カテゴリー

カテゴリー「オオルリ」の5件の記事

2008年5月20日 (火)

かくれんぼ!-いつまでもあなたを待つの~オオルリちゃん!-

4月の終わりからGWシーズンに市内の平地の公園で会えたオオルリちゃん、キビタキちゃんは山に行っちゃったみたいで、会えないです。

寂しいので山に会いに行っちゃおうかな・・mhkは車運転できないので(免許取得後運転したことないし、車持ってない)、山に行くには公共の交通機関で行けるとこまで行って歩くしかないけど・・・。

今ど~やって行けるか検討中です。

で、本日のお写真は5月5日に公園で写したオオルリちゃん、枝の後ろに隠れていたのだけど、一瞬お顔見せてくれたんですよねぇ~。

オオルリちゃん、あなたに逢いたくて!いつまでも待っちゃう鳥撮りに取り憑かれてしまったmhk~!

Blue_and_white_flycatcher2

















Blue_and_white_flycatcher

















オオルリちゃんはお姿だけでなく日本三鳴鳥と呼ばれるくらい美声の持ち主です。こんな鳥さんが住んでいる町の平地の公園に来てくれるのって嬉しいですねぇ~。し・あ・わ・せ!

2008年5月 5日 (月)

雨宿りの後のキビタキさんのお出迎え!

さて、今日もキビタキさんめざして出撃!
昨夜から雨が降り始めて、朝から出撃はどうかなぁって思ってたら朝起きたらやんでました。予報も朝曇りでひるから晴れ!

躊躇なく出撃!

すると・・・朝10:30頃からフィールドで雨降り。霧雨だったけど、機材が心配なので公園のあずまやで雨宿り。デジスコのスコープ、双眼鏡は完全防水タイプ(← 水中望遠鏡ではないので水中でピント合わせて見ることはできないです!水の中に落とした場合、静かにピントリングなどは扱わずにそっと外にあげて乾かせばokってことです)だけど、コンパクトデジカメはそんなに頑丈にはできてないからねぇ~。

でも、あずまやは周り樹木に囲まれているので、それほど酷い降りじゃなくて、小鳥さんもわりに動きまわって集まってくるのです。コサメビタキさん、キビタキさんはしょっちゅう近くの木の枝に遊びにきてくれたので退屈はしませんでした。残念ながらシャッターチャンスをくれた子はいなかったけどねぇ~。

で、お昼まであずまやにいて、公園の外の喫茶店にランチ食べに行ってきました。喫茶店を出た頃には雨もやみ、公園に戻る途中で、キビタキ♂がお出迎え~。

普段はわりに散策する人の多い小径でしたが、mhk以外人がいなかったもんで、ひょっこり出てきてくれたみたい~。ようやくキビタキさんを写真に撮ることができました!同じヒタキのお仲間で歌声が同じように美しいオオルリさんがわりに枝のてっぺんなんかにとまって目立つタイプなのに対して、色は目立つけど、枝の中の方に潜り混んじゃう方のキビタキさんに苦戦してたのですが、まさに恵みの雨でしたねぇ~

Narcissus_flycatcher














公園に戻ったらコサメビタキさんがいました。この子は体長13cmで、おちびさんです。この子もちょこまかしているんですよねぇ~。しかし、ヒタキのお仲間っておめめが大きい~。ヒタキは英語でFlycatcherって言うんです。飛んでいる虫さんを飛びながらキャッチしちゃうんだけど、あの大きなおめめでしっかりと獲物を見ているのかしら~??

Asian_brown_flycatcher














コサメビタキさんに遊んでもらった直後、オオルリさんの大きな美しい歌声が!相変わらず目立つトコで歌ってました!結構大きく撮れて嬉しかった!他のヒタキのお仲間がちょこまかさんだったり、すぐどっかに潜りこんじゃうのに対して、カメラ目線?な小鳥さんです。

Blue_and_white_flycatcher














Blue_and_white_flycatcher2














写真に撮れなかったけど、何度サンコウチョウ(三光鳥)さんが目の前を何度も通り過ぎていました。渡りの時期って、平地の公園でも夏鳥さんに会えるんで楽しいですねぇ~。サンコウチョウさんは尾っぽが長いので目立つので飛んでいる時にすぐ見つけられるんだけど、すぐ薄暗い樹木の中に入っちゃうんで写真撮らせてくれないんですよぉ~。初心者mhkにはなかなか手強いです~。今日も3度も見かけたんですけどねぇ~。

ま、そのうち、機会があれば・・・ね!今日は恵みの雨の素敵な散策でした~。

おまけ:
上に載せてるオオルリさんの写真を撮った直後に昨日お会いした大きなわんちゃんの飼い主さんにお会いしました。今日はわんちゃんは連れてなくて角材かかえてました。(お友達がいらない角材くれるっていうから取りに行ってたんですって)

で、まだオオルリさんに会えないらしい・・・。その人がやってくるほんの何秒か前にオオルリさん、目の前の枝にいたんだけど・・・。あんなに目立ちたがりやのオオルリさんに、毎日その公園に来ている人が(鳥がわかる人で)会えないなんてねぇ~。

そのうち会えるといいですね!

