カテゴリー

カテゴリー「スズメ」の22件の記事

2015年2月28日 (土)

キュートな若すずめ君 2015年冬 一時帰国中に出会った鳥さん

一時帰国中にデジスコ出撃できたの2日だけでしたが、公園に出かけた日は冬鳥さんたちに遊んでもらえて楽しかったのですが、いつもいる子もかわいいです。

大連にもいるスズメさんですが、スズメさんはありふれた子の代名詞のようですが、でも、お顔とってもかわいいです。

この子はカワセミ待ちしてた時に水路そばのフェンスの上にじっとしてた時撮らせてもらいました。お食事後でまったりしてたんでしょうかねぇ~。お口の周りに緑色のものがちらりと・・。

Img_5349_p_4

Img_5358_p_2

Img_5374_p_2

アップにすると・・・お口の周りに食べたものがついてるのが見えます♪かわいい!!まだ嘴の根本が黄色い若スズメさん、春になって恋の季節になったら伴侶を見つけて子孫を残すんだよぉ~!!

_pp_2

2014年6月30日 (月)

親子すずめかな?

夏鳥さんたちが山にはいったようですが、普通種の雛さんたちが楽しいキャンパス内です。
黄色いクチバシの若いスズメさんも、よく見かけますよ!

土曜にキャンパス内をデジスコ散策してたら、親子スズメさんを発見!おかあさんの後ろと、向こう側に、黄色いクチバシの子すずめちゃんがいます♪

Img_9288_p

可愛いですよね!

Img_9291_p

あら!サービスいいこと!並んでくれました!!!

Img_9305_p

今は、おかあさんスズメに連れられていますが、もうじき親離れの時期になると、子スズメが餌頂戴!っておねだりしてまとわりついても、親スズメがジュジュジュジュ~と威嚇して追い払っちゃうんですよんぇ~。ちょっと切ないけど、でも、そうやって独り立ちしないと厳しい自然界の中では生き抜いていけないからねぇ~。自然の掟はホント厳しい!!

別のとこで、道端で餌を探してた若すずめさん。この子は独り立ちしたのかなぁ~。頑張れ~!!

Img_9429_p_3

Img_9452_p_4

2014年3月24日 (月)

煤けてる?スズメさん その2

1週間前に、キャンパスの校舎の壁の穴で見つけた煤けた風の黒っぽいスズメさんのことが気になって、昨日も寄ってみました。

すると、たぶん1週間前に撮った黒い子と思われる子と、普通の色の子が並んで穴の中にいました。カメラの位置は、1週間前よりちょっと近づいてみました。

Img_5057_p_2

Img_5086_p

左の黒っぽい子、やっぱり煤けた、なんか汚れてる風に見えるんだけどな・・・。でも、鳥さんは、飛翔ができないと死活問題だから、きれい好きで、羽づくろいは丹念にすると思うので、汚れっぱなしの状態を放っておくかなぁ~と疑問です。

この後、2羽そろって、どっかに飛んでいきました。

この黒っぽい子、なんなんでしょうねぇ~???

2014年3月23日 (日)

ある樹の洞にて

昨日の午前中、デジスコ出撃したけど、3月の前半に比べて、ホントに暖かくなった。キャンパスの中の樹の芽も膨らんで、花のつぼみも膨らんできてる。

ふくらんだ花のつぼみを眺めていたら、横眼に、さっと別の樹の幹の辺りに動いたものを見つけて、振り向いたら、洞から出てきたスズメさんでした。
①すっぽりはまった感じがラブリ~
Img_4417_p

②小さな洞ですね。
一度出て、戻ってきました。 今日は風が強かったんです。スズメさんの羽根がなびいてますね・・。
Img_4429_p_2

③頭がなびいてる~♪
Img_4432_p

④警戒中?
Img_4722_p

⑤きょろきょろ・・・
Img_4747_p

⑥また洞に入って行きました。
Img_4807_p

⑦首を伸ばしてます。
Img_4908_p

⑧ちょっと奥に・・
Img_4947_p

⑨また首伸ばして!
Img_4950_p

⑩やっぱり気になる?出てきます。
Img_4956_p

⑪また出てきました。
Img_4962_p

⑫警戒中
Img_4980_p

⑬ 再び入っていきます。
Img_4987_p

⑭ちょっと奥に入っていきますが・・・。
Img_5006_p

⑮なんか悟りきった表情・・・寸劇でフクロウ博士でもできそうな「したり顔」に見える・・。
Img_5018_p

⑯やっぱ出るわぁ~
Img_5025_p

⑰出てきました。この後、飛び立ってしまいました。
Img_5055_p

スズメさんが木の洞をうろうろと出たり入ったりしてました。個人的には、洞に妙にすっぽり、おさまって見える⑮の写真が好きです!

