カテゴリー

カテゴリー「ツグミ」の4件の記事

2014年2月 7日 (金)

逆光のコゲラさん 公園にて

節分の日に行った病院で、腎がん、乳がんの術後経過の検査で全く異常がなかったので、気分も晴れやか~。公園に再び鳥撮りに♪

最近なかなか晴れないので、撮影日和じゃないんです・・・。梅が開き出したし、ウメジロ撮りたいんだけど、ずいぶん梅園で粘ったんだけど、メジロさんがお花には来てくれませんでした。残念!!

でも、コゲラさんが遊んでくれました。逆光で、厳しかったけど、連写してたら、生き残ったショットにお顔が可愛く映ってました♪2枚目にお顔がばっちりでしょ?ちょこまか枝移りが激しいので、なかなかピタッといかないんですよね。

Img_6257_p

Img_6258_p

Img_6259_p Img_6260_p

今年の冬は、例年掃いて捨てるほどいる(失礼・・・)ツグミさんがなかなかいません。梅園のメジロさんを待ってる間、みかけたツグミちゃんを激写!!虫にジャンピングしてパクっ!

Img_6193_p Img_6194_p_2 Img_6195_p_2

Img_6211_p

この公園、アトリさんには会えます~。アトリさんは可愛くて好きです~。体調16cmでちょっとでぶちんで、もこもこしてるので可愛い~。女の子です。

Img_6173_p

ジョウビタキの男の子と女の子も遊んでくれました。まずは、男の子。

Img_6028_p

女の子♪可愛い~

Img_6064_p

Img_6098_p

そうそう、今回の帰国中に、デジスコ用カメラをかったんですよん。これは、まだ前のカメラでCanon PowerShot S95ですが、今回同じシリーズのS120買ったんです。

今、買ったS120をでじすこやさんに送って、ブラケット注文して取り付け調整をお願いしてるトコです。9日に到着予定なので、たのしみ~♪

2012年2月21日 (火)

乳がんとの闘いその15 病理検査結果出ました! ようやくツグミさん撮れました!

2012年2月21日(火) 16日に出ると言われてた病理検査結果が今日の午前11:30に出たそうで、14:00に外科外来診察に行ってきました。

ドキドキ!!落ち着かないので病院近くの公園で午前中から鳥撮り出撃して、軽くランチを食べて病院へ。今日放射線科で今後の治療計画が立てられるといいなぁ~と淡い期待。

さて、結果ですが、

組織型:乳頭腺管癌
切除断端:陰性
腫瘍の大きさ:0.6×0.5cm
リンパ節転移の個数 0/2
核異型度:1(3段階あるみたい)
Ki-67: 26%
ER(エストロゲン受容体):陽性
PgR(プロゲステロン受容体):陽性
HER2:陰性

リスクアセスメント:

  • タイプ:Luminal B
  • 病期:Stage I
  • 再発リスク:低度(約10~20%再発の可能性が予想される)

結局、組織型としては、硬癌でも充実腺管癌でもなく、浸潤性の乳がんの中では比較的おとなしい乳頭腺管癌だそうです。腫瘍の大きさは手術した時は9mmと言われていたけど、正確には6mm×5mmとのこと。核異型度も1だからおとなしめ。

ER(エストロゲン受容体)とPgR(プロゲステロン受容体)はどちらも女性ホルモン受容体で、これのどちらかが陽性だと、女性ホルモン受容体を持っているタイプの乳がんだそうです。こういうタイプの乳がんの場合ホルモン療法によって女性ホルモンをおさえることで再発を防ぐことができるそうです。mhkはどちらも陽性だったので、ホルモン療法の効果が期待できるわけです。そのため、全身治療としてホルモン療法を選ぶことができます。

ホルモン療法の効果が期待できないタイプだと、全身治療として抗がん剤治療をしないといけないので、この場合点滴三週毎×8回=6ヵ月なので、到底大連には帰れません。

mhkの場合ホルモン療法が選べるので全身治療としての選択肢が多いことになります。

さて、HER2っていうのは細胞の増殖にかかわる遺伝子タンパクのことで、増殖スピードが速いガンと関係するそうです。だから、これが陽性だとサイズの小さいガンでも予後が悪いんだそうです。mhkはこれが陰性だったので、おとなしめのがんだったようです。

