カテゴリー

カテゴリー「キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi)」の5件の記事

2011年8月 8日 (月)

子宮筋腫との闘い~術後6日目 走らんでいい! グッピー狙いのブラジルの黄色い子~

8月8日(月) 術後6日目です。朝起きた時など、長時間からだを動かさない状態から体を起こす時は、手術の傷の痛みが走るのですが、座っている時から立ち上がる時などは、それほど痛みが激しく走ることもなくなりました。

さて、昨日(8月7日(日))の昼食はこんな感じでした。↓

Img_0010_blog

相変わらず、緑がないメニューです・・・。寂しい・・あと、塩分のコントロールなのですが、栄養士ってのは基本お料理が好きか、得意というイメージがあったのですが、今回の入院でその認識が????ってなりました。まず、このキャラブキ(蕗の佃煮)は超塩辛かった!ひぇ~と思ったら、お魚の付け合せのサトイモには一切味がついてない。全く塩分の気配もない・・・。そう!この栄養士の思想って、それぞれのお料理の味付けを美味しく!というよりは「トータルの塩分」をコントロールしさえすればよい!というもののようです・・・。

仕方ないので、味なしサトイモには大根のあんかけの部分をかけながら食べました。この時は腸がとっても敏感だったので食べるのが辛くて、副食は9割!頑張りましたが、ご飯は2割しかはいらなかったなぁ~。

次は、その日の夕食↓

Img_0011_blog

う~ん・・・緑がない・・・普通1人暮らししてても、母の料理を食べてても、mhkは比較的青菜は毎食食べるほう。小松菜、ほうれん草、ミズナ、チンゲンサイ等々のお浸しとか・・・だから、ここの病院食でほとんど青菜系がないのは結構つらいし、そのせいで、お通じがスムーズじゃないので、なおさらお腹が張ってきついんですよねぇ~。昨日は飲むヨーグルトを買って飲んでみました。

豚肉はメニューの名前に「ハワイアン風」って書いてあった・・・トマト風味だけど、パイナップルが入っていて、それでハワイアン?よくわかりません・・・ちなみにmhkはパイナップルはシロップ付も熱を入れたものも大っ嫌い!パイナップルはやっぱり新鮮な生が一番です・・・。邪道!!!ハワイの人が聞いたら怒るよ!しかし、今の状態のmhkだから量に不足はないけど、足の負傷とかで入院している男性は、このお肉の量、足りないだろうなぁ~。売店に大量のカップめんが売ってあって、職員用かな?って思ってたけど、これ元気な患者用かも・・・と思ってしまったよ。

お次は本日8月8日の朝食!;

Img_0013_blog

出ました!「鉄ゼリー様と味付け海苔様」が小皿にのせられております!やっぱり緑少ない!青じそに練り物というのは得意技です。そうそう、お味噌汁に葱がありませんが、葱が入っている場合はメニューに「葱」って書いてあります。そう、葱ってここでは、味噌汁の具だったんですねえ~。このメニュー、やっぱり便秘になりそうだよぉ~。

ついでに、お味噌汁はおいしくありません。多分出汁不足。自分で作る時は出汁と味噌は別だから個別に調整できるけど、こういうところでは出汁入り味噌を使っているようで、塩分調整で味噌を少なめにすると自動的に出汁も一緒に少なめになって美味しくないみたい・・・お出汁多めにすればお味噌すくなくても美味しいお味噌汁になるけどねぇ~。

今朝は海苔で勢いをつけて?ご飯4割食べました。味噌汁は具は食べました。お汁は・・・3割くらい・・。

本日、実は午前中お昼前に2時間ほど外出許可とって外出しました。ちょっと役所に行かないといけなかったので・・・。特に問題なく大丈夫でした。ただ、道路を渡っている時に途中信号が赤に変わっても走れません。さすがに振動すると傷に痛みが走り、まだ、走りたくても走れない!・・・そう実感しました。外に出ないと病院内では走ろうなんて思わないからね・・・。

ま、正午には無事に戻り、本日の昼食はコチラ↓
Img_0014_blog

八宝菜にカマボコ入ってた・・・ここ、練り物好きよね?mhkは食事の用意する時に練り物使わない、そもそも買わないので、ちょっと気になるかな・・・。副菜9割り頑張りました!ご飯は4割。

