カテゴリー

カテゴリー「動物園・植物園」の8件の記事

2009年3月15日 (日)

野毛山動物園のレッサパンダ~研修息抜き~

日曜なので講義はなし、JICA横浜のそばは観光地です。昼間も夜も景色最高です。

歩いていける範囲でも見るトコいっぱい!でも、今日もやることあるし、お昼前からちょっとお散歩してきました。野毛山動物園、小規模の無料の動物園です。

でも、なかなかご盛況でした。レッサーパンダが大サービスしていましたよ。コンデジしかないけど、GX100で写して見ました。ラブリーです。

Lesser_panda











Lesser_panda2











Lesser_panda3











さー、ちょびっとリフレッシュできたし、また研修の課題がんばろうっと!

2008年8月19日 (火)

植物園のライトアップ!~真夏の夜の動植物園2008~

夜の動植物園、植物園の方は職員の人の手作りのライトアップ!これセッティングが大変そうです・・・。綺麗でした。

Light_up2










Light_up3_2










Light_up










閉園時間間際、火を消している職員さんが。口で吹いて消している人、ペットボトルの水をかけて消している人。ホントにお疲れ様です。これが8月の間毎週土曜日ですものね。お体大切に!!!ありがとうございます~。

2008年8月15日 (金)

しなやかなトラさんは猫のお仲間~真夏の夜の動植物園2008~

8月2日(土)の夜の動物園、だらっとしたお隣のライオンさんに比べて、檻の中をものすごい勢いで駆け回っていたトラさん、しなやかな動きがステキ!

ボールで遊ぶ様子は猫ですね。やっぱりトラって猫科なんだなぁ~って納得~。

Tiger1










Tiger2










Tiger3










Tiger4










トラさん、大サービスありがとう~

2008年8月14日 (木)

眠たい眼のライオンさん~真夏の夜の動植物園2008~

去年に引き続き2回目の夜の動植物園。ライオンやトラさんが昼間はでれ ぇ~としているし、夜行性の大型の猫科の動物はさぞや活気あることだろうと去年期待したものの、昼と同じくでれぇ~としてたライオンさんたち。

今年は!!!とちょっとは期待してたけど、今年も眠かったみたい。一体、いつの時間帯ならしゃんとしたライオンさんなんでしょうねぇ~。

サバンナで狩をする必要のないライオンさんは四六時中でれでれ、だらだら・・・なんでしょうか・・・?

Lion1










Lion2










Lion3










オスのライオンちゃんが体起こしたの一瞬だったの。ライオンちゃんのお隣がトラさんだったんだけど、トラさんが結構駆け回っていたもんだから、そっちにばかり視線が集中・・・・。そこにいた子供たちもトラさんばかり見ていて、一瞬からだ起こしたオスのライオンちゃんは見損ねてました。パパさんが『ほらっ』と体起こしたライオンのほうを指差したんだけど、子供たちが見た時にはまたふて寝?してました。残念~。mhkは三脚でスタンバってたのでパチリ!

2008年8月13日 (水)

バーバリーシープの双子~真夏の夜の動植物園2008~

8月2日(土)の夜の動植物園。
去年も見に行ったバーバリーシープ。

双子が4月に生まれたそうです。

Barbary_sheep










双子がこっち見てます。可愛い~。

Barbary_sheep2











元気に育ってねぇ~

Barbary_sheep3











動物のおちびちゃん見ると幸せ~な気持ちになりますね!

