カテゴリー

カテゴリー「f.花・風景」の95件の記事

2014年5月15日 (木)

ムシクイ類がたくさんいるポイント

勤め先のキャンパスは、だだっ広くて、山を切り開いた感じで、整然さがなく、どこかいつも工事していますが、整然としてなくて樹がたくさん植わってるおかげで、結構鳥さんあ入ってくれます♪

ムシクイ類がいるポイントは、こんな感じです♪

R0015410_p

R0015420_p

授業の合間に、ここ↓のベンチに腰かけて上を見上げるとムシクイ類さんが観察できます♪ムシクイ類は大抵いますね。時々、ヒタキ類も来ます。ここから100mくらいのトコに草原っぽいとこがあって、そこがホオジロ類のポイントなのです。

R0015423_p

R0015411_p

上を見上げるとこんな感じ♪ 緑に包まれている感じですよ。

R0015422_p

ベンチのあるあたりは、学生が授業の合間によく日本語や英語の暗誦の練習をしている様子が見られます。他に、年配の方が太極拳かなんかの練習をしてたり、散歩してたりしてます。

2014年2月 9日 (日)

大分県応援団"鳥"「めじろん」の故郷へ

週末、JICA日系社会シニア・ボランティアの同期だったYKRさんの住む大分県中津に遊びに行ってきました。

おしゃべりしながら、楽しく過ごさせてもらいました!日曜は、車で、梅の名所の吉野梅園に連れて行ってもらいました。開花している梅は少なかったけど、蝋梅はは綺麗でいたよ。

Img_2097_p

由緒ある、樹齢800年に及ぶ「臥龍梅(龍が地に臥した形に見える梅)」もありましたが、まだちょっと開花は早かったですね。いくつか花が開いてましたけど、ほとんど蕾。でも、蕾も随分ふくらんでまいたよ↓

Img_2089_p

白梅も紅梅も、早咲きのが咲いてたけど、全体的には、まだ蕾の梅の木がほとんど↓

Img_2091_p

Img_2085_p

帰りに、この近くにあった吉野食品有限会社によって、鶏飯を買っていただき、中津に戻って、日本唐揚協会主催の「第一回からあげグランプリ(しょうゆだれ部門)」最高金賞受賞のお店「鳥しん」で、唐揚を買っていただきました。

YKRさんのマンションに戻って、それをいただき、ちょっと遅いランチでした。豪華なメニュー~どちらも、とてもおいしかったですよ!!YKRさん:ごちそうさまでした!!
Img_2114_p

Img_2115_p

Img_2117_p

お土産に、mhkが大好きな「大分県応援団"鳥"めじろん」のストラップをいただきました。へへへ・・・・。嬉しい~。

mhkが大好きなメジロさんは、大分県の県鳥なのです。
Img_2153_p

ちなみに、めじろんが抱えているのは、やっぱり大分のマスコットキャラ「カボたん」のようですね。カボスが名産の大分ならではです♪
Img_2156_p

メジロさんは、mhkにとって、永遠のテーマなので(特に花がらみ)めじろん、大好きなんです!!

2012年5月 4日 (金)

春の大連のキャンパス

今大連は花盛り!一斉にお花が咲いた時期、癒されたのですけど、その頃体調が悪く、コンデジでも写欲がさっぱりわかず、いい時期は撮り逃がした感がありますが・・・。

カメラは好きなのですが、写欲がわかないと全然カメラを持ち出す気になれないmhkは大連再渡航の後は学生の顔を覚えるために学生のお顔を写させてもたったのと日々の食事をきちんとするために作った食事を写真におさめるくらいにしか使ってませんでした。

でも、体調がちょっと上向いてきたら写欲が少しわいてきたので、鳥撮りデジスコの際にコンデジGRⅡもお供させました。まだ体力が戻ってないので、デジスコ+一眼は無理だったしね。

鳥撮りの合間にキャンパスの様子を撮ってみました。この時期の街路樹の銀杏が大好き。秋の紅葉の時期の銀杏もいいけど、若い葉っぱがでてきたばかりの、この感じが大好きです。
R0015188_p

R0015190_p

今キャンパスに白い回廊を作ってくれているのが、この樹です。桜の木は日本にもあるけど、梨の白い花の街路樹ってmhkの故郷の九州では見られないので、嬉しかったですね。

