カテゴリー

カテゴリー「イソシギ」の8件の記事

2008年10月15日 (水)

水辺にたたずむイソシギさん

水のあるトコに鳥さんは集まってきます。命の源ですものね。水は。

今日の1枚は水辺にたたずむイソシギさん。静かですが、生き物を生かす水の力強さを感じます。でも、あくまで静かな、押し付けのない力強さ。人間も水がないと生きていけませんもんね。

Sandpiper












水に生かされている自分を思いながらシャッターを切りました。

2008年10月 4日 (土)

カワ子ちゃんとイソシギ~カワセミの女の子~

先週末姪が御泊りで、フィールドに出てなかったので、2週間ぶりのデジスコ出撃です。明日は雨の予報だから、どうしても今日は出撃したかったのです。

今日はカワセミさん遠かったです。でも、カワセミの雄と雌が2羽追いかけっこして、美しい翡翠(ひすい)の色の弾丸と化していて、それを見ていると幸せな気分になりました。

今日はいつもの場所でカワ子ちゃんを写したら(多分その辺を餌場にしている女の子だからいつもの子かしら?)、その後ろにイソシギさんが写ってて、面白かった1枚をお見せします。

ちょっと遠くて解像度はよくないんだけど、楽しい1枚です。カワ子ちゃんが上を向いた表情がキュートで、ラブリ~!!!

Kingfisher_sandpiper












今日はカワセミの雄も雌も撮れたんだけど、遠いトコにいた子ばっかりでした。でも、飛んでいる姿といい、半日でしたが、ずっとカワセミさんに遊んでもらった今日の出撃でしたよ。

2008年9月23日 (火)

イソシギさんの視線

鳥さんを写していると、さすがに自然界に何の加護も受けずに生き抜いている力強さを感じます。力強い鳥さんの目の力はエネルギーをくれるようです。 いつものカワセミの餌場に行ったら、木の陰にいつものカワ子ちゃんがいたみたいです。陰に隠れて出てきてくれませんでした。ちょっと残念!その代わりに大サービスしてくれたのがイソシギさん。大抵2羽で追いかけっこしていて、なかなか撮影チャンス少ないのですけど今日はカワセミさんがとまりそうな岩の上に現れて、かなり長くmhkと遊んでくれましたよ! Sandpiper












振り返ったその目にくらっとなっちゃいそうな、イソシギさんの瞳に乾杯!

2008年8月 5日 (火)

若いお嬢さんの周りは騒がしい~カワセミとイソシギとハクセキレイ

このあいだの日曜はホントに長いこと若いカワセミのお嬢さんがずっと付き合ってくれました。あれ、いなくなった?とんでった?って思ったら、すぐ目の前のとこにとまってたり・・・今年生まれの若い子、元気に育ったねぇ~立派にダイビングしてお魚採ってます!

さて、このカワセミのお嬢さんがじっととまっている時、その後ろをイソシギやハクセキレイの幼鳥が何度も何度も通ってました。とっても騒がしかったな~。イソシギとハクセキレイの幼鳥は2羽ずついて、それがにぎやかしく何度も通っていくんですよ。でも、カワセミのお嬢さんは時々振り返るんだけど、あんまり動じないんですよね。写真には1羽ずつしか写ってないけどね。カワセミさんだけは1羽でした。

Wagtail_and_kingfisher











White_wagtail











Kingfisher_and_sandpiper











ハクセキレイの幼鳥も今年生まれた子でしょうね。この子たちも元気に育つといいですねぇ~。

腎癌になったという過去の事実にとらわれる出来事があると、すっごく悔しいんだけどね(今でも)、でもね、初期で見つかって、今健康体であるからこそ、この子達の生命力を見つめているmhkがいるっていう事実には感謝しています。

この子達の住む環境が守られますように~。生命とはこんなにも尊いのだとデジスコが教えてくれるのです。

2008年1月26日 (土)

スコープ修理後の初デジスコ!

