カテゴリー

カテゴリー「モズ」の11件の記事

2014年8月14日 (木)

2014年夏の一時帰国中~実家近くの河原にいた換羽中のモズっち?~

去年は猛暑で実家近くの川の河原を下流域から中流域に向かってゆっくりデジスコ散策する元気がなかったけど、今年の夏は比較的厳しくないので、昨日フィールドに出ました。

川の中流域がかなり広範囲に護岸工事がされていて、カワセミの巣作りの場所がなくなったのかな・・・と、ちょっとさびしく感じましたが、川のすぐ近くの田んぼの周りの樹にはモズの高鳴きがあちこちで聞こえましたよ。

デジスコで撮ってみると、なんだかふわふわした羽根がたくさんで、換羽中なのかな??という風貌でした。♂のようです。

Img_2804_p_2

弩アップにしてみると・・・

Img_2804_up_p_2

クチバシに黄色っぽいとこがあるので、若様かしら??? 

2014年1月31日 (金)

メジロと椿 公園にて

お花とメジロを撮りたいな~って思って、公園へデジスコ出撃。梅はまだ早咲きのが咲いてただけで梅園の梅のほとんどは蕾。なので、まだウメジロ(梅メジロ)は狙えそうじゃない。

そこで、椿メジロに挑戦!

Img_5779_p

ぶれてるけど、こんな風に蜜を吸うんですよ。足の爪つよ~い!!!↓

Img_5778_p

別の椿の木でも!メジロさんも別個体です。ちょっとシックな感じ?、

Img_5783_p

アトリの♂です。

Img_5755_p

アトリの♀さん。女の子の方がお顔が優しくて可愛いですね。

Img_5926_p

アトリの♀さんが2羽、地面でお食事中~。

Img_5822_p

♂さんも

Img_5844_p

モズの♀さん

Img_5727_p

シジュウカラさん。枝移り激しい子なので、苦労しました・・・。

Img_5907_p

コゲラさん。この子も枝移りの激しいのと、ドラミング中で、動きがもう激しいのなんのって・・・。連写して生き残ったショットはちょっぴり!

Img_5939_p

シロハラさんです。

Img_5870_p

結構鳥さんたちに遊んでもらえて、楽しかったです。最初の目的の椿メジロも一応getしたしねぇ~♪カワセミも大好きだけど、mhkは基本、小鳥さんが好きです。ちょこまかさんたちで、撮影は失敗が多いけど、小鳥さんの動きを追っている時が楽しいです。メジロさんは特に好きですね。ありふれた子ですけどね。mhkの使ってるデジスコ機材では、最短撮影距離が5mだから、小鳥さんたちを追いこまなくて済みます。いつも小鳥さん達の動きを追っている時、小鳥さんに遊んでもらっている感じです。

2012年2月22日 (水)

乳がんとの闘いその16 放射線治療スタート ラジオ体操の出席カードみたい・・・ライナック治療券

昨日ようやく病理検査結果が出て術後の補助療法が決まりました。
2012年2月22日 今日は放射線治療初日です。今日放射線科医の説明を受けて、CT撮影した後に放射線科医が治療計画を作成し、第一日目の放射線照射となるのです。これが平日は毎日25日です。

13:00に予約されていたので、放射線科受付に行きました。
放射線科医師から名前を呼ばれました。

CTを撮って、位置決めして、一回目の放射線照射をするということと、副作用について一通り説明がありました。気になってたので、どの種類の放射線を照射するのか聞いたら4MVX線なんだそうです。病院のサイトを見てたら、この病院が持っている診療診断用機器の中に直線加速器(Linac-linear acceleractor)ライナックの写真が載ってて、これは何種類かのエネルギーのX線と電子線を出すことができるので、多分これ使うんだろうなぁ~って思ってたんだけど、外科の担当医に尋ねたら「普通の放射線を使います。」としか答えてくれなかったのよねぇ・・・。放射線ってX線、電子線、α線、β線、γ線と種類も多いし、日本語的に「普通の放射線」っておかしいでしょう・・・・。知らなくても、もうちょっと言い方があるよね・・・。

