カテゴリー

カテゴリー「ハクセキレイ」の12件の記事

2014年1月29日 (水)

2014年福岡で初撮り 実家近くの河原にて

久々の更新です。

昨年は授業のコマ数が多く、学生数も多く、167名の学生の成績をつけたので、ずっとバタバタ・・・でした。さすがに土日がなかった。

ようやく全ての成績をつけ終わった1月半ばは、なんか廃人化してました。

今月20日から一時帰国です。で、さっそく実家近くの河原に行って、カワセミさんたちにご挨拶してきました。

このポイントはカワセミさんの縄張りで、行くと時間帯に限らず最低でも飛んでるトコは観察できるんですよ。でも、川幅が広くて、高いトコに撮影場所がないので、ダイブするトコとか瞬間は狙えないポイントなんです。

カワセミさんが魚を狙ってダイブする前にとまるのに使っている樹がいくつかあって、そこではってれば、大体、いわゆる「トマリもの」はgetできます。

川幅が狭ければ対岸からダイブするとこを狙えるんですけどね。せめて、ホバしてるトコを一度でいいから撮ってみたいなぁ~。

でも、今日はカワセミさん、大サービスでした。光の当たり具合がいいのと、mhkに対して背中を向けて、そして何度か横向いてくれたので、ばっちり!背中のカワセミブルーが見えるのが、一番きれいなんですよねぇ~。しかも、そのポーズ何度もしてくれて!!!
↓ これ、ノートリです!!! デジスコ歴6年と4ケ月ですが、今までで一番カワセミさんがきれいに撮れました!!mhkのフィールドにカワセミが撮れる公園なくて、河原のカワセミさんって警戒心あるので、なかなかいいショット撮れないんですよ。でも、その警戒心こそ野性の証、生きる力なのですから、愛おしいとも思います。
Img_5536_p
↓ ちょっと遠いとこでしたが、背中丸めてるとこがラブリ~
Img_5341_p

カワセミばっかパシャパシャ撮ってたら、通りがかりのお散歩してたおじいさんが、「あれは撮らんと?興味なかと?」って指さしてたので、一応お愛想で、ユリカモメさんも撮ってみました。89年に福岡市制100周年を記念して福岡市の鳥が投票で決まったのですがこの方海鳥のほうで福岡市の鳥に選ばれたお方です。野の鳥のほうではホオジロさん。いや、もちろん、鳥さんはどの子も好きです。でも、カワセミさんのいいポーズの前では、ついつい無視しちゃうんですよね・・・。この子、冬はいつでも大騒ぎしているし・・・。笑

Img_5381_p

ジョビ男君(ジョウビタキの♂)もいました♪このポイントはいつも♂を見かけます。ジョビ子ちゃん(♀)は都市部にある公園で、よく見かけるんですよね。そこに多いというよりはmhkとの相性なんでしょうねぇ~。ガマの穂にとまってる様子が可愛い~♪

Img_5418_p

ハクセキレイさんが珍しくちょこまか走り回らず、岩の上で羽づくろいしてました。走り回ってる時は追尾できないので、嬉しくてパチリ!シルエットのきれいな好きな鳥さんです。

Img_5611_p

2014年初撮りはなかなか満足のいくものでしたよ~♪

2012年2月 2日 (木)

病名は乳がん 二度目のガン告知?6年ぶりです~

2月2日:今日は福岡は最高気温が1.5℃。

1月18日に受けた福岡市の乳がん検診、精密検査要で翌日19日に訪れた、過去3回入院・手術している病院の外科で、なかなか診断が確定しなかったけど、とうとう診断が確定。

病名:浸潤性乳管癌(乳頭腺管癌) 

乳管の中だけ癌細胞があれば、非浸潤性ですが、mhkの場合は、ちょこっと乳管を突き破ってたらしい。なので、臨床病期はⅠだろうということです。なぜ病期が確定しないかというと、まだ組織診では腫瘍を全て検査したわけではなく、腫瘍を数か所採取して検査しただけだから。

