カテゴリー

カテゴリー「オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde )」の5件の記事

2010年9月26日 (日)

最後に飛び込んでくれた子!~パンタナールの鳥デジスコ編15

パンタナールを去る日が来ました。ロッジに車で迎えに来てくれます。ロッジからcuiabáの飛行場まで。

時間を決めてたけど、ちょっとは早めにきたのです。まだ時間が十分あったので、ロッジの周囲を撮影して回ってたら、車が通って、車にのるのはあんたか?ってドライバーが聞いてきたので、そうだといって、まだ準備してないから(1時間以上はやかったぞ!!)、ロッジまで乗せてもらって、待ってもらうようにお願いした。

ロッジに戻る途中交渉してみた。飛行機は夕方で十分時間があるので、大湿原の鳥のポイントで30分くらい寄り道してもらいたいと頼んだのです。

乗るのはmhk一人だしね。ドライバーのカルロスさんは快く承知してくれました。やった!!!最後おチャンス、ヤマセミ類のお魚getの写真をこの30分にかけよう!!!

さて、ロッジをチェックアウトして、車が出発、ポイントでおろしてもらいました。

すぐに、いつもの小さな木の橋のとこにオオミドリヤマセミの女の子を発見!おお!!狙ってる狙ってる!!!

Dscn4763_blog

注目して、その子にカメラを向けたら、即ダイブ!きゃー!!!お魚get!!

Dscn4766_blog

Dscn4767_blog

前の日に一日中粘って撮れなかったのに・・・しかし、小さい魚でおなか一杯にならなかったのでしょうか。直後に場所変えて、また水面を見つめている。

Dscn4776_blog

と思ったら、またもとの位置に戻って。

Dscn4780_blog_2

いや、また杭のほうへ位置がえ。

Dscn4800_blog

お!!!飛び出したぞ!!!

Dscn4802_blog

飛び出した位置の杭に戻ってくると思いきや・・・・あ、橋のほうに・・・結構大物です。

Dscn4807_blog

Dscn4809_blog

↓ この写真は第6回デジスコ倶楽部フォトコンテストに応募しました。ピント甘くていまいちなんだけど、ずっと待って撮れたお魚咥えたオオミドリヤマセミさんの写真、嬉しかったのです。これ撮ったの7月27日で、fotoコンテストの応募締め切りが31日、ぎりぎりでしたね。

Dscn4817_blog

Dscn4825_blog

この子を被写体に選んだのですが、この子は2回ダイブして2回とも狩に成功!mhkがこの子をターゲットにしてから2度目のお魚getするまでの時間は10分間でした。すごい成功率ですね!!!この子にありががとう!パンタナールを離れる時、いいハナムケになりました!

だめもとで、ドライバーに交渉してみてよかったです。へたくそなポルトガル語が通じましたねぇ~。

カルロスさん、ありがとう~!!!

和名:オオミドリヤマセミ ポルトガル語名:martim-pescador-verde 英語名:Amazon Kingfisher 学名:Chloroceryle amazona 

2010年9月25日 (土)

飛び込まなかった♂&♀~パンタナールの鳥デジスコ編14

パンタナールを次の日に離れるという日、ヤマセミさんのダイブを狙って、大湿原の鳥のポイントにロッジの人の車で連れて行ってもらいました。その場所から近いとこにある、とまっているロッジと提携しているロッジでお昼ご飯が食べられるようにしてもらって。

さて、一日中あるから、なんとしてもチャンスを!!!

とはりきったのですが、そこらじゅうにいるヤマセミ類の皆様、ダイブしているけど、なかなか狙った子はダイブしてくれず・・・・・。

mhkのいる位置からいい位置で、小さな橋の端っこでスタンバっている♀のオオミドリヤマセミをみつけ、mhkもスタンバイ!!!

が、橋から身を乗り出して『いかにも!!!』って感じで水面を見つめているのに、結局ダイブしないまま・・・・微動だにせずなにしてんだろ・・・。

Dscn4330_blog

Dscn4336_blog

この女の子のすぐそばにあった杭にいた男の子・・・女の子と違って胸にオレンジがあるのです。

Dscn4343_blog

Dscn4340_blog

Dscn4351_blog

結局男の子もダイブせず・・・。女の子は陽射しを受けて、男の子は日陰でしたね。そのせいずいぶん緑の羽の感じが違って見えます。

パンタナールを翌日は離れるのに、結局ダイブしているトコは撮れませでした。

和名:オオミドリヤマセミ ポルトガル語名:martim-pescador-verde 英語名:Amazon Kingfisher 学名:Chloroceryle amazona 

2010年9月24日 (金)

ダイブしたけど・・・~パンタナールの鳥デジスコ編13

パンタナールに滞在した時、狩の名手のMartim Pecador(ヤマセミ類)のダイブしたとこ、お魚getのシーンを撮りたい!と思ってました。

環境はというと、いたるところにMartim Pescador達がいて幸せな毎日!