でも、とにかく、mhkの右胸には4MVX線25回照射されるようです。

ちゃんと狙った場所に毎回当たらないといけないので、位置決めして黒マジックで胸の辺りに書き込みがされてます。首のすぐ下の部分にも書いてあって、夏じゃなくてよかったなぁ~って思いました。そして、終わって帰る時に看護師さんから渡されたのがこちら↓

Img_4061 ライナック治療券。なんか、夏休みのラジオ体操のカードみたい・・・。毎回診察券とこのライナック治療券を受付で出すそうです。今日は13:00に行って、説明聞いて、CT撮って、放射線科の先生が治療計画を1時間くらいで作成される間待った後、位置決めして実際にライナックで照射して・・・と時間がかかりました。支払をして病院の玄関を出た時には16:00過ぎてましたよぉ~。ぐったりでした。でも、次回からは10分くらいで終わるそうです。

ライナックによる照射は25回とも同じ金額らしく、会計が治療費の計算をする間待たずに済むように次回から翌日払いになるそうです。今日はCTとかしたし、他の費用もあるから当日払いでしたけどね。

mhkは今職場が大連で、通えないし、支払いの待ち時間もそれほど気にならないけど、会社から毎日照射に通う人にとっては待ち時間を少しでも短くしてもらえるのはありがたい措置ですね。

というわけで、ラジオ体操毎日・・・じゃなくて、ライナック治療毎日がんばって通いま~す。

今日は3時間以上病院にいたので、かなり疲れました。乳がん検診後精密検査で2週間通院して乳がんの確定診断が出た時も精密検査で待ち時間長かったんだけど、あの時は気をしっかり持たなきゃ!!って思っていて疲れを感じなかったんですけどね。とにかく大連に早く復帰したいので、最短でスケジュール組んでもらったので、確定診断ついてからも入院までの間って、術前検査で結構通院したし、入院、手術、退院まで怒涛のごとく突き進んだ感じでした。病理検査結果を待つくらいから、ちょっと疲れを時々感じるかな?って思ってたんだけど、最近ちょっと疲れやすくなっているみたいです。あんまり急激に物事が進んでいった反動かなぁ~。ちょっとバスに乗ると乗り物酔いするんですよねぇ~。あと、人ごみにすぐ酔う感じ。公園に座ってぼんやりしていると気分がよくなるんだけど・・・。

今日の一枚は月曜に河原に行った時に撮ったモズっちです。全体的に鳥さん少ないけど、ホント、どこでもいるモズくんもなかなかいません。写せてうれしかったです。

Img_5052_p

Img_5004_p

な~にも、そんな汚いトコにとまらなくても~ってとこにとまってますが、もずっちの正面顔って、ちょっと怖くって、かわいくって、好きです~。

少し、のんびりした方がよさそうです。人間、あまりにも急激な変化って心がついていけないこともあるのね・・・。

2008年11月 5日 (水)

モズさんの高鳴き

いつものカワセミさんの場所、にぎやかです。いたるトコでモズさんが高鳴き。テンション高い?鳥さんですよね。獰猛で、よくそこの場所を縄張りにしているカワ子ちゃんを蹴散らしています。餌違うんだし、いてもいいんじゃない?って突っ込みたくなるけど、モズさんにはモズさんの事情があるのでしょう~。

路を挟んで♂と♀がそれぞれ高いトコにとまってたか鳴きしてました。うるさかった・・・。獰猛だけど、うるさいけど、お顔は結構好きです!

Bull_headed_shrike














この写真を今朝L判にプリントアウトして母に見せたんだけど、会社から帰ったらフォトスタンドに入れられてた。鳥の名前教えても覚えない母だけど、わりと気に入ったらしいぃ~

2008年9月20日 (土)

カワセミさんとモズさん

先週末、いつもの場所にいた若いカワセミの女の子、カワ子ちゃん。対岸でかなり遠かったので写真としては、いま一つ。でも、すくすく育っていることがわかって嬉しい出会いです。

Kingfisher1











Kingfisher2











さっと飛び立って、いつもとまっている茶色くなったアシがテーブルのようになっている場所の方向に行ったので、デジスコで追ってその方向へ向けたけど(肉眼で見えてたし双眼鏡で確認しなかった)、何となく変?

