カテゴリー

カテゴリー「昆虫」の7件の記事

2010年6月29日 (火)

ワールドカップ決勝トーナメント ブラジル第一戦

白状しますとね、一時帰国の間に機材かなりパワーアップしました。
デジ一は今までのペンタックスの*istDSを売って、NIKONのD90を買いました。(NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIレンズキット)

そして、コンデジは、デジスコ用のカメラはデジスコ専用にするため、仕事で担当の地区の日本語学校を巡回するとき、普段いる拠点校で学校の活動を撮影するための専用のコンデジを購入。CanonのPowerShotG11です。

そして、デジスコ用のスコープとしてコーワのTSN-774を購入しました。アイピースはTSE-TE17。

1年前にブラジルに赴任する際に購入を考えていたD90とコーワのスコープ。高価な物だし、治安が心配な中南米初渡航ではちょっと心配なので、とりあえず、古い機材(一眼は*ist DS、スコープはVixenのGEOMAⅡED67-S)を持っていったわけです。

1年いたら慣れるし、状況もわかってくるだろうから一時帰国中に機材をリニューアル!ってわけです。

2004年発売の*istDSはすでにオートフォーカスのスピードが最近のコンデジのレベルよりはるかに遅いし、ノイズ除去も弱いから高感度のISO1600だと赤っぽい写真になるし、もどかしくて早く新しい機種のデジ一がほしかったけど、安全確保のほうが優先!(機材盗られたら何にもならないし)と我慢我慢だったわけです。

前置き長かったけど・・・今日はワールドカップ決勝トーナメントブラジルの第一戦目。こっちの時間で2010年6月28日15:30スタート。

mhkのアパートのまん前が広場になっていて、昨日こんな特設スクリーンが設置されました。↓(これは新コンデジのG11で撮影)

Screen_01
アパートのmhkの部屋は6階です。(日本式の言いかただと7Fになります)人ごみに混じって一眼使うのは危険なので、部屋の窓から新一眼D90で撮影。↓(まだ試合前です)
Apartamento_02 試合が始まると前のほうの人はみんな座ってますね。↓(D90)
Apartamento_03 おお、ブラジルが得点すると総立ちです!↓(D90)
Apartamento_04
次は・・・新デジスコ(スコープがコーワのTSN-774でカメラが一時帰国中に修理したixy2000IS)での初めてのデジスコ撮影です。ホントはかなりの解像度で写しているのですが、鳥さんじゃなくて人間様なので肖像権があるし、小さめにアップします。何十メートルも離れて撮っているんですけど、デジスコってすごいわ!スコープの性能がGEOMAよりかなり上がっているしねぇ~。ああ、人間じゃなくて鳥さんを早くこの新デジスコで撮りたい!!!↓

Degisco_05_3Degisco_06_4

みんな、黄色と緑のブラジル色の人が多いです。鳴り物用意している人もたくさん!そんな中、職務に忠実なおまわりさんの姿が!↓このおまわりさんがいるトコわかる?上から4枚目の写真の上の方に警察の車が2台あるのですが、その2台のうちの左側の車のそばにいるのですよん。これぞデジスコの威力!!!車に警察犬でしょうか?銀行も14:00で閉まって、お店のほとんどが閉まってて、誰も仕事してないのに、お仕事しているんですねぇ~。weep

Degisco_07_2

広場に集まっている人をアパートの窓からデジスコ通して眺めていると不思議な感じです。何だか当たり前に奇抜なカッコ・・・。不思議ワールドです。

Degisco_08 Degisco_09

Degisco_010 Degisco_011

Degisco_012 Degisco_013

Degisco_014

おまわりさん、相変わらず真面目なお顔で職務中~bearing年中無休の警察は大変!