今日の夕食はというと・・・こちら↓

Img_0016_blog

比較的緑が多いかなぁ~。サツマイモが苦手なmhkですが、頑張って食べました。副食完食!ご飯は3割。婦人系の手術をした後って腸の動きを敏感に感じて、食べた後は痛いのです。それが一番テキメンなのが特にご飯なのです。ですから、副食はなるべく完食、ご飯は少なめとしています。

手術後、まだ空腹になって食事するって感覚は味わってません。腸の動きがまだへんなのですねぇ~。 5年前に右腎摘出術した時もそうだったから・・・仕方ないですねぇ~。

夕食前に主治医のU先生が病室に様子を見に来られました。

U先生:どうですか?
mhk:大丈夫です。でも、走れません。
U先生走らんでいい! 入院中、走っている人いないよ。まだいい!ま、それだけ元気だったら大丈夫でしょう。

あ、別にmhkはどうしても病院で走りたかったわけじゃないんだけどね・・。外出中信号が変わった時に走りたくても走れなかったもんで・・・走れません・・って答えがつい、でちゃったのです。はい、まだ走らなくていいです・・・ね。

本日は、病棟3棟階段ウォーキングコースを3回外出で約1時間ウォーキング、あとは消灯前にもう1回院内ウォーキングしようかなぁ~。

本日のブラジルの鳥は、いつもいつもmhkのアパートの外から朝うるさくbem-ti-vi!ベンチビー!!!!と叫んでたたき起こしてくれていた子です。ブラジル滞在2年間の日常にどっぶりいた子なのですが、今ここ日本では会えません。1ヶ月ちょっと前は日常だったのに、もう思い出になっているんですね。それを象徴してくれるのがこの子です。

これは、ブラジル最後の鳥撮りに訪れた校長先生のお庭のグッピーを失敬しによくきてた子です。その池にはグッピーがいるそうです。なんか、まった~りととまっていました。最後にmhkにお別れの挨拶に来てくれたのかもしれません。

Img_8039_blog

Img_8070_blog

和名:キバラオオタイランチョウ ポルトガル語名:bem-ti-vi 英語名:Great Kiskadee 学名:Pitangus sulphuratus

ブラジルから日本というように極端に長距離を移動することはそうないかもしれませんが、今ある普通の日常がいつか思い出に変わる時は必ずあるのです。ですから、一日一日を大切に生きていきたいですね。

2010年7月28日 (水)

あら失礼!あなたもPescador!Be-te-vi~パンタナールの鳥デジスコ編2~

ブラジルに来て1年もたっているので、任地ソロカーバでもサンパウロでも年中やかましく鳴いているBem-te-vi(キバラオオタイランチョウ)を見ても何の感動もないmhk。

日本からパンタナールにやってきた旅行者ならきれいな黄色だし、鳴き声(←毎朝この声に起こされているmhkには叫び声にしかきこえんけど)そのまま名前になっているし、結構人気者なんでしょうねぇ~ガイドさんの説明にも力はいってます・・・・。

で、パンタナールで見ても、ふ~んって感じであまり関心がもてないmhkでしたが、その日はなんだか様子が変!名前にPescador(釣り人)を持つ、Martim-Pescador-grande(オオヤマセミ)かMartim-Pescador-verde(オオミドリヤマセミ)のお魚捕まえた瞬間をカメラに収めたい!と思いながらフィールド回ってたmhkもBem-te-viがやたら首振り回しながらとまっている樹に何かをたたきつけているのに気がついた。すっごい音たててる!パシッパシッ!