2008年4月30日 (水)

雌は地味ねって切り捨て?いえ、可愛いのに~

美声で有名なオオルリちゃん、ウグイス、コマドリとともに日本の三鳴鳥と呼ばれるくらい美しい歌声を持っています。

オオルリ♂が目立つ派手な瑠璃色なのに対して、雌は淡褐色で地味です。でも、ヒタキ類の雌はみんなお顔が可愛いんですよ。オオルリちゃんの目は大きくてくりっとしてラブリ~です。

うちの母なんで、写真見せても♂の方は『綺麗ねぇ』って言ってくれるけど、♀の方は『雌は地味ね。』とばっさり切り捨て・・・。『ええ~!もちろん♂は綺麗だけど、凛々しいけど、でも、♀のお顔よく見てよ!可愛いよぉ~』ってmhkは思うんだけど、ほとんど見てもくれない・・・。

そんなもんかしらねぇ~。オオルリ♀はお歌も歌うんですよねぇ~。

そういうわけで、27日に撮ったオオルリ♀の写真、27日のブログに載せた写真は連写で撮っているけど、その連写の中の別のショットで首をちょこっと♂のいる方へ伸ばしている様子が可愛いくて気に入っている写真を載せますね。可愛い~とおもうんだけどなぁ~。

母一言『色がついてないと区別つかんもん!』とばっさりでした・・。

いえ、いえ、可愛いのにぃ~。

Blue_and_white_flycatcher_f

2008年4月29日 (火)

オオルリちゃんの張り込みと大胆ネコの昼寝

今日は昭和の日で、祝日です。お天気もよく、絶好の鳥撮り日和!でも、妹が出勤(← mhkより3歳したの妹は勤務の動物病院が祝日も開いているため、子育てしながら休日出勤なのです。大変!!!)で、2歳児&6歳児が我が家に来るので、午前中は家にいました。

メインで世話するのは母(婆)なんだけど、この時期の子供って、成長早いし、mhkが仕事じゃない休日に家に来る時はなるべく家にいて一緒に過ごしたいのです。

6歳の子は5月1日にはもう7歳!、2歳の子もべらべら喋ってて、見ていると飽きません!2歳児の方は今日はmhkの部屋に来て、化粧水などをつけるコットンをみ~んな出してしまいました。お化粧するみたいに、ほっぺにパタパタってやってあげるとキャーキャー喜んでました。(コットンには何もつけてませんよ。若干2歳でこの反応。お化粧に興味あるのかなぁ~

お昼ご飯済んだ後、妹がお迎えに来る前にmhkは鳥撮りに出撃しました。(2歳児はお昼寝中だったし、5月3日と6日にはまた2人来るからねぇ)

で、午後2:00頃から3時間弱しかないし、ターゲットはオオルリちゃんとキビタキちゃんに絞り、午後でも逆光にならない場所で、オオルリちゃんの美声が遠くに聞こえてくるトコで待ち伏せすることに。

日曜にオオルリ♂と♀が何度も観察できたトコ。以前もその近くで見たコトが2回ほどあったしね。

張り込みスタートして間もなくオオルリちゃんの声が全くしなくなりました。でも、そのうち来るかなぁと石垣の方を見ていると、かなり高さのある石垣だったのですが、ネコさんが歩いている・・・。10mはないけど、かなりの高さ・・・。じっと見ているとネコさんと目が合ってしまった!

しばらく見つめ合ってたけど、またネコさん歩き出し、ごろんと寝ころんでお昼寝タイム。かなりの高さのある場所なんだけど、寝返りうったら落っこちそ・・・。オオルリもキビタキも来ないし、デジスコで撮影してみました。スリリングな場所なんですよ。写真だけ見てもわかんないでしょうが・・・。しばらくしたら、目が覚めて頭あげてました。ちょうど側のたんぽぽの綿帽子を見ているような感じに見えて、ちょっと可愛かったです。

Sleeping_catCat_dandelion






なかなかオオルリちゃんもキビタキちゃんも現れないなぁと思ってたらアカハラさんが歩き回って遊んでたので撮影してみました。頭があんまし黒くないから雌かなぁ~

Brown_headed_thrush1Brown_headed_thrush2






タンポポをバックに写っているアカハラさんが結構お気に入りです。そのポイントの周りをちょっとうろうろして、再び戻ってきたら、聞こえてきました!オオルリちゃんの美声が!!!石垣の上の桜の枝が風による動きとは違う動き!新緑の中に青い気配!おお~!!!双眼鏡で確認オオルリの雄です!瑠璃色のダンディくんですねぇ~日曜は雌はわりによく撮れたんだけど、雄の方は痛恨の尾っぽ切れでしたからねぇ~会えて嬉しいよぉ~

Blue_and_white_flycatcher1


















Blue_and_white_flycatcher2


















Blue_and_white_flycatcher3


















Blue_and_white_flycatcher4




















この後すぐ飛び去って行きました。瑠璃色の貴公子のお姿は枝がちょっと邪魔していてオートフォーカスしかないコンデジのデジスコだとちょっと辛かったけど、デジスコ8ヶ月目のmhkにしてはまあまあの出来かなぁ~。3時間弱の鳥撮りにしては満足いく本日の撮影でした!ああ楽しかった!