R0015194_p

R0015198_p

R0015199_p

他にも咲いているんですけど、鳥撮りの合間に撮ったのはこんだけ。体力があんまりないので、鳥撮る時に他のものを撮るだけの余力がないんですよね・・・。ま、体力は少しずつ戻るから焦らずボチボチです。

ちなみに梨の花の花言葉は博愛、和やかな愛、愛情だそうです。清楚な花で大好きです。体調が今一つのmhkにはこの清楚な白さがなんか癒されます。

2012年2月19日 (日)

乳がんとの闘いその13 積雪2cmで都市高通行止めの街より 城スズメ

天気予報どおり、夜のうちに積雪、目が覚めたら、庭の金柑の樹に雪がふんわりと!
朝のニュースを見ていると、都市高速通行止め。でも、積雪2cmよ!九州の平地だと、雪が降ってもそれほど深い雪はないので、都市高速建設時に雪対策何もしてないのです。

まぁ年に何回かだし対策するお金がもったいなかったってとこかな?とにかく、昔から雪にめちゃくちゃ弱い都市高速を持つ街なのです。

朝はまだ雪が降ってたけど、午後は陽が差してきたし、鳥撮り出撃!雪と小鳥さん撮りたいもんね!!
病理検査結果は月曜の予定だし、16日の診察時で外科医の先生が病理検査結果が遅れていることにも、mhkの治療計画が決まらないことにも、それによって社会復帰が難しくなることにも、全く無関心なことが判明して、かなりショックが大きく、ここ2,3日落ち込んでたんだけど、まぁ~それでも、負けるわけにはいかないしね。

考えてみれば、以前の腎がんの担当医だった泌尿器科の先生が良すぎたのかもしれないって思いなおしました。お医者さんは患者の病気を治すことが商売だから、患者の社会復帰なんて知ったこっちゃない!って人が多数派で仕方ないかも。それでも、病気を治す仕事だけでも激務だもんね。あんまり今回の外科医の先生には期待せず、今度補助治療をしてくださることになる放射線科医の先生に自分の事情を理解してもらえるように努力してみます。コチラは生活かかっているし、今後の自分の人生もかかっているから譲れないこともあるし、あきらめずに交渉していこうと思います。

外科医なんて、切るのが上手だったらいいよねぇ~。上手じゃない人もいるんだし、上手に切ってもらってよしとしなくっちゃ!無医村に住む人だっているんだし!

まぁ、心はいろいろぐちゃぐちゃしているけど、要は雪と小鳥を撮るぞ!と出撃したわけです。

さて、公園の梅もかなり開いている樹もあり、蕾が膨らんだ樹もあり、さぁ~て春だよぉ~ん!!と思ったら、いきなり積雪で梅も驚いたことでしょう。

午後になって陽が照ってくると雪も解けてきてます。↓

Img_4734_p

Img_4794_p

さて、雪は結構残ってるんです。↓

R0015171_p

R0015183_p

R0015174_p

R0015175_p

でも、超望遠撮影のデジスコでは、鳥さんと雪が一緒になかなか写ってくれないのぉ~!スズメさんもなかなか雪のあるトコに行ってくれない!!

Img_4709_p

お城の石垣にも結構雪あるんだけど、スズメさんに近くにはない!!!この子のすぐ下のとこには結構雪残ってたんだけどなぁ~。↓

Img_4763_p

Img_4774_p

この子のとまっている枯草のふもとに、かすかな雪の残りが・・・。↓

Img_4780_p

Img_4778_p

↑ スズメさんの正面顔も結構面白い・・・。

帰りがけに公園のベンチに可愛いカップルが・・・。↓

R0015186_p

雪と小鳥さんのデジスコショットは今一つでしたが、雪の中で膨らむ梅の蕾が見られて、わりと楽しめましたよ。さて、乳がんに負けないように頑張っと!

