カテゴリー

カテゴリー「o.GRⅡ」の44件の記事

2014年5月15日 (木)

ムシクイ類がたくさんいるポイント

勤め先のキャンパスは、だだっ広くて、山を切り開いた感じで、整然さがなく、どこかいつも工事していますが、整然としてなくて樹がたくさん植わってるおかげで、結構鳥さんあ入ってくれます♪

ムシクイ類がいるポイントは、こんな感じです♪

R0015410_p

R0015420_p

授業の合間に、ここ↓のベンチに腰かけて上を見上げるとムシクイ類さんが観察できます♪ムシクイ類は大抵いますね。時々、ヒタキ類も来ます。ここから100mくらいのトコに草原っぽいとこがあって、そこがホオジロ類のポイントなのです。

R0015423_p

R0015411_p

上を見上げるとこんな感じ♪ 緑に包まれている感じですよ。

R0015422_p

ベンチのあるあたりは、学生が授業の合間によく日本語や英語の暗誦の練習をしている様子が見られます。他に、年配の方が太極拳かなんかの練習をしてたり、散歩してたりしてます。

2013年11月10日 (日)

大連の紅葉黄葉2013年

キャンパスの紅葉がきれいです。昨日雨が降ったのですが、今日は青空。昨日の雨でずいぶん散ったので、そろそろ紅葉も終わりですね。

大連でピアノの練習を始めて1ケ月半ちょっと。弾いている間は集中できるので気分転換になります。なので、バタバタしているのですが、ちょこっと写欲が戻った感じです。
今日は、スピーチ班の原稿指導が入ってたので午後から大学へ!青空ですし、紅葉も最後になるかもしれないし、デジ眼とコンデジもって出かけました。
コンデジGRⅡで!

R001536_p

R0015372_p

R0015373_p

NikonのD7000で!

Dsc_5067_p

Dsc_5055_p

Dsc_5057_p

Dsc_5060_p

Dsc_5064_p

Dsc_5065_p

Dsc_5067_p_2
丸坊主の銀杏の木もありますが、これは結構
残ってます。(これもD7000)
Dsc_5074_p
半月がぽっかりと黄昏の空に!(D7000)
Dsc_5097_p
プラタナス並木が黄昏時にシルエットになてきれいでした!GRⅡ!
R0015377_p
ピアノの練習の後、気持ちが高ぶってる時に、ひんやりした空気の黄昏時のこんな景色の中歩くのって、気持ちいいです!!GRⅡ
R0015382_p

今学期、22コマ/週と授業が多くてバタバタしてますが、毎日ピアノ弾いて気分転換しているせいか、ちょっと写欲が戻ったmhkですぅ~♪

2013年10月 6日 (日)

2013年大連の秋を拾う~青空~

今の大学も9月から3年目に入ります。この大学に赴任した年は、夏にブラジルから帰国して子宮筋腫が1kg以上になってて急遽手術してから赴任、そして、その学期を終了した冬休みに一時帰国中に乳がん発覚、前の手術から半年しかたってないのに、また手術、そして、5週間の放射線治療。結構体もきつかったけど、その1年って心に余裕がなかったなぁ~。で、どうも、あんなに好きだった写真も、今一つ意欲がなくて、写欲が出ないまま、2年過ぎたなぁ~って感じでした。

今、国慶節の連休中なのですが、そのちょっと前に、大学の中の芸術教室で、ピアノのレッスンやってて、お金払えば、レッスンの時間以外の時間帯はピアノを弾かせてもらえることがわかり、子供の頃からやってて、ずっとブランクはあったけど、練習カード作って、国慶節のちょっと前から弾きに行っています。

ブランクがあるので、特に左手は悲惨なのですが、ピアノを練習している間って無心になれるので、心が浄化される感じ、なんかブラジルから戻ってきた後、ドタバタして、とりあえず、目の前の仕事はこなして・・・て感じできたけど、ピアノ弾き出して、リラックスできる時間ができたなぁ~って思います。