2014年3月16日 (日)

黒くない?大気汚染のせい?煤けてる?大連のスズメさん

最近、最低気温さえ氷点下にならないし、手袋不要な感じ。

せっかくの週末だし・・と午前中、デジスコ出撃。こっちのスズメも、日本にいるスズメさんと同じ種類です。ブラジルにいたイエスズメはいません。

でも、なんだか、時々、やたら黒っぽい雀さんが混じってます。今日みかけたのなんて真っ黒くろでした。光が当たるトコで双眼鏡で観察すると、やっぱり、雀模様だなぁ~ってわかるんだけど、パッと見、ちびカラス???

一番真っ黒な子は写真撮れなかったんだけど、ちょうど、校舎の壁の穴に黒っぽい子がいたので、ちょっと遠いので解像してませんが、写してみました♪

Img_3965_p

横向いてみても・・・ちょっと煤けてる感じ・・・。
Img_3948_p

普通の色の子が横にやってきたので、比較!
Img_4006_p

左の子は、黒っぽいよねぇ~。

そのうち、もっと黒々した子の写真が撮れたら紹介します。

煤けてるだけ?空気が汚れてるからかなぁ~。

2012年5月 1日 (火)

大連で初デジスコ! リラ雀と歌うシロガシラとちょこまかセンダイムシクイ・・・だと思う・・・

三連休の中日、昨日は朝市行って野菜の下処理、とシャコの殻剥きして力尽き、お昼寝して体力回復。三連休最終日の今日、朝目覚めたら、なんだかすっきりさわやか!お!これは体調いいかも???

と、朝ごはん食べて、ちょっと軽く床に掃除機かけたけど、疲れた感じもしない。じゃ、2時間ほど散策かねてキャンパスで鳥撮りしようかとデジスコ準備して出かけてみた。

今日はお天気よくて、暑いくらい!

この季節、大連は花が一斉に咲いてて綺麗です。コブシの花がそろそろ終わり、リラが咲き始めています。九州はあんまりリラが咲いている風景ないので(ヒメライラックはよく庭先に植えているご家庭がありますが・・。)、ちょっと嬉しい~。

このリラのとこに、鳥こないかなぁ~。スズメでもなんでもいいから、リラと一緒に撮りたいなぁ~と思ってスタンバってたら、スズメ三羽きました
Img_5639_p

えええ!!!そっちぃ~!!三羽もいて花のない枝にみんな行くの!しかも、バックはめちゃくちゃ汚れた窓だよ・・・。横のリラの花んとこ行ってよ!!!

しばらく、しばらく、この三羽、この体制でしたが(横を学生が通ろうが、車が通ろうが・・・)、やっと一羽が花のところに行ってくれました!!嬉々としているmhk!

リラ雀!

Img_5667_p

Img_5676_p

満足満足!その後、松の木がたくさん生えているトコに行くと、カラ類やら虫食い類の声がしてた。スズメをずっと見てると、スズメってどたばたした動きだから、ちっこくてすばしっこいオチビな子がいるとすぐ気づきますけど、オリーブ色、グリーンの強い何かが目の前を行ったり来たり・・・すばしっこく上へ上へと枝移りの激しい子でした。かなり見上げてい撮影してて、お腹の白いトコしか見えないけど、かなりグリーンが強かったですよ。

Img_5679_p

センダイムシクイですよね?多分・・・。かなりたくさんいましたが、オチビなスレンダーな体でちょこまか枝移りが激しくて・・・mhkのデジスコの腕ではなかなか追えなかったよぉ~。最後が、最近この子の声で目を覚ますのですが、綺麗な声で鳴いてます。学生時代に沖縄行った時にいたこですね。シロガシラですよね?木の上の方で力いっぱい鳴いてました。

Img_5704_p

大連初デジスコは2時間くらい、アパートからすぐの大学のキャンパスを散策して終わりました。戻ってきてベッドに倒れ込むことなく、お昼を食べられたので、だいぶん体力も回復したのかな?まぁ~放射線治療の後の全身のだるさがまだ残っている中で、高熱2日もだしたから疲れも残ってたよね?

ぼちぼち体力も回復しているのでしょう~。♪

2012年2月19日 (日)

乳がんとの闘いその13 積雪2cmで都市高通行止めの街より 城スズメ

天気予報どおり、夜のうちに積雪、目が覚めたら、庭の金柑の樹に雪がふんわりと!
朝のニュースを見ていると、都市高速通行止め。でも、積雪2cmよ!九州の平地だと、雪が降ってもそれほど深い雪はないので、都市高速建設時に雪対策何もしてないのです。

まぁ年に何回かだし対策するお金がもったいなかったってとこかな?とにかく、昔から雪にめちゃくちゃ弱い都市高速を持つ街なのです。

朝はまだ雪が降ってたけど、午後は陽が差してきたし、鳥撮り出撃!雪と小鳥さん撮りたいもんね!!
病理検査結果は月曜の予定だし、16日の診察時で外科医の先生が病理検査結果が遅れていることにも、mhkの治療計画が決まらないことにも、それによって社会復帰が難しくなることにも、全く無関心なことが判明して、かなりショックが大きく、ここ2,3日落ち込んでたんだけど、まぁ~それでも、負けるわけにはいかないしね。