2012年2月 5日 (日)

冬将軍に屈せず凛と咲く梅の花

病院帰りによく立ち寄る公園には梅園があります。公園には梅園や牡丹園があって、歩いていると観光客に梅園はどこかなのか聞かれることもしばしばあります。何しろ城跡ですから敷地も広大です。初めての人場所がわからないでしょうね・・・。ここにホテルにチェックインする前にキャリーバッグを引いてくる人がいますが、無謀です。階段が多いからです。城跡ですから石垣が多いし、階段もコンクリートの階段とは限らないです。荷物は駅のコインロッカーかホテルに預けることをお勧めします・・・。

梅園、mhkは冬にまだ梅が咲いていない時期の梅園が好きです。なぜって、花が咲いてない時期は人があまり来ないからです。人が訪れない梅園に静かに静かに立っているとジョウビタキ、ウグイス(まだホーホケキョと囀る前の)、アカハラ、シロハラ、キクイタダキ、エナガ、シジュウカラが結構近くで遊んでくれるからです。

機材を持っていると撮影チャンスもあってうれしいけど、機材を持っていなくても小鳥ちゃんたちが寄ってくるのは楽しいものです。

ところが、2年ぶりの日本の冬は異常気象でもありますが、この公園には冬鳥が姿を現しません。どこか別のところで越冬しているのでしょうかね?

MRI検査結果を聞いて、ほぼ乳がんの診断がでて、確定診断のために組織診の再検をすることになって採取された帰りに梅園に寄った時、ほとんどの梅の木はまだ蕾も固く、まだまだ花が開くのは先かなぁ~と思いながら冬鳥を求めて散策していました。

結局冬鳥はおらず、いたのは留鳥のエナガちゃん、シジュウカラさん、ハクセキレイさん・・・・。

ふと見上げると、1本の梅の木に花を見つけました。冷たい空気の中で凛と咲いていました。

Img_4069_p

立春の前の日、節分の日に今季もっとも冷え込みましたが、季節は巡る、春は必ずやってくるのでしょうね。乳がんの治療が終わる頃には、どんな花が咲いているのでしょうね。楽しみです。

2012年1月 9日 (月)

年末年始の大連のイルミ

明日帰国です。無事に一学期を終えました。退院2週間後の大連渡航で、渡航3日目から授業スタートだったので、何が何だかわからないままひた走った!という感じでした。今日はお土産を買いに夕方から街に出かけました。なぜ夕方かというと、帰りにイルミを撮りつつ帰ろう~と企んだからです。列車の駅で降りた後、普通ならバスに乗り替えるのですが、バスに乗らずにバス停4つ分歩きながらイルミを撮りつつ帰りました。2月に二学期スタート前に戻ったらもう春節も終わっているからイルミもなくなってるだろうしね。

R0015081_p

R0015087_p_2

R0015091_p

R0015094_p

R0015100_p

Img_0793_p_2

R0015114_p

下のは12月28日に街に出た時に撮ったモノ。まだ雪が降ってないとき。とっくにクリスマスは過ぎてますが、クリスマスツリーが堂々と!!ここのユニクロでダウンを買いました。

Img_0490_p

これも12月28日に撮ったモノ。道路がこんな具合になってるんですよ。これは年明けた今も同じ状態。たぶん春節まで続くのかな?

Img_0495_p

退院後2週間で渡航したので、鳥撮りの道具を持ってくるどこじゃなかったし、コンデジ2台はもってきてても、ホント余裕なくて写欲が全然わかなかったんだよね。でも、一学期を無事終えて、少しずつ写欲がでてきたかなぁ~。日本のイルミと違って点滅しないんですよね。

2月に渡航する時にはデジスコセットもってきますよん!!

2012年1月 3日 (火)

雪のおもしろう降りたりし朝- 大連編 -

新年あけましたおめでとうございます!
ブラジルから戻って2ヵ月足らずで大連の大学に赴任し、ようやく1学期が終わります。12月27 日にmhk担当の授業の最後の試験をしたので、全ての成績をまとめて提出しました。

まだ雑務がかなりあり、2月スタートの学期の準備もあるのですが、とりあえず無事に1学期が終わってほっとしました。

さて、今朝起きたら外はこうなってました↓

01r0015024_blog

住んでいるアパートの敷地です。銀世界ですねぇ~。

福岡出身なので、日本にいれば毎年雪は見ますが、ブラジルに2年いて、一時帰国が春だったので2年ぶりに積もった雪を見ました。

02r0015028_blog

予報通りですが、雪って雨と違って黙って降るので目が覚めた時の窓の景色がこんなになっているとびっくりです。大連はそれほど雪の多いとこじゃないのでね。でも、今日は最高-9℃、最高-4℃なので、積もっている雪はさらさら、解けませんねぇ~。

大学に行ったら学生が除雪の作業をしてました。

03img_0731_blog

階段も埋もれつつあります・・・。

 

04img_0738_blog

3階の職員室から見た風景です。

05r0015030_blog

木々のバックが青空、樹木の形はおもしろいですね。

06r0015034_blog

学生が作った雪だるまさん、かわいいです!

