カテゴリー

カテゴリー「セグロセキレイ」の6件の記事

2008年9月22日 (月)

仁侠映画のような?セグロセキレイさん

究具01ジンバル雲台のおかげで、ちょこまか川の中を走り回るセグロセキレイさんを追い掛け回すのは結構楽になった。でも、この日のこのちょこまかさんは、なかなかとまってくれなくて腕が未熟なmhkにはなかなか難関でした。

シャッター押した後、あ~ん、切れてる~、ピントもいまいち~と思ってたけど(ピントはいまいちなんだけどね)、帰ってパソコンの画面で見たら、午前中雨で増水した川をバックに、何か面白い感じに見えました。まるでセグロセキレイさん、仁侠映画の主人公みたいです。

Japanese_wagtail












小さな鳥さんの目線からだと、それほど大きくない川でも、何か海みたいに見えますねぇ~。下手な写真でも、くすって笑いたくなる場面の写真があったりするので、鳥撮りはやめられません。

2008年8月29日 (金)

じっとしていたセグロセキレイさん!

先週の土曜日。
カワセミさんのポイントで、岩の上で長いこと羽づくろいしていたセグロセキレイさんがいました。すっごく近かったので、デジスコ撮影!

普段はちょこまか走り回っていて、なかなか撮るの難しいんだけど、相当長いこと、じ~っと同じトコで、ゆったりと羽づくろいしてました。こんなにじっとしていたセキレイさんは初めて~!

Japanese_wagtail












セグロセキレイは色はモノクロですが、スマートでお顔もお上品で、大好きな鳥さんです!じっとしているのが撮れて感激!

2008年6月 5日 (木)

鳥さんも暑いんです~セグロセキレイの水浴び~

暑いです。まだ梅雨入りしていないmhkの住むエリア。
1年で1番紫外線が強い時期~。日焼け止めを胸ポケットに入れて、2時間ごとに塗り直しています。

が、腕と首のトコで油断して、現在腕は真っ黒です・・・。こんなに真っ黒になったのは学生時代沖縄をうろうろして以来・・・。まだ腕と首の部分がひりひり・・・痒い・・・。

ホモ・サピエンスが暑いんですもの、鳥さんも暑い・・・・歩いているとカワラヒワ、キジバト、カラス、セグロセキレイ、ハクセキレイの水浴びシーンをお見かけします。

ちょっと遠かったけど、セグロセキレイさんの水浴び姿を激写!!!ピンは甘いけど、デジスコドットコムさんの究具02照準器で素早く導入できたので、ほんのちょっとの時間だったのだけど、見つけてすぐ撮影できました。写真のできはよくないけど、動きの可愛らしさを想像しながらみてみてくださいね!

Japanese_wagtail1Japanese_wagtail2Japanese_wagtail3






Japanese_wagtail4Japanese_wagtail5Japanese_wagtail6






デジスコドットコムさんの究具02照準器がなければ撮影できませんでしたねぇ~。いい道具です。あとは究具01のジンバル雲台が欲しいけど、ちょっと重いので、全体のデジスコシステムが重くなっちゃうのよね。値段も高いし(← モノがいいからそのお値段の価値はあるものですが)今、購入を迷っているトコです。その前に三脚がもっといいのがいるかなぁ~。

2008年2月17日 (日)

強風波浪注意報の中ixy digital 2000 IS デジスコデビュー

さて、金曜日にようやく新デジスコセットが揃い、ixy digital 2000 IS のデジスコデビューだ!!!と昨日いつものカワセミさんの住む川へgo!!!

が~!!!福岡は強風波浪注意報。街中ならともかく、川ですから何も遮るモノは無し!!!すごかった・・・風・・・。

完全防備で行ったけど、指無し手袋、機材の操作のために指出していると風がばんばん熱を奪っていくし、腰痛持ちのmhkはあまり重い三脚は担げないので機材ブレがものすごくて、シャッター切れない!!!!← 切ってもぶれぶれ・・・・。

そう、最初から強風波浪注意報ってのはわかってたんだけど、新しい機材揃って我慢できなかたんですぅ~。← アホ

で、写真は撮れなかったけど、mhkの位置からものすごく近い岩に背中を向けてあの美しい空色の羽根をこちらに向けてとまってくれたカワセミが居ました。ちょうど光の加減で神秘的な美しさで、うっとりぃ~!!!写真に撮れなかったけど、それ見ただけで幸せでした。ま、いつかチャンスがあれば!!