スコープ修理できて、初デジスコ出撃でした。家の近くの川をバスでちょこっと上流方向に移動して中流域を回ってきました。

バス降りて川の方に向かうと、水しぶきが!!!見るとカワセミさんがダイブしてお魚getしてお食事してました!!!まだ機材出す前で、双眼鏡で堪能~!!!

移動していくとわりと遠くの方でまたカワセミさんがダイブ!お魚くわえて飛び立っていった!おお!!!デジスコ復帰を祝ってくれているようだぁ~。

で、デジスコ復帰第一号の作品は、わりと近くにいたイソヒヨドリの雄でした。青とオレンジが素敵なスマートなお方です。なんか『撮影してぇ~』っていってくれているみたいに、10分以上同じトコにとまってました。イソシギさんも数羽で遊んでましたよ。

Blue_rockthrush_male1


Blue_rockthrush_male2Common_sandpiper





カワセミの女の子も随分長いこと遊んでくれました。逆光気味で、ちょっとオートフォーカス苦労したので、出来はちょっと不満だけど、いろんなトコに移動してはダイブしてくれて、楽しませてくれましたよ。やっぱり綺麗ですねぇ~。イソヒヨドリの男の子も青とオレンジ。それぞれ味わい深い色ですよねぇ~。うっとりしながら撮影してました。

King_fisher_female1


King_fisher_female2King_fisher_female3King_fisher_female4





鈴の鳴るような声で鳴いていて、すぐわかるカワラヒワが電線にずらりぃ~並んでました。mhkはこの声が大好き!

Green_finchGreen_finch2





コサギさんまで電線にとまってました。結構迫力あるねぇ~。ススキの中にはスズメさんたちの集団。まぁにぎやかしかったこと!!!大騒ぎしながらススキの穂をお食事中~。観察していると・・・やっぱり鳥さんって飛べるだけあって、軽いわぁ~!!!爪の力もつよいよねぇ~逆さまになっても平気だもん。この時は結構風あったので、ゆれるススキに捕まったまま根性でお食事続けているお方もおりました・・・。う~ん。野性の中に生きている野鳥はたくましいですわ!!

Little_egretTree_sparrow1Tree_sparrow2





復帰後最初のデジスコ出撃は写真のできそのものより、鳥さんたちに会えたことがうれしかったなぁ~。修理後もバードウォッチングだけならできたのだけど、ちょうど修理に出した1週間後は姪が来てたし、その1週間後は風邪と胃痛でお外でられなかったからねぇ~。結局スコープ修理までフィールド出なかったんですよね。

心地よい疲れで、今は鳥たちの様子を思い出しながら、ちょっと余韻に浸っていますぅ~!!!

おまけ1:
カワセミを堪能して帰ろうとした時、お散歩してた年配の男性が『なんが撮れよりますと?』(福岡のコトバで何が撮れているのですか?あ、解説しなくてもわかる???)って話しかけてきました。『カワセミです。』って答えると、『え???カワセミがここ、おるですか?』と驚かれていました。『おりますよ。今、すぐそこにもいましたけど。』と場所を教えてあげました。双眼鏡なくてもカワセミさんは目立つ色だし、結構大きめだし、簡単に見つけられるけど、案外毎日散歩しているような人でも気が付かないもんですねぇ。その方も散歩の楽しみができるといいけどぉ~!!

おまけ2:
ツバメさんがたくさん川の上を飛んでいました。いつの間に!!!夏に繁殖にやってくる渡り鳥だけど1月にもう?!!

2008年1月 5日 (土)

上流の方へ行った初デジスコ2008

3日のブログの記事の初デジスコのカワ子ちゃんの写真撮った時は、ちょっといつもと違うコースを行きました。いつもは家の近くの川を下流方向に歩きながら写真を撮っているのですが、この日は初めてバスで15分弱上流方向に行ってから、さらにまた上流方向に歩いて、Uターンして下流方向に歩きながら写真撮ってみました。

この川の中流域を中心に回ったというわけ。家の近くより随分上流側の方に行ったおかげでカワセミさんにはたくさん会えました。写真を撮らせてくれたのはカワ子ちゃんの1羽だけでしたが、歩きながら随分飛翔の姿はお見かけしました。ダイブしてお魚キャッチの姿も双眼鏡で観察できて、楽しかった!