Degisco_015

アパートの窓からデジ一やデジスコで望遠撮影してたのですが、ハーフタイムになりましたので、ちょっと広場に出てみました。もっぱら今は仕事で使っているコンデジG11を首から提げてひったくられないように辺りを見回しながらそろりそろりと・・。下の写真はハーフタイムが終わり、後半戦になってから。すごい人口密度ですねぇ。

Condegi_3 またまたブラジルが得点!(G11)お顔見えないし、ちょっと大きめにアップします。
Condegi_1 ふと空を見上げると、青かった。(G11)

Condegi_2やっぱり、ブラジルの人ごみを一人でカメラもって歩き回るのは怖いので、30分ほどで再びアパートの部屋に戻りました。さて、勝利の瞬間をデジスコで撮ってみました。白髪で赤いシャツを着た男性が勝利の直後、胸に手を当て、その後でタバコに火をつけていました。
Degisco_016 Degisco_017
シャッターを切ってた時には気づかなかったのですが、後で見てそういう場面だったんだなぁ~と。周りの人の喜び方と対照的ですよね。同じ試合を見ていてもその捉え方は人それぞれ違いますね。さて、勝利の直後でもあのおまわりさんは毅然としています。立派!!
Degisco_0115

勝利の後、景気よく花火があがりました。(デジ一 D90)
Apartamento_4
夕暮れ時、大騒ぎの人間に対して、夕空は悠然としています。mhkの部屋の窓って広場が見えるのはいいんだけど、お隣の人のテレビアンテナが邪魔なのよねぇ~。これがないと撮影条件いいんだけど・・・な。築40年のアパートで共同アンテナじゃないのです。個々に部屋からアンテナ出すか、室内アンテナなんですよ・・・。weep
Apartamento_5
まあ~。ブラジル ソロカーバのワールドカップ決勝トーナメント ブラジル戦第一戦はこんな感じでしたね。
ルールも何も知らないmhkですが、その大きなエネルギーは感じます。でも、自分としては静かな自然の方が落ち着きますけど・・・ね。人ごみは苦手です。

2008年10月12日 (日)

茜色のトンボさん~秋の訪れ~

今日のデジスコ出撃、風が強かったです。デジスコは超望遠撮影ですから、風でゆれると被写体が画面に出たり入ったり、激しいので写すの難しいです・・・。

いつものカワセミさんのポイント、しょっちゅう飛んでいるのは見かけるのに、ああ!!こんな近くにいる!!でも、まだ、ポイントに着いたばかりで機材セッティングしてなくて、間に合わず、あああああ~飛んでった!!!!

てな感じで、ようやく撮影できたのは、50mくらい向こうに止まってたカワセミさんで、ぼやけてます・・・。遠すぎてmhkのデジスコでは無理・・・。鳥さんはハクセキレイさんを写しました。

今日は茜色のトンボさんをアップ!アキアカネ、ナツアカネ・・・正確にはどっちかわかりませんが、どっちかだと思います。1匹だけでいて、ずっと同じトコにとまっていました。

たくさんいる、オレンジっぽい赤とんぼより、mhkはこの1匹だけでいる茜色の赤とんぼさんの方が好きです。(山田耕作作曲の赤とんぼの歌はどの赤とんぼさんのことなんでしょうねぇ~)

Sympetrum1












Sympetrum2












Sympetrum3












Sympetrum4












ちょっと離れては、同じトコに戻ってくる、その繰り返し、この4枚は全て同じトンボさんです。同じトコにいてくれたので、いろいろな方向に回って、光の当たり具合を変えて撮影してみました。一番下の写真がmhkは好きです。

稲刈りの済んだ田んぼもあり、キンモクセイも咲いています。彼岸花は終わり、秋だなぁ~って気分です。今日はカワセミさんは、すっごく近くでたくさん見たのに、写真はダメでした。でも、河原の雰囲気だけで『秋をご馳走様~』って感じでしたね!happy02

2008年10月 6日 (月)

カマキリさん・・・ドアップ怖い・・・

9月21日(日)

川沿いを歩いていたら前をカマキリさんが歩いていました。
Mantodea1












前に回りこんだら立ち止まってました。警戒してたんでしょうね。ドアップ怖~い。自分で撮っておきながらぞぉ~っとしてたmhk

Mantodea2












しばらくしたら、再び歩き出したカマキリ君。横を通り過ぎる時にパチリ!