あと、Ki-67ですが、先生がおっしゃるにはがん細胞の増殖の強さの指標なんだそうです。これが15%以下だと増殖は低い、16%以上30%以下で中くらい、30%以上で高いそうで、mhkは「中くらい」でした。

つまり、総合すると、Ki-67の数値以外は全ておとなしいガンの部類だったわけです。

全身治療として、ホルモン療法単独、抗がん剤+ホルモン療法 の選択肢があるわけですが、Ki-67の数値以外は、ホルモン療法単独で十分ということになります。Ki-67が30%以上だと抗がん剤も併用することになっているそうです。中くらいのmhkは?というと、アメリカのデータで、抗がん剤とホルモン療法を併用した場合の再発の%とホルモン療法単独の場合の再発の%がそれほど大きな違いはなかったので、先生も特に抗がん剤を勧めるということではないそうです。

mhkは全身治療としてはホルモン療法単独を選びました。

◆ 今後の治療(術後補助療法)

  1. 局所治療:放射線治療
  2. 全身治療:ホルモン療法

部分切除の場合は、どんなに早期のガンでも放射線治療はセットでついてくるのです。

放射線治療は明日、放射線科の先生とお話をしてスケジューリングする予定です。初日だけ1時間くらい必要だそうです。位置決めとかなんでしょうね。

ホルモン療法は放射線治療が終わった後から始めます。毎日5年間薬を飲まないといけないそうです。健康保険の関係上、いっぺんに出せるお薬の量は2ヵ月分なので、これは大連の方で同じ薬を手に入れる方法を考えないといけません。今週までに先生に処方を書いてもらって、大連で入手するルートを確保しようと思います。

放射線治療は25日毎日(平日のみ)なので、明日から始めれば、なんとか3月の最後の週には終わるので、3月末には大連に戻れることでしょう。

1月10日に一時帰国してすぐに大学病院の口腔外科で親不知を抜歯し、その1週間後に乳がん検診受けたのですが、翌日に精密検査でこの病院の外科を受診しました。でも、乳がんの確定診断になるまで2週間かかり、2月2日に確定診断、その1週間後2月8日に手術、11日に退院、21日に病理検査結果。

何だか疲れましたね。外科手術受けるまでは何とか前向きになれたけど、手術後の結果が出るまで手術から2週間、この期間が一番つらかったですね。体に受けた傷は日にち薬で治りますが、病理検査結果次第では抗がん剤治療が必要になってくるわけで、そうすると今の仕事は諦めなければいけなかったと思います。

仕事を辞めたら、食べていくためには別の仕事を探すことになりますが、これが抗がん剤治療をしながらだと、ちょっと探しにくいです。腎がんの時は外科手術のみで治療は全て終わったのに、「癌だった」という過去によって既往症を理由に希望の仕事には就けなかったですからね。JICAボランティアのブラジル派遣まで術後3年かかりました。あれをもう一度繰り返すかと思うと、かなり憂鬱でした。病気には立ち向かえるし、闘えるけど、病気だったという過去に対する偏見と闘うのはしんどいんですよ。何しろ過去って変えられないからね。

この2週間は夜眠れないこともあったので不安だったのですが、16日の先生の態度に不信感持ってからは本当にしんどかったですね。

今度からは放射線科の先生とのやりとりになるので、もう病院では嫌なことはないかなぁ~。

まぁ外科のこの先生は外科手術は上手だったし、多分要領が悪いだけなんでしょうね。でも、弱っている時に、もたもたした対応取られると、精神的にしんどいこともあるのでね・・。あと、この先生、まだブログ記事には書いてないけど、放射線に関してはかなり常識ない部分もあったので、不信感が増幅しちゃったってのもありますねぇ~。ま、基本的には親切な先生でしたね。

