カテゴリー

カテゴリー「カワラヒワ」の6件の記事

2015年5月18日 (月)

新緑の大連より、カワラヒワさん・・・かな?多分亜種のオオカワラヒワさん?

昨日この春初のデジスコ散歩したら、カワラヒワさんらしき子を見かけました。亜種がたくさんいるし、遼寧省にもいるようなので、たぶんカワラヒワさんだと思います。一生懸命お花食べてました!

Img_7538_p

Img_7549_p

いかがでしたか?この子の正体がわかったら、どなたか教えてくださ~い。mhkは、たぶん亜種のオオカワラヒワ♂だと思うのですけど・・・。

2013年2月20日 (水)

大連に戻る前にデジスコ!カワ子ちゃんにお別れ!

先月23日から一時帰国してましたが、明日大連に戻ります。
帰国してやったことは、

  1. 病院で検査 乳腺外科、泌尿器科で診察。(胸~お腹までCT、胸の超音波検査、マンモグラフィ、血液検査)
  2. 歯医者で歯石取り
  3. 福岡に来てくれた大分在住のブラジル同期JICAボランティアとお食事!
  4. 横浜に行って、ブラジルの元同僚、生徒(←ブラジルから来日中でした!グッドタイミング!)、JICAの訓練時のポルトガル語の先生に会ってきました。
  5. 大阪、京都で、会社員時代の元同僚に会ってきました。
  6. 大阪でブラジル同期JICAボランティアに会ってきました。
  7. 福岡でたくさん友人と会いました。
  8. 福岡で大学時代の恩師、研究室のメンバー、同期の友人に会いました。

去年の今頃は・・・一時帰国中に乳がんが見つかり、2月の初めに乳房部分切除術を受け、病理検査結果が出たばっかりの頃でしたね。去年の2月22日から放射線治療がスタートしました。毎日通院して5週間通ったんですよねぇ~。

去年は2月10日に大連に戻って13日に二学期がスタートするはずだったのですけど、乳がんの治療で戻れなかったんですぅ~。

今回は上記のように、病院は1回で済みました!腎癌、乳がんの術後経過検査はクリア!肺に結節がある・・・ってのが引っかかるけど、ま、良性らしいし、半年ごとのCTで経過観察でいいらしいしね。とりあえず、ホルモン療法は続けるけど、とにかく病院は1回で済みました!!くどいけど、これ、すっごく嬉しいのよぉ~!!!

だって、一昨年の7月にブラジルから帰ってから、子宮筋腫が巨大化してるのが見つかり、大連に赴任する前に入院、手術、半年無事に勤めて去年の今ごろ一時帰国したら乳がんが見つかって、二学期スタート時に大連に戻れずでしたから・・・。

今回は順調でした。ただ、横浜→大阪→京都に旅行行った際(マイレージの消化がてら懐かしい人たちに会ってきました。)ホテルの部屋が暖房で乾燥してたせいか風邪ひいちゃいました。

風邪自体はたいしたことなかったんだけど、ひっさしぶりに病院に行って抗生剤飲んだら胃をやられて、しばらく胃が働かず、食欲がありませんでした。結構治りが悪く、ようやくマシになってきた頃は雨続きで、鳥撮りに出られなかったんですよね。

今日久しぶりに晴れたので、午後、実家近くの河原にデジスコ担いで行ってきました。なかなか光の具合が撮影向きの優しい光で、よかったですよ!

河原の鳥さんたちは警戒心が強く、公園の子たちとちがって、なかなか近くで撮らせてくれないけど、それはそれで野鳥を撮っているって感じでいいですね。

まずは、カワラヒワさん!Img_4810_b

お次は、比較的近くで撮らせてくれたメジロさんたちです。枝移りの激しい子たちだから、ひさびさで鈍った腕のmhkには難関でしたが、芽が膨らんだソメイヨシノの枝をぴょんぴょん大騒ぎしながら移動するメジロさんたちは可愛かったです~!

Img_4884_b

Img_4892_b

Img_4898_b

Img_4917_b

Img_4922_b

光の具合がよくて、メジロさんのグリーンやイエローのグラデーションが綺麗に写ってます!ふくらんだ桜の芽が、春の訪れを予感していいです!

