カテゴリー

カテゴリー「m.GEOMAⅡED52-S」の36件の記事

2009年1月 5日 (月)

キツツキさん(コゲラ)!こっち向いてぇ~!

ちょこまかさん、枝移り激しい子で、お顔が木の上に出てきたり、下から出てきたり、カメラマン泣かせ!でも、可愛いです。昨日は同じ木に何羽もコゲラさんがいて枝移りしながらドラミングが響いていました!

Pygmywoodpecker2













Pygmywoodpecker3













Pygmywoodpecker














逆光気味で光の条件悪いし、52mm径のチビスコで距離があると今ひとつの画像ですが、でも、その表情の愛らしさは伝わるかしら?3枚目がお気に入りです~

2009年1月 4日 (日)

梅菊証拠写真~今シーズン初のキクちゃん『キクイタダキ』~

昨シーズンは大群が公園に来ていたのですが、今年は見かける機会が少ないので寂しかったのですが、今日公園の梅の木のところに聞き覚えのある金属的な声がして、見上げるといました、いました!キクイタダキさん!すでに夕方でかなり暗くなっててシャッタースピード1/8秒くらいでしか切れなかった・・・52mm径のチビスコープで低倍率だし・・・・。結局証拠写真ってだけですね。日本最小の小鳥さん(体長:10cm、体重5g)で、ちょこまかとにかく動き激しいのでデジスコ撮影は苦労します。昨シーズンもチビスコで1枚しか撮れなかったんですよね・・・。その時の記事はコチラ

ま、今日は証拠写真ってことで、一応ブレブレの写真を載せておきます。(頭の黄色の部分はちゃんと見えますよ)

Goldcrest_2










今日はウグイスさんがたくさんいましたよ。何羽もチャッチャッ(地鳴き)と鳴きながら姿を現していました。茂みに潜り込んでいないウグイスさんって久しぶりに見ました。67mm径のスコープがあったらよかったのですが、チビスコじゃ倍率足りなくて遠いのが残念!別名:春告げ鳥のこの子が囀るようになるまではしばらく待たないといけませんね!

Japanesebushwarbler_2














早く67mm径のスコープ修理あがらないかなぁ~。いやいや、JICAボランティアの二次選考の準備もあるし、デジスコライフはちょっとセーブしないとねぇ~

今度もっと明るい時にばっちりキクイタダキさんを撮りたいです!

2009年1月 1日 (木)

2009年あけましておめでとうございます!

2009年になりましたね。
腎癌術後3年無事経過し、今年は飛躍の年にしたいなぁと思います。今年最初にアップする鳥さんはmhkに幸運を呼んでくれたように去年ずいぶん遊んでくれたジョビ君~ジョウビタキ♂~です。昨日チビスコ(52mmのチビスコープのデジスコ)で撮りました。

Redstart














今年も春になるまでジョビ君、遊んでね!皆様も今年もよろしくお願いします。

2008年12月31日 (水)

2008年の締めの鳥さんはシメさんでした!

JICA秋募集(長期派遣)の日系社会シニア・ボランティアは一次選考パス!(12月9日発表)、11月に募集があった短期派遣の面接案内も同じ日に通知がきました。で、13日にでデジスコ出撃したら・・・・VIXEN ジオマⅡED67-Sのスコープが壊れました・・・。接眼レンズからカメラまでの一式がスコープ本体の一部ごともげちゃったんです。特に落下、衝撃があった訳じゃないのですが・・・。 もげた本体を見たのですが、結構薄いんですよね。重量を支えられなかったのでしょうか・・・。ぐすん・・・いまメーカーに修理に出しているとこです。なので今日はチビスコ(VIXEN ジオマⅡED52-Sのデジスコ)で出撃です。

そのうちどんな風に壊れたのかお知らせしますね・・・。(写真は撮ってます。)ショックが大きくて、それをブログの記事にする気にまだなれなかったもんで・・・。

ま、気を取り直して2008年最後の鳥撮り出撃はチビスコで。なのでジンバル雲台ではなくてビデオ用雲台で軽量システムです。総重量3kg切っているので楽ちんでした。

今日は曇り後雪の予報でしたが、雪は降りませんでした。雨がぱらぱらっと降った程度でした。市内の公園に行ったのですが、今年はアトリさんが多いですね。その代わり昨シーズン群れでたくさんいたキクタダキさんが見あたらなくて、悲しい・・・。でも、アトリさんはこないだ初めて撮れた鳥さんです。チビスコで撮ったのは初めてです。

Brambling2













Brambling














そして、今日は公園内を移動するとこ移動するとこ現れたのがシメさんでした。この冬は結構よく見るのですが、ちゃんと写せたの初めてです。2008年締めの鳥撮りだったからかな?シメさんが締めてくれたようです。←前撮った写真をとっといたんじゃないの。ホントに今日の写真です。(くどいって?