診察で一通りの説明を受けて、自分で補助治療の内容を決めた後、今までの寝不足や、ずっとモヤモヤしてたこと、そして、診察前に緊張したせいか、どっと疲れてしまったのです。

診察の後、またデジスコ機材を持って公園に戻って鳥撮りして、よい空気を吸って帰りました。

今年少ない冬鳥のツグミさんがカラスに追い立てられているのを見かけました。通常のシーズンだと掃いて捨てるほど(←失礼か・・・。)公園にツグミはいるので、条件悪い時に撮影しようなんて思わないのですが、カラスに追い立てられて逃げ込んだ樹の中からちらっと出てきた時、逆光の悪条件にもかかわらず撮ってみました。

こんなに一生懸命ツグミさんを撮るのは初めてかな・・・。coldsweats01
Img_5113

Img_5119_p

2008年3月 2日 (日)

キクちゃん!ラブリ~-キクイタダキ撮影成功-

canon ixy digital 2000IS の新デジスコの本格デビューが昨日3月1日。その成果に結構満足なデジスコ1年生のmhkhappy01

今日は小鳥さんを撮したいなぁ~と市内の公園へ。

ねらいは無謀にもキクイタダキ。日本最小の小鳥さんで、ちょこまか動きが激しい子・・・。針葉樹に群れで冬やってきます。福岡市内は結構松の木が多いトコがあり、今日行った公園にも生えているので、そこは通るたびに群れでいるのを見かけていました。デジスコはちょこまか動く小鳥さんは結構難しいけど、チャレンジしてみたかったのです。

で、なんとキクちゃんの撮影に成功しました!!!枝移りの激しさは相変わらずでしたので、群れを観察していて、多くのキクちゃんが通過している松の枝をフレームに入れて、大体ピントを合わせておいて、その場所付近に近づく気配がある度にピントを合わせてレリーズ押す準備をする・・・その繰り返し。待つこと30分、ようやくフレームに1羽のキクちゃんが! シャッター押してめでたし、めでたし!実は連写モードにしておくの忘れていて・・・たった1押ししたのが成功したので、再生してキクちゃんが入っているの見た時小躍りしました!!!

Goldcrest


お次はキツツキのお仲間のコゲラさん。これも枝移り激しい子です。ちょっととまって木の一カ所をがんがんやりだしたトコを連写してみました。

Japanese_pygmy_woodpecker


Japanese_pygmy_woodpecker2Japanese_pygmy_woodpecker3Japanese_pygmy_woodpecker4






お次は昨日も撮ったツグミさん。なんか正面向いているお顔が面白いのと、後ろからちょこちょこついてくるスズメさんとのコンビネーションが面白くてパチリ!右端のシロハラさんはツグミさんのお仲間の鳥さんです。

Dusky_thrush2Dusky_thrushPale_thrush






いつもはその公園のその木の枝にはダイサギやアオサギがとまっているのだけど、今日はゴイサギさんがいました。顔を突っ込んで寝てたので、顔あげてくれるまで待ってました・・・。その時、見知らぬ年配の男性が話しかけてきて・・・。
『伊賀さんって知っていますか?』(いがさん・・・って、誰?、それよりあなたは誰?)←mhkの心の声・・・。『伊賀さん?』と聞き返すと『伊賀の忍者の伊賀で・・』とお答え。(・・いえ、漢字じゃなくて、何故見知らぬ方から聞いたことない伊賀さんのコトを聞かれたのかが不思議で聞き返したのですが・・・。)←mhkの心の声。
要約すると伊賀さんは鳥の写真撮る人で(仕事か趣味かは不明)昨日その公園で鳥の撮影してたそうです。で、ユリカモメにパンをやってホバリングしているトコをズームアップして撮ったり、カワウをズームアップで撮ると目がエメラルドグリーンで美しいことをその方に教えてくれたそうです。きっと、その人はそのことをmhkにも教えてあげたかったのでしょうね。まぁ、その方も鳥好きみたいでした。おしゃべりしていて楽しかったですよ。『伊賀さん』の話を振られた時は最初どう答えていいかわからんかったけど・・・。ブログ見た方で『伊賀さん』のコトをご存知の方がいらっしゃったらおしえてください~!!!

