カテゴリー

カテゴリー「マガモ」の6件の記事

2008年6月29日 (日)

アオサギのいる風景

土曜は雨の中、所用があり、ゆっくり写真撮りにフィールド出る時間なかったので、行きがけに公園経由で。

雨でちょっと暗いし、でも、用事があったので三脚担いで行くわけにも行かず、一脚を持って行きました。一脚は初めて使いました。こないだ買ったばかり!!

光が足りない時、でも、絞り込んで撮ってみたい時は便利ですよねぇ~。

ってことで、公園のお濠で蓮の花を!!と意気込んだけど、あんまりいい蓮の花がなく、蓮の葉っぱに覆われた池にいるアオサギさん達を風景的に撮ってみました。それと、比較的近くに居たマガモさんとアオサギさん。アオサギさんは獲物ねらって池を見つめる目がちょっぴり怖かったです。ははは・・・恐竜の眼ですよね。

Gray_heron2












Gray_heron












今、ちょっと仕事が嫌になってきています。腎癌で決まっていたネパール2年派遣が駄目になり、その後短期派遣を受け直し、4ヶ月大連に行って、帰国後ちょっと海外遠のいているので、今の内勤の仕事、書類に囲まれている仕事がいやぁ~になっています。多分気分的にそういうサイクルなんでしょうねぇ・・・。もしかすると海外ボランティア活動したくてしたくてたまらなくなって、うずうずしているのかもですね。頑張って日本文化発信ブログラムの応募用の書類書こうかねぇ~。今週末は所用がありフィールドにも殆ど出られず、書類書きもできなかったので、ちょっと消化不良の週末でした・・・ね。

2008年6月11日 (水)

雨の中のマガモ♀さんの羽づくろい

雨の中、風も強かったし、光の量が足りなくて、遅いシャッタースピードだと機材ブレもあり静止画諦めてデジスコ動画撮影。

雨の中、カエルの合唱をバックコーラスに、いそいそと羽づくろいするマガモ♀さんの様子がほほえましい~。いや、野性のカモさんにとっては羽をベストコンディションに整えておくのは生命維持のためだし、ほほえましい~なんてのは見ている人間の勝手な思いかも・・・。

だからどんなにほほえましぃ~、可愛い~と思っても、野性の鳥さんの様子を観察していると、生命の尊さというメッセージが送られて来ているような気がして、ちょっぴり厳かな気持ちになっちゃいます。

その姿を見ていると、今生かされている自分が感謝しなけれいけない対象が無限にあることを感じます。

2008年5月31日 (土)

ラブリ~マガモの雛!そしてカルガモの雛の成長!

東日本が雨模様で結構寒々しているのに対して、こちらはピーカン!陽射しが強かった!

本日の出撃はmhkのデジスコに新兵器!デジスコドットコムさんの究具02照準器を初使用!
素晴らしい!!!!被写体の導入がすっごく楽!VIXENのジオマⅡED 67-Sに30倍のアイピースつけて、かなり高倍率になっても、導入楽!しかも1度セットすると照準器がほとんどずれない!さすが!!!ジッツオ製のボールヘッドG0077を採用しているだけはあります!!しかも軽量たったの150g!!感動~

残念ながらカワセミさんはちらっとお見かけしただけで撮影できませんでした。

その代わり!マガモさんの親子連れに出会えました!4羽の雛連れたおっかさんでした。

Mallard















Mallard2














撮影してたら、おじさんに声かけられました。そのおじさんの言うことには・・・『カモ、10羽くらい連れてたけど(雛を)、4羽しかおらんなぁ・・・。犬や猫に食われたとばい!!!』

ん???10羽以上連れてたって・・・mhkが4月19日(土)にジオマⅡED 67-Sを初めて使った日に撮したカルガモ親子のコトかしら?11羽の雛連れだったけど・・・。それなら、カモの種類も違っているしなぁ・・・ま、おじさんは『カモ』って言ってたし、カルガモもマガモも一緒に見えるんやろなぁ~。そういえば、その時のカルガモ君達は大きくなったかなぁ~なんて、心の中で思いながら愛想笑いしつつ撮影続行~。

撮影続けてたら、おじさんがいつの間にか去ってたので、再び川沿いに歩き出してたら・・・。

おおおおおおおおお!!!!いました!!!随分大きくなったカルガモちゃんが10羽!!!うれしや!!雛特有のほわほわっとした羽じゃなくなっているねぇ~。おっかさんは見あたりません。10羽まとまって泳いでます!!!すごい!!!あと1羽がたまたまいなかったのか、成長できなかったのかはわかりませんが、11羽のうち10羽が無事にこんなにおおきくなったんですね!感動!!!