無心になれる時間って大事ですよねぇ~。

芸術教室の近くは、大学の中の樹木がおおいとこで、そこには鳥さんの声もよくしているので、通っているうちに、すっかり萎えていた?写欲が出てきて、昨日、今日と青空がとってもきれいなのも手伝って、大学構内をデジスコ出撃しました。テーマは『大連の秋を拾う~』

青空がきれいで、銀杏の黄葉が映えますねぇ~。GRⅡで撮影

R0015355_p

R0015363_p

このてっぺんのあたりをデジスコで撮ってみました。
Img_5176_p

バックのレンガ造りの建物の裏には、紅葉したツタがはってます。
R0015345_p

その部分をデジスコでズームイン!
Img_5067_p

芸術教室の近くのカフェです。↓カメラ担いで疲れた時にティタイム♪今日は、午前中、デジスコ出撃した後レモンティとパンでお昼食べて、そのままピアノ弾きにいきました。三脚担いでカメラバッグに撮影機材と楽譜入れて、Gパンにフォトベスト(カメラマンベスト)着て現れるmhkみて、きっと内心なんじゃい?って思われていると思うけど・・・。
R0015329_p

その前の道路↓ 青空に街路樹が映えます♪GRⅡで撮影
R0015336_p

今年の大連はいつまでも暖かく、紅葉はあんまし綺麗じゃなさそうですが、ピンポイントでデジスコでズームインすると、ちょっと秋っぽい雰囲気が拾えますねぇ~↓

Img_5161_p

Img_5188_p

下に咲いている野草(キヤノン Powershot G11で撮影)↓

Img_1730_p_2

Img_1725_p

Img_1728_p

久々のデジスコで鳥撮りはなかなかうまくいきませんが、シロガシラさんは、樹のてっぺんにいてくれて、青空バックにパチリ!いい感じ?とまっているとこに、樹の実がなってて、秋っぽいでしょ?

Img_5323_p

Img_5319_p

Img_5324_p

松の樹にカササギさんがとまってました。黒と白のツートンカラーで露出が難しいんですよねぇ~。

Img_5203_p

Img_5220_p

Img_5226_p

Img_5235_p

カササギさんもシロガシラさんも、表情がかわいいですよねぇ~。これからも、時間見つけてデジスコ撮影しようと思いますぅ~。

2012年10月27日 (土)

黄昏時の秋の大連より~やっぱりGRⅡはよいカメラ~

この1年病気を2度もして、乳がんは投薬のみとはいえホルモン療法中で、今後約5年続きます。ブラジルから戻った後病気をしたせいか、写欲があんまりわかないんです。

でも、ホルモン療法を続けていても副作用もほとんどないことだし、少しずつ体の中で撮りたいなぁ~って意欲がもたげてきたかな~。

ま、せっかくだし、大連の秋を撮ってみようか・・とカメラ持ってキャンパスの中を散策してみたけど、今年は大連はあまり紅葉がきれいじゃないんです。もともとあまり紅葉が綺麗なトコじゃないんですよね。去年は綺麗だったんだけど、今年はあんまし~。

なので、キャンパス内を歩いても写欲がわかなかったです・・・・。ふと、昼間の紅葉、黄葉がきれいじゃないなら、黄昏時に光の力を借りて大連を綺麗に撮ってみようか・・・と、今日は夕方から散策に出かけました。黄昏時に撮るってことは光が足りない・・・。一眼だと三脚がいる・・・。三脚まで持っていくと、外国人でめだつ・・・というころで、今日はコンデジ持っていきました。でも、普通のコンデジじゃありません!スーパーコンデジ、RicohGRⅡ。単焦点で35mm判換算28mm開放F値2.4の明るいレンズです。ワイコンつけると35mm判換算21mmで、かなり広角が撮れます。

今日はワイコンも持っていきました。
やってきたのは黄昏時の星海広場。ワイコン使用で広々とした星海広場の雰囲気を!