張り込み中、散歩中のちょっと年配の女性から声かけられました。
女性:バードウォッチング?
mhk:はい。写真撮っているんです。
女性:写真?石垣撮っているですか?
mhk:(オオルリちゃんが石垣に生えている草の上や、石垣の上の広場に生えている樹木に止まるのを待ち伏せていたんだよね)いえ、鳥が来るのを待っているんです。
女性:何が来るんですか?
mhk:オオルリやキビタキです。
女性:ふ~ん。みんな詳しいのねぇ~(そう行って、連れの女性と行ってしまいました。)

多分、他の鳥見ている人に聞いて、鳥の名前言われたんでしょうね。

年配の男性にも声かけられました。
男性:珍しい鳥がいるんですか?
mhk:(珍しい鳥じゃないけど)いえ、今はいませんけど、日曜はオオルリやキビタキがいましたよ。
男性:ふ~ん。名前聞いてもわからんもんなぁ~。頑張って!
mhk:ありがとうございます。

面白いのは、鳥さんの名前聞かれるから答えるんだけど、その名前をほとんどの人が知らないのよね。ふふふ、どんな答えを期待したのかな?こういう会話のやりとりもほほえましく、楽しいものですよ。カワセミのポイントでは川の側の畑の農家さんが声かけてくれます。カワセミはおったねぇ~って。広い空間を共有している人間同士、なんかいいです。おうちの中にいることが多い方、会社で内勤が多い方、たまにはお外に出てみてはいかが?今は新緑の美しい季節です。気持ちがすかっと晴れますよ!

2008年4月27日 (日)

小さな瑠璃色の恋のメロディー -オオルリさん-

昨日土曜は晴れたけど、ものすごい強風~オオルリさん求めて無理矢理出撃・・・撃沈 ・・・公園の樹木の枝という枝は大揺れ、葉擦れの音がものすごい・・・小鳥はみんな陰に隠れているようで、さえずりは殆ど聞こえない。

シジュウカラ、カワラヒワが姿現わしたからフレームに入れたけど、何しろ細い細い枝にとまっているもんだから、フレームの中を出たり入ったり、あんた達!!幹にとまってよぉ~まるで振り子時計だよぉ~

シャッター押せず終いでした。

本日日曜は晴れて風も穏やか、またまたオオルリちゃんめざして出撃!

おお!!さえずっている、さえずっている、大きな澄み切ったオオルリちゃんの歌声が響き渡っているよぉ~

お昼前は撮影チャンスはなかったけど、ランチ後に午後から、午前中にさえずってた辺りを中心に待っていたら、石垣の前になにやら青いお姿が!!オオルリちゃんの♂です!!!

B_w_flycatcher_male1














その後、mhkの近くの紅葉の木の奥の方に気配を感じ、双眼鏡で確かめるといました!いました!♂♀がちかくに!紅葉の木の奥にいるので、暗い~。ピントがなかなか合わない!♂の方はイマイチです。でも、双眼鏡でみると、爽やかな緑の紅葉の葉っぱに囲まれている瑠璃色の雄は本当に美しく、ため息が出るほどでしたよ。写真の出来はよくないけど、みなさんも、想像してみてくださいね!雌は色こそ地味ですが、ヒタキ科の小鳥さんはみんなお顔が可愛い~!!!ジョウビタキの雌と同様、mhkは個人的にはヒタキ類は雌の方が好きです!目が大きくてクリっとしてて、ラブリ~

B_w_flycatcher_male2














B_w_flycatcher_female1














雄が紅葉の木の奥から飛び立って、外の方へ行ったら、後を追うように雌の方も出てきました!

B_w_flycatcher_female2














B_w_flycatcher_female3














雌は奥から出てきて、紅葉の外側の方の枝の明るいトコにしばらくとまって、雄の飛んでいった方向を首傾げながら見ていました。しばらくして、雄のいる方へ飛び立っていきました!小さな瑠璃色の恋は成就したのでしょうね!

その後、また別の場所を一回りして同じ場所に戻ってきたら、またオオルリさんがいました。そして、オオルリさんと同様夏鳥で歌声の美しいキビタキさんもいました!写真は撮れなかったけど、先ほどの紅葉の木の奥にとまってたのを双眼鏡で堪能~。ついでに、オオルリさんの雄が虫さんをごくんと飲み込むさまも双眼鏡で観察できました。腕をあげて、こういう餌を捕る瞬間、餌を食べる瞬間も写真に撮れるといいなぁと思います。

今日の散策は楽しかったです!

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