考えてみれば、以前の腎がんの担当医だった泌尿器科の先生が良すぎたのかもしれないって思いなおしました。お医者さんは患者の病気を治すことが商売だから、患者の社会復帰なんて知ったこっちゃない!って人が多数派で仕方ないかも。それでも、病気を治す仕事だけでも激務だもんね。あんまり今回の外科医の先生には期待せず、今度補助治療をしてくださることになる放射線科医の先生に自分の事情を理解してもらえるように努力してみます。コチラは生活かかっているし、今後の自分の人生もかかっているから譲れないこともあるし、あきらめずに交渉していこうと思います。

外科医なんて、切るのが上手だったらいいよねぇ~。上手じゃない人もいるんだし、上手に切ってもらってよしとしなくっちゃ!無医村に住む人だっているんだし!

まぁ、心はいろいろぐちゃぐちゃしているけど、要は雪と小鳥を撮るぞ!と出撃したわけです。

さて、公園の梅もかなり開いている樹もあり、蕾が膨らんだ樹もあり、さぁ~て春だよぉ~ん!!と思ったら、いきなり積雪で梅も驚いたことでしょう。

午後になって陽が照ってくると雪も解けてきてます。↓

Img_4734_p

Img_4794_p

さて、雪は結構残ってるんです。↓

R0015171_p

R0015183_p

R0015174_p

R0015175_p

でも、超望遠撮影のデジスコでは、鳥さんと雪が一緒になかなか写ってくれないのぉ~!スズメさんもなかなか雪のあるトコに行ってくれない!!

Img_4709_p

お城の石垣にも結構雪あるんだけど、スズメさんに近くにはない!!!この子のすぐ下のとこには結構雪残ってたんだけどなぁ~。↓

Img_4763_p

Img_4774_p

この子のとまっている枯草のふもとに、かすかな雪の残りが・・・。↓

Img_4780_p

Img_4778_p

↑ スズメさんの正面顔も結構面白い・・・。

帰りがけに公園のベンチに可愛いカップルが・・・。↓

R0015186_p

雪と小鳥さんのデジスコショットは今一つでしたが、雪の中で膨らむ梅の蕾が見られて、わりと楽しめましたよ。さて、乳がんに負けないように頑張っと!

2009年3月20日 (金)

横浜より戻ったら桜が咲いていました!

横浜はまだ桜は開花してませんでしたが、九州に戻ったら咲いていました。建物の中にばかりいたのでお外に飛び出したくて、朝は雨でしたが、午後はやんだのでフィールドへ!

デジスコもって行ったけど、お花見で人が多く、鳥さんはそれほど・・・でも、桜がらみが撮りたくて挑戦!・・・が、敢え無く撃沈・・・・あんまし出来よくないけど、スズメさんと桜です。

Eurasiantreesparrow











GRⅡで桜を接写、こっちはなかなか満足な感じ。一眼並みですねぇ~。

Cherry











写欲が満たされる状態には程遠いけど、でも、桜がmhkの帰りを歓迎してみてくれたみたいで、爽やかな散策でした!

2009年2月10日 (火)

松の中の小鳥たち

公園の梅園は人・人・人・・・・で、小鳥さんは寄りつかないので、お濠端の松の木のトコで撮影。松の中にいる小鳥さん、なかなか動きが激しくて、うまくいかな~い・・・。← 腕が悪いだけ・・・。

メジロさん、梅と一緒に撮りたいのに、ウメジロ~!!!松の向こうで、からかわれているようだ・・・。

Japanesewhiteeye











アトリさんも枝かぶり・・・でも、なんだかカーテンの向こうにいるみたいで、ちょっと雰囲気あるんじゃない???

Brambling











すずめさん、松ぼっくりをついばんでました。愛らしぃ~!!!

Eurasiantreesparrow0











Eurasiantreesparrow











ウメジロねらって、メジロいない梅の木でイメージトレーニング?随分待ったけど、メジロさん寄りつかず・・・。

Ume











ま、よい成果なくても、結構楽しんでいるmhkなのですぅ~。

2009年2月 7日 (土)

松の主のふくら雀

土曜のデジスコ復帰戦、一番よく撮れたのは松の木に主のように、どど~んと構えていたスズメさん。この時風が結構吹いてたんだけど、羽毛がなびいてますよねぇ~。

Treesparrow











公園の帰り道にプランターに植えてあった菜の花をGRⅡで撮ってみました。

Rapeseed













やっぱりいいです・・GRⅡ・・・。徐々に使いこなせるようになったらいいなぁ~。ああ、愛おしいカメラさんです!

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