R0015210_p_2

R0015218_p

R0015224_p_2

この後、和平広場へ移動。あまり黄葉が綺麗じゃないので、昼間に撮っても今一つ・・・なので、黄昏時に照明の助けを借りて綺麗な黄金色の銀杏並木に!まずは、ワイコン無

R0015230_p

R0015232_p

ワイコン使用↓

R0015234_p

昼間だといまいちの和平広場の銀杏並木、黄昏時は、なかなか雰囲気があって、ちょっといい感じの秋色の大連でした!

久しぶりにGRⅡを手にしましたが、やっぱりいいカメラですね。ちょっと嬉しくなりました♪

2012年5月 4日 (金)

春の大連のキャンパス

今大連は花盛り!一斉にお花が咲いた時期、癒されたのですけど、その頃体調が悪く、コンデジでも写欲がさっぱりわかず、いい時期は撮り逃がした感がありますが・・・。

カメラは好きなのですが、写欲がわかないと全然カメラを持ち出す気になれないmhkは大連再渡航の後は学生の顔を覚えるために学生のお顔を写させてもたったのと日々の食事をきちんとするために作った食事を写真におさめるくらいにしか使ってませんでした。

でも、体調がちょっと上向いてきたら写欲が少しわいてきたので、鳥撮りデジスコの際にコンデジGRⅡもお供させました。まだ体力が戻ってないので、デジスコ+一眼は無理だったしね。

鳥撮りの合間にキャンパスの様子を撮ってみました。この時期の街路樹の銀杏が大好き。秋の紅葉の時期の銀杏もいいけど、若い葉っぱがでてきたばかりの、この感じが大好きです。
R0015188_p

R0015190_p

今キャンパスに白い回廊を作ってくれているのが、この樹です。桜の木は日本にもあるけど、梨の白い花の街路樹ってmhkの故郷の九州では見られないので、嬉しかったですね。

R0015194_p

R0015198_p

R0015199_p

他にも咲いているんですけど、鳥撮りの合間に撮ったのはこんだけ。体力があんまりないので、鳥撮る時に他のものを撮るだけの余力がないんですよね・・・。ま、体力は少しずつ戻るから焦らずボチボチです。

ちなみに梨の花の花言葉は博愛、和やかな愛、愛情だそうです。清楚な花で大好きです。体調が今一つのmhkにはこの清楚な白さがなんか癒されます。

2012年2月19日 (日)

乳がんとの闘いその13 積雪2cmで都市高通行止めの街より 城スズメ

天気予報どおり、夜のうちに積雪、目が覚めたら、庭の金柑の樹に雪がふんわりと!
朝のニュースを見ていると、都市高速通行止め。でも、積雪2cmよ!九州の平地だと、雪が降ってもそれほど深い雪はないので、都市高速建設時に雪対策何もしてないのです。

まぁ年に何回かだし対策するお金がもったいなかったってとこかな?とにかく、昔から雪にめちゃくちゃ弱い都市高速を持つ街なのです。

朝はまだ雪が降ってたけど、午後は陽が差してきたし、鳥撮り出撃!雪と小鳥さん撮りたいもんね!!
病理検査結果は月曜の予定だし、16日の診察時で外科医の先生が病理検査結果が遅れていることにも、mhkの治療計画が決まらないことにも、それによって社会復帰が難しくなることにも、全く無関心なことが判明して、かなりショックが大きく、ここ2,3日落ち込んでたんだけど、まぁ~それでも、負けるわけにはいかないしね。

考えてみれば、以前の腎がんの担当医だった泌尿器科の先生が良すぎたのかもしれないって思いなおしました。お医者さんは患者の病気を治すことが商売だから、患者の社会復帰なんて知ったこっちゃない!って人が多数派で仕方ないかも。それでも、病気を治す仕事だけでも激務だもんね。あんまり今回の外科医の先生には期待せず、今度補助治療をしてくださることになる放射線科医の先生に自分の事情を理解してもらえるように努力してみます。コチラは生活かかっているし、今後の自分の人生もかかっているから譲れないこともあるし、あきらめずに交渉していこうと思います。

外科医なんて、切るのが上手だったらいいよねぇ~。上手じゃない人もいるんだし、上手に切ってもらってよしとしなくっちゃ!無医村に住む人だっているんだし!