正式に病期がわかるのは、手術して、腫瘍を切除し、切除した腫瘍を全て検査する病理検査の結果がでてから。

今までの経過は以下の図のフローチャートの通り。↓

Photo_4

ところで、今日は外科の外来診察の予約は11:00。前回の診察1月30日に組織診の再検さということで採取したのだけど、帰る時に渡された予約票には外科の外来診察のみ書かれていた。

もっとも、MRI検査結果の段階でも乳がんの疑いがかなり濃厚だったので、勤めている大連の大学の二学期が2月13日にスタートすることもあり(時間がないのぉ~!!)、先生には乳がんだったら最短で手術してほしいとお願いしていて、もし乳がんだったら最短で可能な2月8日を手術の予定に入れてもらっていた。

ほぼ乳がん濃厚と覚悟はあったものの、待合室ではドキドキするかなぁ~思いつつ、二度目のガンの診断確定の「判決」を受けに、バスで病院に向かい、病院の玄関をくぐり・・・自動受付機に診察カードを入れて受付を済ませ・・・。

ん???受付後に出てくる紙がいつもよりバカ長いんですけどぉ~と思って見たら・・・。

本日の予定として

CT検査(肺)
肺機能の検査
胸部X線
心電図検査
血液検査

が書かれていた。検査予定の時間も・・・ね。

6年前に腎がんが発覚した際に、癌であることを泌尿器科の先生から説明を受け後で予約した検査項目とほぼ同じ。(6年前の時はCT検査は単純CTだったけど、今回は造影剤を使ったCT検査だったけどね。あと、6年前は右腎摘出術だったから腎臓機能を調べる腎シンチの検査があったけど、今回は無。)

つまり、

CT検査(肺)は癌が転移しているかどうかのための検査
肺機能、胸部X線、心電図、血液検査は、術前検査の定番

あと、転移の有無を調べる検査では「骨シンチ」があるのだが、それは予約がすぐに取りにくいという話だったから、後日になったんだな・・・。

つまり、その予定表を見た瞬間、mhkは30日の組織診の再検結果が「悪性」、つまり、「乳がん」と確定したんだとわかったわけ。

覚悟はしてたけど、こんな形でわかるとは・・・見た瞬間大きな声で「えっ!!」と言ってしまったよぉ~。受付近くにいたスタッフさんたちがこっち見てたけど、なんでかはわからんかっただろうな・・・。

これがmhkにとって二度目のガンの告知だったわけ~あっけなかったなぁ~。まぁ~待合室でドキドキするよかいいよね・・・。ほぼ90%はって思ってたしぃ~。

診察室に呼ばれたのは12:30過ぎ。かなり待たされたので、ドキドキせずに済んでよかったよ。かえって。

担当の先生は5年目の若い女性のM先生です。若手の先生ですが、しっかりされていて、説明もわかりやすく信頼できる感じです!

M先生:この間の検査の結果が出たんですけど・・・。
mhk:(もう面倒なので)ああ、悪性の結果がでたんですよね。乳がんですよね。自動受付機に診察券を入れて受付したら、転移を調べる肺のCTや術前検査の項目がずらっと紙に書かれて出てきたので・・・・。(と先に言っちゃった)
M先生:ああ、書いてありました?(← 先生が予約したからなんだけどね。受付したら今日の検査予定の項目が紙で出てくるのはご存じなかったようだねぇ。)そうなんです。
病名は浸潤性乳管癌です。組織の検査では、今度はしっかりと腫瘍の真ん中を採取できていて、癌細胞がでてきました。特に進行が速いとか性質(たち)の悪い癌ではなく、普通の癌でした。(とまぁ~病期のこと、今後の治療の予定等のことなど説明用紙に書きながらわかりやすく説明してくださった。)

一連の説明を受けて、決めたことは
2月2日:術前検査(胸のX線、心電図、血液検査、肺機能の検査)
2月3日:造影剤を使った肺のCT(予定表には今日する予定だったけど、変更)
     骨シンチ
2月7日:入院
2月8日:手術(乳房温存切除手術:乳腺部分切除、術中にセンチネルリンパ節生検を行い転移が見られればリンパ節も切除)
2月11日:退院