Black_crowned_nightheronBlack_crowned_nightheron2








最後はジョウビタキの雄です。この子は突然真ん前の枝に飛んできたのです。デジスコセットする時間はなく、首から下げていたデジ一で急いでシャッター押しました。イマイチです・・・。そのうちデジスコでばっちり綺麗に撮ってみたいな~。うちの庭にも来るんだけどね。ジョウビタキ君は。

Daurian_redstart1






今日は小鳥撮影にチャレンジ~!とだめだろうな、練習でぇ~と思って気軽に出かけたんだけど、思いがけずキクちゃんが撮れて満足でした。でも、まだまだデジスコ始めて半年ちょっと、週末のみの出撃ですし、なかなか上達はしないですねぇ~。ジンバル雲台欲しい~。大きな径のスコープ欲しい~。カーボン三脚欲しいぃ~!!!と腰痛持ちのくせに思ってしまう・・・。いやいや抑えて抑えて、今の機材でとにかく練習練習!!!

2008年3月 1日 (土)

ixy digital 2000 IS 新デジスコ 2回戦!

新デジスコ 2回戦!・・・って別に誰と闘っているわけじゃないけど・・・。RICOHCaplio GXvixenジオマⅡED52-Sのセットで始めたデジスコ、ちょっとテレ側が欲しいと去年の12月に購入したNIKONcoolpix p5100。が、AFがイマイチのくせにMFもなしで、何となく好きになれず、1ヶ月で売っ払い、年明けて購入したのがcanonixy digital 2000IS

これはマニュアル露出もMFもなしだけど、AEロックはある。スコープに装着しないカメラだけの場合で比較してcoolpix p5100よりずっとAFがお上手!

購入して期待は高まったが、スコープと接続させるためのアダプター装着、設定をデジスコドットコムさんにお願いしないといけないのと、他の接続のためのパーツ入荷待ち。

で、アダプター装着のためにカメラを送ってたらデジスコドットコムさんからCCDにゴミ付着と連絡、デジスコドットコムさんの御厚意でメーカーに修理に出してくれてその後アダプター装着して送り返してくれました!!!謝謝!・・・canonさんの製造工程で付着したらしいぃ~。

と、新デジスコシステムの門出はちょっともたつき、デジスコデビュー戦は2月17日(日)
その日は福岡は強風波浪注意報・・・でも、待ち遠しかったixy digital 2000ISのデビュー戦。デジスコ出撃強行・・・カメラの性能云々の問題より機材ブレが凄かった・・・。← わかってたけど・・・ね。

その次の週末(つまり先週末)も強風、日曜なんて霰がものすごかったもんね。さすがに出撃中止。(確定申告もあったしね)

で、今日が2回戦というわけ!

う~ん!!ixy digital 2000IS & vixenジオマⅡED52-Sのデジスコ、なかなかよかったですよ!さすがcanonさん!マニュアルないけど、測光もAFもお上手なカメラです。今日はちょこまか動き回るメジロさんの撮影ができて満足でした!

Japanese_white_eye


Japanese_white_eye2Japanese_white_eye3






次はモズの雌です。恋の季節heartで、雄のモズがせわしなく愛をささやきながら飛び回ってました。雄のモズ君は動きが速くてフレームにおさめられませんでしたけど、雌のモズさんがどうしよっかなぁ~って思っているみたいに木の枝の上をちょこまか動き回り、最後は雄について飛んで行ってました。可愛かったなぁ~。他にもセグロセキレイ、ハクセキレイの求愛がみられましたよん。もう3月ですもんねぇ~。あとカメラにはおさめられなかったけど、ウグイスさんが鳴いていました。まだ下手っぴぃ~でホ~ホケチョピィ~だって。まだまだ練習中~これじゃ雌は寄ってきませんねぇ~。修行はまだまだ続きそ!