Bull_headed_shrike












お腹はオレンジだけど、青いとこがない・・・かな?ピント合わせてみたら、おやおや・・・モズ君でしたか。このモズ君、ずっとキチキチ・・・高鳴きしてて、すっごくうるさかった。カワ子ちゃん、追い立てられたのかしら~?モズとカワセミって餌は共通ではないし、争わないと思うけど、モズ君の剣幕?に恐れなしてカワ子ちゃん、避難したかな?真相はわかりません・・・。

2008年6月 7日 (土)

ぶらっと山歩き

木陰のない河原に一日いるのは辛い季節です。で、いつも行く河原の横にある低い山(400m未満)にぶらっと行ってきました。mhkの住むエリアの山の会編○○県の山歩きという本で登山口をチェックして行きましたが、最寄りのバス停からその登山口へ行く道が見つからず、適当に林道から入って、ぶらっと歩いてきました。ちょっとドキドキ・・・でも、住んでいるエリアから近くだし、方向はわかってたし、一本道だからいつでも引き返せるようにはしてたしね。脱水症状出るとクレアチニンの値が高くなるし(左だけになった腎臓君に負担だし)お水はもっていきましたよん。

歩いているとキビタキ、オオルリさんがさえずってました。エナガも見られました。樹木が多い山道だから公園みたいに開けたとこだと撮影チャンスいっぱい!ってほど近い距離でさえずっているんだけど、今日は撮影チャンスなかったね。(← 初めての道だったから迷わないように、あんまり撮影に気を遣う余力がなかった)

で、山頂まであと少し!ってトコの分かれ道で、別ルートの登山口の方へ下りる道の方へ行ってぶらぶら帰ってきました。・・・その別ルートの登山口ですが、しっかりと○○県の山歩きに載ってたルートだったんだけどハプニングが・・・。

登山口にはすぐに下りてこられたんだけど、そこから普通の道路に下りる道がどこかわからなかったの。いえ、ちゃんと表示はあるの。3つのバス停に行く矢印がちゃんと3つ。でも・・・どっちの方向へ行っても、私有地に出ちゃう。入るのお断りの表示が・・・。最も自分が行きたかった方向に進んで階段を下りきったトコロは門があって、鍵がかかっている。

あと2方向も私有地。入るの禁止の札・・・。随分探したけど、やっぱりわからず、結局再び引き返して元の登山口へ下りていくほど体力もお水も残ってなかったので、入るの禁止の札はあったけど、車が停めてあって門が開いていたトコロから出させてもらいました・・・。何なの○○県の山歩きの本はぁ~!!!

今度からは引き返して、元の登山口に行かないと駄目みたいね・・・。← というか、その登山口はmhkは今回行き着かなかったんだけどね。(わからず別の林道から入ったから)

ま、鳥さんがいっぱいいることがわかったので、次回は私有地に入らないで済むようにいってみよう~。

撮影はできなかったけど、小鳥さん達のさえずりがたくさん聞けて楽しかったですよ。ちょっとスリリングでしたけど。

で、下りたトコでファミレスでランチして、いつもの河原のコースを歩いて、おうちに帰りました。で、河原の河川敷の公園でデジスコ撮影したキチョウとモズの女の子。モンシロチョウはよく撮れるんだけど、キチョウはなかなか撮影できなかったんですよね。(子供の頃からモンシロチョウは網で捕まえられるけど、キチョウは捕まらなかったの。キチョウの方がすばしっこい!!ってmhkの子供時代はそんな説があったけど、あれホントかな?mhkの住んでるエリアの子供だけの定説かしら?)