まぁ、心はいろいろぐちゃぐちゃしているけど、要は雪と小鳥を撮るぞ!と出撃したわけです。

さて、公園の梅もかなり開いている樹もあり、蕾が膨らんだ樹もあり、さぁ~て春だよぉ~ん!!と思ったら、いきなり積雪で梅も驚いたことでしょう。

午後になって陽が照ってくると雪も解けてきてます。↓

Img_4734_p

Img_4794_p

さて、雪は結構残ってるんです。↓

R0015171_p

R0015183_p

R0015174_p

R0015175_p

でも、超望遠撮影のデジスコでは、鳥さんと雪が一緒になかなか写ってくれないのぉ~!スズメさんもなかなか雪のあるトコに行ってくれない!!

Img_4709_p

お城の石垣にも結構雪あるんだけど、スズメさんに近くにはない!!!この子のすぐ下のとこには結構雪残ってたんだけどなぁ~。↓

Img_4763_p

Img_4774_p

この子のとまっている枯草のふもとに、かすかな雪の残りが・・・。↓

Img_4780_p

Img_4778_p

↑ スズメさんの正面顔も結構面白い・・・。

帰りがけに公園のベンチに可愛いカップルが・・・。↓

R0015186_p

雪と小鳥さんのデジスコショットは今一つでしたが、雪の中で膨らむ梅の蕾が見られて、わりと楽しめましたよ。さて、乳がんに負けないように頑張っと!

2012年1月 9日 (月)

年末年始の大連のイルミ

明日帰国です。無事に一学期を終えました。退院2週間後の大連渡航で、渡航3日目から授業スタートだったので、何が何だかわからないままひた走った!という感じでした。今日はお土産を買いに夕方から街に出かけました。なぜ夕方かというと、帰りにイルミを撮りつつ帰ろう~と企んだからです。列車の駅で降りた後、普通ならバスに乗り替えるのですが、バスに乗らずにバス停4つ分歩きながらイルミを撮りつつ帰りました。2月に二学期スタート前に戻ったらもう春節も終わっているからイルミもなくなってるだろうしね。

R0015081_p

R0015087_p_2

R0015091_p

R0015094_p

R0015100_p

Img_0793_p_2

R0015114_p

下のは12月28日に街に出た時に撮ったモノ。まだ雪が降ってないとき。とっくにクリスマスは過ぎてますが、クリスマスツリーが堂々と!!ここのユニクロでダウンを買いました。

Img_0490_p

これも12月28日に撮ったモノ。道路がこんな具合になってるんですよ。これは年明けた今も同じ状態。たぶん春節まで続くのかな?

Img_0495_p

退院後2週間で渡航したので、鳥撮りの道具を持ってくるどこじゃなかったし、コンデジ2台はもってきてても、ホント余裕なくて写欲が全然わかなかったんだよね。でも、一学期を無事終えて、少しずつ写欲がでてきたかなぁ~。日本のイルミと違って点滅しないんですよね。

2月に渡航する時にはデジスコセットもってきますよん!!

2012年1月 3日 (火)

雪のおもしろう降りたりし朝- 大連編 -

新年あけましたおめでとうございます!
ブラジルから戻って2ヵ月足らずで大連の大学に赴任し、ようやく1学期が終わります。12月27 日にmhk担当の授業の最後の試験をしたので、全ての成績をまとめて提出しました。