この後術後1週間で病理検査結果が出て、術後の補助療法決定となる。

今のところ補助療法としては、

ホルモン療法(内服) 1日1個 5年間
放射線治療 25回(50Gy) 5週間(平日のみ)

が実施されるようだ。
放射線治療まで日本でしてもらうことを希望すると、3月末にしか大連にはもどれないことになり、2月13日からスタートする二学期の授業への対応を大学の方にお願いしないといけないので、30日に主任の先生にお電話して説明していたが、今日病名が確定したので詳細をお知らせした。半年教えた生徒たちだし、愛着もあるし、是非4月には大学に戻って生徒たちに再会したいのだけど、こればかりは、大学の方針もあるだろうし、どうなるかはわからないねぇ~。

とりあえず、今はmhkは乳がんを退治することに専念!

今日は検査が終わった後、かねてより予約していたニコンの一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングの講座を受けに行ってきた。D7000を持って大連に戻り、今度は一眼レフで撮影したいなと思い、イメージセンサーのクリーニングを覚えようと思ったわけ。

今日の一枚は30日に病院の近くの公園で撮ったハクセキレイさん。この日はちょこまか動き回る留鳥ばかりが相手してくれたなぁ~セキレイのスマートな姿は昔から大好き。この小鳥たちのちょこまかぶり、小さいけど元気いっぱいの生命力をもらって、頑張るよぉ~!!

Img_4041_p

2008年10月13日 (月)

ハクセキレイとコスモス

今日は姪2人を預かっているので、家にいます。昨日のハクセキレイとコスモスの写真をアップ!

コスモスは河原の中州に生えていました。遠いのでデジスコでパチリ。昨日風が強くてコスモスの花が随分揺れていて、写すのは結構苦労しました。画面の外に入ったり出たりの繰り返しの中連写したものです。ハクセキレイさんは空き地にいたとこをパチリ!

Cosmos












White_wagtail1












White_wagtail2












13:00から1時間2歳児に童謡聞かせたら、そのまま膝で寝てしまい、お昼寝、1時間後目が覚めたら、今度は7歳児がそのお布団で寝てます。

いやはや、チビダブルは両方起きていると喧嘩してますが、一方が寝ているとおとなしいこと!付き合っていると面白いけど、体力は消耗しますね・・・チビ姫たちは元気~coldsweats01

2008年9月20日 (土)

もっと若い子~ハクセキレイ~

水浴びハクセキレイに会う直前、もっと若いハクセキレイさんが対岸の植物にとまっているのを見つけました、とまってたのは短時間でしたが、デジスコドットコムさんの究具01究具02のおかげで撮影できましたよ。

セキレイさんって日本画によく描かれるだけあって、スマートで上品でバランスのいいスタイルですよねぇ~。大好きな鳥さんです。

White_wagtail1











White_wagtail2











今日は珍しくおうちにいます。週末なのに。午前中買い物があったので家族とホームセンターへ出かけて帰っておうちで食事。今まったりしてます。部屋をかたづけるかねぇ~。

2008年9月18日 (木)

ハクセキレイさん、水浴びの後で1~究具01の力~

9月17日(水)の記事の後、水から上がって羽を乾かして、羽づくろいしているハクセキレイさんのお姿です。
White_wagtail1











White_wagtail2











White_wagtail3_2











White_wagtail4











White_wagtail5











White_wagtail6











White_wagtail7











水浴びの後のハクセキレイさん、飛ぶためには羽のお手入れが大事。念入りにやってました。

2008年9月17日 (水)

ハクセキレイさんの水浴び姿2~究具01の力~

9月15日(月)の記事の続き。ハクセキレイさん、水浴びするとき、水浴びしては周囲を警戒・・・その繰り返し。やっぱり誰の加護もうけない野性の生き物ですから、自然界jで生き抜く厳しさを知っているのですよね。この厳しさを持っているから自然の中の生き物はより魅力的なのです。

White_wagtail1White_wagtail2_2





White_wagtail3











White_wagtail4











White_wagtail5











White_wagtail7











White_wagtail8











究具01のおかげで少しましな写真が撮れたなぁって感じです。週1回行けたらいいなぁって程度なので、なかなか上達はしないけど、少しずつましな写真が撮れたらいいなぁ・・・って思います。