Butterfly













Bull_headded_shrike













デジスコドットコムで買った究具02照準器のおかげで、さっと前に飛んできたモズの女の子がすばやく画面に導入できて撮れたうれしい1枚でしたよ。今度は山の中の小鳥さん撮影できたらいいなぁ~。三脚かついで登るのは結構しんどかったけど、たくさんの樹木から降り注ぐ生命のオーラのようなモノをいっぱい吸い込んできました。こういう自然の中にとけ込んでいる時って好きです。

2008年3月 1日 (土)

ixy digital 2000 IS 新デジスコ 2回戦!

新デジスコ 2回戦!・・・って別に誰と闘っているわけじゃないけど・・・。RICOHCaplio GXvixenジオマⅡED52-Sのセットで始めたデジスコ、ちょっとテレ側が欲しいと去年の12月に購入したNIKONcoolpix p5100。が、AFがイマイチのくせにMFもなしで、何となく好きになれず、1ヶ月で売っ払い、年明けて購入したのがcanonixy digital 2000IS

これはマニュアル露出もMFもなしだけど、AEロックはある。スコープに装着しないカメラだけの場合で比較してcoolpix p5100よりずっとAFがお上手!

購入して期待は高まったが、スコープと接続させるためのアダプター装着、設定をデジスコドットコムさんにお願いしないといけないのと、他の接続のためのパーツ入荷待ち。

で、アダプター装着のためにカメラを送ってたらデジスコドットコムさんからCCDにゴミ付着と連絡、デジスコドットコムさんの御厚意でメーカーに修理に出してくれてその後アダプター装着して送り返してくれました!!!謝謝!・・・canonさんの製造工程で付着したらしいぃ~。

と、新デジスコシステムの門出はちょっともたつき、デジスコデビュー戦は2月17日(日)
その日は福岡は強風波浪注意報・・・でも、待ち遠しかったixy digital 2000ISのデビュー戦。デジスコ出撃強行・・・カメラの性能云々の問題より機材ブレが凄かった・・・。← わかってたけど・・・ね。

その次の週末(つまり先週末)も強風、日曜なんて霰がものすごかったもんね。さすがに出撃中止。(確定申告もあったしね)

で、今日が2回戦というわけ!

う~ん!!ixy digital 2000IS & vixenジオマⅡED52-Sのデジスコ、なかなかよかったですよ!さすがcanonさん!マニュアルないけど、測光もAFもお上手なカメラです。今日はちょこまか動き回るメジロさんの撮影ができて満足でした!

Japanese_white_eye


Japanese_white_eye2Japanese_white_eye3






次はモズの雌です。恋の季節で、雄のモズがせわしなく愛をささやきながら飛び回ってました。雄のモズ君は動きが速くてフレームにおさめられませんでしたけど、雌のモズさんがどうしよっかなぁ~って思っているみたいに木の枝の上をちょこまか動き回り、最後は雄について飛んで行ってました。可愛かったなぁ~。他にもセグロセキレイ、ハクセキレイの求愛がみられましたよん。もう3月ですもんねぇ~。あとカメラにはおさめられなかったけど、ウグイスさんが鳴いていました。まだ下手っぴぃ~でホ~ホケチョピィ~だって。まだまだ練習中~これじゃ雌は寄ってきませんねぇ~。修行はまだまだ続きそ!

Bull_headed_shrike_femaleBull_headed_shrike_female2Bull_headed_shrike_female3





いつもは餌を探してせわしなく潜るカイツブリが珍しくひなたぼっこしてたので、わりと近くからパチリ!羽根の様子も綺麗に撮れてうれしかったです。

Little_grebe


遠かったのでイマイチだけどイカルチドリは初めて撮れた鳥さん。キセキレイもせわしなく動き回るので難しかった・・。イカルチドリもキセキレイも毎回同じトコに現れるんだけど、遠過ぎるためなかなかいい写真が撮れません。こうなると、さらに径が大きいスコープ ジオマⅡED67-Sが欲しくなっちゃいますぅ~。でも、重量がスコープだけで524g重くなっちゃうので、さらに三脚も重いのが必要で・・・腰痛持ちのmhkは購入の誘惑を断たないと!!!いや!腰痛体操して腰痛を克服してさらなるデジスコライフを!!等とアホなことばっか考えている・・。