まだ雑務がかなりあり、2月スタートの学期の準備もあるのですが、とりあえず無事に1学期が終わってほっとしました。

さて、今朝起きたら外はこうなってました↓

01r0015024_blog

住んでいるアパートの敷地です。銀世界ですねぇ~。

福岡出身なので、日本にいれば毎年雪は見ますが、ブラジルに2年いて、一時帰国が春だったので2年ぶりに積もった雪を見ました。

02r0015028_blog

予報通りですが、雪って雨と違って黙って降るので目が覚めた時の窓の景色がこんなになっているとびっくりです。大連はそれほど雪の多いとこじゃないのでね。でも、今日は最高-9℃、最高-4℃なので、積もっている雪はさらさら、解けませんねぇ~。

大学に行ったら学生が除雪の作業をしてました。

03img_0731_blog

階段も埋もれつつあります・・・。

 

04img_0738_blog

3階の職員室から見た風景です。

05r0015030_blog

木々のバックが青空、樹木の形はおもしろいですね。

06r0015034_blog

学生が作った雪だるまさん、かわいいです!

07r0015035_blog

木に積もった雪ですが、さらさらの粉雪できれいでしたよぉ~。

08r0015037_blog

8月に大連渡航時に鳥撮り用のデジスコも一眼を持ってきていなかったので(冬休みの一時帰国の後の再渡航時に機材一式持ち込む予定)今手元にあるカメラはコンデジ2台だけです。キヤノンのPowerShotG11とリコーのGRⅡだけなんですよ。なので、鳥さんを撮ることはふつうはできないのですが、大学構内で冬景色を撮っていたら、雪が音を吸収して静かなせいか、コンデジ片手に静かに立って写真を撮っているmhkのすぐ1m先に雀ちゃんがとまってました。おやおや!こんなに近くに!そっとG11で撮らせてもらいましたよ。大連の雀ちゃんです。お顔の前に枯葉があるのが残念ですが、結構解像しているでしょう?

Img_0735_blog

そして、何やら物音がするので、下の方をみると・・・雪浴びしているカササギくん。おやおやくちばしが雪だらけ!これもG11です。積雪の大連のプレゼントですね。

Img_0739_blog

住んでいるアパートは大学の門のすぐそば、その門のそばにバス停があり、そこからバスに乗ってちょっと行くと星海広場があります。最高気温-4℃の寒い中、雪景色の星海広場を撮りたくて午後から行ってきました。広場はさすが観光地、除雪作業が進んでました。雪がかき集められてます。↓

Img_0758_blog

樹の上の雪を払っているおじさん↓雪がさらさらなのがよくわかります!。

Img_0743_blog

集められた雪で作られた雪だるま↓

Img_0763_blog

今年の干支の龍が!↓

Img_0750_blog

19.97mの巨大なシンボル塔「漢白玉華表」です。1997年に作られたから19.97m・・・・。

Img_0765_blog

アジア最大の広場の雪景色、バックが青空で素敵でした。しかし・・寒かった・・・カメラがキンキンに冷えて手が・・・・。

R0015045_blog

星海広場は海のそば。海の雪景色、いいですね!でも、寒かった・・。

Img_0762_blog

この寒い中、釣りしてた人いました・・・・。辛抱強いなぁ~。

R0015064_blog

除雪作業もまだ進行中~↓

R0015052_blog

R0015058_blog

ブロンズ像で記念撮影している人たち・・右のお馬さんにまたがって撮影してる人もいたけど、ブロンズ像キンンキンに冷えてただろうに・・・冷たかったでしょうねぇ~。

R0015049_blog

この絵を描いているブロンズ像さん、寒そう~。軽装だもんねぇ~。↓

R0015050_blog

広場の周りには建設中のものも含めて高層マンションがたくさんです。

R0015067_blog

鳥撮りをするときは超望遠のシステムですが、こういう広い広場を撮る時は広角で楽しめますね。GRⅡにワイコンつけて35mm版換算21mmで撮った写真もあったのですが、楽しかったですよ。写真は広角が楽しい~ってホントですね。

R0015073_blog

あんまり寒かったので、広場からバス停に戻る途中で入った建物に中にクリスマスツリー・・・そう、日本と違って12月25日が終わったら即クリスマス関係のモノが撤去されるなんてことはありません…きょうは1月3日ですぞ!!!外国人からは逆に12月25日が終わった後純和風のお正月モードになる日本が不思議がられるのかもしれませんが・・・。