鳥さんの正面のお顔もなんとなくかわいいですよねぇ~。写真撮るとその瞬間瞬間が切取れるので、見ている時にはあまり気に留めなかったことも画像として残るので新たな発見があったりします。鳥さんの一つ一つの可愛い仕草を再認識しますねぇ~

2008年9月15日 (月)

ハクセキレイさんの水浴び姿1~究具01の力~

一昨日が究具01ジンバル雲台の初仕事でしたが、時々小雨降る中で街中のほうの公園をセーブ気味に回ったので、本格的なジンバル雲台初出撃は昨日でした。

いつもの河原の散策、いつもの若いカワ子ちゃんの姿を遠くにちらりと見て、一応シャッターは切ったけど何しろ遠い・・・。それでも被写体導入がとっても楽ですごいなぁ~とは思ったんだけど、昨日もっともジンバル君のおかげ~って撮影はハクセキレイさんの水浴び姿を発見した時でした。

上から見下ろしたトコにまだお顔がちょっと黄色い若者のハクセキレイさんが水浴びしてたのを発見したのです。可愛い~キュート!!!heart04ジンバル君のおかげで水浴びしてたハクセキレイさんのおめめeyeにAFフレームを入れてシャッター半押し、その後フレーミングして素早くシャッター押すことができて(←腕が未熟だからまだぎこちないけど・・・)、結構いい感じ(mhkのレベルの中で)で撮れました。この撮影のおかげで、連休明けの退屈な営業事務仕事に耐えられそうです~。

White_wagtail_2











White_wagtail2_2White_wagtail3_2White_wagtail4





White_wagtail5











この若いハクセキレイさんの水浴び姿はホントにキュートで、シャッター押しながらホントにハッピーでした。飛べる鳥さんにとって、飛べなくなることは死を意味します。だから羽のお手入れは生きていく上でとても重要。この水浴びはハクセキレイさんが厳しい自然界で生きていくうえでの必要な行為なんですよね。そう思うと観察しながらとても厳かな気持ちになります。

2008年8月 5日 (火)

若いお嬢さんの周りは騒がしい~カワセミとイソシギとハクセキレイ

このあいだの日曜はホントに長いこと若いカワセミのお嬢さんがずっと付き合ってくれました。あれ、いなくなった?とんでった?って思ったら、すぐ目の前のとこにとまってたり・・・今年生まれの若い子、元気に育ったねぇ~立派にダイビングしてお魚採ってます!

さて、このカワセミのお嬢さんがじっととまっている時、その後ろをイソシギやハクセキレイの幼鳥が何度も何度も通ってました。とっても騒がしかったな~。イソシギとハクセキレイの幼鳥は2羽ずついて、それがにぎやかしく何度も通っていくんですよ。でも、カワセミのお嬢さんは時々振り返るんだけど、あんまり動じないんですよね。写真には1羽ずつしか写ってないけどね。カワセミさんだけは1羽でした。

Wagtail_and_kingfisher











White_wagtail











Kingfisher_and_sandpiper











ハクセキレイの幼鳥も今年生まれた子でしょうね。この子たちも元気に育つといいですねぇ~。

腎癌になったという過去の事実にとらわれる出来事があると、すっごく悔しいんだけどね(今でも)、でもね、初期で見つかって、今健康体であるからこそ、この子達の生命力を見つめているmhkがいるっていう事実には感謝しています。

この子達の住む環境が守られますように~。生命とはこんなにも尊いのだとデジスコが教えてくれるのです。

2008年2月17日 (日)

強風波浪注意報の中ixy digital 2000 IS デジスコデビュー

さて、金曜日にようやく新デジスコセットが揃い、ixy digital 2000 IS のデジスコデビューだ!!!と昨日いつものカワセミさんの住む川へgo!!!