Hawfinch2













Hawfinch1













Hawfinch3














シメさんに締めてもらった2008年、いやなこともあったけど、厳しい自然の中を生きる鳥さんたちの生命力に勇気をもらえ、腎癌という既往症に負けないでチャレンジ精神を持ち続けることができたような気がします。希望を捨てなかったので一次選考パスにつながりました。2009年は2月の二次選考に挑戦することから始まります。迷うこともあると思うけど、アンジェラ・アキさんの歌『手紙~拝啓十五の君へ~』の歌詞の中にあるように『自分の声を信じ歩けばいいの』そう、自分に言い聞かせていこうと思います。ただ一つしかないmhkの人生ですから。

ブログを読んでくださっている方たちにとっても2009年がよい年でありますように。

2008年5月23日 (金)

初春-シジュウカラさんの羽づくろい!-

2ヶ月前のデジスコ写真でおしりがキュートなシジュウカラさんの写真が出てきて昨日のブログにアップしましたが、このシジュウカラさん、随分連写で長く撮ってました。

念入りに羽づくろいしている写真もあり、小鳥さんの仕草の可愛らしさに嬉しくなっちゃいます。

外野である人間から見ると可愛らしく見える小鳥さんの仕草ですが、鳥さんにとっては飛翔という生命線を担う羽のお手入れは、生きる上で大切ですから、その仕草には命がかかっているんですよね。改めて写真を見ているとちょっぴり厳かな気持ちになっちゃいました。

Great_tit1Great_tit2Great_tit3






Great_tit4Great_tit5Great_tit6






Great_tit7Great_tit8Great_tit9






写真見ていると、ixy2000ISの連写の能力って凄いなぁって思いました。今日は夜から雨予報ですが、まだ降ってません。明日は少しは鳥撮り可能になるといいけどぉ~

2008年5月22日 (木)

季節は巡る~キュートなおしりのシジュウカラ!

新緑の季節、毎週公園に行くたびに緑が濃くなります。季節が巡るのは早い!

ちょうど2ヶ月前、3月22日のデジスコ写真を見ていると、まだ蕾が固い桜の木にとまっているシジュウカラの写真がありました。

この時期は緑が寂しいけど、葉っぱで覆われていないので鳥さんが見つけやすいんですよねぇ~。今の季節は小鳥さんの美声が高い樹の上から流れてきてもお姿は拝めないことも・・・。

ネクタイしているみたいなシジュウカラさん、後ろむいていて、おしりがキュート!!!

Great_tit_back















Great_tit















たった2ヶ月で、爆発的に植物は成長してますよねぇ~。2ヶ月前の写真を見ると、その樹木の生命力に圧倒されます!毎週公園の樹木には生命力を降り注がれていると感じるのですけど、ホントにそうなんだと確信してしまいますねぇ~。

2008年4月19日 (土)

新たな春の生命(いのち)-カルガモ親子-

JICA短期ボランティア選考結果が登録派遣予定者だったので、健康問題クリアで少し気分も晴れたmhk、先週末妹の娘2人6歳児&2歳児がお泊まりだったこともあり、鳥撮りには行けなかったので、週末待ち遠しかったよぉ~。

チビ二人は成長も早く、うちに来るとなると、やっぱり一緒に接しておきたいものでねぇ・・・。会うたびに変化著しいおチビ姫さま達です!