R0015075_blog

最後に・・・この間買ったダウンです。↓もうすぐ日本に一時帰国するし、コートはその時持ち込もう~と、ずっとダウンを買うのを我慢してましたが、最低-10℃になるし、無謀だな・・・とユニクロでダウンが799元が599元に値下がりしたとこで、12月29日に買いました。正解でしたね。ダウンか買ってなかったら今日雪景色を撮りに星海広場には行けなかったよ・・・。それでも、値下がりするまで我慢したmhkはケチです。1週間前に買いに行った時は値下がりしてなかったので買わなかったんです。

Img_0530_blog

2010年10月 8日 (金)

乾いた頭~パンタナールの鳥デジスコ編21

パンタナールのロッジの近くを散歩してたら、樹にはしごがかかってて、樹上の展望台になってました。ロッジのスタッフさんと一緒に登ったら、景色よかったけど、三脚、デジスコすべて機材を担いで登ったので怖かったです・・・あほです・・ね。この上に登ったのです。↓

R0014425_blog

樹の上からはこんな景色。どこまでも続く道がいいですね。

R0014419_blog

樹の上にいた時、近くの樹の上にいたアメリカトキコウさん。首からさげたデジ眼でぱちり!

Dsc_0034_blog

降りて、別のとこを歩いてた時に見かけた子を今度はデジスコで!樹の上にいるのをよくみかけましたよ。

Dscn2719_blog

パンタナールの大湿原にいた子をデジスコで!結構愛嬌あるお顔です。足元にゴミがあるのが残念・・・。誰かが落としたのがそんなとこに残っちゃったのかな・・・。パンタナールでゴミが落ちてるのを見ることはめったにないので、たまたま落として回収し損ねちゃったのかもね。

Dscn3855_blog

Dscn3859_blog

和名:アメリカトキコウ ポルトガル語名:Cabeça-seca 英語名:Wood Stork  学名:Mycteria americana

ポ語名の意味は『乾いた頭』です。あはは・・・まんまだねぇ~coldsweats01

2010年10月 4日 (月)

雨にも負けず!~Itatiaia の鳥デジスコ編18

Itatiaiaのロッジを立ち去る日は生憎の雨降り。たくさんの小鳥がいるロッジの中庭ですが、標高1200mのこのロッジ、その日は霧が深く、雨降りの日は望遠撮影に不向きでした。

通常は被写体との距離があっても撮影できるデジスコによる超望遠撮影は、鳥さんに近づくことなく大きく撮れる撮影法として優れていますが、霧が深くて雨降りでは被写体との距離が遠いと明瞭に撮れません・・・。rain crying

クロハチドリさんを撮ってみたけど、不明瞭~当然ですね・・・。でもね、雨にずぶ濡れの厳しい自然の中のこの表情、ぐっとくるものがありませんか?

Dscn2121_blog

なにしろロッジの部屋のバルコニーから見える景色がこんなんですから被写体との距離があると無理ですよねぇ~。

R0014268_blog

同じ部屋からの景色が晴れているとこんな感じです↓ こんなに光の条件が違っていては無理もありませんね・・。

R0014226_blog

でもね、撮影の向き不向きなどということは人間様の勝手な都合、こんな雨降りでも、ロッジの中庭にはたくさん小鳥さんたちがいました。ハチドリさんたちは相変わらずちょこまかmhkが座っているベンチの周りで遊んでいます・・・。被写体との距離が近いと撮影できるのでコンデジG11で撮って鳥さんたちに遊んでもらいました。(その時の写真は以前のブログ記事に。

さて、朝から雨でしたが、ちょっとでも雨がやめばデジスコしたいと冷たい雨の中、屋根のあるベンチに座ってコンデジで遊んでいました。でも、お昼直前にちょっとだけやみました。