Spot_billed_duck













みんな、お顔が随分精悍にスマートになってますねぇ!!!4月19日のブログの写真と比較してみてください!!!本当に成長しましたよね!この子達は野性の中で生きています。人間の加護を受けてはいません。こんなに力強く!

我々ホモ・サピエンスも負けちゃいられませんぞ!!!

2008年4月27日 (日)

自然界の生き物はお昼寝も大変です-マガモさんとアオサギさん-

1週間前に聞いたオオルリさんの歌声に誘われて、土曜、日曜デジスコ出撃。土曜は強風で無謀~小鳥さんは陰に隠れていたようで・・歌声聞こえやしない・・・。

仕方ないので、池の方を見ているとマガモのつがいが木の上でお昼寝。デジスコで連写中、寝ていた雌が騒ぎ出して立ち上がり、しばらくしたらまた同じスタイルでお昼寝・・・。

後で画像チェックしたら、雌のマガモさんの前をアオサギさんが横切ったのでした。別にマガモさんにちょっかいだしたんじゃなさそう・・・悠然と通っただけって感じ。でも、マガモの雌の方はアオサギさんが通っている間中警戒して騒いでたみたい。

自然界に生きる野鳥さんは、お昼寝中も警戒しないといけないから、厳しい中で生きてますよねぇ~。強風で小鳥さん撮影できなかったけど、結構その画像みながら面白かったです。ちょっと考えさせられた一連の連写でした!

Duck_and_heron_1Duck_and_heron_2Duck_and_heron_3






Duck_and_heron_4Duck_and_heron_5Duck_and_heron_6






Duck_and_heron_7Duck_and_heron_8






手前のトコに立ってたマガモ雄さんは別に騒ぎもせず・・・。

Duck_male






カモさんのお昼寝って、天気いい時なんて、なんだか気楽そう~なんて思ってたけど、自然界に生きる鳥さんですから気楽ってことはないみたいね!

2007年11月 7日 (水)

ドングリ・・じゃないけど・・・ころころ・・・お濠にはまって・・・

11月3日は土曜日祝日。市内の動物病院勤務の妹はお仕事、保育園はお休み。ということで、1歳10ヶ月と6歳の姪がやってきました上の6歳の子はお泊まり。

川の定例パトロールは無し。河川敷も気になるけど、チビちゃんたちの成長は著しく、おうちに来るときはなるべく付き合いたいもんね。毎回新たな発見があって、振り回されることもあるけど、やっぱり楽しいぃ~。

6歳児の『今ポン酢を育てよる。』発言に笑い転げ(←ホントはスダチかカボスの苗を妹が買ってきて、植えているらしいい)、1歳児がmhkの部屋の化粧品、眼鏡ケースにイタズラしている様子がほほえましく、楽しかったですよ。こっそりイタズラしている時にmhkが部屋に入ってきた瞬間、びくっとして、眼鏡ケースを取り落とした様子が可笑しかった!1歳児でも、イタズラで後ろめたいって気持ちはあるんですねぇ~。

土曜は出かけられないので、お庭の花をちょっとだけ撮影。植えた本人の母も知らない白い花が真っ盛り!狂い咲きのヒメライラックとシモツケは接写してみました。いずれも春に花咲く樹木ですが、花をつけた枝があるんですよ。約2年前に癌告知の翌日購入したデジ一眼PENTAXのist DS。明るいレンズが欲しくて、オークションで落札したA50mmF1.4のレンズと接写リングを使って、狂い咲きの花を撮影!