さて、強風で無理矢理シャッター切っても、ほとんどぶれていたのですが、風が止まった一瞬をねらっていくつか撮れたのがあります。でも、径が52mmの小さめのスコープ(VIXENのジオマⅡED 52-S)では遠過ぎて、ちゃんと撮れてないけど、初めて写真にできた鳥さんもいたので、載せておきますね。

風も強い上に遠すぎてなかなかうまく撮れなかったけど、初めて撮れたキセキレイさん。今までセグロセキレイとハクセキレイは撮っていたけど、黄色いセキレイさんは初めてです。右がハクセキレイさんね。因みに英語名はキセキレイなので、yellow wagtailと思いきや違うのです。gray wagtail です。yellow wagtail はもっと黄色みの多い和名はツメナガセキレイさんのこと!あんまり日本では見られない鳥さんですね。

Gray_wagtailWhaite_wagtail





次はセグロセキレイさん。これもあんましいい写真じゃないけど、ちょこちょこ川の中を走り回っているのを苦労してカメラで追いかけました。真ん中の写真見ると、風でなびいているのがわかるでしょう?風にあおられながら機材ブレと闘いながら撮った写真です。

Japanese_wagtailJapanese_wagtail2Japanese_wagtail3





さて、お次はジョウビタキの雄です。これはもう川の対岸の土手にいたので、機材の限界です。遠過ぎ・・・。なのでぼやっとした写真です。ホントは径が60mm代のスコープがいいのだけど、それだとスコープだけで1kg越すし、三脚自体ももっと重いヤツにしないといけないし、腰痛持ちのmhkには無理・・・。ま、そこそこ近いとこいる鳥さんを径52mmのVIXENのジオマⅡED 52-Sで撮影しようと思ってデジスコ始めたわけだけど、対岸に撮りたい鳥さんみつけると、やっぱり欲求不満になっちゃう~。ジョウビタキさんはうちのお庭にも来ます。冬にやってくる渡り鳥さんですねぇ~。右端はオシドリのつがい。これも遠いので、ぼやっとしてます。

Daurian_redstart1Daurian_redstart2Mandarin_duck_male_female





風は強かったけど、わりに青空が多かった日でした。めずらしく背振山の上が青空だったのでデジ一眼でパチリ!

Sefuri





さて、昨日のixy digital 2000 ISの初デジスコは強風で消化不良でしたが、さらに!!!途中でバッテリー切れ!あとちょっとカワセミさんのポイントに寄っていこうと思った矢先!!!そう、mhkのカメラはデジ一はPENTAXの*ist DS、前のデジスコで使ってたコンデジRICOHの GXの両方単三電池が使えるのに、今回は充電式バッテリーのみなの。しかも小型だから小さい・・・。GXの充電式バッテリーが1日フィールドにいて切れたことはまだないのだけど、ixy digital 2000 ISはまだ新品なのに1日持たない。こんだけ小型になったから仕方ないねぇ~。ってなわけで、デジスコドットコムさんにネットでバッテリーを3コ注文しておきました。ま、デジスコの本にもバッテリーは余分に予備もっていくように書かれていたから当然ですねぇ~。

ま、強風であんまりいい写真も期待できない時にバッテリー切れたのでよかった。さあ、今がシャッターチャンス~!!!の鳥さんに遭遇した時なら涙涙だったけどぉ~。

あと、カメラがGXよりかなり望遠寄りになったことで、三脚のがたが結構深刻なことに気が付いた・・・特に強風だったこともあって・・・。次に買うのはカーボン三脚だな~。でもしばらくは我慢しないとねぇ~。

このカメラはAFのみなので、こういう強風の時って、最初に半押しでAFロックした時とシャッター押す時で機材が微妙に動くとどうしようもないのねぇ

2008年1月 5日 (土)

上流の方へ行った初デジスコ2008

3日のブログの記事の初デジスコのカワ子ちゃんの写真撮った時は、ちょっといつもと違うコースを行きました。いつもは家の近くの川を下流方向に歩きながら写真を撮っているのですが、この日は初めてバスで15分弱上流方向に行ってから、さらにまた上流方向に歩いて、Uターンして下流方向に歩きながら写真撮ってみました。

この川の中流域を中心に回ったというわけ。家の近くより随分上流側の方に行ったおかげでカワセミさんにはたくさん会えました。写真を撮らせてくれたのはカワ子ちゃんの1羽だけでしたが、歩きながら随分飛翔の姿はお見かけしました。ダイブしてお魚キャッチの姿も双眼鏡で観察できて、楽しかった!

土手を歩いていると、カラスウリがまだありました。ちょっとしなびてました。秋の名残ですねぇ~。

秋の名残のカラスウリ


お次はイソシギさん~相変わらずせわしなく動き回って、写真撮るの苦労しました・・・。

イソシギ1イソシギ2





カワウさんもいました。「鵜呑みにする」は、このお方のお食事のしかた?からきています。鵜飼いの『鵜』です。

カワウ2カワウ





セグロセキレイさんもいました。このお方もせわしないお方なので、カメラで追っかけするの大変でした!右側の写真、お口に虫くわえているのわかる?ちょうどキャッチしたのがモニターで見えました。シャッター押した時は、お食事の途中だったみたい~。

セグロセキレイセグロセキレイ2





年末、年始は福岡も山沿いは雪が随分降りました。この日背振山見ると雪化粧してました。

背振と葦河原に咲くスイセン style=

最後に、3日の記事にも載せてたカワ子ちゃん(カワセミの雌) この日写真撮らせてくれた唯一のカワセミさんです。随分長いこと写真に付き合ってくれた、新年早々めでたいカワセミさんでした!