Long_billed_ringed_ploverGray_wagtail





今日は結構日射しが強かったです。散歩している人が大勢・・・カワセミさんのお気に入りのポイントはお爺さん、お婆さんや子供連れのご両親、犬連れのおじさんがたくさんいて、しかも犬君は川で水泳してて、大騒ぎ。ありゃありゃ、カワセミさんはここには来ないかなぁって思ってたら、mhkの耳に犬の飛び込む水の音とは別の音が!ん!!橋の向こう側でかすかに聞こえる・・・。行ってみると、カワセミさんがダイブしてお魚捕ってました。

反対側では人が大騒ぎというのに気にもしてない様子。カワセミさんに気が付いたのは私だけ。誰も気づいてなかった。で, ixy digital 2000ISの新デジスコで初めて撮れたカワセミさんの写真というわけ。いつものポイントと違って、あんまり近づけないので、ちょっと残念。雌のカワセミさんです。でも、カワセミさんは会えると嬉しいです。横の写真はツグミさん。集団でみかける鳥さんですが、写真に撮れると嬉しいものですねぇ~。

Common_kingfisher_femaleDusky_thrush





天気に恵まれ、ixy digital 2000ISの新デジスコの事実上デビュー戦はなかなか満足いく楽しい散策でしたよん!お散歩しているお爺さんが話しかけてきたのですが、『何か商売かなんかですか?』だって。ここの川沿いの中流域は車停めるトコないので、歩くしかないの。だもんで、重い機材担いで鳥撮影する人は車で行けるトコに行くらしく、土日に歩いていて他の三脚持っている人に会うことはまれです。だもんで、三脚担いでいるmhkが珍しいらしく、そう話しかけて来られたみたいねぇ~。プロのカメラマンはプラスチックでできた入門機のデジ一なんて首にさげてないのよぉ~(笑) 趣味ですよって言ったら『頑張ってください!』だって。ま、嬉しいもんですな!

2008年2月11日 (月)

菜の花便り-RICOHのGXのデジスコ再び-

NIKONのcoolpix p5100を売っ払ったけど、Canonのixy digital 2000 ISのデジスコはまだカメラとスコープをつなぐパーツが全部は揃ってないので、最初にデジスコ始めた時のカメラ RICOHのCaplio GXとVIXENのスコープ ジオマ Ⅱ ED-52Sのデジスコセットで本日は出撃してきました。

GXはいいカメラなのですが、望遠側が35mm判換算で85mmなので、ちょっと鳥さんが遠いのです。カワセミさんもいたのですが、川の土手から川の水面近くの岩は遠くて、撮影断念。でも、双眼鏡で堪能できましたからよしとします。来週は多分新デジスコセットでトライできそうだしね!

今日は以前撮影した時逆光気味で色があんまりわからなかったカワラヒワさんが綺麗に撮れました。望遠が厳しいから、少しずつ抜き足差し足で泥棒さんみたく近づいていって撮影成功!!!

Gree_finch


Gree_finch2


お次はちょっと暗いんだけど、バンです。葦やススキに覆われた水路にいました。警戒心強くて、近づくとすぐ隠れちゃうんだけど、偶然mhkが葦で陰になったトコにいたので、わりに近くで餌食べているトコを発見したのでパチリ!冬の間くすんでた羽根の色が随分黒っぽくなり、くちばしも赤くなってますよね!春近し!横は青空バックにモズくんです。モズ君は雄と雌が随分いちゃいちゃしているのをお見かけします。春が近づき、恋の季節ですなぁ~。雄雌で追いかけっこしているのを追ってたけど、撮影には至らず、残念~。