が~!!!福岡は強風波浪注意報。街中ならともかく、川ですから何も遮るモノは無し!!!すごかった・・・風・・・。

完全防備で行ったけど、指無し手袋、機材の操作のために指出していると風がばんばん熱を奪っていくし、腰痛持ちのmhkはあまり重い三脚は担げないので機材ブレがものすごくて、シャッター切れない!!!!← 切ってもぶれぶれ・・・・。

そう、最初から強風波浪注意報ってのはわかってたんだけど、新しい機材揃って我慢できなかたんですぅ~。← アホ

で、写真は撮れなかったけど、mhkの位置からものすごく近い岩に背中を向けてあの美しい空色の羽根をこちらに向けてとまってくれたカワセミが居ました。ちょうど光の加減で神秘的な美しさで、うっとりぃ~!!!写真に撮れなかったけど、それ見ただけで幸せでした。ま、いつかチャンスがあれば!!

さて、強風で無理矢理シャッター切っても、ほとんどぶれていたのですが、風が止まった一瞬をねらっていくつか撮れたのがあります。でも、径が52mmの小さめのスコープ(VIXENのジオマⅡED 52-S)では遠過ぎて、ちゃんと撮れてないけど、初めて写真にできた鳥さんもいたので、載せておきますね。

風も強い上に遠すぎてなかなかうまく撮れなかったけど、初めて撮れたキセキレイさん。今までセグロセキレイとハクセキレイは撮っていたけど、黄色いセキレイさんは初めてです。右がハクセキレイさんね。因みに英語名はキセキレイなので、yellow wagtailと思いきや違うのです。gray wagtail です。yellow wagtail はもっと黄色みの多い和名はツメナガセキレイさんのこと!あんまり日本では見られない鳥さんですね。

Gray_wagtailWhaite_wagtail





次はセグロセキレイさん。これもあんましいい写真じゃないけど、ちょこちょこ川の中を走り回っているのを苦労してカメラで追いかけました。真ん中の写真見ると、風でなびいているのがわかるでしょう?風にあおられながら機材ブレと闘いながら撮った写真です。

Japanese_wagtailJapanese_wagtail2Japanese_wagtail3





さて、お次はジョウビタキの雄です。これはもう川の対岸の土手にいたので、機材の限界です。遠過ぎ・・・。なのでぼやっとした写真です。ホントは径が60mm代のスコープがいいのだけど、それだとスコープだけで1kg越すし、三脚自体ももっと重いヤツにしないといけないし、腰痛持ちのmhkには無理・・・。ま、そこそこ近いとこいる鳥さんを径52mmのVIXENのジオマⅡED 52-Sで撮影しようと思ってデジスコ始めたわけだけど、対岸に撮りたい鳥さんみつけると、やっぱり欲求不満になっちゃう~。ジョウビタキさんはうちのお庭にも来ます。冬にやってくる渡り鳥さんですねぇ~。右端はオシドリのつがい。これも遠いので、ぼやっとしてます。

Daurian_redstart1Daurian_redstart2Mandarin_duck_male_female





風は強かったけど、わりに青空が多かった日でした。めずらしく背振山の上が青空だったのでデジ一眼でパチリ!

Sefuri





さて、昨日のixy digital 2000 ISの初デジスコは強風で消化不良でしたが、さらに!!!途中でバッテリー切れ!あとちょっとカワセミさんのポイントに寄っていこうと思った矢先!!!そう、mhkのカメラはデジ一はPENTAXの*ist DS、前のデジスコで使ってたコンデジRICOHの GXの両方単三電池が使えるのに、今回は充電式バッテリーのみなの。しかも小型だから小さい・・・。GXの充電式バッテリーが1日フィールドにいて切れたことはまだないのだけど、ixy digital 2000 ISはまだ新品なのに1日持たない。こんだけ小型になったから仕方ないねぇ~。ってなわけで、デジスコドットコムさんにネットでバッテリーを3コ注文しておきました。ま、デジスコの本にもバッテリーは余分に予備もっていくように書かれていたから当然ですねぇ~。

ま、強風であんまりいい写真も期待できない時にバッテリー切れたのでよかった。さあ、今がシャッターチャンス~!!!の鳥さんに遭遇した時なら涙涙だったけどぉ~。

あと、カメラがGXよりかなり望遠寄りになったことで、三脚のがたが結構深刻なことに気が付いた・・・特に強風だったこともあって・・・。次に買うのはカーボン三脚だな~。でもしばらくは我慢しないとねぇ~。