さて、カワセミ待ちの時、いつもカワセミさんがいる場所で(飛んでいる姿は待っている間もしょっちゅう見かけるのに、なかなか止まってくれない、葦の向こう側にダイブしちゃって見えない!)オレンジの鮮やかなジョビ男君。ジョウビタキの♂です!なかなか男前ですね!

Img_4954_b

さっきからチョロチョロ飛んでるのに、なかなか撮らせてくれなくて今日はダメかな・・・と思った頃に、目の前に止まってくれました!女の子でした。カワ子ちゃん!

Img_5002_b

可愛い~!!

連写してたら、飛び立つ前に綺麗な羽を見せてくれました!!

Img_5010_b

明日大連に戻るmhkに「いってらっしゃい!」を言いに来てくれたのかもぉ~。今回の一時帰国のフィナーレでした!!

2008年11月 6日 (木)

にぎやかしぃ~カワラヒワさん達~

集団で鈴の鳴るような声で鳴いているカワラヒワさん達、この鈴のような声が好きです。何かみんなで寄って話しているのかな?

Green_finch












ちょっと遠いし、お空がどんより曇ってて、あんまりいい写真ではないけど、何となく、カワラヒワさんたちが大勢で電線にとまっている様子は伝わりますかね? 小鳥ちゃんと電線の大きさ比較すると、やっぱり鳥さんって軽いのよねぇ~って改めて思います。

2008年2月11日 (月)

菜の花便り-RICOHのGXのデジスコ再び-

NIKONのcoolpix p5100を売っ払ったけど、Canonのixy digital 2000 ISのデジスコはまだカメラとスコープをつなぐパーツが全部は揃ってないので、最初にデジスコ始めた時のカメラ RICOHのCaplio GXとVIXENのスコープ ジオマ Ⅱ ED-52Sのデジスコセットで本日は出撃してきました。

GXはいいカメラなのですが、望遠側が35mm判換算で85mmなので、ちょっと鳥さんが遠いのです。カワセミさんもいたのですが、川の土手から川の水面近くの岩は遠くて、撮影断念。でも、双眼鏡で堪能できましたからよしとします。来週は多分新デジスコセットでトライできそうだしね!

今日は以前撮影した時逆光気味で色があんまりわからなかったカワラヒワさんが綺麗に撮れました。望遠が厳しいから、少しずつ抜き足差し足で泥棒さんみたく近づいていって撮影成功!!!

Gree_finch


Gree_finch2


お次はちょっと暗いんだけど、バンです。葦やススキに覆われた水路にいました。警戒心強くて、近づくとすぐ隠れちゃうんだけど、偶然mhkが葦で陰になったトコにいたので、わりに近くで餌食べているトコを発見したのでパチリ!冬の間くすんでた羽根の色が随分黒っぽくなり、くちばしも赤くなってますよね!春近し!横は青空バックにモズくんです。モズ君は雄と雌が随分いちゃいちゃしているのをお見かけします。春が近づき、恋の季節ですなぁ~。雄雌で追いかけっこしているのを追ってたけど、撮影には至らず、残念~。

Common_gallinleBull_headed_shrike





さらに、春の贈り物です。菜の花畑。一列ずらり~!心がほんわかします~。デジ一眼で撮影~。

Rapeseed2


Rapeseed







川を眺めている時に後ろから自転車に乗ったお爺さんがやってきました。三脚担いでいるし、避けようとしたら、『いいですよぉ』って立ち止まって話しかけられました。mhkの持っていたデジスコと首からさげたデジ一眼を見ながら、昔使っていた自分のカメラの話をされていました。