07r0015035_blog

木に積もった雪ですが、さらさらの粉雪できれいでしたよぉ~。

08r0015037_blog

8月に大連渡航時に鳥撮り用のデジスコも一眼を持ってきていなかったので(冬休みの一時帰国の後の再渡航時に機材一式持ち込む予定)今手元にあるカメラはコンデジ2台だけです。キヤノンのPowerShotG11とリコーのGRⅡだけなんですよ。なので、鳥さんを撮ることはふつうはできないのですが、大学構内で冬景色を撮っていたら、雪が音を吸収して静かなせいか、コンデジ片手に静かに立って写真を撮っているmhkのすぐ1m先に雀ちゃんがとまってました。おやおや!こんなに近くに!そっとG11で撮らせてもらいましたよ。大連の雀ちゃんです。お顔の前に枯葉があるのが残念ですが、結構解像しているでしょう?

Img_0735_blog

そして、何やら物音がするので、下の方をみると・・・雪浴びしているカササギくん。おやおやくちばしが雪だらけ!これもG11です。積雪の大連のプレゼントですね。

Img_0739_blog

住んでいるアパートは大学の門のすぐそば、その門のそばにバス停があり、そこからバスに乗ってちょっと行くと星海広場があります。最高気温-4℃の寒い中、雪景色の星海広場を撮りたくて午後から行ってきました。広場はさすが観光地、除雪作業が進んでました。雪がかき集められてます。↓

Img_0758_blog

樹の上の雪を払っているおじさん↓雪がさらさらなのがよくわかります!。

Img_0743_blog

集められた雪で作られた雪だるま↓

Img_0763_blog

今年の干支の龍が!↓

Img_0750_blog

19.97mの巨大なシンボル塔「漢白玉華表」です。1997年に作られたから19.97m・・・・。

Img_0765_blog

アジア最大の広場の雪景色、バックが青空で素敵でした。しかし・・寒かった・・・カメラがキンキンに冷えて手が・・・・。

R0015045_blog

星海広場は海のそば。海の雪景色、いいですね!でも、寒かった・・。

Img_0762_blog

この寒い中、釣りしてた人いました・・・・。辛抱強いなぁ~。

R0015064_blog

除雪作業もまだ進行中~↓

R0015052_blog

R0015058_blog

ブロンズ像で記念撮影している人たち・・右のお馬さんにまたがって撮影してる人もいたけど、ブロンズ像キンンキンに冷えてただろうに・・・冷たかったでしょうねぇ~。

R0015049_blog

この絵を描いているブロンズ像さん、寒そう~。軽装だもんねぇ~。↓

R0015050_blog

広場の周りには建設中のものも含めて高層マンションがたくさんです。

R0015067_blog

鳥撮りをするときは超望遠のシステムですが、こういう広い広場を撮る時は広角で楽しめますね。GRⅡにワイコンつけて35mm版換算21mmで撮った写真もあったのですが、楽しかったですよ。写真は広角が楽しい~ってホントですね。

R0015073_blog

あんまり寒かったので、広場からバス停に戻る途中で入った建物に中にクリスマスツリー・・・そう、日本と違って12月25日が終わったら即クリスマス関係のモノが撤去されるなんてことはありません…きょうは1月3日ですぞ!!!外国人からは逆に12月25日が終わった後純和風のお正月モードになる日本が不思議がられるのかもしれませんが・・・。

R0015075_blog

最後に・・・この間買ったダウンです。↓もうすぐ日本に一時帰国するし、コートはその時持ち込もう~と、ずっとダウンを買うのを我慢してましたが、最低-10℃になるし、無謀だな・・・とユニクロでダウンが799元が599元に値下がりしたとこで、12月29日に買いました。正解でしたね。ダウンか買ってなかったら今日雪景色を撮りに星海広場には行けなかったよ・・・。それでも、値下がりするまで我慢したmhkはケチです。1週間前に買いに行った時は値下がりしてなかったので買わなかったんです。