このカメラはAFのみなので、こういう強風の時って、最初に半押しでAFロックした時とシャッター押す時で機材が微妙に動くとどうしようもないのねぇ

2007年12月 9日 (日)

河川敷-留守している間に-

まだ11月の連休中の旅行の写真を全てアップしてないのですけど、今日は久しぶりに河川敷の定例パトロールに行ったので、その写真。

もう銀杏なんて、樹によっては葉が全て落ちているのもあるくらい、この時期の変化は早いですね!

先々週、旅行で、先週はノートパソコンの再設定なんかの作業でお外に行きたい気持ちにブレーキをかけ、3週間ぶりの河川敷!

オナガガモさんが随分数が増えてましたねぇ~。木の葉は随分落ちていて、セイタカアワダチソウの黄色い花もふわふわ綿帽子になってました。ツグミさんがたくさんいましたよ。(超逆光で撮影はできなかったけど)

さて、本日の一押し!は、このあいだホントにちっこくしか撮れなかったイソシギさん!随分近くで遊んでました。可愛かった!相変わらずちょこまか動いていて、デジスコで追っかけるのは苦労したけど、綺麗に撮れて、ハッピ~!!!

Common_sandpiper2_2


Common_sandpiper1Common_sandpiper3





お次はいつものアオサギさん。でも、田んぼにいた首を伸ばしたのと、川で首を縮めていたのです。(別の個体)

Gray_heronGray_heron2








お次は電線にとまっているハクセキレイと雄のオナガガモさん。オナガガモさんは11月半ばも見かけてましたが、mhkが留守している間に随分増えたなぁ~って印象です。むさぼるように水の中に顔を突っ込んでお食事してたので、準備して、顔挙げてはシャッター押してましたので、ボツもいっぱい~まだまだ未熟なんでねぇ~

White_wagtailPintail_malePintail_male2





お次はオナガガモの雌。オナガガモって、スマートで姿が美しいですよねぇ~

Pintail1Pintail2





最後がすっかり葉が落ちて、実だけがついているナンキンハゼの枝にとまっているモズくん。この間綺麗に紅葉したナンキンハゼの樹を見たと思ったけど、もうすっかり葉が落ちているのです。(葉が残っている樹もありますけどね)これから冬にかけて葉のない樹も多くなってくるので、鳥さんが隠れるとこなくて、見つけやすくなるチャンス到来!ってわけです。このモズさんは近づいていっても逃げないサービス満天のコでしたよぉ~。