白い花シモツケヒメライラック





お次は鉢植えのハナキリン。小さな花ですが、これを接写するのは面白いです。なかなか思うとおりのイメージで撮れないけど、この2枚は結構自分でこう撮りたいなってイメージになりました。下手くそで、ボツもいっぱいです~。

ハナキリン ハナキリン2




お次は今年最後の我が家のオクラです。その日お泊まりした6歳児の大好物。夕食に姪のお腹に入りました。

オクラ






翌日4日の日曜日はお泊まりした6歳児がお昼食べた後帰っていったので(爺婆が送っていきました)、午後からmhkはお出かけ。今月の連休に行く旅行のチケットを受け取りに街へ。河川敷を回る時間はないけど、市内の公園にちょっと寄りました。デジスコ、三脚は持って行かず、デジ一眼のみをお供に出発~。

さて、公園を歩いている時に眼があったネコさんです。にらみネコ・・・何だか胡散臭いヤツ~っとでも思ってそうなけだるい感じでみてたよ・・・。貫禄あるネコさんです・・・。ムクドリさんもいました。デジスコじゃないから、ちょっと遠いです。どこにでもいるありふれた鳥さんですが、足下の落ち葉が何か季節を感じさせてくれます。

にらみネコ ムクドリ




ホシハジロさんがおよいでますねぇ。越冬のためにやってくる渡り鳥さんがそろそろ・・・。これからカモさんの種類がどんどんやってくるでしょう~。マガモの雌もお泳いでました。なんだかお顔がとっても可愛く撮れて、嬉しかった1枚です。美人さんですねぇ~。

ホシハジロマガモの雌





実は前日にお庭のお花を接写した時に使った接写リングをムクドリさん撮った直後にお花を撮ろうとして、レンズ交換している最中に手をすべっらせて、リングをお濠に転がして落としちゃいました・・ぐすん・・・。ま、こういう日もあります。ちょっとしょげて、その日は通りすがりにパチリとやりながら、街の方向へ向かい、用事を済ませて帰宅しました。

2007年10月22日 (月)

PENTAXの御縁-河川敷の素敵な出会い-

一昨日、土曜はお外への誘惑を断ち切り、衣替えしたので、昨日、日曜に恒例河川敷パトロールに出動~。

持って行ったのは、いつものデジ一眼PENTAXのist DS レンズは標準ズームのDA 18-55mm F3.5-5.6AL と望遠ズームのDA 50-200mm F4-5.6EDとデジスコです。

デジスコはカメラはRICOHのCaplio GXとスコープがVIXENのジオマⅡED52-S。

河川敷はセイタカアワダチソウの黄色と葦の花穂で、随分秋が深まってました。毎週毎週違ったお顔を覗かせてくれますねぇ~。というわけで、デジ一眼で撮った、セイタカアワダチソウと蝶、そして、ものすごくたくさんいて、歩いている時に顔に激突してくるバッタ君が足下にいたのでパチリ!

セイタカアワダチソウと蝶1セイタカアワダチソウと蝶2バッタ君





お次はカタバミと葦原とミゾソバ。カタバミは種類が多いですが、この黄色い花が『カタバミ』という種名をもつお方です。ミゾソバは蕎麦と同じくタデ科で、蕎麦と同様秋の季語ですね。

カタバミ葦原ミゾソバ





ナナホシテントウがたくさんいたので、ちょうど体の色の鮮やかな朱色と薄い緑の葉っぱのコントラストを撮りたいなぁと待ってたけど、何かナナホシテントウさんは枯れた茎の方にばっかり行って、綺麗な葉っぱの上にはのってくれなかったです。ふと気がつくと、葉っぱの上に別のテントウムシさんがいたのでパチリ!ホシは2つだったけど、フタホシテントウかしらん??その後しばらく待ってたけど、ナナホシテントウさんは枯れたトコがお好みだったみたい~。でも、それはそれで綺麗です~。

フタホシさんかなdナナホシさんナナホシさん2





テントウ虫さんに夢中になってた時、小さなテントウムシさんは他の人には見えないので、相手に何やってんのかなって思われたみたい・・・。

ウォーキングの男性に『草撮っているんですか?』って聞かれました。その人は私のペンタックスのカメラを見て、『(一眼レフカメラは)CanonとかNIKON使っている人が多いから、ペンタックスのカメラ使っている人あんまり見ませんよね。』と話しかけてこられました。その人は実はペンタックスを退職された方だったのです。東京が主な勤め先で、アメリカに13年半いたそうです。因みに出身は福岡で、私の高校大先輩でした。カメラが縁でお話がはずみましたよ。