デジスコで見てみると・・・。
Dscn4641_blog

Dscn4645_blog

Dscn4647_blog

パンタナールのBem-te-viは街中にいるBem-te-viとは違うのかな?失礼しました。君もお魚つかまえられるんだねぇ~。感心しちゃいました。ちょっとイソップ童話の『まちのねずみといなかのねずみ』を思い出しちゃいましたねぇ~。この子はいなかのねずみのチャーリーってとこかな?まちのねずみのタイラー役のBem-te-viがきてもお魚つかまえられないかもぉ~。

このお話はどっちがいいとかじゃなくて、それぞれの自分に合ったライフスタイルが一番であって、人の幸せに対する考えは人それぞれなんだってことだったと思いますが、街のBem-te-viもパンタナールのBem-te-viも与えられた生命を全うするために、それぞれ必死で生きている。与えられた生命を全うするこの姿を人間は学ばないといけないと思います。

和名:キバラオオタイランチョウ ポルトガル語名:bem-ti-vi 英語名:Great Kiskadee 学名:Pitangus sulphuratus

2010年6月16日 (水)

ワールドカップのブラジル戦の日にブラジルでデジスコ授業!レジストロ編

ブラジルサンパウロ州聖南西担当のシニアボランティアのmhkさん、趣味のデジスコがなかなかできないもどかしさにのたうちまわりそうですが、安全第一の原則は守らねば・・・とは心に戒めております。

昨日からレジストロというブラジルサンパウロ州にある聖南西地区内の街に出張してます。今レジストロのホテルからこれを書いています。

健康診断一時帰国中安全な日本でもデジスコする時間もなく、何か鳥さんと遊んでもらってない~と欲求不満からではありませんが、帰国前から約束していたレジストロというmhkの聖南西地区内の街の日本語学校で文化授業実施。超望遠撮影体験3校目。

さて、よりによって実施日はワールドカップ ブラジル戦第一戦目の日でした。

ブラジルはワールドカープのブラジル戦のあっている時間は街に人っ子一人いなくなるので、その間は不用意に町に出ないように・・・って受け入れ先のソロカーバの日本語学校の先生(mhkにとってブラジルの母のような存在のお方)から言われました。ブラジルはワールドカップのブラジル戦のある時間は学校もお休み、会社も休みにするとこともあったり、会社でテレビ観戦させるとこがあったり会社によっていろいろ違うみたい。そういうわけでほとんどの人がブラジル戦をテレビで見ているから街には人気(ひとけ)がない。そんなとこをのこのこ歩いて犯罪に巻き込まれたら目撃者もおらず・・・危ない。ブラジル戦が終わった後も(買っても負けても)興奮状態にある人が多いので危険・・・・なんだそうです。

どひゃ~!!!その日、出張入れちゃったよぉ~!!!!それを知った時にそう思ったけど、試合のある時が一人でバスで移動中じゃないしね、大丈夫よね。レジストロの日本語学校の先生と合流後、授業の途中からブラジル戦だし・・・ま、出張は予定通り。

午前中レジストロに着いて、日本語学校の先生にデジスコの仕方をご紹介(ついでに日本語学校のお庭の鳥さんも撮影しちゃいました)

13:30-15:00授業

ブラジル戦前で生徒は普通どおりです。デジスコ授業実施!

15:30ー

その時間帯の子が一人来たけど(他の生徒はやっぱり来ません。何しろ公教育のブラジル学校だてブラジル戦の時は休みなんだしね。その生徒も試合を見たい様子だったのでスクリーンでブラジル戦を見ている部屋に行ってもらいました。

その時間帯の生徒じゃないのですが、別の時間帯の成人クラスの生徒と以前生徒で今授業のアシスタントをしている女の子(17歳)がカメラに興味のあると言われて、ブラジル戦をお隣のスクリーンでやっている最中(さなか)デジスコ授業を実施!

ワールドカップのブラジル戦の間にブラジルでデジスコ授業したのは世界広しといえ、mhkだけに違いない!!!!

今日ご紹介する1枚目:午前中に先生にデジスコの撮影方法を紹介した時に庭にいたキバラオオタイランチョウ(bem-te-vi)の写真(mhk撮影)

Bemtevi_mhk2枚目は午後の授業で生徒にシャッター切らせた、やっぱりキバラオオタイランチョウ(bem-te-vi)の写真。学校の隣が公園のような敷地になっていて、(スズメとbem-teviは本当にブラジルの町中にはうようよいるので)よい生教材になってくれました!ブラジルのデジスコ授業3回目でで初めて鳥さんの撮影実践できましたよん。
Bemtevi_aruna  フレームに入れるとこと、スコープ側のピント合わせ、露出の調整はmhkがしましたが、その後レリーズを握らせてシャッター半押した後切るとこは生徒にさせました。初めての子が撮った写真としてはなかなかでしょ?