2008年8月11日 (月)

おさ~るさ~んだよぉ~真夏の夜の動植物園2008~

一昨日、昨日は2歳児&7歳児(姪)がお泊りでした。この暑いのに元気です・・・。そういうわけで、週末でしたがフィールドには出ませんでした。カメラさんたちは出番なし。

おチビさんたちは元気いっぱい!折り紙、お絵かき、シャボン玉、シャーベット作りと、起きている間はエネルギーの塊です・・・。同じ市内に住んでいるけど、それほど頻繁には会わないので、やっぱり会うたびに成長しているので面白いです。

今日の写真は8月2日(土)の夜の動物園に行った時のモノ。8月に入って、1日は花火大会、2日は夜の動植物園、3日はフィールドでカワセミさん撮りと3連チャンでしたねぇ~。

去年も行った真夏の夜の動植物園。8月は毎週土曜日にやっているんです。人が多い時は三脚広げるの迷惑なので、今回は一脚と三脚両方持っていきました。

福岡市動植物園って、山切り開いたとこなので、むちゃくちゃ蚊が多いので す。なので、去年の教訓から虫除けスプレーと虫さされの薬を持っていきました。何も知らずにミニスカに、首の開いたお洋服のデートで気合が入ったお嬢さん が餌食になってましたねぇ~。裸足にサンダル履きなんて無謀だよぉ~。

mhkは分厚い靴下にGパン、長袖にカメラマンベスト、帽子で、足首、Gパン、手足に念入りに虫除けスプレーかけたので、どこも刺されませんでしたよ!

mhkはいつ動物園に行っても、ついつい長居してしまうのが、サル山です。一匹一匹の仕草に目が離せなくなって、去年と同様に陽が暮れそうになってから、暗くなるまで結構長居しちゃいました。最初一脚使ってたけど、後のほうは三脚出しました。去年はサル山はすっごく人が多かったので三脚出しにくかったんだけど、今回はそれほどでもなく、三脚出しても人に迷惑かからないほどのスペースは確保できたからね。

おサルさんの表情ってホントに面白い。下の写真の真ん中のおサルさんなんて、人間っぽい表情よねぇ~。

Monkey1











高いとこでも、リラックスしていて、なんかうらやましいねぇ~

Monkey7











何を考えているのかな?

Monkey4











赤ちゃんザルが可愛くて!でも、赤ちゃんザルはすばしっこくて、暗い中での撮影は厳しかった・・・。

Monkey2Monkey3Monkey6




Monkey5










赤ちゃんを守るお母さんの愛情がいっぱい!なんか見ているとホワ~ンと温かい気持ちになっちゃいます!これに見とれるからサル山には長居しすぎて、他の動物のトコで時間がなくなっちゃうんですよね・・・。

2008年8月 2日 (土)

アオサギさんとペンギンさん~真夏の夜の動植物園2008~

夜遊び続きのmhkです。こう暑くちゃ、陽が昇ってる間に活動するのは辛いんだもん・・なんちゃって、金曜が花火大会で、今日、土曜日は真夏の夜の動植物園に行ってきたのです。

福岡市動植物園は毎年8月は毎週土曜日18:00~21:00開園。(昼の部は17:00までで一旦閉園してから1時間後に開園)

写真いろいろ撮ったけど、今日はフンボルトペンギンさんの写真をアップ!

フンボルトペンギンさんは南極がお住まいじゃないので暑さは強いけど、寒さには弱いお方です。なので、ガラスの中ではなく、お外の囲いにいらっしゃるのですよぉ~。

Humboldt_penguin_1










Humboldt_penguin_2










ガラスで囲ってないし、お外から侵入者も・・・。アオサギさんが普通~にフンボルトペンギンさんのお池でお水飲んでました・・・。ペンギンさんとツーショットも・・・・。

Gray_heron















Gray_heron_and_penguin










おかあさんと来ていた男の子(小学校低学年か幼稚園かな)おかあさんに頻りに聞いています。
男の子:ねえねえ、あれ何?何しようと???(アオサギ指して)
母親:(うるさそうにしている。)
男の子:ねえ、おかあさん、あれ何?(アオサギだよって教えてあげたいが、おっかさんの様子が子供に対してうるさそうにしているし、何か口出しできない雰囲気・・・)
母親ペンギンの真似しようだけ!!ほら!行くよ!(腹立たしげな様子)
で、そのまま行っちゃいました。屋根もないし、野鳥が自由に入り込めるから、アオサギさんが入ってきただけだよ。ま、あわよくば餌にありつけるといいなって思ってのことだと思うけどね。
アオサギさん、ペンギンの真似していることにされちゃったのねぇ~。何かおかしくて、吹き出しそうになったよ!