雨がやんでも、相変わらず霧があって、撮影条件は厳しかったですね。それにしても、雨に濡れたくらいでは全くめげない小さな命の姿に感動します。

まずはキノドミヤビゲラの♀(以前アップした♂と違って、頭の部分が紅くありません。)

Dscn2126_blog

光の条件が厳しいけど、クロハチドリさん、おチビな体ですが、濡れていてもめげませんね。晴れた日の写真はコチラ

Dscn2140_blog

ヒワミツドリ♀(以前アップした晴れた日のときの写真はコチラ

Dscn2154_blog

これは、背景に恵まれました。ぐっしょり濡れたスミレボウシハチドリさん。晴れた日の写真はコチラ

Dscn2184_blog

ルビーハチドリの♀もぐっしょり、そんなおちびな体でけな気ですね・・・。感動します。晴れた日の写真はコチラ

Dscn2199_blog

最後に、大きな子も。濡れていても元気!アオハシヒムネオオハシさんです。(晴れた日の写真はコチラ

Dscn2211_blog

厳しい自然界の中で生きている野性の鳥さんって、可愛いだけじゃなく、与えられた命に対して誠実に力強く生きている姿が心に響いてきます。鳥さんたちはmhkにいろんなことを教えてくれるんです。よく、鳥を撮る趣味だと話すと・・・なんで?酉年ですか?とかよく物好きねっていう顔をされるのですが、厳しい自然の中で生きている鳥さんの生命の輝きとの出会いは、二度と同じ出会いはなく、何と言われても生きている限り辞められそうにないです。それと、鳥好きだと思われて動物園に行ったら?って言われるけど、飼育されている鳥さんには興味ないです・・・。ぜんぜん別物ですから・・・。

和名:クロハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-preto 英語名:Black Jacobin 学名:Florisuga fusca

和名:キノドミヤビゲラ ポルトガル語名:benedito-de-testa-amarela 英語名:Yellow-fronted Woodpecker 学名 Melanerpes flavifrons

和名:ヒワミツドリ  ポルトガル語名:Saí-azul 英語名:Blue Dacnis 学名:Dacnis cayana

和名:スミレボウシハチドリ ポルトガル語名:beija-flor-de-fronte-violeta 英語名:Violet-capped Woodnymph 学名:Thalurania glaucopis