Bull_headed_shrike_femaleBull_headed_shrike_female2Bull_headed_shrike_female3





いつもは餌を探してせわしなく潜るカイツブリが珍しくひなたぼっこしてたので、わりと近くからパチリ!羽根の様子も綺麗に撮れてうれしかったです。

Little_grebe


遠かったのでイマイチだけどイカルチドリは初めて撮れた鳥さん。キセキレイもせわしなく動き回るので難しかった・・。イカルチドリもキセキレイも毎回同じトコに現れるんだけど、遠過ぎるためなかなかいい写真が撮れません。こうなると、さらに径が大きいスコープ ジオマⅡED67-Sが欲しくなっちゃいますぅ~。でも、重量がスコープだけで524g重くなっちゃうので、さらに三脚も重いのが必要で・・・腰痛持ちのmhkは購入の誘惑を断たないと!!!いや!腰痛体操して腰痛を克服してさらなるデジスコライフを!!等とアホなことばっか考えている・・。

Long_billed_ringed_ploverGray_wagtail





今日は結構日射しが強かったです。散歩している人が大勢・・・カワセミさんのお気に入りのポイントはお爺さん、お婆さんや子供連れのご両親、犬連れのおじさんがたくさんいて、しかも犬君は川で水泳してて、大騒ぎ。ありゃありゃ、カワセミさんはここには来ないかなぁって思ってたら、mhkの耳に犬の飛び込む水の音とは別の音が!ん!!橋の向こう側でかすかに聞こえる・・・。行ってみると、カワセミさんがダイブしてお魚捕ってました。

反対側では人が大騒ぎというのに気にもしてない様子。カワセミさんに気が付いたのは私だけ。誰も気づいてなかった。で, ixy digital 2000ISの新デジスコで初めて撮れたカワセミさんの写真というわけ。いつものポイントと違って、あんまり近づけないので、ちょっと残念。雌のカワセミさんです。でも、カワセミさんは会えると嬉しいです。横の写真はツグミさん。集団でみかける鳥さんですが、写真に撮れると嬉しいものですねぇ~。

Common_kingfisher_femaleDusky_thrush





天気に恵まれ、ixy digital 2000ISの新デジスコの事実上デビュー戦はなかなか満足いく楽しい散策でしたよん!お散歩しているお爺さんが話しかけてきたのですが、『何か商売かなんかですか?』だって。ここの川沿いの中流域は車停めるトコないので、歩くしかないの。だもんで、重い機材担いで鳥撮影する人は車で行けるトコに行くらしく、土日に歩いていて他の三脚持っている人に会うことはまれです。だもんで、三脚担いでいるmhkが珍しいらしく、そう話しかけて来られたみたいねぇ~。プロのカメラマンはプラスチックでできた入門機のデジ一なんて首にさげてないのよぉ~(笑) 趣味ですよって言ったら『頑張ってください!』だって。ま、嬉しいもんですな!