土手を歩いていると、カラスウリがまだありました。ちょっとしなびてました。秋の名残ですねぇ~。

秋の名残のカラスウリ


お次はイソシギさん~相変わらずせわしなく動き回って、写真撮るの苦労しました・・・。

イソシギ1イソシギ2





カワウさんもいました。「鵜呑みにする」は、このお方のお食事のしかた?からきています。鵜飼いの『鵜』です。

カワウ2カワウ





セグロセキレイさんもいました。このお方もせわしないお方なので、カメラで追っかけするの大変でした!右側の写真、お口に虫くわえているのわかる?ちょうどキャッチしたのがモニターで見えました。シャッター押した時は、お食事の途中だったみたい~。

セグロセキレイセグロセキレイ2





年末、年始は福岡も山沿いは雪が随分降りました。この日背振山見ると雪化粧してました。

背振と葦河原に咲くスイセン style=

最後に、3日の記事にも載せてたカワ子ちゃん(カワセミの雌) この日写真撮らせてくれた唯一のカワセミさんです。随分長いこと写真に付き合ってくれた、新年早々めでたいカワセミさんでした!

カワ子ちゃん


カワ子ちゃん2

2007年12月 9日 (日)

河川敷-留守している間に-

まだ11月の連休中の旅行の写真を全てアップしてないのですけど、今日は久しぶりに河川敷の定例パトロールに行ったので、その写真。

もう銀杏なんて、樹によっては葉が全て落ちているのもあるくらい、この時期の変化は早いですね!

先々週、旅行で、先週はノートパソコンの再設定なんかの作業でお外に行きたい気持ちにブレーキをかけ、3週間ぶりの河川敷!

オナガガモさんが随分数が増えてましたねぇ~。木の葉は随分落ちていて、セイタカアワダチソウの黄色い花もふわふわ綿帽子になってました。ツグミさんがたくさんいましたよ。(超逆光で撮影はできなかったけど)

さて、本日の一押し!は、このあいだホントにちっこくしか撮れなかったイソシギさん!随分近くで遊んでました。可愛かった!相変わらずちょこまか動いていて、デジスコで追っかけるのは苦労したけど、綺麗に撮れて、ハッピ~!!!

Common_sandpiper2_2


Common_sandpiper1Common_sandpiper3





お次はいつものアオサギさん。でも、田んぼにいた首を伸ばしたのと、川で首を縮めていたのです。(別の個体)

Gray_heronGray_heron2








お次は電線にとまっているハクセキレイと雄のオナガガモさん。オナガガモさんは11月半ばも見かけてましたが、mhkが留守している間に随分増えたなぁ~って印象です。むさぼるように水の中に顔を突っ込んでお食事してたので、準備して、顔挙げてはシャッター押してましたので、ボツもいっぱい~まだまだ未熟なんでねぇ~

White_wagtailPintail_malePintail_male2





お次はオナガガモの雌。オナガガモって、スマートで姿が美しいですよねぇ~

Pintail1Pintail2





最後がすっかり葉が落ちて、実だけがついているナンキンハゼの枝にとまっているモズくん。この間綺麗に紅葉したナンキンハゼの樹を見たと思ったけど、もうすっかり葉が落ちているのです。(葉が残っている樹もありますけどね)これから冬にかけて葉のない樹も多くなってくるので、鳥さんが隠れるとこなくて、見つけやすくなるチャンス到来!ってわけです。このモズさんは近づいていっても逃げないサービス満天のコでしたよぉ~。

Bull_headed_shrike3

Bull_headed_shrike1Bull_headed_shrike2






モズくんとナンキンハゼの実の取り合わせ、なんかシャッター切っている時はそれほど思わなかったけど、できあがった写真を見たら、なんかいいなぁって思いました。

2007年11月21日 (水)

イソシギさん!ようこそ!