Mantodea3












鳥さんのドアップは可愛いけど、カマキリさんは怖かったです・・・自分で撮っておいてなんですが。。。。その日は川沿いの道でカラスヘビ(シマヘビの黒化型らしい~)に会いました。ヘビは怖くてデジスコどころか普通のカメラでもシャッター切れませんでした。crying

一昨日は、今度は普通のシマヘビに追いかけられていたカエル君を見かけました・・・・。mhkの前をものすごいハイジャンプでしかも飛距離もものすごく長くジャンプしているカエル君が横切ったのです。へぇカエル君ってこんなにハイジャンプできるんだぁ~って感心してたら、それを追いかけているシマヘビ君が後から続いて、ぎゃ~!!!(←叫ばなかったけど心で絶叫のmhk)カエル君命からがら逃げてたのね。茂みに入り込んだからシマヘビ君見失ったみたいで、今度は静止してカエル君が逃げた方をカマクビもたげて、じぃ~っと見てました。これも怖かった・・・shock

まだまだ10月、結構気温高いからヘビ君もいるようです・・・。早く冬にならないかな・・・。

2008年9月14日 (日)

玉虫色のタマムシさん

この3連休は雨予報だったのに、昨日は小雨が時々、今日は起きた時は雨降ってたけど、すぐやんで陽が射してきた。

ジンバル雲台使いたくて仕方ないので、即出撃!!!

カワセミの若いお嬢さんにも会えましたし(遠かったけど)、水浴びする鳥さんの姿もとらえました。やぱり動態追尾は前後、上下、左右でスコープと重心が一致しているジンバル雲台が1番です!被写体導入に無駄な動きをせずに済むのでスムーズ!!すばらしい!!!

ところで、ジンバル雲台にスコープを取り付けると、ビデオ用雲台と異なり、スコープをつけたプレートが垂直になってジンバル雲台につけられる。mhkの持つVixenのジオマⅡED67-Sのスコープにはヒップサポートがないので、スコープとプレートを接続しているねじがどうしても時間がたってくると緩んできてしまう。それが恐ろしい・・・・。

その点はデジスコドットコムさんに平日になって相談してみようと思います。それ以外は使い心地最高!!!!

で、今日の1枚は鳥さんじゃなくて、タマムシです。河原を歩いていたら、きらっと太陽の光を受けて、何かがmhkの目に飛び込んできた。引き返してみてみると、こんなお姿!!!『玉虫色』で有名なタマムシさんですね。mhkは本物見たの初めてです!!!早速ちょと後ろに下がってデジスコ撮影(mhkのスコープは最短撮影距離が4mなのです。)

Jewelbeetle_2














自然界ってのは、ものすごい色彩感覚してますなぁ~coldsweats01写真のタマムシさんがとまっている草が強い風で左右にすごく揺れていて、超望遠撮影のデジスコだと相当苦労した写真です。連写のおかげで撮れました!good

2008年7月27日 (日)

カブトムシがやってきた!

昨日、野の葡萄でのランチの後、Caplio GXもって、ふらっと散歩して夕方帰宅。帰宅して玄関開けたら、お隣のおばちゃん(母と同年代)が門から出て行くのが見えた。

家に入るとなぜかテーブルに『カブトムシさん』がザルに入れられ、ラップで蓋されていた。何でもお隣のおばちゃんの家の庭にいたらしい。こんな住宅街の庭にカブトムシ?子供の頃から住んでいる家だけど、ここらでカブトムシ捕まえたなんて話聞いたことないよ・・・平地だし、最寄の地下鉄駅まで徒歩10分の場所・・・。

姪がたまに来るからとお隣のおばちゃんが捕まえた後持ってきてくれたそうです。

で、大人しか住んでない我が家は虫かごもないし、とりあえずカブトムシさんの住処を母がこしらえた。そのうちケースを買いに行くつもりらしい。今度姪が来たら見せてあげよう~喜ぶかな?