Common_gallinleBull_headed_shrike





さらに、春の贈り物です。菜の花畑。一列ずらり~!心がほんわかします~。デジ一眼で撮影~。

Rapeseed2


Rapeseed







川を眺めている時に後ろから自転車に乗ったお爺さんがやってきました。三脚担いでいるし、避けようとしたら、『いいですよぉ』って立ち止まって話しかけられました。mhkの持っていたデジスコと首からさげたデジ一眼を見ながら、昔使っていた自分のカメラの話をされていました。

お爺さん:昔はライカ版っていうカメラがあったんですよ。
mhk:(・・・・。)あ、今もありますよ。(ライカ版は35mmフィルムのことですから、デジカメが多くなってきたとはいっても、現存しております~。)
お爺さん:今はなんですか、何か小さいとにいぃ~っぱい入るとでしょ?(← メモリーカードのことらしい)
mhk:あ、これのことですか?(デジカメからSDメモリーカードをだして見せる)
お爺さん:そうそう。これは光に当てても大丈夫とですか?
mhk:あ、はい、大丈夫ですよ。(フィルムと違って、太陽光に当てても駄目になりませんからね。)
お爺さん:フィルムは光に当てると駄目になるけん、大変やったもんなぁ~。(←メモリアルモード。しみじみ・・・)

お爺さんは今はカメラはつかってないとのこと。今はもっぱら釣りが趣味で、今日は川の様子を見に来られたとか。その場所はいつも釣り人がたくさんいるとこなのだそうです。

お爺さん:この川は工事ばっかりしてだめですもんなぁ~。アユはある時期は苔しか食べんとです。でも、こんなに工事ばっかりしとったら苔やら生えんですよ。アユはいっちょん来んごとなった。
mhk:そうですね。工事ばっかりするから、鳥の種類も随分減りましたよ。
お爺さん:そうそう、お宅みたいに鳥の撮影している若い人がおりましてね、あの、なんていうんですか、水鳥ですよ。速かですね。上からしゃっとダイブして・・・。
mhk:(最初、水鳥???でわからなかったけど・・・。)ああ、カワセミですね。
お爺さん:カワセミっていうとですか。あれはすごかですね。それに綺麗かです。何ともいえん青い色で。

さて、『カワセミ』って教えても、話しているうちにお爺さんは最後は『水鳥』に戻ってしまうの。最初一般名詞の水辺に生息する鳥の意味の水鳥のことかと思ってたら、どうも『水色の鳥』の意味で『水鳥』と勝手にお爺さんがカワセミに名前をつけていたようです。何でもいいよねぇ~。名前が何でもカワセミさんの翡翠(ヒスイ)の色の美しさは変わりませんモノ。さすが、ずっと川にいる釣り人さんです。名前は知らなくてもよくみていらっしゃるんですねぇ~。

ひとしきり話したらまた自転車を押して行ってしまわれました。魚はいないし、釣り人もいない。だめだなぁっていいながら。去っていく姿をデジ一の望遠レンズでぱちり!ちっこく載せさせていただきます。何かいい感じのお爺さん。自然を愛する素敵な釣り人さんです。緑の長靴履いていらっしゃるのが釣り人さんらしいですねぇ~。いい出会いでした!

Old_man

お次は家の近くの水路にいたコガモさん達をデジ一眼で撮りました。鮮やかな色のが雄で、地味なのが雌。

Green_winged_teal_1


さて、水路の青い水門があって、そこにコガモさん達はみんな上がって、その向こうにダイブしていきました。でも、雌の1羽だけが水門にあがったまま向こうにダイブしようとしません。mhkが少しずつ少しずつカメラ構えたまま近づいっても、雌のコガモだけ水門の上。

Green_winged_teal_2Green_winged_teal_3Green_winged_teal_4





上の3枚の写真、水門の上の雌のコガモさんにカメラ持ったmhkが少しずつ近づいていくのがわかります?左から右に行くほど近づいて行ってます。最後が意を決したようにダイブする直前。mhkの帰り道だったもんで、どんどんmhkが近づいていったからね。最後ダイブした時には相当近かったので、水門の向こうにいる雄達がすぐ飛び立ち、雌もそれに続いて飛び立っていきましたよ~。何かちょっと楽しかったなぁ~。