実は4月5日(土)にデジスコ出撃した際、ジオマⅡ52-Sのスコープのピントノブが空回りしだし、最終的にはノブが外れちゃったんです。こんな、スコープで一番よく使う場所が・・・。

で、翌日日曜にビックカメラ天神2号店(購入店)で修理に出しました。と同時に前々からこの径が52mmのチビスコープだと軽量だけど距離が遠い鳥さんの画質がよくないし、60mm台のスコープ購入を検討してたこともあり、修理出したその日にジオマⅡ67-Sを買っちゃいました。アイピース(接眼レンズ)は52のが使えるしね。

先週がおチビ姫さん達お泊まりで鳥撮りに行けなかったので、今日がジオマⅡ67-Sのデジスコのデビュー戦でした。

が、今日はとにかく風が強かった・・・。機材ブレが凄かった・・・。特に川の側はねぇ・・・。カワセミさんには会えませんでした。

バスで中流域まで行って、そこからちょびっと上流方向に歩き、折り返して下流方向に自分の家近くまで歩くのだけど、カワセミさんは声すら聞かなかったなぁ~。残念。

途中初老の男性から声かけられました。首には300mmくらいの望遠レンズつけたキヤノンの一眼レフ。お!同じ趣味ですな!とお互いに感じた。
男性:カルガモの親子見かけませんでしたか?
mhk:いいえ。今日はカルガモは見てないですね。
男性:随分下流の方で昨日カルガモの親子見たんですよ。11匹雛がいて!でも、カメラ持ってなかったので、今日カメラ持って来たんですけど、いなくて・・。ずっと下流から歩いてきたんですけど・・・。
mhk:そうですか。カルガモは全然見てないですねぇ~。

会話の後、男性はさらに上流方向へ歩いていき、mhkは下流方向へ。

で、その地点から約2km下流方向に来たトコで、いました!カルガモ親子!雛が10匹以上はいたので、多分男性が昨日見た親子でしょう・・・。川の茂みになったトコだったからウォーキング中の人も誰も気づかない。ゆっくり撮影~

mhkのジオマⅡ67-Sのデジスコのデビューはカルガモ親子だったわけです。52-Sよりさらに離れていても綺麗に写るのですから、鳥さんたちを驚かせずに撮影できます~。

Spot_billed_duck














ラブリ~ですね!雛くんたち。でも、おっかさんのカルガモさんは常に警戒しているのがわかります。

Spot_billed_duck_children














雛君達は毛がふかふか!

Spot_billed_duck_children2














雛君達も一生懸命餌探しているんでしょうね!次は、おっかさんカルガモについて雛くん達もすいすい泳いでます。

Spot_billed_duck2














Spot_billed_duck_children3














ゆっくり撮影できたし、ウォーキング中で、途中とまっても困らなさそうなおじさん(殆ど競歩みたいな歩き方している人は止めると気の毒だもんね。)を呼び止めて、教えてあげました。何となく自分と同じ匂いのする?人だったので・・・。案の定喜んで見てくれましたよ。

そのおじさんとmhkは静かに鳥さん達を驚かせないようにみてましたが・・・とうとうウォーキング中のおばさん達に見つかってしまいました・・・。予想通り、『きゃあ~可愛い!!!』と大きな声・・・おっかさんカルガモさんは雛たちを呼び集め、警戒しながら泳いでました。

それ見ながら、おばさん達・・・『ほら、ごらん、おかあさん、人間のおかあさんよりおかあさんらしいやないね。ちゃんと心配そうに見ているよ。』(← いや、おっかさんカルガモさんが警戒しているのはあんた達だよ・・・。お願い!雛はまだ飛べないし、おっかさんカルガモさんは神経質なんだから、驚かさないで静かに見守ってあげて・・・。)mhk心の叫び

いわゆる、女の子らしい女の子って、中学生、高校生、可愛いもの、自分が好きなもの見ると黄色い声出すけど、そういうタイプの女の子がおばさん、お婆さんになっても、おんなじことしているんだねぇ・・・。女の子らしくない女の子だったmhkは、こういう場面ではおじさんと同様の反応をしてしまうんです・・。大学の時、会社でもおじさんとばかり仕事してたせいか、20代からオヤジくさいmhk・・・。でも、自然界の厳しい環境で生きている野性の鳥さんには敬意を表してほしいものです。お願いだから黄色い声出す相手は、それをもらうの商売にしているアイドルだけにしてあげて・・・。と心でつぶやきつつ、その場を静かに離れたmhkでした。

それにしても、カルガモ親子を捜していたキヤノンの一眼レフおじさん、今日は多分会えなかったみたいだね・・・。気の毒。また、今度頑張ってね!mhkはジオマⅡ67-Sのデジスコデビューを春の新たな生命、カルガモの雛君で飾れて満足な一日でした!