和名:ルビーハチドリ ポルトガル語名:Beija-flor-rubi 英語名:Brazilian Ruby 学名:Clytolaema rubricauda

和名: アオハシヒムネオオハシ ポルトガル語名:Tucano-de-bico-verde 英語名:red-breasted toucan 学名:ramphastos dicolorus 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- | 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- | 03.腎細胞癌 経過観察 | 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- | 05.家族 | 06.感謝の気持ち | 07.お知らせ | 08.昔語り | 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア | 10.海外ボランティア | 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) | 12.日本語教育 | 13.日本の祭り | 14.青年海外協力隊 | 15.日系社会青年ボランティア | 16 婦人科検診 | 17. ブラジル | 18.Itatiaia | 19.Mato Grosso | 20.Pantanal | 21.Bonito | 22.Ubatuba | 23.Costa Rica | 24.Registro | 25.婦人科の病気 | 26.Iguape | 27.中国 | 28.大連 | 29.乳がん | 30.cooking | 31.各種検診 | 32.音楽 | 33.piano | a.機材 | b.デジ一眼 | c.コンデジ | d.デジスコ | e.アサヒペンタックスsp | f.花・風景 | g.動画 | h.*ist DS | i.ixy digital 2000IS | j.Caplio GX100 | k.Caplio GX | l..coolpix p5100 | m.GEOMAⅡED52-S | n.GEOMAⅡED67-S | o.GRⅡ | p.COOLPIX P6000 | q.TSN-774 | r.PowerShot G11 | s.D90 | t.PC関連 | u.D7000 | v.Power Shot S95 | w.PowerShot S120 | おすすめサイト | アオサギ | アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) | アオジ | アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) | アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) | アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) | アカエリシトド(tico-tico) | アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) | アカカタムクドリモドキ (Encontro) | アカゲラ | アカハラ | アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) | アカモズ | アトリ | アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) | アマゾンカッコウ(anu branco) | アメリカトキコウ (Cabeça-seca) | アメリカヘビウ(Biguatinga) | アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) | イエミソサザイ(Corruíra) | イカルチドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | ウグイス | ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) | ウミネコ | ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) | エナガ | エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) | オウゴンチュウハシ (araçari-banana) | オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) | オオハシカッコウ(anu-preto) | オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) | オオハシノスリ(gavião-carijó) | オオバン | オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) | オオヨシキリ | オオヨタカ (Common Pauraque) | オオルリ | オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) | オシドリ | オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) | オナガガモ | オナガミドリインコ(periquito-rico) | オニオオハシ(tucano-toco) | オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) | オリーブタイランチョウ(suirir) | オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) | オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) | オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] | カイツブリ | カササギ | カササギフウキンチョウ (Tietinga) | カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) | カルガモ | カワウ | カワセミ | カワラヒワ | カワリヒメウソ(Variable Seedeater) | キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) | キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) | キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) | キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) | キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) | キバラガラ(Yellow-bellied Tit) | キバラツグミ(sabiá-poca) | キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) | キビタキ | キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) | キンクロハジロ | クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] | クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) | クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) | クロアシシャクケイ(Jacuaçu) | クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) | クロハチドリ(beija-flor-preto) | クロハラトキ(Curicaca) | クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) | ケアシスズメバト(rolinha-roxa) | コイカル(Yellow-billed Grosbeak) | コガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツリスドリ(Guaxe)_ | コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) | コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) | コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) | コチドリ | コバシバト(Short-billed Pigeon) | コンゴウクイナ(saracura-três-potes) | ゴイサギ | ササゴイ(Socozinho) | サメビタキ | サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) | シコンヒワ(tiziu) | シジュウカラ | シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) | シメ | ショウジョウトキ(Guará) | シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) | シロガシラ | シロガシラタイランチョウ(Freirinha) | シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) | シロハラ | シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) | ジョウビタキ | スズメ | スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) | スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) | スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) | ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) | セアカカマドドリ(joão-de-barro) | セグロセキレイ | セスジキンノジコ(tipio) | センダイムシクイ | タニシトビ (gavião-caramujeiro) | ダイサギ | チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) | ツグミ | ツバメ | ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) | ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ | テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) | トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) | トビ | トラフサギ(socó-boi) | ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) | ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) | ナンベイタゲリ(quero-quero) | ナンベイレンカク (jaçanã)_ | ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) | ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) | ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) | ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) | ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) | ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) | ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) | ハクセキレイ | ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) | ハシビロガモ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ(Crested Myna) | バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) | バン | ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) | ヒドリガモ | ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) | ヒメアカクロサギ(Garça-azul) | ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) | ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) | ヒヨドリ | ヒロハシサギ(Arapapá) | ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) | ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) | ヒワミツドリ(Saí-azul) | ビンズイ | フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) | ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) | ベニタイランチョウ(príncipe) | ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) | ベニヘラサギ(Colhereiro) | ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) | ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) | ホシハジロ | ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) | マガモ | マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) | マミジロキビタキ | ミサゴ | ミサゴノスリ(gavião-belo) | ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) | ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) | ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) | ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) | ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) | ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) | ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) | ミナミカラカラ(caracará) | ムクドリ | ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) | メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) | メジロ | メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) | モズ | ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) | ヤツガシラ(Upupa epops) | ヤマガラ | ユリカモメ | ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) | リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) | ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) | ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) | ルリビタキ | レア(ema) | 中国の祭事 | 動物園・植物園 | 心と体 | 旅行 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫 | 月・星 | 横浜 | 紅葉 | 花火 | 街の風景 | 野性動物 | 野鳥

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