最後が家のすぐ近くに植わっているマンサクの花です。花の名前に『まず咲く』から来ているという説もあるそうです。ま、名前の由来はともかく1月~3月に咲いているから早春の花であることはまちがいないですねぇ~。

Hamamelis_japonica


今回の散策は、春のあし音を聞かせてもらった、そんな散策でしたよ。望遠の足りないデジスコだったけど、楽しかったです。来週の新デジスコが楽しみだなぁ~。

2007年12月 9日 (日)

河川敷-留守している間に-

まだ11月の連休中の旅行の写真を全てアップしてないのですけど、今日は久しぶりに河川敷の定例パトロールに行ったので、その写真。

もう銀杏なんて、樹によっては葉が全て落ちているのもあるくらい、この時期の変化は早いですね!

先々週、旅行で、先週はノートパソコンの再設定なんかの作業でお外に行きたい気持ちにブレーキをかけ、3週間ぶりの河川敷!

オナガガモさんが随分数が増えてましたねぇ~。木の葉は随分落ちていて、セイタカアワダチソウの黄色い花もふわふわ綿帽子になってました。ツグミさんがたくさんいましたよ。(超逆光で撮影はできなかったけど)

さて、本日の一押し!は、このあいだホントにちっこくしか撮れなかったイソシギさん!随分近くで遊んでました。可愛かった!相変わらずちょこまか動いていて、デジスコで追っかけるのは苦労したけど、綺麗に撮れて、ハッピ~!!!

Common_sandpiper2_2


Common_sandpiper1Common_sandpiper3





お次はいつものアオサギさん。でも、田んぼにいた首を伸ばしたのと、川で首を縮めていたのです。(別の個体)

Gray_heronGray_heron2








お次は電線にとまっているハクセキレイと雄のオナガガモさん。オナガガモさんは11月半ばも見かけてましたが、mhkが留守している間に随分増えたなぁ~って印象です。むさぼるように水の中に顔を突っ込んでお食事してたので、準備して、顔挙げてはシャッター押してましたので、ボツもいっぱい~まだまだ未熟なんでねぇ~

White_wagtailPintail_malePintail_male2





お次はオナガガモの雌。オナガガモって、スマートで姿が美しいですよねぇ~

Pintail1Pintail2





最後がすっかり葉が落ちて、実だけがついているナンキンハゼの枝にとまっているモズくん。この間綺麗に紅葉したナンキンハゼの樹を見たと思ったけど、もうすっかり葉が落ちているのです。(葉が残っている樹もありますけどね)これから冬にかけて葉のない樹も多くなってくるので、鳥さんが隠れるとこなくて、見つけやすくなるチャンス到来!ってわけです。このモズさんは近づいていっても逃げないサービス満天のコでしたよぉ~。

Bull_headed_shrike3

Bull_headed_shrike1Bull_headed_shrike2






モズくんとナンキンハゼの実の取り合わせ、なんかシャッター切っている時はそれほど思わなかったけど、できあがった写真を見たら、なんかいいなぁって思いました。

2007年11月13日 (火)

風にも負けず-あるモズ君の頑張り-

さて、2週間ぶりの河川敷!デジスコ出撃です!
11日(日)は福岡は強風波浪注意報が出てました。雨は夕方からってことだったから朝10時前には家を出発!その日は夕方4時前まで河川敷にいました。風にさらされて、手がちょっと冷たかったけど、防寒対策はしてたので全然ok!腰痛のため、腰はコルセットで締め上げています。三脚担いでGO!GO!GO!

さて、その強風にもめげず、鳥さんの声がしてました。ホオジロの地鳴き、カワラヒワの鈴の音のような鳴き声、モズの高鳴き、シジュウカラのツッピーツッピー!、キジバトのデデッポーポーポー。
眼の前の枝のてっぺんにとまっていた目立つモズくんめがけてデジスコセット。強風で細い枝は大きく揺れてました!でも・・・。モズ君はめげません。右に大きく枝が揺れたら、長い尾っぽを左側に大きく振って、ちゃんと重心をとってバランスよく枝にしがみついているのです。そのたくましさに脱帽!!!デジスコのシャッター押しながら、体長20cmのモズくんのたくましさに感動していました!!!