2008年3月26日 (水)

もうすぐお別れかしら?ジョビ君

今週は年度末で会社で残業多かったです。JICAシニア海外ボランティアの短期派遣に応募するために受けた健診結果で、腹部エコー検査では左腎臓(右腎臓は癌で摘出したのでmhkには左の腎臓しかありません)に小さな結石ありと書かれました。

が、3月14日に受診した健診結果ですが、3月3日には結石の検出能力としてはエコーより優れたCT検査を受けていて、その結果は異常なしなのです。(CTは腎癌の術後経過観察のために受けた検査)

そういうわけで、毎度のコトですが、再び泌尿器科の主治医のトコロに相談・・・。年度末のこの時期ですから、なるべく仕事に差し支えないように朝会社が始まる前と昼休みを利用して行ったり来たり・・・残業多い中、ちょっと疲れました。心配もしたしね。

その出来事はまた今度・・・。今日も帰りが夜8:30過ぎたし、心配事について書きたくない気分なの。

今日は先週の土曜に撮したジョウビタキの雄の写真を載せておきますね。先週の土曜日の撮影ではキツツキの仲間のコゲラさんが大サービスでしたが、ジョウビタキの雄、ジョビ君も遊んでくれました。その前の週末はジョウビタキの雌、ジョビ子ちゃんが遊んでくれましたね!

秋に訪れ春に帰っていく渡り鳥のジョビ君。もうすぐお別れですね。mhkの残った左腎臓君、それに小結石ありという腹部エコーの健診結果をもらった先週の土曜日、ちょっとしょげ気味だったのですが、コゲラさんの大サービスとともに、振り返ったジョビ君に慰められたことでした。ありがとう!ジョビ君!

Daurian_redstart_male2












Daurian_redstart_male















この春はいつまで会えるかしら?そんな小さな体で危険な渡りをするんですね。生きるために。mhkもがんばらなきゃ!って思わせてくれる、鳥さんたちとの大事なひとときでした。

2008年3月22日 (土)

キツツキさん!キツツキさん!(コゲラ)

朝、JICAのシニア海外ボランティアの短期派遣応募用の健康診断書を取りに行き、応募用の書類が全て揃いました。今日応募書類をJICA宛に速達で発送!

ちょっと健診結果には問題もありました。(健康上の問題とかじゃないのでご心配なく)その件はまた今度。

診断書書いた先生の診察をお願いしたので、結局応募書類を発送するまで午前中いっぱいかかりました。

ま、仕方ないですね・・・。その後、気を取り直して、デジスコ出撃。実は健診結果もらうだけのつもりだったので、出撃スタイルで病院に行ったのです。ははは・・。

気がかりではあるけど、鳥さんに遊んでもらっている間は嫌なことを忘れることができます。

今日はコゲラというキツツキさんに随分遊んでもらいました。この間撮影したより随分近くにとまってくれたので嬉しかったです!最初はもちょっと遠い枝を登っていってたのですが、そこからさっと飛んできて、mhkの近くの枝までやってきました。そして、上から少しずつ下りてきて、同じトコをクチバシでばんばんやってました。穴が空いているのわかります?

写真は上から下に向かって時系列です。ずっと連写してました。(連写した写真全て載せているわけではありませんよ。抜粋です。)上から下まで2分もかかってないんですよ。コゲラさんの動きがわかって撮影していてなかなか楽しかったです。

上から数えて4段目の真ん中の写真、なんだかクチバシから糸引いているようみ見えるの・・・何かしら?シャッター押してた時は気づきませんでした。その次の写真では、それをクチバシから取りたいかのように全身ぶるぶるやって木にぬすくっているみたい・・・・ホントのトコはわかりません。どなたか説明できる方います?