Img_0530_blog

2011年8月10日 (水)

子宮筋腫との闘い~術後8日目 入院中最後の外来診察 マングローブのサギさん~

本日術後8日目です。
院内ウォーキング、続けています。お食事に緑黄色野菜があんまりなくて、お通じがちょっと苦しい・・・。院内ウォーキング毎日1時間20分ちょいしてても、入院していない時に比べたら動きかたが少ないからどうしてもねぇ・・・。

手術の傷の痛みはかなり緩和されました。50m走しましょう!と言われても走れないけど、病院が火事になったら走れそう・・・・そこまでは回復してます。

今日は午後から入院中最後の外来診察がありました。
診察室に行くと・・・。
主治医:すたすた歩けるようになった?
mhk:はい。
主治医:これ(写真を見せながら)が摘出した子宮です。(結構な大きさ・・・筋腫だらけ・・・)1075gです。
mhk:あのぉ、普通は・・・?_
主治医:(筋腫がなければ)70g、大体タマゴくらいだからね。大体15倍だねぇ~。
mhk:(ま、プラス1kgだからね。。。筋腫だけで1kg以上・・・)
主治医:じゃ、お腹の中見せてね。
(mhk、エコーの機械のとこに移動~。)
主治医:(エコーの画像を見せながら)ここね、卵巣は残してあります。
(機械のトコから診察室に移動)
主治医:腎臓・・・みたいよね?(mhkは5年前に腎臓癌で右腎摘出しているので左の腎臓しか残っていないのです。主治医、腹部エコーの準備をして、mhkはベッドに寝かされる)
主治医:Y先生(泌尿器科の主治医)が心配しよったけんね。(右腎摘出していて左の腎臓しかないので、手術でもし左の腎臓を傷つけるようなことがあったら大変なことになるので・・・)ほら、ここ、腎盂・・・。

・・・という感じでした。
手術の時間は1時間14分
出血量:220g
組織学的にも問題なし。(単なる筋腫で、肉腫(=癌)ではなかった。)


問題なかったです。
一番心配だったのは、筋腫が大きくて、膀胱を圧迫してたのは明らかだったので、手術時に膀胱を傷つけて膀胱を縫うことになったら、入院が長引くなぁ~って心配だったのです。そういうトラブルもなく、無事に済んでたわけです。

見せられた写真は、へぇ~こんなに大きかったんだぁ~。確かにへその上にまで筋腫があったのがお腹の上からでもわかったしねぇ・・・下腹部のポッコリの原因はこれかぁ~って感じでした。ブラジルで大きく育てちゃったのはこれだったのね・・・。今はお腹は引っ込んでしまいました。Gパンのジッパーもきつくなくなりました!

それにしても、7月25日の腎癌術後経過検査のCT検査結果からこのスピードで子宮筋腫の手術が実施されたのは、泌尿器科の主治医のお口添えがあったからです。この先生がすぐに産婦人科医の今の主治医にCT写真を持って行って、大連渡航日程のことも気を配ってくださったおかげで無事にこの日程で元気になりました。

大連渡航直前に手術が入ったのは、やっかいなことではあったけど、大連に行く前の心配事が一つ減ったわけで、よかったのです。

いつも病気のことだけではなく、患者の社会復帰のこともずっと考えてくださって対応してくださる泌尿器科の主治医の先生のおかげで、mhkはいつも安心して病気と向き合えます。

病気になったことはアンラッキーだけど、病気と向き合う時に、いつもmhkの周りには力強い味方がいます。これはとても、ラッキーなことです。

そういえば、仕事でどこの国に行っても、すぐそばに味方がいてくれます。これはとても幸せなことですね。

そうそう・・・赴任予定の大連の大学から前の配属先の推薦書を要求された件ですが、校長先生の話では、いつもお忙しくて留守がちなブラジルの配属先の会長さんと連絡が取れたそうです。そして、推薦状を書いてくださったようです。おそらく大学側のタイムリミットの今週中に電子データは届けることが出来る予定です。そして、オリジナルも、もうブラジルから発送してもらったようです。

ね?困ったことがあっても、誰かが助けてくれます。人間、諦める必要はありませんね!何があっても、何かにいつも守られている、そんな感じがし、お世話になっている人、お世話になった人すべてに感謝、感謝なのです!