風にも負けずモズ君の頑張り1風にも負けずモズ君の頑張り2風にも負けずモズ君の頑張り3





風にも負けずモズ君の頑張り4風にも負けずモズ君の頑張り5風にも負けずモズ君の頑張り6





次は別のトコにいたモズ君。かなり近いとこにいたので、ドアップです!これもデジスコ撮影!

モズのドアップ1モズのドアップ2モズのドアップ3





河川敷の辺りもすっかり樹木は冬支度。銀杏の葉も黄色に、ケヤキも赤くなってます。センダンには実がなってます。樹木というのはホントに力強い生命力の固まり。でも、その下に立つと決してその力強さが押しつけがましくなく、私たちに生命力を与えてくれるようです。カメラを構えているその時にも樹木の生命力がmhkに静かに降り注がれる、そんな気がするのですよ。樹は全てデジ一眼撮影。

銀杏ケヤキセンダン




お次はカワラヒワさん。いつもいつも集団でいて、鈴の音のような鳴き声は聞くのに、ちょっと近づくとさっと逃げるので撮れなくてかなしかったのですが、今回小高いトコに植わっている木の上のほうにとまっているのを下の方から撮ることに成功!!!日光の方向で、ちょっと暗めの顔になっちゃっているけど、とりあえず、小鳥をデジスコで撮影できたのがうれしかったです!カワラヒワの横のお花は、桜の種類が狂い咲きしていたようです。

カワラヒワカワラヒワ2Cherry





カイツブリさんは相変わらず、しょっちゅう潜るのでなかなか撮させてくれません。左側のカイツブリさんは抜けかけた羽でょうか?背中にわざと差しているみたいに見えて可笑しいです。

カイツブリカイツブリ_2





さて、お次はデジスコで撮ったユリカモメさんです。ウミネコさんに比べると随分可愛くて、優しいお顔ですねぇ。ユリカモメは福岡市の鳥なんですよね。ユリカモメとウミネコが同じ写真にツーショットで写っているの見ると、随分ウミネコさんって強面・・・いや、りりしいお顔しているなぁって思います。

ユリカモメlユリカモメ2ユリカモメとウミネコ





最後は河川敷の近くのお庭に咲いていた秋の七草の一つのオミナエシと河沿いの木々の黄葉、紅葉の様子です。デジ一眼で撮りました。

オミナエシ1オミナエシ2秋の河川敷





朝の10時前から夕方4時前まで河川敷で遊んだので、ちょっと疲れました。でも、自分の足で歩くと、足下の草花、樹木、枝にとまっている鳥さんの声に気がつくので、河川敷に息づく生き物、植物の生命力が自分に注ぎ込まれるようで、疲れは心地よいものです。

最後の写真を撮っている時に声をかけてきたお爺さんがデジスコの望遠鏡を指さして、『何十万もするんでしょう?』って話しかけてこられました。一眼レフに超望遠鏡使って総重量15kgなんて重装備の機材は軽く新車買える値段なのですが、接眼レンズ入れても3万円台のスコープにコンパクトデジカメつけたデジスコのシステムなので、非常に経済的なんですよね。

もちろん、デジスコも高価なスコープ使うとそれなりのお値段ですが、3万円台のスコープでも、結構それなりの写真が撮れます。知名度がまだまだ低いデジスコなので、一応お爺さんには『そんなに高くないですよ。』って言ったけど信じてもらえたかどうかは謎・・・。別れ際に『カメラ道楽ですなぁ』って言われました。カメラ道楽できるほどお金持ちなら、もっといいカメラ持っているでしょうが・・・。デジスコはバードウォッチャーの間では流行っているけど、それ以外の人には知られていないから仕方ないですね!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