で、お隣のおばちゃんに不覚?にもつかまったカブトムシ君はコチラ↓

Beetle















Beetle2















久しぶりにカブトムシさんを見ました。もちろん写真撮ったのは初めて!;

2008年6月 8日 (日)

市民の森での散策

昨日はいつものコースの河原の横の低いお山(400mない)をぶらっとしてきました。そのお山から直接行ける横の山(600mない)は山頂の下の方のエリアは市民の森となっていています。渓流もそのエリアを流れていて、歩きやすいように整備されています。

で、今日はその市民の森へ行ってきました。3月~11月は土日祝日のみ地下鉄の駅近くのバス停から市民の森行きの臨時バスが出ています。本数少ないけど。

市内の都心部の公園で夏鳥のキビタキさん、オオルリさんが見られなくなったので、一度行ってみよう~って思ってたのですが、今週末までは梅雨入りしなかったので、昨日の山歩きでちょっとお尻が筋肉痛ですが、行ってきました。

行きは臨時バスじゃなくて、通常運行しているバスで行けるバス停まで行って、後は市民の森まで1時間くらいかけて歩きました。(←途中からずっと車道だからちょっと怖い!)

随分汗びっしょりになりましたが、山の方に登っていくとヒンヤリしてきますよね。樹木の力ってスゴイ!!!っと肌で感じました。この大量の樹木から降り注ぐモノを感じる時ってホントに好きです。

到着したのは12:00でした。着いてコンビニで買ったおにぎり食べて、後はデジスコ担いでぶら~っと自然観察の森を歩いてきました。渓流があってすっごく気持ちいいです。アップダウンきついトコもあるから、前日からのお尻の筋肉痛には響いたけど、別に何時までにどこに到着しないといけないという制約もないし、自分のペースでぶらぶら散策してきました。

鳥さんはお昼からだったし、いるんだけど、ちょっと遠いとこばっかで、囀りを楽しんできたってだけで撮影はできませでした。初めてのフィールドで予備知識もないし、今日は最初からフィールドの下見~って気分でしたからね。

でも、渓流沿いの道をぶらぶら歩くのってホントに気持ちよくて、満足!

渓流で見かけたカワトンボさんらしき虫をデジスコ撮影しました。(←昆虫は詳しくないので、よくわかりません)

Costalis













途中雨降ったので、あずまやで雨宿り。そこから座ったままデジスコで遠くのハナミズキをパチリ!

Flowering_dogwood













なかなか楽しかったので、今度は朝から行ってみよっかな。何しろ夏は木陰のない河原は辛いし、汗かきすぎると左だけで頑張っている腎臓君に負担かけるしねぇ~。

2008年6月 7日 (土)

ぶらっと山歩き

木陰のない河原に一日いるのは辛い季節です。で、いつも行く河原の横にある低い山(400m未満)にぶらっと行ってきました。mhkの住むエリアの山の会編○○県の山歩きという本で登山口をチェックして行きましたが、最寄りのバス停からその登山口へ行く道が見つからず、適当に林道から入って、ぶらっと歩いてきました。ちょっとドキドキ・・・でも、住んでいるエリアから近くだし、方向はわかってたし、一本道だからいつでも引き返せるようにはしてたしね。脱水症状出るとクレアチニンの値が高くなるし(左だけになった腎臓君に負担だし)お水はもっていきましたよん。

歩いているとキビタキ、オオルリさんがさえずってました。エナガも見られました。樹木が多い山道だから公園みたいに開けたとこだと撮影チャンスいっぱい!ってほど近い距離でさえずっているんだけど、今日は撮影チャンスなかったね。(← 初めての道だったから迷わないように、あんまり撮影に気を遣う余力がなかった)