Japanese_pygmy_woodpecker1_2






















Japanese_pygmy_woodpecker2Japanese_pygmy_woodpecker3Japanese_pygmy_woodpecker4








Japanese_pygmy_woodpecker5Japanese_pygmy_woodpecker6_2Japanese_pygmy_woodpecker7








Japanese_pygmy_woodpecker8Japanese_pygmy_woodpecker9Japanese_pygmy_woodpecker10








Japanese_pygmy_woodpecker11Japanese_pygmy_woodpecker12Japanese_pygmy_woodpecker13








Japanese_pygmy_woodpecker14Japanese_pygmy_woodpecker15Japanese_pygmy_woodpecker16








Japanese_pygmy_woodpecker17

























最後の写真、なかなかカメラ目線?でラブリ~!! その1コマ前がかくれんぼしたみたいだったから、ひょいってお顔出した感じがなかなか

今日は健診結果もらった時心配ごとができたので、このコゲラさんのお顔見て癒されたことでした。ホント。

2008年3月16日 (日)

なごり梅と蝶!そしてチビカメ・カルテット

昨日ウメジロ撮影失敗したので、今日も挑戦・・・でも、残り少ない梅の花。辛うじて樹木全体が綺麗にさいているのはその敷地内でただ1本!

朝10:00からお昼過ぎまではそこで張り込みしたけど、他の木には来るのに、ヤブ椿の花には集団でたかっているのに、メジロ君全然梅に来てくれないぃ~

それもその筈、mhkだって張り込んでたけど、敷地内で唯一全体が綺麗に咲いている梅の木なのだ。他の人だって、撮影したり、その木の下でおべんと食べたり、集中するのだ・・・。メジロ君の足も遠のくよ・・・。

そういうわけで、多分来週にはその最後の梅も終わっているだろうし、なごり梅の撮影してきました。

PlumPlum2





ウメジロ期待してスタンバってたけど、メジロ君は来なかった・・・代わりに蝶が蜜を吸ってたので、パチリ!なかなか蝶の羽根のブルーと梅のピンクがいい感じの1枚になりました。

Butterfly_plum














今日はジョウビタキの雌、ジョビ子ちゃんが随分遊んでくれました。mhkは雄より地味だけどお顔がラブリーな雌の方が好きです。この写真では写ってないけど、後ろの羽は薄い、温かな感じのオレンジがあって可愛いんですよね。

Daurian_redstart_female














シジュウカラも撮れました。カラ類の小鳥さんも動きが激しくて、なかなか撮るのは苦労します。シジュウカラはよくいる鳥さんですが、色合いがとっても好きな小鳥さんです。カラ類の小鳥さんはヨーロッパの絵はがき、カードによく使われているんですよね。

Great_tit















最後がチビカメ・カルテット チビカメさまのお通りだ~い!!!

Turtles_quartet













昨日少女から話しかけられていたチビカメ君がいたトコロとはちょっと離れているトコ。でも、同じ種類のカメさん。4匹そろって行進?中でした。なんだか可愛くてパチリ!

写真には撮れなかったけど、mhkが立ってたトコロをかすめるようにして飛んでいった2羽の薄いブルーがかった小鳥さんがいました。木にとまったトコロを双眼鏡で確認したらルリビタキさんでした。久々に会えて嬉しかったです。

