちをPowerShot G11で撮ってみました。

近づくと飛んでしまうから、いかに近づくか、いかに近づかずに撮影するかって鳥撮る人は考えるのに、野鳥なのに気安いハチドリさんたちはコンデジで撮れちゃったりするわけです。

Itatiaiaの最終日の7/14に雨のなかベンチで鳥さんたちにいいように近づかれてたmhk。一人でベンチに座って小鳥さんを眺めながら、近づく子の撮影をひそかにたくらんでたわけです。

で、なんちゃって?ホバ(決して鮮明な解像度とはいかないにしても)でもうれしいのですが、近くの花にとまっている子を撮れた時もうれしいものです。花がらみの小鳥さんは憧れのショットですものね。(この子もmhkの正面20cm以内でガンを飛ばした後、花にとまったんですよ!!!)
前の記事でなんちゃってホバをアップした子ですね。和名:ノドジロハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-papo-branco 英語名:White-throated Hummingbird 学名:Leucochloris albicollis

Img_1097_beija_flor 背景みてください。この雨じゃデジスコで距離が離れたとこでシャッター切っても鳥さんが雨のカーテンで不鮮明です。近くにいてくれるからこそコンデジで撮れるんですよね。ハチドリも種類がたくさんいたのですが、このノドジロハチドリさんは動く時も首の動きがピタッピタッってとまる瞬間があるので、連写で撮っていると使い物になるショットが他のハチドリさんより多いんですよ。こんなに同時に種類がいると、そういう仕草の細かい違いもわかるので、うれしいですね。
そして、ベンチのすぐそばにある赤い薪箱にもハチドリさんはmhkの正面でガンを飛ばした後しばらくとまってました。見てください!ぬれねずみですよ。鳥さんってたくましいですよね!!和名:スミレボウシハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-fronte-violeta 英語名:Violet-capped Woodnymph 学名:Thalurania glaucopis
Img_1096_nurenezumi1
 さて、さすがに体にまとわりついたり、つんつんしたりするのはハチドリさんだけですが、この薪箱には他の小鳥もとまりにきました。なんと♂♀交代で挨拶?に来た子がいました。和名:クリハラスミレフウキンチョウ ポルトガル語名:Ferro-velho 英語名:Chestnut-bellied Euphonia 学名:Euphonia pectoralis です。
まず、男の子です。↓Img_1114_nurenezumi2
そして、次が女の子。↓
Img_1104_nurenezumi3_2 どちらもぬれねずみですね。デジスコ諦めないといけないくらいの雨と霧でしたが、一人でベンチにいたmhkはずいぶん鳥さんに遊んでもらいました。

このロッジの中庭のベンチは晴れてた時は英語圏の大砲組(デジ眼の超望遠レンズ)の指定席でしたが(デジスコだと一番近い木が最短撮影距離ぎりぎりだったから、普段はmhkはもっと離れたトコに位置取りしてました。)、あの大砲組がベンチ付近にいたとき、そんなに小鳥さんにまとわりつかれてたかな??

ベンチにずっと石のように一人じっとしてたから、鳥さんたちには人間と思われてなかったかも・・・。

最後に、鳥さんじゃないけど、ベンチに座ってたら、リスさんが3匹くらい走ってたのを見かけました。そして、そのうちの1匹がレストランとフロントがある建物に入っていったら、ロッジの清掃担当のスタッフに追い出されてました。で、驚いたような顔して、建物から追い出された直後のリスさんをG11でパチリ!なんとも可愛い表情です。
Img_1112_ochousimono
で、この直後にさらにスタッフさんが、あっち行け!ポーズ!そしたら、このりすさん、mhkの方に走ってきたと思ったらmhkの膝にポン!!!と乗ったのです。イキナリだったので思わず悲鳴をあげちゃいました!mhkの悲鳴にびっくりして、りすさん飛び降りてすたこらさっさと走り去りました。もう!!!この雨降りですよ。りすさんの泥足がmhkのGパンを汚してくれましたよ。今洗濯機で回ってます~。