で、山頂まであと少し!ってトコの分かれ道で、別ルートの登山口の方へ下りる道の方へ行ってぶらぶら帰ってきました。・・・その別ルートの登山口ですが、しっかりと○○県の山歩きに載ってたルートだったんだけどハプニングが・・・。

登山口にはすぐに下りてこられたんだけど、そこから普通の道路に下りる道がどこかわからなかったの。いえ、ちゃんと表示はあるの。3つのバス停に行く矢印がちゃんと3つ。でも・・・どっちの方向へ行っても、私有地に出ちゃう。入るのお断りの表示が・・・。最も自分が行きたかった方向に進んで階段を下りきったトコロは門があって、鍵がかかっている。

あと2方向も私有地。入るの禁止の札・・・。随分探したけど、やっぱりわからず、結局再び引き返して元の登山口へ下りていくほど体力もお水も残ってなかったので、入るの禁止の札はあったけど、車が停めてあって門が開いていたトコロから出させてもらいました・・・。何なの○○県の山歩きの本はぁ~!!!

今度からは引き返して、元の登山口に行かないと駄目みたいね・・・。← というか、その登山口はmhkは今回行き着かなかったんだけどね。(わからず別の林道から入ったから)

ま、鳥さんがいっぱいいることがわかったので、次回は私有地に入らないで済むようにいってみよう~。

撮影はできなかったけど、小鳥さん達のさえずりがたくさん聞けて楽しかったですよ。ちょっとスリリングでしたけど。

で、下りたトコでファミレスでランチして、いつもの河原のコースを歩いて、おうちに帰りました。で、河原の河川敷の公園でデジスコ撮影したキチョウとモズの女の子。モンシロチョウはよく撮れるんだけど、キチョウはなかなか撮影できなかったんですよね。(子供の頃からモンシロチョウは網で捕まえられるけど、キチョウは捕まらなかったの。キチョウの方がすばしっこい!!ってmhkの子供時代はそんな説があったけど、あれホントかな?mhkの住んでるエリアの子供だけの定説かしら?)