アメリカの話をしてもらったので、こちらも大連、オーストラリアの話をしたのですが、腎癌になったことも話すと、その人も最近胃の検査をして、ポリープが見つかり、今度精密検査だと言われていました。 私の腎癌発見もたまたま受けた健診がキッカケでしたが、その方のポリープ発見も偶然だったそうです。退職後志摩の方に引っ越されたそうですが、普段の散歩のコースを外れて、道に迷って、たまたま胃腸科の病院のトコにひょこっと出てしまったのだそうです。それで、これも何かの縁だと、そこで胃の検査をするのが運命だと思って、その病院に行って、ポリープが見つかったとか。

でも、その人のおっしゃるには自分のポリープ発見も私の腎癌発見も、偶然のように見えて、必然だったんだということです。そういう運命だった、そう導かれたんだと。私もそう思います。

別れる時、『よい出会いでした。お元気で。でも、あなたは元気ですよね。癌になって切っても、腎臓は2コあるからってそんなに明るくて。』って言われました。残った左の腎臓君も1年10ヶ月元気に働いてくれるので、体は健康そのものですしね!

その方の精密検査結果がよい結果であればいいなと思います。でも、その方は、まあ検査結果が出て、悪けりゃ切ればいいだけだからねって言われていたので、きっと大丈夫でしょう。

因みに家に帰って同窓会名簿を開けてみると、その方の名前が見つかり、確かにペンタックスのアメリカの勤め先が書かれていましたよ。数年前の名簿だからまだ退職前の時だったんですねぇ。不思議な御縁、でも、素敵な出会いでしたよ。

お次はその方と別れた後に撮ったデジスコ写真。スズメさんが砂浴びしてました。動きが速いけど、ビデオ用雲台のおかげで画面に入れるのがスムーズ~!!!ハクセキレイもかなり川の中で動き回っているんですが、画面に捉えるコトができましたよ!砂浴び中のスズメ君、目が半目で、ちょっと怖いよ~。お顔の周りに砂粒が・・・。

スズメハクセキレイ_1ハクセキレイ_2





White_wagtail_3White_wagtail_4





お次はヒドリガモの雄と雌です。何だか美しく撮れて、本日のお気に入りの1枚です。手前が雌です。真ん中はすっかり冬羽になったマガモの雄。美しいアオクビさんですねぇ~。右はマガモの雌。何だか思いっきり正面でちょっと面白いお顔です。後ろはヒドリガモの雌。

ヒドリガモマガモ雄マガモ雌





さて、河川敷を引き上げて、市内の公園に寄ってみました。デジスコデビューの日以来です。久しぶり~、あの時咲いていたヤブランの花はもうなくなってましたよ。お濠端ではデジ一眼で撮影。左の写真はお濠の水草の緑の中に赤くなって散った葉っぱが浮かんでいて、秋がちょっと深まったコトをmhkに教えてくれたのでパチリ!右は桜の木です。これも紅葉が始まってきたんですね。桜は紅葉が汚いっていうひともいますが、mhkはこのくすんだ感じの紅葉、結構好きです~。

お濠桜




次は銀杏の木。随分黄色になっていますねぇ~。大きな樹木はそこに立っているだけで、何か静かに私たち人間に力をくれます。樹木の下に立つのは大好きです。

銀杏








こんどはお濠の土手に咲いていたオキザリス。カタバミの種類で、園芸品種。うちの庭にも咲いていますが、ものすご~く強いので、勝手に種が落ちて咲いたんでしょうね。綺麗なんですが、本来そこにある筈の野草が追いやられたのかな・・・ってちょっと心配で、複雑なmhkです。

オキザリス1オキザリス2




次はイヌタデ。タデ科ですが、蓼食う虫も好き好きに登場するタデではありません。ことわざに登場するのは薬味で使うヤナギタデさん。イヌタデは食べられません。子供がままごとに使ったことからアカマンマの別名があります。イヌタデも秋の季語です。なんか秋になったんだなぁて感じられませんか?

イヌタデ








お濠端にちょと寄って、河川敷とはまた違った秋の深まりを胸に帰途についたmhkです。冷えてきて、秋の深まりを感じた中で、ペンタックスを退職された高校の大先輩との出会いがあって、心がぽかぽか!贅沢な日曜日でしたよ。

駅から家までの道で夕焼けが綺麗だったので、夕焼けの写真に初挑戦!住宅街は電線があるから、イマイチですねぇ~でも、心がぽかぽかなmhkには電線がないことにして風景を楽しみながら帰途についたのでした!

Sunset1Sunset2

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