カワ子ちゃん


カワ子ちゃん2

2007年9月24日 (月)

2回目のデジスコ-河川敷にて-

先週の三連休はお天気も悪く、体調不良でしたから、デジスコもデジ一眼もお休みしました。何しろ胃がストップして、吐き気と割れそうなくらいの頭痛で寝込みましたから・・・。

昨日は我が家からわりに近い河川敷を歩きました。家の近くから下流側に向かって河川敷歩きながら撮影。先々週デジスコデビュー時にデジスコだけだと下に生えているお花を撮影できないので、今回は頑張って、デジスコに加えてデジ一眼(レンズは標準ズームのみ)istDSもお供させました。

三脚は先週土曜に買ったVelbonヨドバシカメラオリジナルEasyBlack445Bが初仕事~。

まずはデジ一眼で撮影した河川敷の秋の気配をお届けします~。
アキノノゲシ(キク科)とヒガンバナと名も知らぬ小さな紫の花。

アキノノゲシヒガンバナ名も知らぬ小さな紫の花





お次は左の名前を知らない白い花と真ん中と右端のツルボです。ツルボはデジスコデビュー戦の時に木の下に生えていたヤブランと同様ユリ科の植物。木陰を好むヤブランと違って、河川敷などの日当たりのいいトコにこの時期群生しています。河川敷もたくさん咲いてました!

名前を知らない白い花ツルボ1ツルボ2





でデジ一眼標準ズームの最後の1枚は遠くにウミネコさんが浮かぶ川の様子です。この後のデジスコで撮ったウミネコさんは同じ位置から撮影しています。

ウミネコさんが浮かぶ室見川





お次からデジスコ撮影の写真です。ウミネコさんたちの様子がよくわかりますね?ウミネコはカモメ科の鳥です。種名(しゅめい)で『カモメ』という名前を持つ鳥は冬鳥といって、冬に日本を訪れる渡り鳥。今の時期はまだいません。ウミネコさんはカモメと違ってクチバシが真っ黄色ではなく、赤い部分があるのです。デジスコ写真だとよくわかるので感動しましたぁ~。茶色い鳥さんはウミネコの若鳥です。

ウミネコさん羽ばたくウミネコさんウミネコさん若鳥





でお次がハクセキレイの成鳥です。羽づくろいしてました。スレンダーで可愛いでしょう?綺麗だけど、あんまり場所を選ばない(どぶ川とかでもいる)たくましさも持っています!このハクセキレイさんは全部同じお方です。室見川下流の橋の下で随分遊んでました。(←いや、本人は遊んでたわけじゃないでしょうが)

ハクセキレイ見返り美人ハクセキレイ羽づくろいハクセキレイ羽づくろい2





お次はそのハクセキレイの若鳥とセグロセキレイです。左がセグロセキレイです。セグロセキレイはハクセキレイと違って、綺麗な水のトコを好むので80年代後半にmhkが学生の時にバードウォッチングしてた時はこの川の上流でしか見かけませんでした。最近は下水道完備でその辺の川の水も結構綺麗になったのでしょうか?家の近くの田んぼの水路で毎日見かけます。この左のセグロセキレイの成鳥と右のハクセキレイの若鳥はどちらもその水路で撮影しました。

セグロセキレイハクセキレイ若鳥





次はダイサギさんとハシボソガラスさんと蝶です。ダイサギはシラサギの一種。日本には種名がシラサギという鳥はいません。ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ(の冬バージョン)など白いサギの総称をシラサギと呼んでいるのです。ダイサギさんはシラサギの中では大きくて、ちょっと迫力!!カラスも同じです。種名がカラスという鳥はいないのです。ハシボソガラス、ハシブトガラス、ミヤマガラスなど黒いカラス科の鳥の総称ですね。右端の蝶の写真は結構お気に入り!デジスコだと息をひそめて近づかなくてもこういう写真撮れるから楽ちんですね!蝶は河川敷の花壇の花にとまってたのをパチリ!

ダイサギハシボソガラス蝶









最後は再び家の近くの田んぼの水路の土手で、スズメさんを撮りました。お気に入りは右端の後ろ姿のスズメ君。近づいていって他のスズメ達が全部飛び立った後、1羽だけ残った後ろ姿が『さびしんぼう~』って哀愁を感じさせたもんでパチリ!何だか今回の撮影で最も秋をmhkに感じさせた1枚でした。← いや、本人(鳥)は単にぐずんぼうだっただけかも・・・。

にぎやかスズメ2さびしんぼうスズメ





以上がデジスコ2回戦の写真でした!朝10::00から家の近くの水路で撮影して、下流に向かって河川敷を歩き、その後街中に出て買い物し、家に戻る途中近くの水路で撮影したわけです。随分練習になりましたよん。先週の土曜に購入した三脚の初仕事でしたが、なかなか重量、安定感ともによく、腰痛もちのmhkにも操作しやすかったです。いい買い物できたぁと満足!!!でも、ビデオ用の雲台は早く欲しいなぁ!!!来月まで我慢しよっと。今月はデジスコシステム整えるのにちょっとお金使い過ぎちゃったから・・・。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