お爺さん:昔はライカ版っていうカメラがあったんですよ。
mhk:(・・・・。)あ、今もありますよ。(ライカ版は35mmフィルムのことですから、デジカメが多くなってきたとはいっても、現存しております~。)
お爺さん:今はなんですか、何か小さいとにいぃ~っぱい入るとでしょ?(← メモリーカードのことらしい)
mhk:あ、これのことですか?(デジカメからSDメモリーカードをだして見せる)
お爺さん:そうそう。これは光に当てても大丈夫とですか?
mhk:あ、はい、大丈夫ですよ。(フィルムと違って、太陽光に当てても駄目になりませんからね。)
お爺さん:フィルムは光に当てると駄目になるけん、大変やったもんなぁ~。(←メモリアルモード。しみじみ・・・)

お爺さんは今はカメラはつかってないとのこと。今はもっぱら釣りが趣味で、今日は川の様子を見に来られたとか。その場所はいつも釣り人がたくさんいるとこなのだそうです。

お爺さん:この川は工事ばっかりしてだめですもんなぁ~。アユはある時期は苔しか食べんとです。でも、こんなに工事ばっかりしとったら苔やら生えんですよ。アユはいっちょん来んごとなった。
mhk:そうですね。工事ばっかりするから、鳥の種類も随分減りましたよ。
お爺さん:そうそう、お宅みたいに鳥の撮影している若い人がおりましてね、あの、なんていうんですか、水鳥ですよ。速かですね。上からしゃっとダイブして・・・。
mhk:(最初、水鳥???でわからなかったけど・・・。)ああ、カワセミですね。
お爺さん:カワセミっていうとですか。あれはすごかですね。それに綺麗かです。何ともいえん青い色で。

さて、『カワセミ』って教えても、話しているうちにお爺さんは最後は『水鳥』に戻ってしまうの。最初一般名詞の水辺に生息する鳥の意味の水鳥のことかと思ってたら、どうも『水色の鳥』の意味で『水鳥』と勝手にお爺さんがカワセミに名前をつけていたようです。何でもいいよねぇ~。名前が何でもカワセミさんの翡翠(ヒスイ)の色の美しさは変わりませんモノ。さすが、ずっと川にいる釣り人さんです。名前は知らなくてもよくみていらっしゃるんですねぇ~。

ひとしきり話したらまた自転車を押して行ってしまわれました。魚はいないし、釣り人もいない。だめだなぁっていいながら。去っていく姿をデジ一の望遠レンズでぱちり!ちっこく載せさせていただきます。何かいい感じのお爺さん。自然を愛する素敵な釣り人さんです。緑の長靴履いていらっしゃるのが釣り人さんらしいですねぇ~。いい出会いでした!

Old_man

お次は家の近くの水路にいたコガモさん達をデジ一眼で撮りました。鮮やかな色のが雄で、地味なのが雌。

Green_winged_teal_1


さて、水路の青い水門があって、そこにコガモさん達はみんな上がって、その向こうにダイブしていきました。でも、雌の1羽だけが水門にあがったまま向こうにダイブしようとしません。mhkが少しずつ少しずつカメラ構えたまま近づいっても、雌のコガモだけ水門の上。

Green_winged_teal_2Green_winged_teal_3Green_winged_teal_4





上の3枚の写真、水門の上の雌のコガモさんにカメラ持ったmhkが少しずつ近づいていくのがわかります?左から右に行くほど近づいて行ってます。最後が意を決したようにダイブする直前。mhkの帰り道だったもんで、どんどんmhkが近づいていったからね。最後ダイブした時には相当近かったので、水門の向こうにいる雄達がすぐ飛び立ち、雌もそれに続いて飛び立っていきましたよ~。何かちょっと楽しかったなぁ~。

最後が家のすぐ近くに植わっているマンサクの花です。花の名前に『まず咲く』から来ているという説もあるそうです。ま、名前の由来はともかく1月~3月に咲いているから早春の花であることはまちがいないですねぇ~。

Hamamelis_japonica


今回の散策は、春のあし音を聞かせてもらった、そんな散策でしたよ。望遠の足りないデジスコだったけど、楽しかったです。来週の新デジスコが楽しみだなぁ~。

2008年1月26日 (土)

スコープ修理後の初デジスコ!

スコープ修理できて、初デジスコ出撃でした。家の近くの川をバスでちょこっと上流方向に移動して中流域を回ってきました。

バス降りて川の方に向かうと、水しぶきが!!!見るとカワセミさんがダイブしてお魚getしてお食事してました!!!まだ機材出す前で、双眼鏡で堪能~!!!