2007年8月 6日 (月)

真夏の夜の動植物園

昨日から妹の1番目の娘(6歳児)が泊まりに来ています。お友達がおばあちゃんのおうちに1人で泊まったとかで、自分も!とチャレンジしたくなったようです。4歳の時は、2番目の子が生まれた時と、妹が入院した時の2回ほど泊まりに来たことはあったのですが、そういう事情がなくてのお泊まりは初めてです。

昨晩も今晩も8:30頃から絵本読んで寝かしつけるのに1時間ほどかかりましたが・・とりあえずママがいい!!!とだだこねることもなく、わりに楽しそうにしてます。今日は絵本2冊読んで、団扇で扇ぎ続け、ようやく眠ってくれました。

ところで、8月は毎週土曜に福岡市動植物園が18:00~21:00に真夏の夜の動植物園として開園しています。七隈線 桜坂駅から10~15分おきに無料シャトルバスが出ています。入場料は大人\400ですが、桜坂駅と入り口付近で割引券を配っているので、\320で済みます。

夜行性のツシマヤマネコ( ほ乳類レッドレッドリストで最も深刻な絶滅危惧IA類に指定されている)を見るのが第一の目的でした。昼間に両親が行った時には奥に入ったまま、出てきてくれなかったそうです。やっぱり行ってよかった!どんどん走り回ってましたよ~!!!写真も撮れました!

径の小さな望遠レンズしか持ってない上に、腕も悪いので、三脚持参~!

まずはフラミンゴにサイにキョン。キョンって鹿の仲間ですが、奥に慎ましくいて、殆どの人に気づかれることなく、通り過ぎられていたのです。カメラ向けると結構カメラ目線・・・。下の右端のお方です。結構ラブリーな瞳!

Imgp1452Imgp1456Imgp1458





次は左がバーバリーシープ。これはヤギさんでも羊さんでもなく、ウシくんの仲間です。真ん中が本日の第一の目的であったツシマヤマネコ様。ひとしきり走り回った後、奥に行かれて、じっとしたところをパチリ!三脚持っていって、よかった。このころにはかなり暗くなってて、mhkの腕では手持ちでは無理でした!右端はさる山のおサルさん達。子供の頃、動物園に行って、檻にに入れられている動物はみんな何だか可哀想に思え、唯一サル山のおサルさん達だけ幸せだよなぁって思ったものです。結構マイペースに生きてますよ・・・ね。

Imgp1463Imgp1467Imgp1471





さて、その次は百獣の王ライオン様。左のメスのライオンさんは、美しい~、きりっとしてて素敵!オスのライオンさんは体起こしている時もあったけど、大抵右の写真のように惰眠・・・。お疲れ?

Imgp1491Imgp1494Imgp1495





さて、植物園の方に行くと、展望台の方へ行く路がキャンドルでライトアップ!素敵!動植物園のスタッフの方達、準備大変だったでしょう~。ありがとうございました!その横の写真は温室の中で見た開きかけた睡蓮の花です。昼間見る睡蓮とはまたちょっとひと味違っていいですねぇ~。で、最後が初日8/4のみ見られた福岡県調理師協会による『氷の彫刻』

Imgp1496Imgp1512Imgp1478





18:00に桜坂の駅でお友達のcocoさんと待ち合わせして、行ったのですが、閉園の21:00間際まで植物園にいて、急ぎ足で引き返し、シャトルバスに乗り込み、たっぷり真夏の夜を楽しめましたよ。\320で安いモノです!
8月は11日、18日、25日と毎週土曜やってますから、興味がありましたらいかが?動いているツシマヤマネコ様にも会えますよん!

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