Itatiaiaでは気安い、フレンドリーなのは鳥さんだけじゃないようです・・・ね。どれも飼育されてないんですけどねぇ~。

デジスコ機材を持っていったのにItatiaiaではデジスコ撮影してないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。でも、最終日の雨の中の鳥さんたちのあまりのフレンドリーさに衝撃を覚え、先にブログでご紹介したかったのです。

Itatiaiaのデジスコ写真はおいおいブログにアップしていきますよ。

日本語学校の巡回で使っているG11はItatiaiaで思わぬ活躍だったのです。

2010年7月15日 (木)

Itatiaiaの愉快な(気安い)仲間たち1

Itatiaiaのロッジに滞在中、3泊4日の4日目、最終日はあいにくの雨でした。霧も濃くてデジスコ撮影にはちょっと・・・って日。

中庭もこんな感じです。デジスコ無理ですね。でも撮影が無理な雨の日でも野性の鳥は関係なく、それでも生きてます、生活しています。嵐じゃないので普通に枝にはいるんですよね。たくましいです。小さくたって!

Img_1032_nakaniwa
そんな雨の中庭で屋根の下のベンチに腰掛けて、デジスコスタンバイ、双眼鏡とコンデジのcanonのPowerShot G11を首から提げて、まったりと野鳥観察。晴れていると大砲組(デジ眼と超望遠レンズ)がスタンバっている中庭のベンチですが、その日はmhk一人。他の人たちはガイドに連れられて遠出したようです。mhkはその日2時にはタクシーの運転手が迎えにくるので宿にいたのです。

さて、ハチドリさんたちは実に気さくです。いるのがmhkだけのせいか、木の枝から花に向かって飛んできた帰り(?)にmhkの周囲に寄って行きます。ネットしてたらノートブックをつんつんする、mhkの顔の真正面(距離20cm未満)のとこでガンを飛ばす!肩をつんつんする、腕をつんつんする、晴れている日もデジスコでスタンバっている時なんてmhkが手に握るレリーズにとまる・・・そんな調子。
その日は雨の中観客がmhkだけのせいか、やたらベンチの周りでハチドリにからまれるmhk・・・。

さて、こんな距離が近いと(というか接触しているし・・・)デジスコでは無理(もともと動く被写体はよっぽどのエキスパートじゃないと無理なシステムだし、第一最短撮影距離5mのシステムですから・・・)

で、何とかチャンスがあれば・・・と首から単独のコンデジG11をさげてたわけです。

晴れた日にこの子が花をつんつんしている姿をパチリ!体長6.8cmのおちびさん。とうとう4日の滞在期間でこの子をパチリできたのはG11でのみでした。しょっちゅう見かけるんだけどね。
Img_0951_hover4
近すぎるとお高いシステムより気軽なコンデジのほうがなんとかなるもんですね。
和名:ミドリカザリハチドリ ポルトガル語名:topetinho-vermelho 英語名:Festive Coquette 学名:Lophornis chalybeus

上の写真は晴れた日のものですが、最終日14日は雨だったので、デジスコは半分諦めて(雨やみを待ち、スタンバってたけど)、G11で勝負しました。

近くの鉢植えの花に来た体長11cmの子もG11で撮りました。ISO800。右上の赤い箱は薪箱です。

Img_1041_g11_iso800
和名:ノドジロハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-papo-branco 英語名:White-throated Hummingbird 学名:Leucochloris albicollis

去年の夏Tapiraiであったこの子(体長11cm)にも再会!
Img_1073_hover1
和名:スミレボウシハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-fronte-violeta 英語名:Violet-capped Woodnymph 学名:Thalurania glaucopis

近過ぎてデジスコじゃ無理だったので全てコンデジ撮影~。気さくな子達でした。上の写真の子はすべてmhkをつんつんつっつきにきた子達ばかりです。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