移動していくとわりと遠くの方でまたカワセミさんがダイブ!お魚くわえて飛び立っていった!おお!!!デジスコ復帰を祝ってくれているようだぁ~。

で、デジスコ復帰第一号の作品は、わりと近くにいたイソヒヨドリの雄でした。青とオレンジが素敵なスマートなお方です。なんか『撮影してぇ~』っていってくれているみたいに、10分以上同じトコにとまってました。イソシギさんも数羽で遊んでましたよ。

Blue_rockthrush_male1


Blue_rockthrush_male2Common_sandpiper





カワセミの女の子も随分長いこと遊んでくれました。逆光気味で、ちょっとオートフォーカス苦労したので、出来はちょっと不満だけど、いろんなトコに移動してはダイブしてくれて、楽しませてくれましたよ。やっぱり綺麗ですねぇ~。イソヒヨドリの男の子も青とオレンジ。それぞれ味わい深い色ですよねぇ~。うっとりしながら撮影してました。

King_fisher_female1


King_fisher_female2King_fisher_female3King_fisher_female4





鈴の鳴るような声で鳴いていて、すぐわかるカワラヒワが電線にずらりぃ~並んでました。mhkはこの声が大好き!

Green_finchGreen_finch2





コサギさんまで電線にとまってました。結構迫力あるねぇ~。ススキの中にはスズメさんたちの集団。まぁにぎやかしかったこと!!!大騒ぎしながらススキの穂をお食事中~。観察していると・・・やっぱり鳥さんって飛べるだけあって、軽いわぁ~!!!爪の力もつよいよねぇ~逆さまになっても平気だもん。この時は結構風あったので、ゆれるススキに捕まったまま根性でお食事続けているお方もおりました・・・。う~ん。野性の中に生きている野鳥はたくましいですわ!!

Little_egretTree_sparrow1Tree_sparrow2





復帰後最初のデジスコ出撃は写真のできそのものより、鳥さんたちに会えたことがうれしかったなぁ~。修理後もバードウォッチングだけならできたのだけど、ちょうど修理に出した1週間後は姪が来てたし、その1週間後は風邪と胃痛でお外でられなかったからねぇ~。結局スコープ修理までフィールド出なかったんですよね。

心地よい疲れで、今は鳥たちの様子を思い出しながら、ちょっと余韻に浸っていますぅ~!!!

おまけ1:
カワセミを堪能して帰ろうとした時、お散歩してた年配の男性が『なんが撮れよりますと?』(福岡のコトバで何が撮れているのですか?あ、解説しなくてもわかる???)って話しかけてきました。『カワセミです。』って答えると、『え???カワセミがここ、おるですか?』と驚かれていました。『おりますよ。今、すぐそこにもいましたけど。』と場所を教えてあげました。双眼鏡なくてもカワセミさんは目立つ色だし、結構大きめだし、簡単に見つけられるけど、案外毎日散歩しているような人でも気が付かないもんですねぇ。その方も散歩の楽しみができるといいけどぉ~!!

おまけ2:
ツバメさんがたくさん川の上を飛んでいました。いつの間に!!!夏に繁殖にやってくる渡り鳥だけど1月にもう?!!

2007年11月13日 (火)

風にも負けず-あるモズ君の頑張り-

さて、2週間ぶりの河川敷!デジスコ出撃です!
11日(日)は福岡は強風波浪注意報が出てました。雨は夕方からってことだったから朝10時前には家を出発!その日は夕方4時前まで河川敷にいました。風にさらされて、手がちょっと冷たかったけど、防寒対策はしてたので全然ok!腰痛のため、腰はコルセットで締め上げています。三脚担いでGO!GO!GO!