、うるさくて庭のグッピーを失敬したりしてブラジルでは嫌われているbem-te-viがブラジルの子に好かれた珍しい一日でした。

鳥さんの実践撮影以外にも撮影者以外にモデルをさせて、デジスコのムービー機能でビデスコ体験もしてもらい、撮影会の後はmhkのノートパソコンで映像をみんなで楽しみました。

ワールドカップはブラジルが勝利!その後ホテルに車で送っていただいたのですが、まだ予選の第一戦に勝利したという段階なのに興奮状態の若者が多く、車のそばをかすめるように乱暴に走る二人乗りのバイクが何台かあり、周囲で雄たけびが聞こえていました。

なので、興奮状態がさめてから夕食をとることになり、20:00にホテルに迎えにきていただくことになり、それからお食事を日本語学校の先生として、ホテルに戻り休みました。

今朝は5:00に目が覚め、これを書いているわけです。なかなか珍しい体験して、楽しかったですよん!

 

2010年2月24日 (水)

bem-te-vi!!!!!!

さて、ブラジルに来てスズメよりも一番目につく鳥さんのBem-te-vi (ベンチビー)その名のとおり、けたたましく(日本の方はヒヨドリが叫んでいる声を思い出してください)ベンチビーベンチビー!!!と鳴くのです。

すっごくうるさいです。mhkは毎朝この声に起こされている感じ・・・街中のど真ん中に住んでいるmhkですが、教会の広場の前のアパートに住んでいるmhkは毎朝6時に教会の鐘に起こされるのですが、6時前からBem-te-vi の叫ぶ声で目が覚めています。かなり苦痛です・・・。

ブラジルに着いてJICAの現地適応研修がサンパウロ市であっていた時に公園で最初に見かけた時には、とても綺麗なレモン色の鳥さんで心がトキメいたのですが、今では・・・ちょっと静かにしてよぉ~って言いたくなる・・・。

とはいっても、綺麗な鳥さんなので、日曜に公園に行った時に一応撮ってみました。日ごろの恨みは心にしまって、樹木の花の蕾なんかとあわせちゃったりして・・・・わぁ~こうしてみると、ちょっとよさげな鳥さんに見えるぅ~?

和名:キバラオオタイランチョウ ポルトガル語名:bem-ti-vi 英語名:Great Kiskadee 学名:Pitangus sulphuratus

この鳥さんだけはmhkは和名で呼んでいません。大きな大きな叫ぶような鳴き声のBem-te-viなのです。
Img_2268_blog

2009年8月23日 (日)

君の名はその1の回答の半分

サンパウロで現地適応研修中に行ったParque do Ibirapuera(イビラプエラ公園)で撮った名も知らぬ鳥さんに『君の名は?』と問いかけても答えてもらえるわけもなく、でも、その鳥さんのうち黄色い子の方は任地のソロカバでも今月になって出かけている巡回先でもどこでもよく見る子・・・・。この子の名前がわかりました。8月から毎週月曜に受入れ機関の学校のブラジル人の日本語の先生にポルトガル語を教わっています。先生は特に鳥に詳しいわけじゃないのですが、この鳥さんはどこでもいるだけあって、有名なお方だったようです。鳴き声からブラジルポルトガル語では『bem-te-vi 』というそうです。

さて、それがわかればネットで調べられます。ブラジルのyahooで検索したら、ほら!出てきた!ポルトガル語版wikipediaで。ここで学名がわかったので、その学名を今度はYahoo Japanで検索したら日本語版wikipediaが出てきました!

お腹が黄色い子の方はキバラオオタイランチョウとおっしゃるのだそうです。もうお一方(ひとかた)いらっしゃいますが、その方の名はまだわかりません。よく写ってないのでわからないかもねぇ~。ま、そのうちねぇ~。まだデジスコをブラジルではできないけど、そのうちそのうち・・・と巡回先のいい感じのカントリーなトコを見ながらブラジルでデジスコ!を企み中のひよこシニアのmhkなのです。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