Butterfly













Bull_headded_shrike













デジスコドットコムで買った究具02照準器のおかげで、さっと前に飛んできたモズの女の子がすばやく画面に導入できて撮れたうれしい1枚でしたよ。今度は山の中の小鳥さん撮影できたらいいなぁ~。三脚かついで登るのは結構しんどかったけど、たくさんの樹木から降り注ぐ生命のオーラのようなモノをいっぱい吸い込んできました。こういう自然の中にとけ込んでいる時って好きです。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- | 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- | 03.腎細胞癌 経過観察 | 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- | 05.家族 | 06.感謝の気持ち | 07.お知らせ | 08.昔語り | 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア | 10.海外ボランティア | 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) | 12.日本語教育 | 13.日本の祭り | 14.青年海外協力隊 | 15.日系社会青年ボランティア | 16 婦人科検診 | 17. ブラジル | 18.Itatiaia | 19.Mato Grosso | 20.Pantanal | 21.Bonito | 22.Ubatuba | 23.Costa Rica | 24.Registro | 25.婦人科の病気 | 26.Iguape | 27.中国 | 28.大連 | 29.乳がん | 30.cooking | 31.各種検診 | 32.音楽 | 33.piano | a.機材 | b.デジ一眼 | c.コンデジ | d.デジスコ | e.アサヒペンタックスsp | f.花・風景 | g.動画 | h.*ist DS | i.ixy digital 2000IS | j.Caplio GX100 | k.Caplio GX | l..coolpix p5100 | m.GEOMAⅡED52-S | n.GEOMAⅡED67-S | o.GRⅡ | p.COOLPIX P6000 | q.TSN-774 | r.PowerShot G11 | s.D90 | t.PC関連 | u.D7000 | v.Power Shot S95 | w.PowerShot S120 | おすすめサイト | アオサギ | アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) | アオジ | アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) | アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) | アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) | アカエリシトド(tico-tico) | アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) | アカカタムクドリモドキ (Encontro) | アカゲラ | アカハラ | アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) | アカモズ | アトリ | アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) | アマゾンカッコウ(anu branco) | アメリカトキコウ (Cabeça-seca) | アメリカヘビウ(Biguatinga) | アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) | イエミソサザイ(Corruíra) | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) | ウミネコ | ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) | エナガ | エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) | オウゴンチュウハシ (araçari-banana) | オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) | オオハシカッコウ(anu-preto) | オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) | オオハシノスリ(gavião-carijó) | オオバン | オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) | オオヨシキリ | オオヨタカ (Common Pauraque) | オオルリ | オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) | オシドリ | オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) | オナガガモ | オナガミドリインコ(periquito-rico) | オニオオハシ(tucano-toco) | オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) | オリーブタイランチョウ(suirir) | オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) | オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) | オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] | カイツブリ | カササギ | カササギフウキンチョウ (Tietinga) | カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) | カルガモ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カワリヒメウソ(Variable Seedeater) | キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) | キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) | キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) | キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) | キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) | キバラガラ(Yellow-bellied Tit) | キバラツグミ(sabiá-poca) | キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) | キビタキ | キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) | キンクロハジロ | クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] | クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) | クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) | クロアシシャクケイ(Jacuaçu) | クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) | クロハチドリ(beija-flor-preto) | クロハラトキ(Curicaca) | クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) | ケアシスズメバト(rolinha-roxa) | コイカル(Yellow-billed Grosbeak) | コガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツリスドリ(Guaxe)_ | コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) | コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) | コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) | コチドリ | コバシバト(Short-billed Pigeon) | コンゴウクイナ(saracura-três-potes) | ゴイサギ | ササゴイ(Socozinho) | サメビタキ | サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) | シコンヒワ(tiziu) | シジュウカラ | シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) | シメ | ショウジョウトキ(Guará) | シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) | シロガシラ | シロガシラタイランチョウ(Freirinha) | シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) | シロハラ | シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) | ジョウビタキ | スズメ | スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) | スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) | スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) | ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) | セアカカマドドリ(joão-de-barro) | セグロセキレイ | セスジキンノジコ(tipio) | センダイムシクイ | タニシトビ (gavião-caramujeiro) | ダイサギ | チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) | ツグミ | ツバメ | ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) | ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ | テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) | トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) | トビ | トラフサギ(socó-boi) | ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) | ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) | ナンベイタゲリ(quero-quero) | ナンベイレンカク (jaçanã)_ | ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) | ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) | ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) | ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) | ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) | ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) | ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) | ハクセキレイ | ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ(Crested Myna) | バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) | バン | ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) | ヒドリガモ | ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) | ヒメアカクロサギ(Garça-azul) | ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) | ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) | ヒヨドリ | ヒロハシサギ(Arapapá) | ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) | ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) | ヒワミツドリ(Saí-azul) | ビンズイ | フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) | ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) | ベニタイランチョウ(príncipe) | ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) | ベニヘラサギ(Colhereiro) | ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) | ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) | ホシハジロ | ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) | マガモ | マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) | マミジロキビタキ | ミサゴ | ミサゴノスリ(gavião-belo) | ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) | ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) | ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) | ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) | ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) | ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) | ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) | ミナミカラカラ(caracará) | ムクドリ | ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) | メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) | メジロ | メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) | モズ | ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) | ヤツガシラ(Upupa epops) | ヤマガラ | ユリカモメ | ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) | リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) | ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) | ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) | ルリビタキ | レア(ema) | 中国の祭事 | 動物園・植物園 | 心と体 | 旅行 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 月・星 | 横浜 | 紅葉 | 花火 | 街の風景 | 野性動物 | 野鳥

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