さて、その強風にもめげず、鳥さんの声がしてました。ホオジロの地鳴き、カワラヒワの鈴の音のような鳴き声、モズの高鳴き、シジュウカラのツッピーツッピー!、キジバトのデデッポーポーポー。
眼の前の枝のてっぺんにとまっていた目立つモズくんめがけてデジスコセット。強風で細い枝は大きく揺れてました!でも・・・。モズ君はめげません。右に大きく枝が揺れたら、長い尾っぽを左側に大きく振って、ちゃんと重心をとってバランスよく枝にしがみついているのです。そのたくましさに脱帽!!!デジスコのシャッター押しながら、体長20cmのモズくんのたくましさに感動していました!!!

風にも負けずモズ君の頑張り1風にも負けずモズ君の頑張り2風にも負けずモズ君の頑張り3





風にも負けずモズ君の頑張り4風にも負けずモズ君の頑張り5風にも負けずモズ君の頑張り6





次は別のトコにいたモズ君。かなり近いとこにいたので、ドアップです!これもデジスコ撮影!

モズのドアップ1モズのドアップ2モズのドアップ3





河川敷の辺りもすっかり樹木は冬支度。銀杏の葉も黄色に、ケヤキも赤くなってます。センダンには実がなってます。樹木というのはホントに力強い生命力の固まり。でも、その下に立つと決してその力強さが押しつけがましくなく、私たちに生命力を与えてくれるようです。カメラを構えているその時にも樹木の生命力がmhkに静かに降り注がれる、そんな気がするのですよ。樹は全てデジ一眼撮影。

銀杏ケヤキセンダン




お次はカワラヒワさん。いつもいつも集団でいて、鈴の音のような鳴き声は聞くのに、ちょっと近づくとさっと逃げるので撮れなくてかなしかったのですが、今回小高いトコに植わっている木の上のほうにとまっているのを下の方から撮ることに成功!!!日光の方向で、ちょっと暗めの顔になっちゃっているけど、とりあえず、小鳥をデジスコで撮影できたのがうれしかったです!カワラヒワの横のお花は、桜の種類が狂い咲きしていたようです。

カワラヒワカワラヒワ2Cherry





カイツブリさんは相変わらず、しょっちゅう潜るのでなかなか撮させてくれません。左側のカイツブリさんは抜けかけた羽でょうか?背中にわざと差しているみたいに見えて可笑しいです。

カイツブリカイツブリ_2





さて、お次はデジスコで撮ったユリカモメさんです。ウミネコさんに比べると随分可愛くて、優しいお顔ですねぇ。ユリカモメは福岡市の鳥なんですよね。ユリカモメとウミネコが同じ写真にツーショットで写っているの見ると、随分ウミネコさんって強面・・・いや、りりしいお顔しているなぁって思います。

ユリカモメlユリカモメ2ユリカモメとウミネコ





最後は河川敷の近くのお庭に咲いていた秋の七草の一つのオミナエシと河沿いの木々の黄葉、紅葉の様子です。デジ一眼で撮りました。

オミナエシ1オミナエシ2秋の河川敷





朝の10時前から夕方4時前まで河川敷で遊んだので、ちょっと疲れました。でも、自分の足で歩くと、足下の草花、樹木、枝にとまっている鳥さんの声に気がつくので、河川敷に息づく生き物、植物の生命力が自分に注ぎ込まれるようで、疲れは心地よいものです。

最後の写真を撮っている時に声をかけてきたお爺さんがデジスコの望遠鏡を指さして、『何十万もするんでしょう?』って話しかけてこられました。一眼レフに超望遠鏡使って総重量15kgなんて重装備の機材は軽く新車買える値段なのですが、接眼レンズ入れても3万円台のスコープにコンパクトデジカメつけたデジスコのシステムなので、非常に経済的なんですよね。

もちろん、デジスコも高価なスコープ使うとそれなりのお値段ですが、3万円台のスコープでも、結構それなりの写真が撮れます。知名度がまだまだ低いデジスコなので、一応お爺さんには『そんなに高くないですよ。』って言ったけど信じてもらえたかどうかは謎・・・。別れ際に『カメラ道楽ですなぁ』って言われました。カメラ道楽できるほどお金持ちなら、もっといいカメラ持っているでしょうが・・・。デジスコはバードウォッチャーの間では流行っているけど、それ以外の人には知られていないから仕方ないですね!

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