結局今年はウメジロは撮影できませんでしたが、来年リベンジしましょ!今日も楽しい散策でした。

その他のカテゴリー

01.メモリアル-腎細胞癌- 02.メモリアル-腎細胞癌 手術直後~半年- 03.腎細胞癌 経過観察 04.お知らせ-腎細胞癌(腎癌)体験記FC2続き- 05.家族 06.感謝の気持ち 07.お知らせ 08.昔語り 09.シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア 10.海外ボランティア 11.日本文化発信ボランティア(J-CAT) 12.日本語教育 13.日本の祭り 14.青年海外協力隊 15.日系社会青年ボランティア 16 婦人科検診 17. ブラジル 18.Itatiaia 19.Mato Grosso 20.Pantanal 21.Bonito 22.Ubatuba 23.Costa Rica 24.Registro 25.婦人科の病気 26.Iguape 27.中国 28.大連 29.乳がん 30.cooking 31.各種検診 32.音楽 33.piano a.機材 b.デジ一眼 c.コンデジ d.デジスコ e.アサヒペンタックスsp f.花・風景 g.動画 h.*ist DS i.ixy digital 2000IS j.Caplio GX100 k.Caplio GX l..coolpix p5100 m.GEOMAⅡED52-S n.GEOMAⅡED67-S o.GRⅡ p.COOLPIX P6000 q.TSN-774 r.PowerShot G11 s.D90 t.PC関連 u.D7000 v.Power Shot S95 w.PowerShot S120 おすすめサイト アオサギ アオシマオゲラ(Pica-pau-verde-barrado) アオジ アオハシヒムネオオハシ(tucano-de-bico-verde) アオボウシインコ(Papagaio-verdadeiro) アオムネヒメエメラルドハチドリ(Besourinho-de-bico-vermelho) アカエリシトド(tico-tico) アカオキリハシ(Ariramba-de-cauda-ruiva) アカカタムクドリモドキ (Encontro) アカゲラ アカハラ アカボウシヒタキモドキ(Social Flycatcher) アカモズ アトリ アナホリフクロウ(coruja-buraqueira) アマゾンカッコウ(anu branco) アメリカトキコウ (Cabeça-seca) アメリカヘビウ(Biguatinga) アリツカゲラ (Pica-pau-do-campo) イエミソサザイ(Corruíra) イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウスハグロキヌバネドリ(Citreoline Trogon) ウミネコ ウロコメキシコインコ(Tiriba-de-testa-vermelha) エナガ エンビモリハチドリ(Fork-tailed Woodnymph) オウゴンチュウハシ (araçari-banana) オオハシアジサシ( Trinta-réis-grande) オオハシカッコウ(anu-preto) オオハシタイランチョウ(Boat-billed Flycatcher) オオハシノスリ(gavião-carijó) オオバン オオミドリヤマセミ (martim-pescador-verde ) オオヨシキリ オオヨタカ (Common Pauraque) オオルリ オグロキヌバネドリ(Slaty-tailed Trogon) オシドリ オナガカエデチョウ(Bico-de-lacre) オナガガモ オナガミドリインコ(periquito-rico) オニオオハシ(tucano-toco) オリーブイカル(Trinca-ferro-verdadeiro) オリーブタイランチョウ(suirir) オリーブヒタキモドキ(Dusky-capped Flycatcher) オリーブミドリフウキンチョウ(和名:オリーブミドリフウキンチョウ(Catirumbava) オレンジマイコドリ(Orange-collared Manakin) [1] カイツブリ カササギ カササギフウキンチョウ (Tietinga) カザリキヌバネドリ(=ケツァール:Resplendent Quetzal) カルガモ カワウ カワセミ カワラヒワ カワリヒメウソ(Variable Seedeater) キエリヒメウソ(coleiro-do-brejo) キカタインコ(periquito-de-encontro-amarelo) キガタヒメドリ(Tico-tico-do-campo) キクイタダキ キジバト キセキレイ キノドミヤビゲラ (benedito-de-testa-amarela) キバネフウキンチョウ(sanhacu-de-encontro-amarelo) キバラオオタイランチョウ(bem-te-vi) キバラガラ(Yellow-bellied Tit) キバラツグミ(sabiá-poca) キビタイフウキンチョウ(Olive-backed Euphonia) キビタキ キホオボウシインコ(Red-lored Parrot) キマユホオジロ キマユムシクイ キミミハゲラ(Pica-pauzinho-de-testa-pintada) キンクロハジロ クビワキヌバネドリ(Collared Trogon) [1] クビワヤマセミ(Martim-pescador-grande) クリハラスミレフウキンチョウ(Ferro-velho) クロアシシャクケイ(Jacuaçu) クロズキンムクドリモドキ(Black-cowled Oriole) クロハチドリ(beija-flor-preto) クロハラトキ(Curicaca) クロビタイアマドリ(Chora-chuva-preto) ケアシスズメバト(rolinha-roxa) コイカル(Yellow-billed Grosbeak) コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツリスドリ(Guaxe)_ コシアカフウキンチョウ(Scarlet-rumped