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- | 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- | 03.腎細胞癌 経過観察 | 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- | 05.家族 | 06.感謝の気持ち | 07.お知らせ | 08.昔語り | 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア | 10.海外ボランティア | 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) | 12.日本語教育 | 13.日本の祭り | 14.青年海外協力隊 | 15.日系社会青年ボランティア | 16 婦人科検診 | 17. ブラジル | 18.Itatiaia | 19.Mato Grosso | 20.Pantanal | 21.Bonito | 22.Ubatuba | 23.Costa Rica | 24.Registro | 25.婦人科の病気 | 26.Iguape | 27.中国 | 28.大連 | 29.乳がん | 30.cooking | 31.各種検診 | 32.音楽 | 33.piano | a.機材 | b.デジ一眼 | c.コンデジ | d.デジスコ | e.アサヒペンタックスsp | f.花・風景 | g.動画 | h.*ist DS | i.ixy digital 2000IS | j.Caplio GX100 | k.Caplio GX | l..coolpix p5100 | m.GEOMAⅡED52-S | n.GEOMAⅡED67-S | o.GRⅡ | p.COOLPIX P6000 | q.TSN-774 | r.PowerShot G11 | s.D90 | t.PC関連 | u.D7000 | v.Power Shot S95 | w.PowerShot S120 | おすすめサイト | アオサギ | アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) | アオジ | アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) | アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) | アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) | アカエリシトド(tico-tico) | アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) | アカカタムクドリモドキ (Encontro) | アカゲラ | アカハラ | アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) | アカモズ | アトリ | アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) | アマゾンカッコウ(anu branco) | アメリカトキコウ (Cabeça-seca) | アメリカヘビウ(Biguatinga) | アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) | イエミソサザイ(Corruíra) | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) | ウミネコ | ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) | エナガ | エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) | オウゴンチュウハシ (araçari-banana) | オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) | オオハシカッコウ(anu-preto) | オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) | オオハシノスリ(gavião-carijó) | オオバン | オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) | オオヨシキリ | オオヨタカ (Common Pauraque) | オオルリ | オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) | オシドリ | オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) | オナガガモ | オナガミドリインコ(periquito-rico) | オニオオハシ(tucano-toco) | オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) | オリーブタイランチョウ(suirir) | オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) | オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) | オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] | カイツブリ | カササギ | カササギフウキンチョウ (Tietinga) | カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) | カルガモ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カワリヒメウソ(Variable Seedeater) | キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) | キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) | キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) | キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) | キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) | キバラガラ(Yellow-bellied Tit) | キバラツグミ(sabiá-poca) | キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) | キビタキ | キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) | キンクロハジロ | クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] | クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) | クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) | クロアシシャクケイ(Jacuaçu) | クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) | クロハチドリ(beija-flor-preto) | クロハラトキ(Curicaca) | クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) | ケアシスズメバト(rolinha-roxa) | コイカル(Yellow-billed Grosbeak) | コガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツリスドリ(Guaxe)_ | コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) | コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) | コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) | コチドリ | コバシバト(Short-billed Pigeon) | コンゴウクイナ(saracura-três-potes) | ゴイサギ | ササゴイ(Socozinho) | サメビタキ | サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) | シコンヒワ(tiziu) | シジュウカラ | シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) | シメ | ショウジョウトキ(Guará) | シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) | シロガシラ | シロガシラタイランチョウ(Freirinha) | シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) | シロハラ | シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) | ジョウビタキ | スズメ | スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) | スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) | スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) | ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) | セアカカマドドリ(joão-de-barro) | セグロセキレイ | セスジキンノジコ(tipio) | センダイムシクイ | タニシトビ (gavião-caramujeiro) | ダイサギ | チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) | ツグミ | ツバメ | ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) | ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ | テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) | トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) | トビ | トラフサギ(socó-boi) | ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) | ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) | ナンベイタゲリ(quero-quero) | ナンベイレンカク (jaçanã)_ | ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) | ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) | ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) | ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) | ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) | ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) | ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) | ハクセキレイ | ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ(Crested Myna) | バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) | バン | ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) | ヒドリガモ | ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) | ヒメアカクロサギ(Garça-azul) | ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) | ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) | ヒヨドリ | ヒロハシサギ(Arapapá) | ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) | ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) | ヒワミツドリ(Saí-azul) | ビンズイ | フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) | ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) | ベニタイランチョウ(príncipe) | ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) | ベニヘラサギ(Colhereiro) | ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) | ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) | ホシハジロ | ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) | マガモ | マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) | マミジロキビタキ | ミサゴ | ミサゴノスリ(gavião-belo) | ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) | ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) | ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) | ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) | ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) | ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) | ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) | ミナミカラカラ(caracará) | ムクドリ | ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) | メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) | メジロ | メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) | モズ | ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) | ヤツガシラ(Upupa epops) | ヤマガラ | ユリカモメ | ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) | リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) | ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) | ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) | ルリビタキ | レア(ema) | 中国の祭事 | 動物園・植物園 | 心と体 | 旅行 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 月・星 | 横浜 | 紅葉 | 花火 | 街の風景 | 野性動物 | 野鳥

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