ダイブするとこは見るんだけど、mhkのデジスコの腕前だとなかなか・・・。

で、パンタナールを去る日の前日、滞在したロッジと提携している大湿原の鳥のポイントに近いロッジに車で連れて行ってもらいました。お昼ご飯はそのロッジで食べて、終日そのロッジの敷地内や湿原の鳥のポイントを自由に歩き回ったらいいことになったのです。

そこで、Martim Pescador以外の鳥もたくさん撮影できました。

そして、狙うはMartim Pescadorのダイブ姿!!!前の日に夕陽を浴びながら小さな木の橋にとまっていたオオミドリヤマセミの女の子は水面(みなも)をじっと見つめていましたが、結局ダイブしないままでした。その時の子はコチラ

その日もそこらじゅうにMartim Pescadorはいるのですが、mhkの前でダイブしてくれるかしら?(いや、そこらじゅうでダイブしているんだけど、カメラで狙った子がしてくれないと・・・ね)おお!!!いい場所にMartim Pescadorを見つけました。Martim Pescador-Verde(オオミドリヤマセミ)の女の子!ちょうど太陽の光が当たって、その緑の羽が美しく輝いていました。うっとり~。

その日は風が強い日でした。頭の羽が逆立ってて面白かったです~。この後何度かダイブしたけど、タイミング合わなくて・・・そして、この子もお魚getできなくて・・・。

Dscn3789_blog

何度目かのダイブ後、うまく撮影!(いえ、飛び出しの瞬間とかは無理だけど・・)体がぬれているの分かる?でも・・・お口にお魚咥えてません・・・。

Dscn3837_blog

その直後、心なしか残念そうな表情に見えるのはmhkだけ?嘴からお水が・・・。

Dscn3839_blog

結局、この子、mhkが見ている間に全部で5回ダイブして、狩は全て不成功、お魚getできませんでした。

餌が豊富なこの大湿原でも、なかなか大変ですね。この子はまだ若い未熟な子だったのか、それともただ調子が悪かったのか・・・それはわかりませんが、でも、その美しい姿には釘付け!幸せな時間でした。

でも、おなかすいてないといいけどね。

この子が無事に成長して命を全うできますように!そう願いながらそのポイントを後にしたのでした。

和名:オオミドリヤマセミ ポルトガル語名:martim-pescador-verde 英語名:Amazon Kingfisher 学名:Chloroceryle amazona

2010年9月21日 (火)

夕陽を受けて~~パンタナールの鳥デジスコ編12

パンタナールでPescadorたちの狩の様子を撮影したくて、広がる大湿原でずっと待ってましたが、とうとうこの子はダイブしてくれませんでした。でもね、小さな木の橋の上でじっと水面を見つめる鋭い目と夕陽を受けたそのグリーンの羽の美しさには目を奪われ、この子を見つめている時間はとても幸せだったです。

和名:オオミドリヤマセミ ポルトガル語名:martim-pescador-verde 英語名:Amazon Kingfisher 学名:Chloroceryle amazona 

Dscn4379_blog
Dscn4410_blog
1枚目と2枚目とでは10分経過しています。この女の子、ほとんど動かなかったですねぇ~。

2010年1月22日 (金)

遠くて証拠写真ですが・・・オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde )

農場シリーズです。遠くにヤマセミっぽいシルエットが・・・とデジスコを向けると、緑のヤマセミさんでした。遠くて近づくことのできない場所でした。農場滞在中にずいぶんその場所に通ったのですが、会えたのはそのときだけでした。というわけで、証拠写真しか撮れなかったです。

いつか大きく撮れたらいいなぁ~。まだ1年半ブラジルに滞在しているからチャンスはあるかなぁ~。

mhkは日本のヤマセミはまだ見てません。今80円切手のモデルさんですけどね。

この方は 和名:オオミドリヤマセミ ポルトガル語名:martim-pescador-verde 英語名:Amazon Kingfisher 学名:Chloroceryle amazona 

女の子のようです。

Martimpescadorverde











写真整理してて気づいたんだけど、上の写真を撮った4日前に実はその貯水池側の方にもいたのです。でも、やっぱり近づけないとこで、証拠写真どまり・・・・こっちは男の子のようでした。若いオスかな?

Martimpescadorverde_m











何しろ農場で写真撮ってた頃は図鑑を持ってなかったので、何気に撮っってたんですね・・・気づかなかった・・・。メスの写真を撮った4日前にオスを撮ってなんて・・・。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