11月18日(日) かなり強風でした。気温も最高10℃なかったほど、冷えました。河川敷では風が体温を奪うので体感温度はさらに低い!

毛糸の帽子に指無し手袋、空気が冷たい時はマスク・・・というちょっと怪しげなスタイルで歩き回ってました。mhkは喉やられる方だから冷たい空気を吸い込まないように、また電車で風邪引きが近くにいる時にもらわないようにマスクは通勤時にも常備してます。

今日はイソシギさんをデジスコでとらえることができました。いつも見るけど、動きが速くて双眼鏡で確認するトコまでいった直後に遠くへ飛んでっちゃうという繰り返しでした。でも、ようやく!

イソシギ

ちょっと遠いけど、強風の中三脚を1番低くして座ってデジスコでとらえました。地味な色合いですが、可愛いです。ちょこまか動く姿がホントにラブリ~!!

お次は左がコガモちゃんで、右がヒドリガモさん。コガモは子供のカモさんという意味ではありません。種名がコガモという名前のカモさんです。ヒドリガモさんはおめめをつむったトコがなんだかちょっと可愛かったので、パチリ!のんきなカモのおばさんって感じじゃない?

コガモヒドリガモ





次はカエデとユキヤナギ。カエデはなかなかうまく写せなくて、困ってました。強風で厚い雲がかなり早く動くので、日が照ったり曇ったり、めまぐるしいのです。日が当たっている時に周りが暗い中1枚だけにスポットライトが当たっているトコが目に入って、撮してみました。右は春の花のユキヤナギの狂い咲き。今年の秋は狂い咲きが多いですねぇ~。

スポットライトを浴びた1枚の楓の葉ユキヤナギ

防寒対策してたおかげで、強風の中長時間河川敷にいたけど風邪引きませんでしたよ。カモさん達を撮っている時に後ろからじっとこちらの方を見ている初老の男性がいました。サングラスかけて、マスクしている。最初ちょっと怖いなって思ったけど、どうも見ている様子が、こちらの機材に関心を持たれている様子。しかも、撮している最中は邪魔にならないように配慮されている感じから、警戒心も薄らぎ、写し終わった後、振り返ってみました。

すると、mhkのデジスコの機材を見て、
男性:それ、普通のスコープにデジカメつけているんですか?
mhk:はい、これ、最近流行っていて(バードウォッチャーの間で)スコープとデジカメをつなぐ専用のアダプターを作っているメーカーもあるんですよ。光軸があわないといけないので、スコープとデジカメにも相性があるようですが、たまたま持っていたコンパクトデジカメがデジスコ向きのものだったので。これRICHOです。(コンパクトデジカメを指して)
男性:そうですか。私も鳥を撮るもんでね。私は一眼レフで、300mmのレンズ使ってます。あ、それは一眼ですね。(mhkの首から下がっているデジ一眼指して)
mhk:はい。
男性:ここカワセミがいるんですよ。
mhk:ええ、知っています。子供の頃からいましたよ。
男性:ああ、そうですか。鳥はもう長いんですか?
mhk:学生の頃はよく見ていて、社会人になってほとんどフィールドに出てなかったんですけけど、最近また見だして。デジスコは9月から始めました。
男性:そうですか。カワセミの声ようやく覚えまたよ。

ってな感じで、やっぱり、こちらの機材を観察している様子から、鳥好きの同類の香り?がしたので警戒心がなくなったのですが、その勘は見事的中!楽しいお喋りでしたよ。 いやな世の中で、知らない人は昼間でも警戒しないといけないんですよね。以前河川敷でちょっと変な宗教の勧誘みたいのに出くわしたこともあったし・・・。

でも、他の人から見たらちょっと異様な感じに見えたかも・・・mhkもその時はかなり夕方になってて、空気も冷たかったし、風も強く、毛糸の帽子にマスク着用。その男性もサングラスにマスク・・・。怪しい人に見えたかもね・・・。そういえば、ウォーキングしているおばちゃんが心なし避けていたような・・・。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