Bull_headed_shrike3

Bull_headed_shrike1Bull_headed_shrike2






モズくんとナンキンハゼの実の取り合わせ、なんかシャッター切っている時はそれほど思わなかったけど、できあがった写真を見たら、なんかいいなぁって思いました。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- | 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- | 03.腎細胞癌 経過観察 | 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- | 05.家族 | 06.感謝の気持ち | 07.お知らせ | 08.昔語り | 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア | 10.海外ボランティア | 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) | 12.日本語教育 | 13.日本の祭り | 14.青年海外協力隊 | 15.日系社会青年ボランティア | 16 婦人科検診 | 17. ブラジル | 18.Itatiaia | 19.Mato Grosso | 20.Pantanal | 21.Bonito | 22.Ubatuba | 23.Costa Rica | 24.Registro | 25.婦人科の病気 | 26.Iguape | 27.中国 | 28.大連 | 29.乳がん | 30.cooking | 31.各種検診 | 32.音楽 | 33.piano | a.機材 | b.デジ一眼 | c.コンデジ | d.デジスコ | e.アサヒペンタックスsp | f.花・風景 | g.動画 | h.*ist DS | i.ixy digital 2000IS | j.Caplio GX100 | k.Caplio GX | l..coolpix p5100 | m.GEOMAⅡED52-S | n.GEOMAⅡED67-S | o.GRⅡ | p.COOLPIX P6000 | q.TSN-774 | r.PowerShot G11 | s.D90 | t.PC関連 | u.D7000 | v.Power Shot S95 | w.PowerShot S120 | おすすめサイト | アオサギ | アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) | アオジ | アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) | アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) | アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) | アカエリシトド(tico-tico) | アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) | アカカタムクドリモドキ (Encontro) | アカゲラ | アカハラ | アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) | アカモズ | アトリ | アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) | アマゾンカッコウ(anu branco) | アメリカトキコウ (Cabeça-seca) | アメリカヘビウ(Biguatinga) | アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) | イエミソサザイ(Corruíra) | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) | ウミネコ | ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) | エナガ | エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) | オウゴンチュウハシ (araçari-banana) | オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) | オオハシカッコウ(anu-preto) | オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) | オオハシノスリ(gavião-carijó) | オオバン | オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) | オオヨシキリ | オオヨタカ (Common Pauraque) | オオルリ | オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) | オシドリ | オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) | オナガガモ | オナガミドリインコ(periquito-rico) | オニオオハシ(tucano-toco) | オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) | オリーブタイランチョウ(suirir) | オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) | オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) | オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] | カイツブリ | カササギ | カササギフウキンチョウ (Tietinga) | カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) | カルガモ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カワリヒメウソ(Variable Seedeater) | キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) | キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) | キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) | キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) | キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) | キバラガラ(Yellow-bellied Tit) | キバラツグミ(sabiá-poca) | キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) | キビタキ | キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) | キンクロハジロ | クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] | クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) | クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) | クロアシシャクケイ(Jacuaçu) | クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) | クロハチドリ(beija-flor-preto) | クロハラトキ(Curicaca) | クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) | ケアシスズメバト(rolinha-roxa) | コイカル(Yellow-billed Grosbeak) | コガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツリスドリ(Guaxe)_ | コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) | コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) | コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) | コチドリ | コバシバト(Short-billed Pigeon) | コンゴウクイナ(saracura-três-potes) | ゴイサギ | ササゴイ(Socozinho) | サメビタキ | サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) | シコンヒワ(tiziu) | シジュウカラ | シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) | シメ | ショウジョウトキ(Guará) | シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) | シロガシラ | シロガシラタイランチョウ(Freirinha) | シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) | シロハラ | シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) | ジョウビタキ | スズメ | スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) | スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) | スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) | ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) | セアカカマドドリ(joão-de-barro) | セグロセキレイ | セスジキンノジコ(tipio) | センダイムシクイ | タニシトビ (gavião-caramujeiro) | ダイサギ | チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) | ツグミ | ツバメ | ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) | ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ | テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) | トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) | トビ | トラフサギ(socó-boi) | ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) | ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) | ナンベイタゲリ(quero-quero) | ナンベイレンカク (jaçanã)_ | ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) | ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) | ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) | ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) | ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) | ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) | ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) | ハクセキレイ | ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ(Crested Myna) | バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) | バン | ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) | ヒドリガモ | ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) | ヒメアカクロサギ(Garça-azul) | ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) | ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) | ヒヨドリ | ヒロハシサギ(Arapapá) | ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) | ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) | ヒワミツドリ(Saí-azul) | ビンズイ | フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) | ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) | ベニタイランチョウ(príncipe) | ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) | ベニヘラサギ(Colhereiro) | ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) | ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) | ホシハジロ | ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) | マガモ | マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) | マミジロキビタキ | ミサゴ | ミサゴノスリ(gavião-belo) | ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) | ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) | ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) | ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) | ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) | ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) | ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) | ミナミカラカラ(caracará) | ムクドリ | ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) | メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) | メジロ | メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) | モズ | ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) | ヤツガシラ(Upupa epops) | ヤマガラ | ユリカモメ | ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) | リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) | ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) | ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) | ルリビタキ | レア(ema) | 中国の祭事 | 動物園・植物園 | 心と体 | 旅行 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 月・星 | 横浜 | 紅葉 | 花火 | 街の風景 | 野性動物 | 野鳥

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