今回のブラジルの鳥さんはというと・・・ブラジルの配属先の会長さんへの仲介を引き受けてくださった校長先生のお庭に最後の鳥撮りに訪れた際、隣町のIguapeに連れて行っていただいたのですが、そのIguapeで会った子です。 海に面した街で、河口はヒルギ林(マングローブ)になっていて、対岸からヒルギ林にいたこの子をデジスコで撮りました。大連側の希望通りに書類が提出できる目処がついたのは、この校長先生のご好意のおかげです。その感謝の気持ちをかみ締めながら、この子たちに会ったIguapeのヒルギ林の風景を思い出したいと思います。

Img_6664_blog

Img_6669_blog

和名:ヒメアカクロサギ ポルトガル語名:Garça-azul 英語名:Little Blue Heron 学名:Egretta caerulea

そのIguapeのヒルギ林の様子をD90で写してみました。Iguapeはこんな街です。↓

Dsc_8984_blog

Dsc_9005_blog

Iguapeの夕日です。

Dsc_9036_blog

今夜は、ブラジルの人たちとの交流を思い出しながら、この夕日を思い浮かべつつ眠ります。

2011年3月10日 (木)

鳥たちとの出会いの場~コスタリカツアー

ブラジルで日本語教師をしているmhkのブログ、最近コスタリカの鳥さんの写真ばっかりですが、コスタリカ行ったのは1月の夏休み。今はJICAの日系社会・シニアボランティアとしての活動で忙しい毎日を送っています。ツアーは1月3から12日でした。コスタリカに到着した3日は夜11時過ぎ飛行機着で、11日の午前中にコスタリカを出発して、サンパウロに翌朝(12日)に到着だったからコスタリカのツアーとしては実質1月4日から10日だったんですけどね。

1月3日の夜はサンホセのホテル泊。コスタリカで初めて見た鳥さん↓

Img_3744_blog

ってのは冗談ですが、バスタオルを鳥さんの形にしてました。。。コンデジ キヤノンのG11で撮影。

10日間のコスタリカ野鳥撮影旅行。旅行から戻ってからは1月後半にあった教師合同研修会の準備で出張して回ってたし、2月は出張は2回だけでしたが、地区の日本語教師のアイディア集の編集作業をしてました。3月は明日から出張続き。11-12日、16-17日、17日は朝に一度任地に戻って、夕方再び出張。21-22日、23日、28日

3月はあと21日間(土日を除くと15日間。そのうち9日間出張で出てます。

ブラジル任期自体が4ヶ月をきっているから、できることはしておかないとねぇ~。

ばたばたしていると、鳥さん三昧だったコスタリカツアーの風景をふと思い出しながら、あの日々は幻だったのかしら?ってふと思うときがあります。今日はコスタリカの鳥さんはアップせず、たくさんの鳥さんとの出会いの場だった熱帯雨林の夕焼けの写真をご紹介。ニコンのD90で撮影。

Dsc_3990_blog

2010年7月23日 (金)

朝陽を浴びたアリツカゲラさん~マットグロッソ州の鳥デジスコ編3

滞在しているマットグロッソ州の知人宅のすぐそばで朝陽を撮ろうと新しいデジ眼 ニコンのD90を持って散策。(あ、もちろんデジスコセットも・・へへへ・・・)

日の出が6:17だったので、5:30過ぎから待機。何にも邪魔なものがないから地平線みえるので、日の出前でも結構あかるいんです。

これが出たばかりの朝陽の写真です。
Dsc_0039_blog

朝陽の写真を撮り終えて、デジスコセットでスタンバイしてたら、しばらくして知人宅の家のそばの電柱にとまって大騒ぎしてた子がいました。

見ると啄木鳥の風貌。して、その正体は・・・

和名: アリツカゲラ ポルトガル語名:Pica-pau-do-campo 英語名:Campo Flicker 学名:Colaptes campestris

Dscn2476_blog

Dscn2485_blog

Dscn2486_blog

この子の見ている方向に朝陽があります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