Tanager) コスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird) コスタリカルリカザリドリ(Cotinga ridgwayi) コチドリ コバシバト(Short-billed Pigeon) コンゴウクイナ(saracura-três-potes) ゴイサギ ササゴイ(Socozinho) サメビタキ サンショクキムネオオハシ(Keel-billed Toucan) シコンヒワ(tiziu) シジュウカラ シマクマゲラ(pica-pau-de-banda-branca ) シメ ショウジョウトキ(Guará) シラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant) シロガシラ シロガシラタイランチョウ(Freirinha) シロハチマキヒタキモドキ(White-ringed Flycatcher) シロハラ シロハラオオヒタキモドキ(Maria-cavaleira-de-rabo-enferrujado) ジョウビタキ スズメ スミレガシラハチドリ(Violet-headed Hummingbird) スミレコンゴウインコ(Arara-azul-grande) スミレボウシハチドリ(beija-flor-de-fronte-violeta) ズアカエボシゲラ(Pale-billed Woodpecker) セアカカマドドリ(joão-de-barro) セグロセキレイ セスジキンノジコ(tipio) センダイムシクイ タニシトビ (gavião-caramujeiro) ダイサギ チャミミチュウハシ(Araçari-castanho) ツグミ ツバメ ツバメハチド(Beija-flor-tesoura) ツバメフウキンチョウ(saí-andorinha )__ テリノドエメラルドハチドリ(Beija-flor-de-garganta-verde) トゥユユ(ズグロハゲコウ:Tuiuiú) トビ トラフサギ(socó-boi) ドングリキツツキ(Acorn Woodpecker) ナツフウキンチョウ(Summer Tanager) ナンベイタゲリ(quero-quero) ナンベイレンカク (jaçanã)_ ニショクキムネオオハシ(Black-mandibled Toucan) ニッケイカザリドリモドキ(Cinnamon Becard) ネッタイモリタイランチョウ(Tropical Pewee) ノドジロハチドリ(beija-flor-de-papo-branco) ハイガシラソライロフウキンチョウ(sanhaçu-cinzento) ハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird) ハイムネムラサキツバメ(Andorinha-doméstica-grande) ハクセキレイ ハゲガオホウカンチョウ(mutum-de-penacho) ハシビロガモ ハシブトガラス ハシボソガラス ハチクイモドキ(udu-de-coroa-azul) ハチジョウツグミ ハッカチョウ(Crested Myna) バラエリフトオハチドリ(Volcano Hummingbird) バン ヒゲフウキンチョウ(Tiê-de-topete) ヒドリガモ ヒノデクロフウキンチョウ(tiê-preto) ヒメアカクロサギ(Garça-azul) ヒメキヌバネドリ(Violaceous Trogon) ヒメテンニョゲラ(Cinnamon Woodpecker) ヒヨドリ ヒロハシサギ(Arapapá) ヒロハシハチクイモドキ(Broad-billed Motmot) ヒワコンゴウインコ(Great Green Macaw) ヒワミツドリ(Saí-azul) ビンズイ フキナガシタイランチョウ(tesoura-do-brejo) ブチハゲラ (Picapauzinho-verde-carijó) ベニタイランチョウ(príncipe) ベニフウキンチョウ(Tiê-Sangue) ベニヘラサギ(Colhereiro) ホオグロミヤビゲラ(Black-cheeked Woodpecker) ホオベニインコ(Sulphur-winged Parakeet) ホシハジロ ホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager) マガモ マダラタイランチョウ(Lavadeira-mascarada) マミジロキビタキ ミサゴ ミサゴノスリ(gavião-belo) ミズベマネシツグミ(sabiá-do-brejo) ミドリカザリハチドリ(topetinho-vermelho) ミドリキヌバネドリ(Black-throated Trogon) ミドリズキンフウキンチョウ(Saíra-sete-cores) ミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail ) ミドリフウキンチョウ(bandeirinha) ミドリヤマセミ (Martim-pescador-pequeno) ミナミカラカラ(caracará) ムクドリ ムナジロ(シロクロ)マイコドリ(White-collared Manakin) メキシコシロガシラインコ(White-crowned Parrot) メジロ メンガタアメリカムシクイ(Pia-cobra) モズ ヤシフウキンチョウ(Sanhaçu-do-coqueiro) ヤツガシラ(Upupa epops) ヤマガラ ユリカモメ ヨコジマオニキバシリ(Northern Barred-Woodcreeper) リスカッコウ(Squirrel Cuckoo) ルビーハチドリ(Beija-flor-rubi) ルリコンゴウインコ(Arara-canindé) ルリビタキ レア(ema) 中国の祭事 動物園・植物園 心と体 旅行 日記・コラム・つぶやき 昆虫 月・星 横浜 紅葉 花火 街の風景 野性動物 野鳥

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界時計

フォト
無料ブログはココログ